こんにちは、とも先生です。

パキスタン旅行もいよいよ最終日。ジンナー・ハウスを見学した後は、旧市街にある「エンプレス・マーケット/Empress Market」へお買い物に行きます。

パキスタン建国の父ジンナーの元邸宅「Quaid e Azam House Museum」
http://tomosensei.net/archives/1069451789.html
初めて訪れる街では必ずスーパーマーケットと市場を見て歩くとも先生。どんな面白いものがあるかなー?
BlogPaint
↑車は軽い渋滞の中、旧市街へ入って行きます。

BlogPaint
↑このロープみたいの何かわかります?これイチジクなんだよ、干しイチジク。乾燥して潰したものを、紐で数珠状につなげて売っています。

BlogPaint
↑おっと!左手に見えてきたのは…時計塔!なんだかとっても古いぞ!

BlogPaint
↑この時計塔はイギリス統治時代の1889年に建設されたもので、現在は庶民の市場として機能しています。こんなステキなコロニアル建築が市場だなんてなんだか贅沢だよ!

BlogPaint
↑時計塔の前にあるのは果物の露店が多いかな。大粒のグレープフルーツ欲しい!バンコクに持って帰りたい!(バンコクはグレフル高いからw)。

BlogPaint
↑乾燥した茶色い大地をイメージするパキスタンですが、意外にも果物は豊富。どれもみずみずしくて美味しそう。

BlogPaint
↑さて、それでは時計塔の下をくぐって中へ入ってみましょう。

BlogPaint
↑中は…市内中心部にある、趣ある旧市街の、歴史的建造物の、ランドマーク的存在だから、少しは外国人観光客がいてもいいのに全然いねえ!

とも先生とKさんだけじゃね外国人?w


BlogPaint
↑だからといって別に危険なわけでも何でも無いのでお買い物しますよー。まずはKさん御用達の八百屋さん。果物だけじゃなく野菜も種類豊富だよ!

BlogPaint
↑もちろん日本野菜は手に入らないけど、それでも不便を感じないレベルの品揃え。ここでズッキーニやらネギやら大根やら野菜を買い込みました(Kさん家用に)。

BlogPaint
↑次はお肉屋さんで鶏モツと卵をお買い上げー。肉屋の兄ちゃんたちが「写真撮れ撮れ!」というのでパシャリ。

向こうから「撮ってくれ」と言われた時はとりあえず撮ってあげましょう、喜びます。ただ、こちらから撮らせてもらう時は一言許可を得てからね、まあどこでもマナーは一緒。


BlogPaint
↑ここはドライフルーツやナッツ、紅茶やらの乾物をメインに売っています。

お土産になりそうなものは少ないけど、市場のローカルな雰囲気を楽しめるし何より建物自体がステキコロニアル☆ 見学にそれほど時間はかからないので、市内観光に組み込んでみてはいかがでしょう。



名称: エンプレス・マーケット/Empress Market