とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:AmertaSari

こんにちは、とも先生です。

春休みのバリ島旅行もいよいよ最終日。最後は何食べようかなあと朝からずっと考えて、やはりバンコクでは食べられないものをということでやってきたのは「ワルン・バビグリン・アムルタサリ/Warung Babi Guling Amerta Sari」

バビグリン/Babi Gulingって知ってます?豚の丸焼きのことなんですけど、お肉だけではなく、皮、モツ、血など、豚さんのすべてを余すところなく美味しくいただくバリ島のお料理です☆
BlogPaint
↑バビグリンを食べさせてくれるお店はバリ島内にそれこそ数えきれないほどあるのですが、今回訪れたアムルタサリはサヌールの幹線道路であるバイパス通り沿いにあります。

BlogPaint
↑店頭には豚さんを使った美味しそうなおかずが並んでいるよ。

BlogPaint
↑もちろんこんがり焼かれた豚さんも。

BlogPaint
↑地元の人向けのワルン(食堂)なので、店内は質実剛健というかシンプル。大きなテーブルと長椅子のみのお店なので、混んでいる時は相席必須です。

BlogPaint
↑テーブルに置かれた袋入りのピーナッツは会計時に自己申告でお支払い。料理が運ばれてくるまでポリポリ食べて待っててもいいんだよ。

BlogPaint
↑やって来ましたバビグリンセット+お茶(40,000ルピア=約310円)。ご飯とスープも付いてきます。おかずは、お肉、ラワールという和え物、サテ(串焼き)、揚げ物、皮など盛りだくさん!

BlogPaint
↑スープも豚ダシでお肉入り。ただ…どこのバビグリン屋さんもそうなのですが、どこもスープがとても辛い!ここのもすっごく辛い!ご飯がすすみますw

BlogPaint
↑じっくり焼かれたお肉は絶妙の火の入れ具合で、ふっくらジューシー☆

バビグリンはお店によって秘伝のスパイスだとか焼き加減だとかいろいろこだわりがあって、お好きな方にはそれぞれお気に入りのお店があります。なので、どこのバビグリンが一番!とは言えないのですが、とも先生はここのバビグリン気に入りました、美味しかった♡


店名: Warung Babi Guling Amerta Sari
場所: Jl. By Pass Ngurah Rai No.353, Sanur Kauh, Denpasar Sel., Kota Denpasar, Bali
電話: +62 361 289548
営業: 9:00-19:00
FB: https://web.facebook.com/WarungBabiGuling/

こんにちは、とも先生です。

春休みの旅行はいろいろな用事を兼ねてインドネシア周遊。

ほぼリアルタイム的な旅をちょこちょこアップしていきまーす。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

4月19日(木)

昨夜はそんなに飲み過ぎた覚えはないのですが…なぜか気だるい朝。

ホテルは朝ご飯無しプランで予約したので、支度をしたら何か食べに外へ出ようと思いつつ、メールチェックをするともう5月以降の仕事がバンバカ入っていてうわあ現実世界に戻らねばw

さあ、今日が本当の本当に最後。最終日は何食べよう?

バンコクでは食べられないもの…バンコクでは食べられないもの…。

バビグリン!

BlogPaint
↑というわけで最終日の朝ご飯はモーニングバビグリン!w 朝9:00の開店を待って「Warung Babi Guling Amerta Sari」へ行ってきました。

バビグリンとは豚の丸焼きのこと。お肉から皮からモツから血まで余すところなく使った料理で、辛い豚のスープ、ご飯と一緒にいただく場合が多いです。

あーもう!美味しいよなあ!これがバンコクでも食べられたらなあ…いやでもバリで食べるから美味しいんだよなあ、とひとりでブツブツ言いながら速攻完食。

一度ホテルへ戻り午後は現実世界の労働をするw。ああもう夕方じゃん!あとはマッサージしてスーパーで生テンペ買って晩酌したら空港へGOかな。

とんでもなく長かった今回のインドネシア周遊ツアーこれにて終了!19日間で撮った写真が計約3,500枚あるので、バンコクに戻ったら少しずつ整理しなくっちゃw

旅行情報は今後またブログで少しずつご紹介していきますね☆


↑このページのトップヘ