とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:1等車

こんにちは、とも先生です。

今年の夏休みは3年ぶりのスリランカ旅行へ行ってきました。

深夜の空港から明け方のコロンボ・フォート駅へ移動し、特急列車インターシティ・エクスプレスでスリランカ北部のジャフナという街を目指します。
深夜のバンダラナイケ国際空港からコロンボ市内へ
http://tomosensei.net/archives/1072212130.html
BlogPaint
↑バンダラナイケ国際空港からUberを利用してコロンボ・フォート駅に早朝5:00到着。列車は5:45発なのですが、乗車前にチケットを発券しないといけないのでちょっと急がないと💦

BlogPaint
↑予約済チケットは、一般窓口ではなく「Intercity Reservation Office」で発券してもらいます。駅を正面に見て左側。サインが出ているので深夜早朝でも分かると思いますよ。

BlogPaint
↑列車の予約番号のメモとパスポートを提示して無事にチケット発券完了!

スリランカ鉄道はオンライン予約ができないため、今回は「Visit Sri Lanka Tours」という旅行代理店に予約を依頼しました。自分で現地で買うよりもちろん割高だけど、簡単な英語だけで事前に予約ができたのでハードルめっちゃ低いよ。
Visit Sri Lanka Tours
https://www.visitsrilankatours.co.uk/train-tickets-1.html
BlogPaint
↑発券したばかりのチケットを係員さんに見せて駅構内へ。日もまだ上っていない早朝ですがすでに人がたくさん!

BlogPaint
↑駅員さんがとても親切で、列車の発車ホーム番号や乗車車両の停まるおおよその位置まで丁寧に教えてくれました。

この日は朝5:45コロンボ発、午前11:51ジャフナ到着予定のインターシティ・エクスプレスという1等列車を利用します。約400kmの区間を一路北へ向かいます。

BlogPaint
↑インターシティ・エクスプレス車内。1等車のみの全席指定列車でエアコンがほどよく効いています。

BlogPaint
↑シートは少し硬めですがリクライニングもなかなか深く快適。

BlogPaint
↑足元にもかなりゆとりがあってフットレストや折りたたみ式のテーブルを標準装備。

そして列車は定刻通りの早朝5:45にコロンボ・フォート駅を出発。

BlogPaint
↑この日はどんより雲のお天気でしたが、車窓から見える景色はのんびりそのもの。

ただ…線路が悪いのか車体が悪いのか…ガッコンガッコンと縦揺れがものすごいよwww

BlogPaint
↑途中、列車は観光地アヌラーダプラ駅に停車。まだまだ道中の半分しか来ていないよ。

BlogPaint
↑日が上り空が明るくなってきたので写真タイム。車内を少しウロウロしてみるよ。

1等車は現地の感覚ではやはり高いようで(それでも現地購入で1,200円くらい)、それなりに経済力のある人が利用するみたい。車内はとても静かで落ち着いています。

BlogPaint
↑ズンズン歩いていたら食堂車発見!せっかくだからお茶でも飲んで行こうかな。

BlogPaint
エッグサンドウィッチとミルクティー(130ルピー=約90円)。サンドウィッチは残念ながらパサパサだったけどミルクティーは美味しかった。

しばし食堂車でのーんびり。

お茶の1杯でも注文すればずっと食堂車にいてもいいみたい、ずっと空いていたし。

BlogPaint
↑もうそろそろジャフナかなーってところで「エレファント・パス駅/Elephant Pass」に停車。

なんだか変な名前の駅だけど…。

BlogPaint
↑出発してわかりました。このあたりは道幅がめっちゃ狭くて、象がやっと通れるくらいの道だからエレファント・パスって言うんだって。

列車の右側の風景も左側の風景もこんな感じ。

線路のギリギリすぐ脇が海なんです!

BlogPaint
↑そして約1時間遅れの昼過ぎ12:50、目的地であるジャフナ駅に到着。

約7時間の旅でした、疲れたけど楽しかったー!

BlogPaint
↑ジャフナ駅を出ても客引きの類いが一切いなくてなんだか拍子抜けw

ではこれから予約したゲストハウスへ向かいまーす。


こんにちは、とも先生です。

昨夜大雨のハノイに到着し、快適なプチホテルでさわやかな朝を迎えました。さわやかって言っても雨季ど真ん中だからどんより雲の朝ですけどねw
Hanoi 3B Homestay
http://tomosensei.net/archives/1067690754.html
今日は列車に乗ってベトナム第三の都市であるハイフォン/Hai Phongへ向かいます。

いきなり駅に行って当日の切符買えるかな!このドキドキ感がけっこう好き!

BlogPaint
↑朝8:45。涼しいホテルをチェックアウトしてクソ蒸し暑い外へ出たのでミラーレス一眼がおもいきし結露!w どんよりした写真を撮りながら、今日乗る列車が発車するロンビエン駅へ歩いて向かいます。

BlogPaint
↑ホテルから5分も歩かないうちに高架が見えてきたので、サインに従って左へ歩きます。この高架かなり古そうだね…。

BlogPaint
↑歩いているとなんや足にまとわりついてくる何かが。ハノイのワンズたちでした。臭くなかったからw 飼い犬か誰かが面倒見てくれているんだね。

BlogPaint
↑さあ、駅らへんにやって来たはいいけど放置自転車やら工事の資材やらで駅舎が見えないよう!なんだこの廃墟は!

BlogPaint
↑あ、回り込んだら現役の駅の入口でしたw この階段をズンドコ上がっていきますと、

BlogPaint
↑さっき見た高架に出ました。いくら列車の本数が少ないとは言え、誰でも気軽に線路横断したり記念撮影したりできるのしゅごい。

BlogPaint
↑さっき上がった階段はどうやら裏口的だった模様。こちらが本当の駅舎口かな。バイクが途切れなくブンブン走り、とてもローカルな雰囲気です。

BlogPaint
↑駅構内は…小さっ!ベンチはたくさんありますがすでに座るところ無し!

BlogPaint
↑ここでハノイ・ロンビエン駅朝9:28発ハイフォン行きの列車チケット(70,000ドン=約350円)を買いました。カウンターのおねいさんは片言の英語OKで、チケット購入に何の問題も無し☆

BlogPaint
↑これが列車のチケットですが、なんだかLCCのボーディングパスみたいなレシートのような。ペラペラなので失くさないようにね。

BlogPaint
↑朝9:00。列車が駅へ入ってきました。ここでもベトナム人外国人観光客みなさん入り乱れてバンバカ記念撮影。

BlogPaint
↑朝9:10。ベトナム語でのアナウンスとともに乗車が始まりました。駅舎で検札を受けてから乗り込みます、ってホームがないよっ!

みなさん自分の乗る車両まで線路脇をズンドコ歩いています。


BlogPaint
↑とも先生は2号車指定だったので中へ入ると…え、めっちゃ普通にエアコン効いてて快適な列車なんですけど!

BlogPaint
↑シートはゆったりでリクライニングも深く、コンセントがあるのでスマホの充電もできます。

BlogPaint
↑そしてビックリしたのが「車内Wifi」があること!

でも!でもね!とも先生全然気付かなくてハイフォン駅に着いて降りる時になって初めて気付いたの!だから実際にWifiに接続できるのか、速度はどうなのか、わかりません!

BlogPaint
↑列車は定刻ピッタリにロンビエン駅を発車し、小さな街や田園風景をいくつもいくつも通り過ぎてのんびり走ります。

途中でベトナムのおこわみたいな食べ物やドリンクの車内販売がありましたが利用せず。朝ご飯食べすぎてお腹一杯だったんだよね。


BlogPaint
↑そしてお昼12:07にハイフォン駅に到着。築100年以上経っているのかな?とても趣のあるフレンチコロニアル的駅舎です。

BlogPaint
↑ハイフォン駅なんかかわいい。

約2時間40分の列車旅、ハノイから日帰りでも楽しめるからか車内には日本人旅行者がかなり乗っていましたよ。人気の路線なのかな。

それではホテルにチェックインして市内をお散歩してみまーす。

こんにちは、とも先生です。

春休みにハンガリー、オーストリア、チェコを旅行してきました。

→春の中欧3カ国周遊スケジュール

高速鉄道レイルジェットでウィーンからチェコのプラハまでの移動中、車内で美味しいランチをいただきました。

オーストリア鉄道
http://www.oebb.at/en/

DSC05560
↑食堂車メニュー。1等車利用の乗客に限り、注文した食事を座席まで運んでくれるサービスがあります。

DSC05562
↑食事も飲み物も市内価格というか、気軽に注文できるお値段でホッw

DSC05573
↑日本でも食堂車のある列車なんてまだあるのかな?滅多にない機会なので少し早めのランチをすることにします。

DSC05572
↑子羊のパティ(ハンバーグ)になめらかなマッシュドポテトとバルサミコ酢ドレッシングのサラダ、そして1/3ボトルの白ワインを付けてお会計約13ユーロ。

全体的に塩味が少し強めでしたがとても美味しくいただきました。

DSC05576
↑白ワインも辛口ですっきり飲みやすく、昼間から酔ってしまいそう。

さて、次はいよいよプラハへ到着です。ホテルへチェックインしましょう。

こんにちは、とも先生です。

春休みにハンガリー、オーストリア、チェコを旅行してきました。

→春の中欧3カ国周遊スケジュール

今日は
高速鉄道レイルジェットでウィーンからチェコのプラハまで4時間「世界の車窓から」の旅を楽しみます。

オーストリア鉄道
http://www.oebb.at/en/

DSC05548
↑ウィーン中央駅のモニター。今日乗るレイルジェットは朝7:09発、10番ホームから出発です。構内のサインも分かりやすく迷子になることはないと思います。

DSC05551
↑サインに従ってホームへ上がるとすでに多くの乗客が乗り込んでいます。

DSC05554
↑レイルジェット車内。1等車(ビジネスクラス)は「2-1」の横3列、2等車は「2-2」の横4列仕様です。

DSC05555
↑一人旅なので一人掛けシートを指定。写真だとシートの幅が狭そうに見えますが実際はゆったりしていました。

DSC05557
↑各シートに電源もあるのでPC作業もバッテリーの心配不要。足元にはフットレストもありました。

DSC05569
↑列車は定時にウィーン中央駅を出発。ほとんど音のしないなめらかな走行で住宅街や工場群をすぎると

DSC05594
↑所々で春らしい緑の風景を楽しむこともできます。こんなところでピクニックしたいなあw

DSC05597
↑途中で車両故障があり30分ほど遅れましたが、それでもお昼前にプラハ本駅に到着。

さて、次はレイルジェット車内でランチをいただきます。

こんにちは、とも先生です。

春休みにハンガリー、オーストリア、チェコを旅行してきました。

→春の中欧3カ国周遊スケジュール

旅行もいよいよ後半戦に入り、今日はウィーンからチェコのプラハまで移動です。

今回は、高速鉄道レイルジェットの早割運賃がとても安かったので、4時間の移動ということもありこの区間は奮発して1等車(ビジネスクラス)に〜!

オーストリア鉄道
http://www.oebb.at/en/
DSC05546
↑まだまだ眠い早朝、歩いてウィーン中央駅へ向かいます。

駅そばのホテルにしておいてよかったw

アジムット・ウィーン・デルタ・ホテル
http://tomobangkok.blog.jp/archives/1059164268.html

P_20160404_065143
↑今回は1等車利用なので駅のクラブラウンジが使えるとのこと。早速構内を探したらありました!

P_20160404_065046
↑エレベーターまたは階段で2階へ上がるとラウンジの入口があります。

P_20160404_064143
↑ラウンジ自体はそれほど広くありませんが、ソファがゆったりと配置され利用者も少なくて落ち着きます。

P_20160404_064604
↑冷たいジュースやお水はこちらに。18時以降はアルコールも無料でいただけるようです。

P_20160404_064612
↑コーヒーや紅茶ももちろんあり〼。

P_20160404_064608
↑プレッツェル、ナッツ、ビスケットなど乾きものも。

P_20160404_064053
↑朝の時間帯だからかパンとマドレーヌも用意されています。

P_20160404_064222
↑ホテルの朝食を利用しなかったので、このラウンジで軽くいただきます。

冷たいピーチティー、ビスコッティ、レモンマドレーヌ、どれも美味しかったです。

さて、そろそろ列車の出発時刻が近づいてきたのでホームへ向かいましょう。

↑このページのトップヘ