とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:駅前

こんにちは、とも先生です。

もう昨年の話しになっちゃうのですが、先月ちょいと所用で日本へ一時帰国しました。

とも先生は横浜の人なんですけど、今回はちょっと事情があって実家に泊まれなかったので、一時帰国なのに初めてビジネスホテルに泊まりました🌟

JR大井町駅前のめっちゃ便利な場所にある「アワーズイン阪急」、気に入ったw
BlogPaint
↑大井町駅を出てもうすぐ!目の前!ツインルームとシングルルームとで建物が別れています。

BlogPaint
↑とも先生は一人なのでシングルルーム。日本のビジネスホテルは狭いけどめちゃくちゃ機能的で無駄がないよね!こういうのけっこう好き!

BlogPaint
↑ただ…大きなスーツケースを床に広げるスペースがないのでベッドの上で広げるしかないの。まあこの狭さはパリのプチホテルなんかもそうだから仕方ないよね。

BlogPaint
↑冷蔵庫、テレビ、ドライヤー、湯沸かしポットなどなど備品が充実しすぎてて日本すごい。

BlogPaint
↑まだ新しいホテルのようでバスルームもピカピカ。日本のホテルはもうウォシュレット標準装備なんだね。

BlogPaint
↑ただバスタブがありませんシャワーのみ。まあ…毎日湯船に浸かりたいわけでもないからシャワーで十分だね。リンスインシャンプーやボディソープは備え付け。

BlogPaint
↑歯ブラシなど基本セットも有り〼。日本のビジネスホテルでは当たり前なのかw すいませんおのぼりさんで。

BlogPaint
↑たしか部屋が33階だったような、その33階のお部屋からの眺めはこんな感じ。

ホテルと同じビル内にスーパーあるしレストランあるしお風呂の王様も入っているし至れり尽くせり。これで1泊6,900円で泊まれちゃうんだからリピート決定だね🌟


名称: アワーズイン阪急/OURS INN HANKYU
場所: 〒140-0014 東京都品川区大井1丁目50−5
電話: 03-37756121
URL: http://www.oursinn-hankyu.co.jp/

こんにちは、とも先生です。

今年の夏休みは3年ぶりのスリランカ旅行へ行ってきました。

昨夜はコロンボのコロニアルホテルに1泊し、今日は空港そばのニゴンボビーチへ移動。
コロンボ港を臨むコロニアルホテル「Grand Oriental Hotel」
http://tomosensei.net/archives/1072401803.html
荷物もそんなに多くないし、ホテルをチェックアウトしてからニゴンボへ向かうまで少しコロンボを観光してみたいと思います。

今回は、コロンボ・フォート駅に近い古くからの商業地区「ペター地区」に残るコロニアル建築を巡るよ。
BlogPaint
↑ザック背負ってテクテク歩いているとマーケットにやってきたよ。野菜や果物、肉や魚、スパイスやお菓子、いろいろな香りが混ざった混沌の世界。

BlogPaint
↑マーケットを過ぎて目に入ってきた古い大きな建物はコロンボ旧市庁舎/Old Town Hall

BlogPaint
↑1873年に建てられ1925年まで市庁舎として、そして市議会場として利用されていました。

BlogPaint
↑建物内部は現在博物館として利用されているようですが…とも先生全然気付かなかったよ!外側だけ写真撮って出てきちゃったよ!どなたか内部を見学してきてください!w

BlogPaint
↑ペター地区はとってもにぎやか。危ない雰囲気はまったくなかったけど一応バッグは気をつけようね。

BlogPaint
↑お次にやって来たのはオランダ時代博物館/Dutch Period Museum。長い柱がご立派な大きな博物館です。

BlogPaint
↑1692年に当時の駐スリランカ・オランダ知事の邸宅として建てられ、その後、神学校、孤児院、軍病院、警察学校、郵便局などさまざまな施設として利用された後、現在は博物館になっています。

BlogPaint
↑ただ…残念ながらとも先生が訪れた時(2018年8月)は改装工事のため博物館は閉館中でした…。

BlogPaint
↑最後はオランダ時代博物館のすぐそばにある旧アナンダ・カレッジ/Old Ananda Collegeへ。

BlogPaint
↑この建物は、1886年に開校した英語仏教学校(現アナンダ・カレッジ)の旧校舎で、現在は公的支援の下で維持管理が行われています。

BlogPaint
↑実は入口がフェンスで覆われていたので外側だけ写真を撮っておしまいにしようとしたら、中から職員さんらしき人が出てきて建物の中へ入れてくれました。

階段を上がって建物の2階へ。屋根は何回も修復しているそうですが、壁やドアなどは古いままの部分がほとんどでお好きな方にはたまらないよ。

BlogPaint
↑建物1階は職員さんの事務所になっているみたい。ここで建物の歴史などをいろいろ説明してくれました。

コロンボ市内の一般的な観光は3年前の旅行で一通り見たので、今回はペター地区に絞ってコロニアル建築を見て回りました。いやあ楽しかったよ☆

それではバスに乗って空港そばのニゴンボビーチへ移動します!



こんにちは、とも先生です。

先月の話しなんですけど、休暇でバンコクにやって来た友人夫婦とプロンポン駅前の居酒屋さん「さんや/Sanya」で仕事上がりに待ち合わせ。

ここって前から気になってはいたけどなかなか入る勇気がなくてw 建物の2階にお店があって店内が見えないって不安じゃないですか?w
BlogPaint
↑お店はBTSプロンポン駅5番出口から出てUターンしてすぐ左側、ファミリーマート脇に入口があります。

BlogPaint
↑階段を上ってお店に入るとテーブル席とカウンターがあり、とも先生たちは3階のお座敷へ。

個室ではないけど開放感があって、掘りごたつ式だから足も楽チン☆

BlogPaint
↑まずはハイボールで乾杯〜。丁寧に作ったお味で美味しい。

BlogPaint
↑鶏皮揚げはサクサクで全然脂っぽくないよ。レモンでさっぱり。

BlogPaint
↑厚揚げ焼きはアテにいいよね。たっぷりの鰹節とネギがうれしい。

BlogPaint
↑女将さん?から熱烈にオススメされたのでイカ刺しをいただく。新鮮プリプリで甘みがあって、特にコリコリのゲソが最高でしたん☆

BlogPaint
↑牛タン焼きも鉄板で美味しいよね。

BlogPaint
↑アスパラベーコンなんてゆうホッとする系おつまみもあってお酒がすすむw  

この後に2軒目に移動したのでこの日は軽飲みでしたが、なんか意外な穴場っていうか、居酒屋オブ居酒屋って感じのくつろげるお店でした。駅前だからなにかと便利だよねー、ぜひー☆


店名: さんや/Sanya
場所: 661 Soi Sukhumvit 39, Sukhumvit Road, Khlong Toei Nuea, Khet Vadhana, Bangkok, 10110
電話: 02-2604596
営業: 11:00-14:00/17:00-24:00


こんにちは、とも先生です。

最近たまに自分でも恐ろしい食事を摂ることがありまして、気付くと「おにぎり+パンケーキ」とか「お好み焼き+サンドウィッチ」なんてヒィイイイ! 来月からの年末進行でさらにボディが増加する見込みなので、今月中になんとか心を入れ替えないと!

というわけで、少しでもタンパク質を摂取しようと思い、友人K子+お子たちと週末の土曜日にランチしてきました。BTSトンロー駅前というめためた便利な場所にある「寿司居酒屋 えぞや/EZOYA」さんです。

BlogPaint
↑お店はソイ38側の駅階段を降りてUターンし、ソイ38を過ぎた左側。ランチは週末の土日だけみたい。お寿司60分食べ放題は前日までに予約すれば毎日実施してるって。以前は月曜だけだったよね。

BlogPaint
↑小さいお子が2人いるので、お店入ってすぐの掘りごたつ席を使わせてもらいました。お子たちを奥に押しやって動きを封じてしまえばw大人もゆっくりできますね。

BlogPaint
↑メニューは写真入りのとても見やすいもの。17時までオーダーできるランチのセットメニューは200バーツ〜。

BlogPaint
↑土曜の昼だしまずは飲もうかw アサヒ生ビール(100バーツ=約340円)で乾杯〜☆

BlogPaint
↑このお店はお通し(100バーツ=約340円)のオーダーが必須になりますが、いくつかある品から選ばせてくれます。今回は、ソイのお刺身とお刺身のからし和えをチョイス。

どちらもお酒が進んじゃうなー、というわけでビールおかわりw

BlogPaint
↑ビールでお通しをちびちびやっている間に、お子たちのお子様セット(220バーツ=約750円)が来たよ。

海老フライ、鶏唐揚げ、フレンチフライ、枝豆、卵焼き、カニカマに納豆巻き+冷たいお茶といった内容。納豆巻きは…万人向けなのかな…にしても揚げ物率高し。唐揚げは美味しかったようです。


BlogPaint
↑K子がオーダーした選べる刺身5種盛り定食(300バーツ=約1,020円)。お刺身はマグロ赤身、イカ、サーモン、タコ、マアジ、ホタテ、甘エビ、ツブ、しめ鯖、カニカマから好きな5種類を選びます。それにサラダ、塩辛、ご飯、味噌汁が付きます。

自分でネタを選べるのはうれしいけど!一切れずつって見た目寂しいね…値段上がってもいいから二切れずつ希望。


BlogPaint
↑とも先生がオーダーした海鮮天ぷら定食(230バーツ=約780円)は、海老、イカ、サーモンの天ぷら盛り合わせに、サラダ、ご飯、味噌汁が付きます。

天ぷらはサクッと軽く揚がっていて美味しかったよ。海老さんは甘エビらしく小さかったけど。あと、ご飯がビックリするくらい固かったーw たぶん酢飯用に炊いたご飯を使っているんだと思うよ。

次回はお寿司食べ放題に挑戦してみたいです!



店名: 寿司居酒屋 えぞや/Sushi Izakaya EZOYA
場所: 794-796 Sukhumvi Rd.,(Between Soi36-38),Prakanong,Klongtoey
電話: 02-7122448
営業: 15:00-24:00(月-金)/12:00-24:00(土日)
Web: http://ezoya.jp.net/wp/

こんにちは、とも先生です。

バンコクからタイ南部最大都市ハートヤイ(ハジャイ)に夜到着して翌朝すぐに列車移動の予定だったので、この日はハートヤイ駅前のホテル「The Train Hotel Hat Yai」に1泊。

駅前っていうか駅構内?レベルの、列車利用者には最高の立地のホテルでしたよ☆

BlogPaint
↑ホテルの建物は夜ライトアップされているので、夜到着でも簡単に見つけることができました。ここから建物の裏へまわると…

BlogPaint
↑駅のホーム入口真向かいがホテルの入口です。もうこれ以上の立地はないですね!駅前ホテルっていうか駅構内ホテルと言ってもいいな!

BlogPaint
↑お部屋は白ベースでとてもシンプル。写真ではキレイに見えますが、実際はお掃除の足りないところが各所にあって…うん…まあ…1泊ならいいかって感じw

BlogPaint
↑チェックイン時にキーデポジットとして500バーツを払います。これはチェックアウト時にちゃんと返金されるのでご心配なく。無料Wifiのパスワードもチェックイン時にもらえます。

BlogPaint
↑室内にはテレビ、冷蔵庫、エアコンなど基本設備はバッチリ。湯沸かしポットもあったのでコーヒーやインスタントヌードルも作れます。

BlogPaint
↑遅い時間にチェックインしたので詳細はわかりませんが、どうやらルームサービスが頼めるみたいだね(7:00-20:00)。

BlogPaint
↑バスルームもとてもシンプル。ちょっと経年を感じさせる古さだけど、まあ1泊ならいいでしょう。

BlogPaint
↑アメニティは歯ブラシ、シャンプー、石けん。あと無料のお水が2本。

BlogPaint
↑お部屋からの眺め。ハートヤイ駅前ってけっこう何もないんですよねw とても静かな夜でした。

ハートヤイ(ハジャイ)駅から列車を利用する人には最高の立地のホテルです!個室の他にもっと割安なドミトリーもあるので、予算に応じてどうぞ!



The Train Hotel Hat Yai

↑このページのトップヘ