とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:食器

こんにちは、とも先生です。

乾季に入った12月のさわやかなタイ。国内線航空券がめためたに安かったので、数年ぶりに北部タイ(チェンマイ&ランパーン)を2泊3日で一人旅してきました🌟

チェンマイから南東約100kmに位置するランパーン。良質の粘土が産出されるため窯業が盛んで、その中でもにわとり柄(鶏柄)の食器は日本人にも人気があることから、食器目当てにランパーンを訪れる人がいるほど。

時間がなかったので駆け足だったのですが、ランパーン市内で食器の買えるお店のうち、観光客も行きやすい2カ所をご紹介します。
BlogPaint
↑まずはここ。なんやコロニアル風建築の裏手にお店が何軒か並んでいます、1軒をのぞいて閉まってるけど!


↑場所はここ。警察関連施設の敷地内なのかな?

BlogPaint
↑朝から唯一開いていたお店を見学。

BlogPaint
↑にわとり柄の食器があります、が、けっこう雑多な品揃え…。

うーん…1軒しか開いていないから品揃えや値段の比較ができないなあ…。

BlogPaint
↑というわけで、どうしたものかと悩みながら歩いていたら偶然見つけました食器集合店。


↑場所はここ。City Ratsada Apartmentという宿の斜め向かい。

BlogPaint
↑ここは各店舗品揃えが豊富ー🌟

BlogPaint
↑にわとり柄の食器の種類もたくさんあるよ。

BlogPaint
↑とも先生いくつかお買い上げ。でもそんなに量を買えないから本当に少しだけ。茶碗サイズの中鉢(10バーツ=約34円/個)。安い!こんなに安いものなの?!

BlogPaint
↑そしてお魚さん型の醤油皿的な小皿(10バーツ=約34円/枚)。これもにわとり柄食器と並んで人気商品なんだそうです、よく知らんけど。

日本のネットショップでいくらで売っているか知らんけど、現地ランパーンで買うと30円台ってことでした🌟食器に興味のある方はぜひー。


こんにちは、とも先生です。

世界各地にはそれぞれ伝統の焼物があり、洗練された高級品から素朴でプリミティブなものまでその種類は数えきれないほどありますよね。食器好きなとも先生は、アジア、中東、ヨーロッパ、旅行へ行く度に各地のいろいろな食器を少しずつ買い込んでいます。

今回は、パキスタン旅行の”ちょっといい”お土産にオススメしたい「ムルタン焼き/Blue Pottery」をご紹介します。

BlogPaint
↑ムルタンはパキスタン中央部のパンジャーブ州にある都市で、古くから焼物の生産が盛んです。別名「Blue Pottery」とも呼ばれるムルタン焼きは、白地に青い釉薬のシンプルなデザインでとっても使いやすいんですよ。

BlogPaint
↑こちらは直径20cmの中皿でモチーフは花です。釉薬は2種類。

BlogPaint
↑こちらも直径20cmの中皿でモチーフは花です。こちらの方が釉薬の青が少し強いですね。

BlogPaint
↑高さは2cmほどなのですが、かなり厚みがあってどっしりしています。そして若干の「歪み」がムルタン焼きの特徴w

食器に「完全」を求める方には最初からオススメしませんが、手作りの素朴な温かみが好きな方にはぜひオススメしたい焼物です。

各種サイズの丸皿の他、角皿、花瓶、鉢、コップ、タイルなどバリエーション豊かで、主にイスラマバードやカラチの土産物店で購入できます。

ムルタン現地まで行ける方は、ムルタンの窯元で購入されると質の良いものが安く手に入れられますのでぜひ。

BlogPaint
↑とも先生はカラチのショッピングモールに入っている土産物店で購入しました。写真の中皿の最初の言い値が1枚1,200ルピーでしたので、あとはここからどの程度ディスカウントできるかが腕の見せ所w

パキスタンの駐妻さんたちは、駐在中に少しずつムルタン焼きを買い集めて、本帰国の時に日本へ持ち帰るそうですよ☆


店名: Indus Valley Heritage
場所: フォーラム・モール内。Shop No.134, G-20, Block-9
電話: 021-35306815
営業: 11:00-20:00
E-mail: shahidkhan95@hotmail.com

<この記事は2015年4月時点の情報でふ>

さあて、シーギリヤとダンブッラゆう二つの世界遺産を観光したのであとはキャンディへ戻るだけなのだが、今回は事前に調べておいた「
どうやらスリランカにノリタケのアウトレットがあるらしい」という情報を元に、帰路寄ってもらうことにした。
DSC01557
運転手さんには一応口頭で住所を説明したけど…ちゃんと行けるかな。

DSC01555
車はキャンディから45分くらいのマータレーとゆう街に来たよ。この街外れにノリタケのアウトレットが!?

DSC01562
運転手さんバッチリわかっててくれてて、迷うことなくダイレクト到着。店に入るといきなしショールーム。ただし、ここのは高い。さあ写真の真ん中をずんずん奥へ歩いて行くと…。

DSC01559
奥がアウトレット会場!見渡す限りノリタケ!ノリタケ!!ノリタケ!!!

DSC01558
お好きな方には生唾もの、興味ない人には地獄。

DSC01561
買ったものはきちんと梱包して段ボールに詰めてくれまふ。ただいまお会計中。

IMG_6022
京香旬彩シリーズを計9点購入。

IMG_6021
 ハミングブルーシリーズを計9点購入。

写真の通り合計18点購入で約10000円!安い! 

公共交通機関やトゥクトゥク(三輪タクシー)でも行けるようだけど、車チャーターしてパッと行くのが一番楽ですん。

ちなみに、キャンディで車を一日チャーターして世界遺産のシーギリヤとダンブッラを観光し、帰りにノリタケのアウトレットに寄ってもらうルートで約8000円(ガソリン代やチップ等含む)でしたよん。

他の人のブログ見るとキャンディから公共のバス使って一日がかりでシーギリヤとノリタケ行きましたとかあるけど、二人でシェアすれば一人4000円、
一人でチャーターしても1万円しないんだから車チャーターするのが楽だってw





人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ