とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:透明度

こんにちは、とも先生です。

春休みの旅行でやってきたインドネシアの「ハッタ島/Pulau Hatta」。あの有名なウォーレス線を発見したイギリスの博物学者であり生物地理学の父、アルフレッド・ウォーレスが

「世界で最も美しい海」

と絶賛したバンダネイラの海を、シュノーケリングで満喫しました☆
BlogPaint
↑ハッタ島2日目の朝はこんなにお天気〜♪ 島のビーチは北側なので朝日も夕日もほとんど見られないんだけど、でもみんな早朝からお散歩しているよ。

BlogPaint
↑部屋のテラスで朝ご飯食べ終わってちょいと休憩していたらもう目の前のビーチがピカピカになってさ!

BlogPaint
↑うれしくて興奮して、思わず一眼デジ持ったまま海に入っちゃったよ! 危ない危ないw やっぱりお天気じゃないとこの海のキラキラ感は出ないよね!

BlogPaint
↑というわけでシュノーケリングマスクとフィンをレンタル(50,000ルピア=約390円)して早速部屋の前のビーチからエントリー。

部屋から2分でこの景色!!!w

BlogPaint
↑ここまでキレイな海だとGoPro必須ですよね!忘れたら悲しいだけじゃ済まないよ。日射しが強いので着衣のままシュノーケリングです。欧米系のお客さんはみんなラッシュガード持ってる。

BlogPaint
↑マスクしながらうっとりため息の連続。

BlogPaint
↑ハッタ島の特徴は、ビーチからエントリーしてちょっと泳ぐだけですぐにドロップオフなの。特に危険生物もいないし潮の流れも穏やかだし、沖まで行かなければ安心して楽しめます。

BlogPaint
↑アンボンからやってきたというインドネシア人ファミリーもカメラ片手に大興奮!しばらく一緒にシュノーケリングを楽しみました。

BlogPaint
↑遊び疲れたらバンガローに戻って休憩、お昼ご飯食べたらまたシュノーケリング、めっちゃ贅沢〜☆

BlogPaint
↑この日も雲が多かったけどなんとかほんのりサンセットを拝むことができました。

1週間くらいこの島でのんびりしたいところだけど、この後バリ島旅行も控えているし、明日はバンダネイラに戻りまーす。


こんにちは、とも先生です。

ロック島初日。ランタ島からスノーケリングツアーに参加してスピードボートで到着したロック島。

ランタ島からロック島へ
http://tomosensei.net/archives/1068810244.html
国立公園でもあるこの島には簡素ながらテントやバンガローの宿泊施設もあり、(空室があれば)事前の申し込み等無しで気軽に宿泊することができます。

さて、どんな島なのかウロウロ散策してみることにしまーす。
BlogPaint
↑島の入口にはKOH ROK RANGER STATION THAILANDと。国立公園なのでレンジャーさんたちが常駐しているんだね。

BlogPaint
↑ロック島の案内板。ロック島はRok NoiのRok Yaiの2つの島から成り立っていて、メインビーチや宿泊施設のあるRok Yaiに滞在することになります。

BlogPaint
↑ここはメインビーチであるMan Sai Bay。もう言葉は必要ないよね、海の色がね、バスクリンなのw

BlogPaint
↑他のツアー参加者がスノーケリングから戻ってきたのでツアーのランチタイム。

鶏肉のマサマンカレー、野菜炒め、フライドチキン、ご飯、パイナップル、スイカ、コーラ、お水といった標準的なメニューで味も標準的w

そしてとも先生は、ランチ後にツアーから離脱します。

BlogPaint
↑まずはインフォメーションセンターで宿泊の申し込みをします。

ロック島にはテントとバンガローがあって、テントは事前の予約不可、バンガローは国立公園局のWebサイトからオンライン予約ができるそうです。

タイ国立公園局/National Park of Thailand
http://nps.dnp.go.th/

BlogPaint
↑ラッキーなことにテントに空きがあったのでお金を払って申し込みます。

テントの宿泊代金は1泊「1人」420バーツ。

なので、2人でひとつのテントを使用しても割安にはなりませんw


BlogPaint
↑テントサイトはほぼビーチフロントで20張くらい並んでいます。

BlogPaint
↑テント内は思っていたより広々としていて、マット、枕、毛布も用意されているのでけっこう快適だね。風通しも良いし最高ー!

自分で南京錠などを持参すればテントに鍵をかけることはできますが、島の滞在者数自体がめちゃめちゃ少ないのと、「ここには悪い奴なんていねえから安心しろ!」とのレンジャーのおじさんの言葉を信じて鍵かけませんでした。

パソコン、一眼デジ、その他もろもろ貴重品ありましたが結果的に全然大丈夫でした。心配な人は南京錠をひとつ持って行くといいかも。


BlogPaint
↑こちらはスーパーエグゼクティブな素バンガロー。最近出来たばかりらしくまだピカピカのほぼ新築。

BlogPaint
↑お部屋の中はスーパーシンプルで、一応扇風機はありますが電気の時間制限があるのであまり意味ないかもw

オンラインでバンガローの宿泊代金を見ると1泊2,000〜4,000バーツでした……うーん、このレベルの部屋にそんな払うんだったらテントで充分かなwww

BlogPaint
↑こちらは島唯一のレストランw 詳細はまた別に書きますね。

BlogPaint
↑ここは共同のトイレ&シャワールーム。シャワーはお湯無しのお水だけだけど、こんな島で真水のシャワーが浴びられるのは有り難い☆ トタンの簡素な造りだけど、バックパッカー旅が平気な人なら問題無い清潔レベル。

BlogPaint
↑メインビーチは午前10:00から午後15:00までの約5時間ツアー客でにぎわい、特に12:00から13:30の間はビーチが激混みになるほどでした。

BlogPaint
↑ところが、午後15:00から翌日午前10:00までの時間はツアー客がいないので、ロック島宿泊者だけでこのビーチを贅沢に使うことができるんです!上の写真と比べてみてください、全然違うでしょ?

BlogPaint
↑海の中はというと、メインビーチから沖へ少し出ただけでなかなか美麗な水中世界でしたよ。ここに限らず残念ながらサンゴちゃんはほとんど…だけど、お魚さんはたくさんいるし、キレイな海で浮遊感味わうには充分!

なんで海中写真がないかって?

Gopro持ってくるの忘れたんだよ!!!!!!!!

さあ…たくさん海遊びしたので、日が暮れる前に少し島をお散歩してみます。


こんにちは、とも先生です。

2010年7月の情報ですが、備忘録として過去の旅行をアップします。

【5日目】海で遊んで犬とじゃれ合って本読んだだけの一日

当時のレート: 10,000ルピア=約95円
BlogPaint
↑朝6:00/起床。海以外何も無い島なので自然と起きるのが早くなるな、強制的な健康。朝ご飯は定番の炭水化物ガッチョリで、今朝は「お?カレーパン?」と思ってかじりついたら黒糖揚げドーナツだったという甘いオチw

BlogPaint
↑午前中は宿のある小島を散策。宿の裏手にプチ崖があってなぜかベンチも置いてあったのでここで少し読書。

BlogPaint
↑昼12:00/定番の揚げ魚ランチwww。宿の飲み物は、ミネラルウォーターの他にコーラ、スプライト、ビールが置いてあって、飲んだ分だけノートに各自記入してチェックアウト時に清算というスタイル。

電気使用に制限があるので冷蔵庫も使えず、氷もないので、飲み物は基本的に常温でいただきます。常温コーラ、常温ビール…慣れるとなかなか美味しいんですよ

スイス人ファミリーは今日KATUPATとゆうとこへ移動するらしい。1泊だけの付き合いだったがここでサヨナラする。


BlogPaint
↑誰かが口をもぐもぐさせているとどこからともなくやって来て気付いたら側にいるワンコ。短足で頭デカくてかわいいんだよなあお前

BlogPaint
↑しばらく一緒に遊んでいたけど誰も何もくれないのでふてくされて寝始めるワンコたち。

BlogPaint
↑今日も快晴 少し風があるので波がほんのり立っているけど、この海を眺めているだけで癒される。

BlogPaint
↑午後13:30/ウルグアイカップルと3人でスノーケリングツアー。もうここまで来たら楽しみはスノーケリングしかないよな、でもすごく楽しい〜

午後16:30/コテージに戻る。今日は天気が良かったので思いっきり日焼けしてしまった…痛い〜

BlogPaint
↑夜19:00/夕食。今夜は雨がすごい、まるで嵐のよう。

それよりも今やっと気付いたんだけど、よく見ると毎日お魚の種類が微妙に違ってるw けっこう気を使ってくれているみたいだ。


BlogPaint
↑食後は島ニャンコとニャンニャンして遊ぶ。いじっても何しても動かない不動ニャンコ。

BlogPaint
↑雨が止まないので部屋に戻ることができず食堂で一人お茶飲み飲み。

雨音しか聞こえてこない。

夜21:00/寝る。今夜は早めに電気が切れたのでおやすみなさい。

こんにちは、とも先生です。

2010年7月の情報ですが、備忘録として過去の旅行をアップします。

【4日目】青い宝石のような海をスノーケリングツアーで巡る

当時のレート: 10,000ルピア=約95円
BlogPaint
↑朝7:00/起床。昨日はチェックインが夕方だったので海がどんな感じかわからなかったんだよね。というわけで起きて早速テラスへ出てみると…

目の前がなんかプールみたいな色してるっ

なんだここは〜っ


BlogPaint
↑興奮覚めやらぬまま写真をパチパチ撮って食堂へ。朝ご飯はドーナツと黒糖蒸しパンに紅茶。どちらも常温で何日(何十日?w)も放置されていたせいか、油がまわっていてお好きな方にはたまらないヘビー朝食w

BlogPaint
↑この宿には島ワンコが2頭。そのうちの1頭がカワイイんだ 誰かが食堂にいるとすぐに寄ってきてワンともキューンとも言わずずーっとそばに座っているの。

BlogPaint
↑午前11:00/ゲスト全員でスノーケリングツアーに出発〜 ボート代(300,000ルピア=約2,850円)は参加者で頭割りにします。今回はスイス人ファミリー、ウルグアイ人カップル、とも先生の6名参加だったので一人50,000ルピア。

BlogPaint
↑うおおおおおおおお 美しい 船頭のおじいちゃんが色々説明してくれるんだけど、具体的な名前全部忘れちゃったw

BlogPaint
↑モルディブ行ったことないけどこんな感じなのかな〜? この旅の最大の後悔は「水中デジカメ持ってくればよかった」

海の中はハードコーラルたくさん+ソフトコーラルもまあまあですっごくキレイだったんだよ〜


BlogPaint
↑たっぷり遊んだらボートはホワイトサンドビーチというところへ。海藻が多かったけど静かでステキなビーチ。

BlogPaint
↑ここでランチタイム。船頭のおじいちゃんがテキパキとピクニックの準備をしてくれました。

BlogPaint
↑ランチは、揚げ魚、ミーゴレン(焼きそば)、カボチャの煮物、ご飯。食堂のご飯と変わらないけどw ビーチで食べるご飯はウマいっ

午後16:30/コテージに戻る。シャワー浴びたりして少し休憩。

BlogPaint
↑夜19:00/夕食。今日は18:30になっても電気がつかなくて不安になったがなんとか点いた 今夜はウルグアイ人カップルの切実なリクエストによりテーブルに鶏肉の煮たのが出た。2人は大喜び、とも先生はダメ…新鮮な鶏肉の独特の匂いがダメなの…。2人に自分の分のお肉をあげたらまた大喜びしてた。ウルグアイ、南米だもんね、お肉ないと辛いよね。とも先生は毎日魚でも全然平気になったけど。

夜、また雨がひどくなってきた。

こんにちは、とも先生です。

年末年始を過ごすためにやってきたミャンマー南部、メルギー諸島のひとつであるニャウン・ウー・ピー島。

2016年の大晦日は、リゾート主催のスノーケリングツアーからスタートです♪


BlogPaint
↑朝食後、リゾートの専用スピードボートに乗り込んで出発です!今日は昨日に比べると波が穏やかなような…気がする。

BlogPaint
↑ニャウン・ウー・ピー島周辺には6カ所のスノーケリングポイントがあり、この日は3カ所を巡るそうです、楽しみ〜♡

BlogPaint
↑まず第一のポイントは、ニャウン・ウー・ピー島の沖合約1.5kmにあるレター島。15分ほどの船旅です。ここは島というより岩礁かな?

BlogPaint
↑このレター島ですが、外洋のためか潮がけっこう速くて、スタッフの男の子が岩礁まで泳いで行って岩にロープを括り付けてくれてこれって命綱的なw

波がけっこう高いのでボート鬼揺れ、待っている間にもうリバースしそう…うううう。


BlogPaint
↑船酔いが酷くなる前にとっとと海に入りましょう!しかし今日はかなり波がw高いww

BlogPaint
↑なんだかもう泳いでるんだか溺れてるんだかわかんなくなってきたので、このポイントは早めに撤収して第二ポイントへ向かうことになりましたw

BlogPaint
↑第二ポイントは、ニャウン・ウン・ピー島のフラワーベイ。ここは海がすっげえキレイだなおい!

BlogPaint
↑このポイントもスノーケリングを楽しむには若干潮が速かったのですが、第一ポイントよりははるかに楽しめました♪

BlogPaint
↑みんなとっても楽しそう〜。

BlogPaint
↑そして最後の第三ポイントはリゾート前のビーチでした。海中写真がねえ、友人のGoProをみんなで使い回して撮影していたのでどのポイントの写真だかわかんなくなっちゃったw でも多分リゾート前のビーチだと思います。

サンゴはわずかながら有り〼。


BlogPaint
↑透明度は抜群!

BlogPaint
↑でも透明度が抜群すぎることもなく、プランクトンさんもいるのでプランクトンさん目当てのお魚さんもかなりいて楽しかったです。

キレイな生サンゴを探すというよりも、お魚さんたちと戯れながら透明度の高い海の浮遊感そのものを楽しむ感じですかね〜。リゾート前のビーチで充分満足できました☆


このミャンマーツアーは、日本語ペラペラPhyo Aung Shein(シェーン)くんの手配で実現しました!ご興味のある方はどうぞ日本語で問い合わせてみてくださいね!

↑このページのトップヘ