とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:買い物

こんにちは、とも先生です

先月、友人のお誕生日をお祝いするためにシンガポールへ行ってきました。バースデイパーティーのために国際線フライトに乗るだなんて日本にいたら考えられないんだけどw 東南アジアを網の目のように飛ぶLCC各社の低価格運賃のおかげだよ☆

今回は、シンガポール在住の友人に連れて行ってもらったスーパーのLCC「バリュー・ダラー/Value Dollar」をご紹介します。

シンガポールにももちろん100円ショップのダイソーがあって、ひとつ2シンガポールドル(約160円)で売っているのですが、ここバリュー・ダラーはなんと1シンガポールドル(約80円)! ダイソーより安いじゃん!
BlogPaint
今回はバスに揺られて、郊外のSembawang Shopping Centreへやって来ました。オーチャード通りでは感じられないローカル感あふれるエリア。

BlogPaint
↑お店は…「$1」の大きな値札があちこちにあるのですぐに分かりますねw

BlogPaint
↑店内にはお菓子、乾物、調味料、日用品などが陳列されています。ここはお菓子コーナーですがどれもひとつ1ドル!中にはお土産になりそうな箱入りのお菓子もあって、時間をかけて物色してみたーい!

BlogPaint
↑こちらは各種お茶コーナー。普通のスーパーではなかなかのお値段で売っている商品もなぜかここでは1ドル!別に賞味期限が近づいているとか箱が壊れているとかではありませんよ、なぜ1ドル?w

BlogPaint
↑陳列商品は基本1ドルですが、一部商品は2ドル以上、そして逆に2個で1ドルというお値打ち商品もあり。

BlogPaint
↑今回購入したのは、ロシア産リプトンのマンダリンオレンジグリーンティー。これ、シンガポールの普通のスーパーではひとつ5ドル近かったんです。それがここでは1ドル!

商品によってはめちゃめちゃお得にお買い物ができるので、お土産探しはまずバリュー・ダラーでチェックしてからスーパーへ行くのがいいかもしれませんね!

ただ…残念ながらこのお店…シンガポールの中心部には店舗がないみたいで、旅行滞在中に観光エリアで見つけるのは難しいかも。というわけで、以下サイトから調べてみてくださーい。

Valu Dollarを運営するRadha Exports社サイト
http://www.radhaexports.com/

店名: バリュー・ダラー/Value Dollar

こんにちは、とも先生です。

初めてのトルコ旅行も無事に終了。

何が楽しかったって?それは「スーパーマーケット巡りとお土産探し」

旅先ではお土産探しも含めて必ず現地のスーパーマーケットをのぞくのですが、こんなに買い物が楽しいだなんてビックリしましたイスタンブールすげえ!

というわけで、今回の旅行で買ったお土産をほんのりとご紹介します。

BlogPaint
↑イスタンブール市内にはカルフール(Carrefour)やミグロス(Migros)といったスーパーがけっこうあちこちにあって、お土産を物色するにはもってこい。

BlogPaint
↑こちらは新市街で見つけたカルフールの店内。所狭しと商品が並んでいてそれだけでワクワク。

BlogPaint
↑これはインスタントスープコーナーかな?スーパーってお国柄がもろに反映されるので楽しいですよねー。

BlogPaint
↑これはキョフテ(トルコハンバーグ)のスパイスミックス。牛挽き肉(または羊挽き肉)とこのスパイスミックスを手でこね合わて小さく成形してからフライパンで焼くと、もうそこはトルコの薫り。

あまりクセの強いスパイスは入っていないようなので、とても食べやすかったです。

BlogPaint
↑これはインスタント粉末スープ。キノコ、豆、トマトなど種類は豊富で、この粉末スープと1リットルの水を合わせて軽く煮込むだけで美味しいスープの出来上がり。これは鍋で作る大パックですが、カップで一人前ずつ作る小パックもあったのでバラマキ土産には最適かも。

写真右から二つ目のキノコのスープが特に美味しかったです〜。


BlogPaint
↑こちらはチーズ盛り合わせとトルコのビーフソーセージ。

トルコって乳製品が安くてビックリしました!ソフトなチーズは持ち帰りが大変そうだったので、なるべく賞味期限の長い硬めのチーズを選んでお土産に。

写真左真ん中、緑パッケージのハルミチーズは、フライパンで焼いて食べる溶けないチーズで、適度な塩気と濃いミルク感が最高に美味しかったです!

写真右上、中央のビーフソーセージは、薄切りにしてからフライパンで焼くと脂がジュワッと出てきてえもいわれぬ良い香り!濃い目の味がビールにピッタリでした!


BlogPaint
↑そしてナッツにチョコレートにお茶。どれもスーパーで買うと安くてカゴ一杯に買っちゃいましたw

お茶はアップルティーを。でもお茶というよりは薄めたリンゴジュースのような味。でもほのかな酸味と甘みでとても美味しかったです!

チョコレートは、ピスタチオやカカオニブの入ったダークチョコレートを。これがまたお酒に合ってあっという間に食べ尽しちゃいましたw

ナッツ類も安くて、ちょっと変わったところでローストしたヘーゼルナッツを買い込みました。カリカリコリコリとても小気味良い歯触りで美味しい!

イスタンブールのスーパーマーケットで探すお土産。チョコレートバーや小袋のナッツなどはかさばらないし安いしで、バラマキ系のお土産にも最高ですね。

そうそう!買い物の値段なんですけど、ひとつひとつチェックはしていないのですが、上記のようなお土産をカゴ一杯に買い込んでだいたい3,000円前後ってとこでした。

以上、どなたかの参考になれば幸いです。

こんにちは、とも先生です。

あと1ヶ月ちょっとでソンクラン(タイ正月)。ソンクラン時期は長いお休みが取れるので、毎年一時帰国したり他国在住の友人を訪ねて海外旅行へ出かけます。

ただ、いつもいつもいつもいつも困るのが「お土産」。今日本の地方にも普通にタイ料理屋あるしネットショッピングでなんでも買えるしで、タイのお土産なんにしよう…と頭を抱える時期到来。

どうしようかなあ、とスーパーをふらふらしていたところ普段見慣れないインスタントヌードルを見つけたので試しに買って食べてみましたという小さな枠のお話。


BlogPaint
↑タイのスーパーの棚にはたくさんのインスタントヌードルが。どれも一袋20円くらい。

BlogPaint
↑たくさんの商品の中で唯一包装がマット仕上げで光沢のないパッケージが逆に新鮮で、このインスタントヌードルが気になったので買ってみました(6バーツ=約20円)@グルメマーケット。

社名がTHE DECENT NOODLES FACTORY(直訳:きちんとした麺工場)。化学調味料不使用を謳うだけあって社名もナイスですw

BlogPaint
↑クリーミー・トムヤンクン味でカロリーは280kcal。NO MSG(化学調味料、その中でもグルタミン酸ナトリウム不使用)という身体に優しい内容。ま、インスタントヌードルに優しいも何もないかもしれないけどさw

BlogPaint
↑開封の儀式。中は麺、粉末スープ、調味チリペーストの3点。丼に入れてお湯を注ぐだけ〜

BlogPaint
↑出来上がり。素の麺だとあまりにあんまりなので煮卵だけトッピング。

そして実食…

うん、麺には特に個性がないけど、スープの辛みはそれほど強くなく酸味もほどほど、ココナツミルクのクリーミーさも出ているが濃すぎることもなく、海老出汁感もなかなか出ていてこれは日本人的に食べやすい美味しさ

一番の驚きは食後のさっぱり感、インスタントヌードルの重たい感じがそんなにないの。NO MSGって書いてあるからプラシーボ効果的なものかもしれないけどw

インスタントヌードルだから誰にでも勧められるわけではないけど、20円でこの内容ならお土産に買って帰ろうかなあと思いましたおしまいw

こんにちは、とも先生です。

12月に行ったカンボジアのアンコール遺跡。ツアーで立ち寄った土産店です〜!

H.I.S.の現地オプショナルツアーに参加しました。
「アンコールワット、アンコールトムと夕日鑑賞。終日観光(昼食/夕食付き)」
http://tomosensei.net/archives/1063327267.html
BlogPaint
↑午前の観光を終え、昼食前に立ち寄ったのが「アンコールクッキー」というお店。

BlogPaint
↑実はこのツアーの前日にスーパーでお土産のクッキーをたくさん買ってしまったんですね。だからここに来ても買う物がなくって…店内が混んでいたこともあって店内写真ありません

とりあえずここはクッキー屋さんなので、クッキーがたくさんありましたおしまいw


BlogPaint
↑H.I.S.のツアーでここに立ち寄ると、冷たいマンゴーシェイクが1杯もらえます。甘さ控え目で美味しかった〜。

BlogPaint
↑すべての観光を終えて夕食会場へ向かう前に訪れたのが「カンボジア・ティータイム」というお土産もの屋さん。

BlogPaint
↑ここはカンボジアのお菓子だけではなく、雑貨、Tシャツ、布製品、伝統工芸など、いろいろな物が置いてある総合店でした。

BlogPaint
↑このクロマー(カンボジアの伝統布)は5ドル。市場で買えばもちろんもっと安いと思いますが、日本人好みの色合いの一定以上の品質の品をこれだけ揃えているんだからここで買ってもいいかなあ、と。

BlogPaint
↑店内はお客さんがたくさんいましたが、伝統工芸コーナーはガラガラ…。

どちらのお店も日本人経営ということで、日本語の話せるカンボジア人スタッフが必ずいますし、行った日は日本人の方(オーナー?スタッフ?)が自ら接客していました。

市場で値切り交渉に疲れたり変なものつかまされるくらいだったら、こういうお店で買い物してもいいかな〜と思います。

こんにちは、とも先生です。

12月の3連休で行ってきたアンコール遺跡。旅行へ行くと必ず現地のスーパーマーケットを覗くのですが、滞在していたシェムリアップの街にも「ラッキーモール/Lucky Mall」というショッピングセンターがあるというので行ってきました。


BlogPaint
↑Sivatha通り沿いにある3階建ての近代的な建物。入口手前にもアイスクリームショップやカフェがあります。

BlogPaint
↑1階にスーパーマーケット、2階3階にはレストランやカフェ、電気店などが入っていました。

BlogPaint
↑では一番興味のあるスーパーへ入店。手前にパン屋さんもあります。

BlogPaint
↑店内はとても清潔で陳列もしっかりしていて、キレイにパックされたお肉や野菜もありました。

BlogPaint
↑カンボジアはヨーグルトが有名なんですか?ヨーグルトコーナーの種類と量がすごかったのでついパチリ。そういえば隣国のラオスもベトナムも乳製品がすげえウマいよなー。

BlogPaint
↑スーパーですが、観光地なのでもちろんお土産物コーナーも充実。香辛料、調味料、コーヒー、ヤシ砂糖などなどかわいくパッケージされた土産用の商品がたくさん。

BlogPaint
↑これはクッキーかな、マンゴー味のクッキーに興味有りw

館内は冷房も効いているし、買い物がてらちょっと休憩するのにいいかもね。



店名: ラッキーモール/Lucky Mall
場所: Sivatha通り沿い、パークハイアットホテルから約500m
電話: 063-760740
営業: 09:00-22:00

↑このページのトップヘ