とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:豚の丸焼き

こんにちは、とも先生です。

春休みの旅行はいろいろな用事を兼ねてインドネシア周遊。

ほぼリアルタイム的な旅をちょこちょこアップしていきまーす。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

4月19日(木)

昨夜はそんなに飲み過ぎた覚えはないのですが…なぜか気だるい朝。

ホテルは朝ご飯無しプランで予約したので、支度をしたら何か食べに外へ出ようと思いつつ、メールチェックをするともう5月以降の仕事がバンバカ入っていてうわあ現実世界に戻らねばw

さあ、今日が本当の本当に最後。最終日は何食べよう?

バンコクでは食べられないもの…バンコクでは食べられないもの…。

バビグリン!

BlogPaint
↑というわけで最終日の朝ご飯はモーニングバビグリン!w 朝9:00の開店を待って「Warung Babi Guling Amerta Sari」へ行ってきました。

バビグリンとは豚の丸焼きのこと。お肉から皮からモツから血まで余すところなく使った料理で、辛い豚のスープ、ご飯と一緒にいただく場合が多いです。

あーもう!美味しいよなあ!これがバンコクでも食べられたらなあ…いやでもバリで食べるから美味しいんだよなあ、とひとりでブツブツ言いながら速攻完食。

一度ホテルへ戻り午後は現実世界の労働をするw。ああもう夕方じゃん!あとはマッサージしてスーパーで生テンペ買って晩酌したら空港へGOかな。

とんでもなく長かった今回のインドネシア周遊ツアーこれにて終了!19日間で撮った写真が計約3,500枚あるので、バンコクに戻ったら少しずつ整理しなくっちゃw

旅行情報は今後またブログで少しずつご紹介していきますね☆


こんにちは、とも先生です。

今日でブログを始めてから2年が経ちました♡いやあまさか毎日続けられるだなんて思いもせず。これからもよろしくお願いします。

さてさて、先日シンガポールの友人カップルと日本のご家族がバンコクへ遊びに来たので、Gたんと一緒に「アンアンラオ/An An lao/安安楼」でお呼ばれ夕飯。

ここは、北京ダックをリーズナブルに食べさせてくれる中華レストランとして有名だそうですが、今回は鶏肉(家禽類)が食べられない人が複数いたので、代わりに豚の丸焼きをガッチリいただいてきました☆

BlogPaint
↑お店はプロンポンのスクンビット・ソイ26、Kヴィレッジにあります。コック帽をかぶったニワトリさんだかアヒルさんが目印。

BlogPaint
↑今回は総勢8名での利用だったので、Gたんに予約をしてもらって個室確保。パッと見た限り、個室は3室あるようです。

BlogPaint
↑メニューは日本語表記もあるので注文楽々。ここの売りは350バーツのお手頃北京ダック!北京ダックってもっと高いイメージがあるのですが、ここはリーズナブルなので大人気だそうです。

BlogPaint
↑ビールで乾杯した後、続々と料理が運ばれてきましたよ。まずは空心菜の炒め物。シャッキリしててほどよいにんにく加減がビールに合う合う!

BlogPaint
↑フカヒレスープは各種サイズがありますが、これは土鍋ポットになみなみ!今回はこれ一人一つオーダーという豪快さ!w もちろん美味しくいただきました。

BlogPaint
↑そしてやってきました子豚の丸焼き(2,000バーツ=約6,660円/+10%)。パリパリに焼けた皮を、饅頭や甘酢漬けの野菜と一緒にいただきます。まったく脂っこくなくてパクパクエンドレスでいただいちゃいました。

BlogPaint
↑(名前忘れたけどなんかの)チャーハンは、まだ〆るには早いけどついつい手が伸びてしまう美味しさ。米粒がパラリと一粒ずつ主張してるのがいいですね。

BlogPaint
↑こちらはカニカレーの卵炒め(プーパッポンカリー)の、カニをイカとエビに替えてもらったもの。ご飯がすすむの当たり前だよねw

BlogPaint
↑エビの醤油蒸しは、柔らかいエビに染みた醤油ダレがとても美味しい。

BlogPaint
↑子豚の丸焼きのお肉部分は後ほど別調理して運んで来てくれます。今回はお店おすすめの「にんにく胡椒揚げ」にしてもらいました。これは!ビールが!止まらない!

BlogPaint
↑店内はタイ人客で常に混み合っていて、予約無しでは待たされる時間帯も。

どれも美味しかったので、次回は名物の350バーツ北京ダックに挑戦したいなー。



店名: アンアンラオ/An An lao/安安楼
場所: 122 Soi Sukhumvit 26 Rd. Klongtan Klongtoey, Bangkok, Thailand 10110
電話:
営業: 11:00-22:00
WEB: http://www.ananlao.com/

こんにちは、とも先生です。

バリ島5日目。今日はサヌールのホテルをチェックアウトしてウブドへ移動。

ウブドの定宿プラサンティに荷物を置いたらすぐにお出かけです。
プラサンティ・ベッドアンドブレックファスト/Prasanti Bed & Breakfast
http://prasanti.web.fc2.com/
どうしてもランチにバビグリン(豚の丸焼き)が食べたくてっ
BlogPaint
↑というわけでバイク飛ばしてやってきました「BABI GULING Buk Ari」。サンギガンのフュージョンカフェの近くです。

BlogPaint
↑インドネシアはイスラム教徒の多い国ですが、バリ島はバリヒンドゥーなので普通に豚肉食べます。店内にお客さんがいないのは、今にも雨が降り出しそうなのと、みんなバイクでやって来て持ち帰りするから。

BlogPaint
↑やってきましたバビグリン(25,000ルピア=約210円)。ナシチャンプル(ご飯にいろいろなおかずを盛り付けたインドネシア飯)スタイルでいただきます。

写真手前のウラップ(インゲンとココナツフレークの和え物)とサンバル(唐辛子ベースの調味ペースト)以外は全部豚の肉や皮やモツを使ったお料理。辛みがしっかり効いていてパンチのある美味しさ


BlogPaint
↑ウマ辛ご飯には甘いドリンクを昔からあるテーボトル(3,000ルピア=約25円)は瓶入りの甘いお茶。テーブルに並んでいるものを勝手に飲んで最後に清算します。

バビグリンってお店によって味が違っていて、人によって好みの店がハッキリ分かれているので「ここが一番」とはなかなか言えないのですが、とも先生はここお気に入りになりました



店名: BABI GULING Buk Ari
場所:
電話: -
営業: 無くなり次第終了

こんにちは、とも先生です。

春のバリ島旅行。途中から合流した友人を合わせて3人で「さあどこ行こう?」「さあなに食べよう?」

3人中2人が元バリ島在住、1人がバリ島2回目という感じだったので、もうバリごはんを目一杯食べてコテコテに観光しちゃうことに決定!

というわけで、バビ・グリン(豚の丸焼き)を食べに行ってきました〜♪

DSC06056
↑やって来たのはスミニャックのサンセットロード沿いにある「ワルン・パッ・マレン」。バリ島で働いていた時はお昼休みにバイクでたまに買いに来ていました。

が、昔はもっとちっちゃくて汚い店だったのに、移転して大きくキレイなお店になっていてビックリ!よほど儲かったんだろうね。


DSC06055
↑店内はウナギの寝床のように奥に長いです。パッと見混んでいても、とりあえず奥まで空席を探しにいってみてください。

DSC06052
↑移転してから初めて来たけど、暑い!ところどころに扇風機が回っているけど、風通りがあまり良くないなあ…。

DSC060531
↑こちらがバビ・グリンという豚の丸焼き定食(40000ルピア)です。ご飯とスープも付いてます。あとは暑いからビンタンビール(小瓶30000ルピア)もいただきます!

DSC06053
↑豚の丸焼きだけではなく、和え物や揚げ物、サテ(串焼き)など、豚のいろいろな部位をいろいろな味付けで作ったまさに豚まるごと定食!

お味はですね、うん確かに変わらず美味しかったのですが、以前のもっと雑な盛り付けのワイルドなバビ・グリンがとても懐かしくなってしまいました…なんかお上品すぎる。

清潔なお店でバビ・グリンを食べてみた〜い!という方にはオススメできます。暑いけどw



店名/ ワルン・パッ・マレン/Warung Pak Malen
場所/
電話/ +62 851 0045 2968
営業/ 9:00-18:00

<この記事は2015年8月の情報でふ>

今夜はパトンビーチのロイヤル・パラダイス・ホテル/Royal Paradise Hotel内にある老舗中華レストラン「ロイヤル・キッチン/Royal Kitchen」へ行ってきましたよっと。
DSC01956
ホテルをずんずん入っていって右奥のエレベーターで24階のスカイラウンジまで行き、さらに階段を上って25階へどうぞ。

DSC01967
階段を上りきるといきなし「うちは中華屋だ!」と言わんばかりの装飾でお出迎え。

DSC01970
平日の8時頃に行ったがお客さんはまばらでほとんど日本人グループ客でいた。まあおかけで広い店内撮影しまくり。

DSC01973
 フカヒレのスープ。お値段失念。フカヒレたっぷりのスープもいい味で美味し。

DSC01979
北京ダック(たしか1,500バーツ+17%)。店員さんが目の前で切り分けて皿に盛りつけてくれまふ。とてもよろしい焼き加減で美味しゅうございました。一羽分でしたが3人でペロリン。

DSC01981
豚の丸焼き(たしか2,500バーツ+17%)。こちらもとてもよろしい焼き加減で皮はサクサク、お肉はしっとりで美味しゅうございました。ただこちらは3人での完食はかなり厳しいので、6-7人集めて臨まれたがいいかと。

DSC01983
北京ダックのお肉の部分は最後に赤ワインソースで炒め煮にしてくれました。実をゆうとこのアヒル赤ワインソース炒めが一番美味しかったりしてw

パトンビーチで超有名な創業25年の老舗中華、人数を集めて行けばそれほどお高くないと思うのでパトンビーチの夕食にぜひ。あ、ここの夜景がとてもキレイでしたよ〜。


店名/ ロイヤル・キッチン/Royal Kitchen
場所/ パトン・ビーチのロイヤル・パラダイス・ホテル25階
電話/ 076 340 666
営業/ 11:00-14:00/18:00-23:00




人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ