とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:空港

こんにちは、とも先生です。

先月ですが、ふとした夜に急にどこかへ行きたくなって8時間後の国内線フライトを予約してクラビへ行っちゃいましたw

直前でも飛行機の値段がメタメタに安かったこと、天気予報ではクラビのお天気が良さそうだったこと、あと今までクラビに一度も行ったことがなかったことが重なって旅欲が爆発!

さて、雨季のクラビはどんな感じでしょ。

BlogPaint
↑タイスマイル航空でクラビ空港へ到着しました。空港小さいな!

BlogPaint
↑目の前にタクシーやらシャトルバスのカウンターがあったので、とりあえずアオナンビーチまで行くことにしまーす。事前に何も調べてないしまずホテル予約してないしw

BlogPaint
↑アオナンビーチまでのシャトルバスチケット(100バーツ=約330円)

BlogPaint
↑乗り合いワゴンで人数が揃ってから出発するので、フライトの少ない時間帯はけっこう待つかもしれません。この時は15分ほどで満員になったので出発。

BlogPaint
↑クラビ空港を出発して、途中の各ホテルで他のお客さんを下ろしながら約1時間でアオナンビーチ前に到着。

BlogPaint
↑さて…ビーチに着いたはいいけど今夜の宿どうしよう、っていうかどこへ行こう?なーんも考えていなかったので、朝ご飯を食べながら計画を練ることに。

BlogPaint
↑ビーチ沿いのレストランでパッタイと揚げ春巻きをもぐもぐしながら旅行計画。

よし、ここからボートに乗ってライレイビーチというところまで行ってみよう!スマホでライレイビーチのよさげなホテルも予約完了!

朝ご飯を食べたレストランは特に美味しくもなかったので詳細省きますw


BlogPaint
↑ここでライレイビーチ行きのボートチケットが売っている、の、かな?

BlogPaint
↑ライレイビーチまでのボートチケット(100バーツ=約330円)

BlogPaint
↑で…ボート乗り場なんですが…ビーチエントリーというか…

波が高すぎてボートに乗り込めねえ!!!

とも先生はバックパックひとつだったからよかったものの、スーツケーツ抱えたおねいさんなんか思い切り転んでスーツケーツおそらく中までビタ濡れ…。

BlogPaint
↑お客さん同士で助け合ってなんとか乗船しアオナンビーチを出発。奇岩を愛でながら進みます。

BlogPaint
↑そして15分ほどでライレイビーチが見えてきました。なんでもボートでしかアクセスできないビーチだそうです、本当か?

BlogPaint
↑雨季の8月なのにこのお天気!ライレイウエストビーチに到着!

さっき予約したホテルはライレイイーストビーチって書いてあったので、まずはホテルにチェックインしまーす。

こんにちは、とも先生です。

先月、友人のお誕生日のお祝いでシンガポールへ行ってきたわけですが、お祝いディナー会場のレストランというのがまたお好きな方にはたまらない物件だったのでぜひご紹介しますね!もうね、飛行機がお好きな方にはたまりません!

今回行ったのは、シンガポール・チャンギ国際空港の本当にすぐそばにあるシーフードレストラン「徳光海鮮楼/Tekong Seafood Restaurant」です。

BlogPaint
↑お店は「チャンギ・ビレッジ」という空港そばの再開発エリアにあります。

BlogPaint
↑店内には生簀があって美味しそうな新鮮なお魚さんたちがたくさん!

BlogPaint
↑この日はお天気が良く少し風が吹いていたのでテラス席で乾杯☆ お通しのカリカリジャコ的なものにチリソースをつけて食べるとビールノンストップ!

BlogPaint
↑で、さっきからチュイーンチュイーン音がするなあと思ってふと空港の方を見たら、

見たら!

飛行機!中華航空!

着陸態勢!飛行機が目の前っ!

そうだ!ここ!空港のそばだった!


BlogPaint
↑まさか飛行機を目前で愛でながらお料理がいただけるだなんて♡ 蒸し海老もいつもと一味違うね☆

BlogPaint
↑お酒のアテ的な貝さんたちがやってきましたよ。奥のはスパイシーな味付けの赤貝みたいの。手前の貝は「ゴンゴン」という巻貝。串でクルっと回すようにして中身をほじくってタレつけていただきます。味が濃くて美味しい〜!

BlogPaint
↑おおっと!今度はシンガポール航空のA380が来たー!でも、とも先生のカメラ望遠レンズじゃないし飛行機の撮影テクなんてないからなんだかピントが合わない!w

BlogPaint
↑これはお魚を蒸したもの。とても上品な白身でまるで自分も上品になったような味わい。

BlogPaint
↑これは細かく刻んだ青菜と卵を炒めたもの、だったかな。

BlogPaint
↑これは鳩のロースト。小さくて身は少ないんだけど、味がめっちゃ濃い!旨味たっぷりでこれもお酒がすすみそう☆

BlogPaint
↑そろそろ日没に近づいてきましたがまだまだ撮るよ。次はスリランカ航空ー!

友人と航空会社当てっこしながら飲むお酒は格別です。


BlogPaint
↑鴨のローストは濃いめの味付けでご飯が欲しくなるーけどガマン。

BlogPaint
↑イカフライは衣にスパイスがピリッと効いていて美味しい☆

BlogPaint
↑羊さんのカレー炒めはもう間違いようのないご飯のオカズ。シーフードレストランだけど肉料理も美味しいよう。

BlogPaint
↑〆としてミーゴレン(シンガポール風焼きそば)を。辛くはなくてマイルドな味付けなのでするする飲めますw

友人カップルに車で連れて行ってもらったので公共交通でのアクセスはわからないのですが、空港の本当にすぐそばなのでタクシーでちゃっと来れそうな感じ。近くには海浜公園もあってお散歩によさそうですよー。



店名: 徳光海鮮楼/Tekong Seafood Restaurant
場所:
電話:
営業: 11:30-14:30/17:00-23:00
WEB:

こんにちは、とも先生です。

8月のバリ島旅行の帰り、ハイシーズンだったからかバンコクへ戻る直行便のフライトがかなりお高く、しかも他の経由便もけっこう強気なお値段で困ってしまったとも先生。

仕方がないのでスカイスキャナーで調べまくって、

バリ島→クアラルンプール:エアアジアX(ビジネスプロモ運賃)
クアラルンプール→バンコク:タイ国際航空(エコノミー)

という、普段ならあり得ない組み合わせが一番安かったので即購入。

今回は、クアラルンプール空港でのターミナル移動のお話です。

BlogPaint
↑エアアジアXでクアラルンプール空港のKLIA2ターミナルに到着して税関を出たところ。これからタイ国際航空へ乗り換えるために、KLIAターミナルへ移動しなければなりません。

だがしかし!とも先生ターミナル移動初めてでしかも事前学習まったく無し!


ビルが違っても同じ空港なんだから簡単にチャッチャやろ!

BlogPaint
↑頭上のサインを見上げると、KLIAへ行くシャトルバスがあるじゃん!

BlogPaint
↑サインを頼りにずんずん前進していきます、簡単だね。

BlogPaint
↑まだまだ前進。シャトルバス乗り場はどうやらレベル1という階にあるらしいぞ。

BlogPaint
↑前進を続けると左斜め前方に下りエスカレーターが見えました。近くの係員らしきおじさんに尋ねると、シャトルバスは下の階から出発だと。確かにサインもあるしね。

BlogPaint
↑エスカレーターでレベル1へ下りていきます。キレイだけどなんだか暗いなここ。

BlogPaint
↑さあ!レベル1に到着!そして!

いきなりサインが消えた!!!

近くに係員もいないしインフォメーションセンターのおねいさんもいない!!!

どこからバスに乗るんだ?あ!外に出ればいいのか!


でも!外に出たけどシャトルバスの表示がどこにも無いし!!!

他の乗り継ぎ客もとも先生と同じように困っていて、みんなでバス乗り場どこだろうどこだろうと探していると、

車体に「無料」と書かれたシャトルバスが目の前をビューンと通過ー!!!えー!!!

みんな猛ダッシュしたよw

BlogPaint
↑そしてなんとか無料シャトルバスに乗れました!目の前のパパなんて子どもを振り落とすんじゃないかレベルでベビーカー爆走してたしw

KLIA2の無料シャトルバス乗り場は、レベル1から外へ出て一番左端のバス停に止まります。いいですか、一番左端ですからね(2017年8月現在)。


BlogPaint
↑シャトルバスは夕暮れの空港を予想以上にのんびりしたスピードで走ります。

BlogPaint
↑さあ!KLIAターミナルに着いたよ!と思ったらなんや辺鄙な場所でバス停車。どうやらここは空港の駐車場のようです。運転手さんに尋ねたら、

KLIA2→駐車場→KLIA→KLIA2というルートで走るらしい。

急いでいる時はたまらんな!

BlogPaint
↑そしてやっとKLIAターミナルの4番バス停に到着。これで一安心♡

KLIAからKLIA2へ行く時は、ここから乗ったらいいと思うよ。


BlogPaint
↑けっこうな汗かいてやっとKLIA出発階に到着ー。これからチェックインだ。

KLIA2の税関を出たところからKLIAの国際線出発階までちょうど50分かかりました。予想していたよりも時間かかったから、乗り継ぎには余裕もってね!

こんにちは、とも先生です。

3泊4日のタイ深南部旅行も終わり、今日はお昼のエアアジア便でバンコクへ戻ります。帰りたいような帰りたくないような。

ナラティワート市内から空港までは15kmほどあるのですが、街中に流しのタクシーなどいないので、事前にホテルで空港シャトル(80バーツ=約270円)を予約しました。

BlogPaint
↑12:30発のフライトに合わせて、午前10:30にホテルへ車がやってきました。

BlogPaint
↑車内はゆったりしていて快適快適。途中で他のお客さんを拾いながらのんびり走ります。

BlogPaint
↑そしてナラティワート空港へ到着。最初の入口ゲートでのチェックが厳しかったものの空港自体はいたってのんびり。なんか変わった形の建物だね。

BlogPaint
↑空港内部はもう地方の小さな空港といった風情で、なんでか照明が落とし気味…暗いよう!

BlogPaint
↑港町ナラティワートにある空港だけに、オブジェも船ですね。

BlogPaint
↑ここは搭乗待合室ですが、写真左奥にカフェがあって食事ができます。そしてビールも売ってましたので搭乗直前まで飲みたい方はどうぞw

BlogPaint
↑バンコクへ戻る折り返しの飛行機がやってきたので、飛行機まで歩いて搭乗します。強い日射し対策で赤い傘を貸してくれるサービスも。

BlogPaint
↑ありがとうナラティワート!ありがとうタイ深南部!次来るときは渡航中止勧告(レベル3)が解除されているといいね!またね!

これでタイ深南部旅行2017はおしまい。

こんにちは、とも先生です。

最近なんだかバンコク発の海外旅行よりもタイ国内旅行が気に入ってしまって、毎月どこかしらに行ってますw 7月下旬にも3連休があったので、ちょっくらタイの南部へ行ってきました。

プーケット?クラビ?リペ島?いえいえ違います。

「タイ深南部3県(ヤラー県、パッタニー県、ナラティワート県)」

どこかといいますとここ↓

deepsouthmap
外務省海外安全ホームページ(タイ)

マレーシア国境と接する、もうタイの南の南の南ですね。

元々このあたりにはパッタニー王国という独立した国があり、タイとイギリスによって南北に分断された後、北部(タイ深南部)がタイに併合されたんですね。マレーやイスラムの文化が息づく、タイの中でも異国情緒あふれる地域の旅を、今日から全14回に分けて書いていきます。


BlogPaint
↑まずはバンコクからエアアジアで、タイ南部最大都市のハートヤイ(ハジャイ)まで飛びます。この日は機材故障やなんやでフライトが30分遅れましたチッ。

BlogPaint
↑1時間ちょっとでハートヤイ国際空港に到着。預け荷物がないのでちゃっちゃと外へ出ますよ。

BlogPaint
↑空港建物から外へ出るとすぐ左手にカウンターがあるので、ここで市内までの足を確保しましょう。

BlogPaint
↑とりあえず市内までの乗り合いワゴン(100バーツ=約330円)のチケットを購入。

BlogPaint
↑乗り合いワゴンなのである程度人数が集まらないと出発しません。カウンター裏の椅子に座って待機。

BlogPaint
↑ところが15分ほど待っても出発しそうになかったので、眠たいとも先生はもう限界。差額分を払ってエアポートタクシー(300バーツ=約990円)に変更!すぐに出発だよ!

<ハートヤイ(ハジャイ)空港から市内へのアクセス/2017年7月現在>
乗り合いワゴン: 100バーツ
エアポートタクシー: 300バーツ


BlogPaint
↑そしてタクシーは夜道をガンガンに飛ばしてくれたので20分ほどでハートヤイ市内のホテルに到着。

さあ、今夜はちゃっちゃと早く寝て明日に備えるよー!

↑このページのトップヘ