とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:現代美術

こんにちは、とも先生です。

なんか最近旅行にばっかり行っててなかなかリアルタイムでブログ更新できないのですが、先月お散歩がてら行った現代美術ギャラリー「YenakArt Villa」(←なんて読むんだろう?)をご紹介しますね。ご紹介しますって勝手に書いているだけなんだけどねw
BlogPaint
↑ギャラリーは、最寄りであるMRTルンピニ駅・MRTクロントイ駅のどちらからも約1.7km!けっこうな住宅街の中に有り〼。徒歩ではちと辛い立地。

BlogPaint
↑入口の門には開館時間が書いてあるんだけど…おもいきし開館時間中なんだけど…警備員室に誰もいないよ?

BlogPaint
↑なんだか人気がまったくないけどお邪魔しまーす。

めっちゃ広い贅沢な庭!

ここでガーデンウエディングできるね!!

相手いないけど!!!

BlogPaint
↑ガラス面の大きいこの建物全体がギャラリーになっているのかな?

BlogPaint
↑お、今企画展やってるんだね。Soichiro Shimizuって名前からして日本人の作家さんだね。

BlogPaint
↑こんにちはーお邪魔しまーす♡

サワディカップ♡



Hello♡



こんにちはぁ♡



Selamat Pagi♡



誰も出てきやしねえ!

BlogPaint
↑なんだか不法侵入感満点で非常に心苦しいのですがちょこっと鑑賞させていただきます。

BlogPaint
↑天井が高くて梁も立派で、どのような形態の作品にも対応できそうな感じだね。

10分ほどお邪魔したのですが、大きな声であいさつしまくったのですが、最後までどなたも出ていらっしゃいませんでした…お昼ご飯でも買いに行ったのかな…鍵もかけずに?w

機会があればもう一度お邪魔したいギャラリーです☆


名称: YenakArt Villa Contemporary Art Gallery
場所: 69 Soi Prasat Suk, Yen Akat Road, Bangkok 10120
電話: 081-5541199
営業: 11:00-19:00(月火お休み)
URL: https://www.yenakartvilla.com/

こんにちは、とも先生です。

11月も下旬に入ると、良くも悪くも少しずつ気持ちが急いてきて、2018年の終わりに向けてカツカツと早足で歩いている自分がいます。今年は本当にいろいろなモノやコトを無くしまして、それは改めて別のところでお話しようと思いますが、何か激変の時期に来たのだと感じています。

さて今回は、シーロムにあるアートギャラリー「Number 1 Gallery & Cafe」をご紹介しますね。こじんまりとしたスペースですが、カフェでお茶やケーキを楽しみながらアート鑑賞ができるんですよ☆
BlogPaint
↑シーロム通りからですとソイ・シーロム21へ入ります。最寄り駅のBTSスラサック駅からは約400m。

BlogPaint
↑ソイを200mほど入った右側にある一軒家のような建物がギャラリーです。

BlogPaint
↑なーんか人気がまったく無いんだけど…まいっか入店。

BlogPaint
↑入って右側がギャラリースペース、左側はカウンターのあるカフェ。ドリンクだけではなくケーキやスコーンなどお菓子系もそろっていました。

BlogPaint
↑とも先生はふかふかソファに倒れ込んでwフローズンカプチーノ(70バーツ=約240円)で休憩。

訪問時は、タイ人アーティストTanongsak Hariraksaphitak氏のドローイング作品が展示されていました。

BlogPaint
↑週末の午後遅くに訪問しましたがお客さんらしき人はゼロ。ゆっくりできました☆

各展覧会情報は以下のギャラリーのサイトから調べてみてくださいね。


名称: Number 1 Gallery & Cafe
場所: 19 Soi Silom 21, Khwaeng Silom, Khet Bang Rak, Bangkok 10500
電話: 083-4458333
営業: 11:00-19:00(日曜お休み)
URL: http://www.number1gallery.com/


こんにちは、とも先生です。

先日、お休みの日にバスに乗ってふらっとどこかに出かけたい気分だったので、お家の前のバス停からバスに乗ってふらっと出かけました。

とはいえ一応目的がないと前には進めませんから、この日は「バンコクでまだ行ったことのない美術館やギャラリーへ行ってみよう」企画。
BlogPaint
↑やってきたのは、MRTルンピニ駅そばのアートギャラリー「Bangkok CityCity Gallery」です。閑静な通りに建つシンプルな建物…ちうか入口どこだよ?w

BlogPaint
↑あったあった入口w でもこの日は企画展の真っ最中で「観る順番が決まっているからこっちへカモン」とスタッフの方に案内され隣りの建物へ。

BlogPaint
↑現在開催中の企画展は「RootTech™」、2018年8月26日まで。

BlogPaint
↑まず先に案内された展示室には…温室的なビニールハウス?

BlogPaint
↑ビニールハウスの中へ入ってみると、左右にいくつも設置されたスピーカーから延々とスクラッチ音(何かがこすれるような音)が大音量で流されていました。これは写真だと伝えられない…興味のある方は実際に行ってみてください。

BlogPaint
↑こちらは受付のあるメイン棟の展示スペース。ズタ袋とバッキバキに割れたガラスが展示されています。

BlogPaint
↑お外にはテーブルなんぞ置かれていて乾季は気持ちいいだろうなあ。

展示室自体は広くないので、インスタレーション系の作品だとすぐに観終わっちゃうかも。駅から近いので、ギャラリーの展覧会情報を参考に、興味のある展覧会があったらぜひ一度どうぞー☆


名称: バンコク・シティシティ・ギャラリー/BANGKOK CITYCITY GALLERY
場所: 13/3 Sathorn 1, South Sathorn Road, Thung Mahamek, Bangkok, Thailand 10120
電話: +6683 087 2725
開館: 13:00-19:00(月火休館)
URL: http://bangkokcitycity.com/

こんにちは、とも先生です。

インドネシア・ジャワ島旅行4日目。スマラン中心部のオールドタウン地区を散策中、アートギャラリーを見つけたのでちょっとのぞいてみました。

スマラン現代美術ギャラリー/Semarang Contemporary Art Galley(GALSEM)は、地元の若手作家の作品を中心に展示するコロニアルなステキ空間でしたよ。

BlogPaint
↑ちょっとだけ通りの奥にあるので見つけにくいのですが、教会からすぐなのでなんとか見つけ出してくださいw 小さいけど看板もありましたー。

BlogPaint
入館料(10,000ルピア=約80円)を払って中へ入ります。

BlogPaint
↑壁に飾られた昔の写真。このギャラリーの建物は、1985年にオランダ人によって建てられたコロニアル建築で、商社、貸し倉庫、自動車販売店、レモネード工場などを経て、大改装の後に2008年にギャラリーとして生まれ変わったそうです。

BlogPaint
↑それでは館内へ。建物自体がステキなのでもうこの時点で興奮w

BlogPaint
↑建物の基礎部分はすべてそのまま残してあるので独特の雰囲気の空間です。この日は週末だからか、地元の学生らしきグループがたくさん来ていました。

BlogPaint
↑展示作品は基本的に地元スマラン出身の若手作家のものだそうです。

BlogPaint
↑2階はしっとりと落ち着いた空間。ここも平面作品の展示が中心です。

BlogPaint
↑定期的に企画展も行っているとのこと。この作品は頭にガルーダ(インド神話に登場する神鳥)を被っているのかな。

BlogPaint
↑1階へ降りてきました。奥はギャラリーの事務室で、オリジナルTシャツを販売していました。右手はトイレです。

BlogPaint
↑ギャラリーの中庭には一体だけ彫刻作品が。周囲を壁に覆われているけどなんだか好きな場所だなあ。

ギャラリー自体はそれほど広くないので、オールドタウン観光の合間にサクッと楽しめます。アート好きな方はぜひ足を運んでみてくださいね。



スマラン現代美術ギャラリー/Semarang Contemporary Art Gallery
場所: Jl Taman Srigunting No 5-6 Kota Lama Semarang
電話: 024-3552099
開館: 10:00-16:30(月休)
Web: www.galerisemarang.com

↑このページのトップヘ