とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:港町

こんにちは、とも先生です。

春休みの旅行はいろいろな用事を兼ねてインドネシア周遊。

ほぼリアルタイム的な旅をちょこちょこアップしていきまーす。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

4月16日(月)

今日からウブドを離れ一路北へ向かいます。バリ島北部というとロビナビーチが有名ですが、とも先生の目的地はシガラジャ/Singarajaという古くから交易で栄えた港町。州都デンパサールに次ぐバリ島第二の街で、1849年にオランダの植民地政庁が設置された歴史から、街中には古い建物が数多く残っています。

BlogPaint
↑まずはPerama社のツーリストバスでロビナビーチへ。ウブドからロビナまでのバスチケット(125,000ルピア=約970円)。このバスに乗るの10年ぶりかもwww

BlogPaint
↑バスは一時間遅れてウブドを出発しましたが、のどかな風景を楽しみながら約2時間30分でバリ島北部のロビナに到着。

BlogPaint
↑ロビナのゲストハウスにチェックインしたらすぐにレンタルバイク(60,000ルピア=約470円)を調達して、約7km離れたシガラジャの街へ。街中にはお好きな方にはたまらない建物が点在しています。

とも先生、シガラジャ市内をバイクでかけずり回り、おばあちゃん世代に聞き込みしまくって、事前調査で狙っていたオランダ統治時代の某施設跡を発見することができました♡ 詳しくは後日発行予定のKIndle書籍でご紹介しますね。

BlogPaint
↑取材しまくったらお腹がペコペコw シガラジャ名物のシオバッ/Siobakで遅めのランチをいただきます。これは揚げたり蒸したりした豚のさまざまな部位を盛り合わせて、八角の効いた甘辛ソースをかけた料理。本場で食べたのは初めてだよ!んまい!

BlogPaint
↑無事にシガラジャ取材を終えたので、ロビナビーチまでバイクを飛ばしておひとりさまサンセットを楽しみます。波のほとんどない穏やかな海はほんのり水鏡。

明日はまた移動日だよwww 今夜は近所のビーチバーで軽く飲んだら早めにおやすみなさいします。



こんにちは、とも先生です。

タイ深南部、ナラティワート滞在2日目。アオマナオ国立公園から市内に戻ってきましたが時間はまだ午後。せっかく深南部くんだりまで来たので、何かお土産になりそうなものがないかお散歩しながらお店を探してみまーす。

BlogPaint
↑ナラティワートは小さな港町といった風情で特にこれといって何もないのですがw お、この先になんかあるので行ってみよう。

BlogPaint
↑街の中心にある時計台でした。

BlogPaint
↑ナラティワート市内にはまだまだ木造の古い建物がたくさん残っていて未だ現役。いいなあ、素敵だ。

BlogPaint
↑この建物も古そうだな。はめ込まれたステンドグラスがかわいい。

BlogPaint
↑そして、昨日泊まったタンヨン・ホテルの向かいにある、お土産屋さんのようなキレイなお店へ入ってみます。

BlogPaint
↑店頭にはパッタニー製やナラティワート製の魚せんべいが売っています。いろいろな種類やフレーバーがあってパッケージもカラフルでかわいいな。

BlogPaint
↑店内には、タイ製のものだけではなくお隣マレーシア製のお菓子や調味料、あとは化粧品の類いが売っています。エアコンが効いているのでゆっくりショッピング☆

BlogPaint
↑とも先生が買ったのは、まずパッタニー製造の魚せんべい。形や味も様々で、これはバンコクの友人へのお土産に買いました。お土産だから値段は内緒w

BlogPaint
↑そしてこちらがナラティワート製造の魚せんべい。深南部の名物は魚せんべいだけなのか?w これはほんのりスパイシー香ですが子どもでも食べられそうな優しい味でした。

なんかかさばるものばかり買っちゃったけど…まあいっか。

さあ、一旦ホテルへ戻って休憩したら最後のディナーへ出かけよー。

↑このページのトップヘ