とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:歴史的建造物

こんにちは、とも先生です。

春休みの旅行でやってきたインドネシアのバンダネイラ。電波の届かないハッタ島ステイから戻ってきたとも先生は、どうしても泊まりたいもうひとつの宿へ急ぎ足で向かいました。
アルフレッド・ウォーレスが絶賛したバンダネイラの海・ハッタ島
http://tomosensei.net/archives/1070822288.html
ここバンダネイラには、オランダ植民地時代に建てられたコロニアル建築を利用した宿が二軒あって、Cilu Bintang Estateにはすでに泊まったので、今回はもうひとつの「デルフィカ1 ゲストハウス/Delfika Guesthouse」へ。
バンダネイラのコロニアルホテル「Cilu Bintang Estate」
http://tomosensei.net/archives/1070821245.html
BlogPaint
↑デルフィカ1は古い建物が建ち並ぶ中心の通り沿いにあります。

BlogPaint
↑パッと見「え?ここゲストハウス?」と気付きにくいので写真の小さな看板を目印に。英語のガイドブックには必ず載っている有名なゲストハウスなので、もし迷ったら近くの人に尋ねてみてくださいね。

BlogPaint
↑建物の中へ入るといきなりリビング。オーナーファミリーの孫らしき男の子がたまにゴロゴロしながらテレビゲームしてますが、高い天井の開放感あふれるステキ空間。

BlogPaint
↑リビングを抜けてさらに奥へ行くと、客室棟に囲まれた中庭に出ます。ここは外部からでも自由に利用できるカフェレストランになっていて、宿泊客はここで朝食もいただけます。

BlogPaint
↑お部屋は全部で7部屋かな。とも先生は築100年以上は経っているという古いお部屋にしました。入口もなんかかわいいよ。

<宿泊代金>
250,000ルピア=約1,970円 *税金、サービス料、朝食込み

<その他>
ボート手配やシュノーケリングギアのレンタルも可能。ランドリーサービスあり。ピクニック用のお弁当や、料理のわがままオーダーもできるだけ頑張るとのこと。

BlogPaint
↑室内はそれほど広くはないけど天井が高いのでまったく気にならない。ベッドシーツもタオルも清潔で問題無し。冷蔵庫はないけど、テレビとエアコン完備、無料Wifiもなかなか快適な速度でした。

BlogPaint
↑バスルームは典型的なインドネシアスタイルで、トイレは洋式ではありますけど全体的に古いね。シャワーはお湯が出ます。

BlogPaint
↑朝食はフルーツ盛り合わせorフルーツジュースに、パン、コーヒーか紅茶が付きます。シンプルだけど美味しかったよ。

実はこのデルフィカ1、なぜ数字の「1」が付いているかというと、港近くにデルフィカ2という系列のゲストハウスがあるからなんです。2の方がお値段高めながら、眺めが良くて新しくて設備が整っているそうです。ただ、古き良きコロニアルな雰囲気を楽しみながら滞在したい方は、絶対に「デルフィカ1」ですよ、間違えないでね。

久しぶりに腰を据えて長期滞在したいと思ったゲストハウスでした♡


名称: デルフィカ1 ゲストハウス/Delfika Guesthouse
場所: Banda, Kabupaten Maluku Tengah, Maluku
電話: +62 813-5572-8728/0910-21027


こんにちは、とも先生です。

バンコクから飛行機に4回も乗りw今回のインドネシア旅行の最終目的地、歴史に翻弄されたスパイスアイランド「バンダネイラ/Banda Neira」にやっと到着しました。いや〜遠かったw

さて、とっても小さな島バンダネイラですが、ここにはオランダ統治時代の古いコロニアル建築を利用した宿が2軒あるとのこと。とも先生ぜひとも泊まりたくて旅行出発3ヶ月前に問い合わせメールを送ったのですが!

バンダネイラ滞在中すべてフルブッキングで空き部屋無し!!!

ガクーンと気分が落ち込みましたが…なんと偶然な幸運に恵まれたんです♡詳しくは過去の記事を読んでみてください↓↓↓
飛行機の中で偶然出会ったABBAさん
http://tomosensei.net/archives/1070163959.html
というわけで、ラッキーにもお目当てのホテル「チル・ビンタン・エステイト/Cilu Bintang Estate」に1泊できることになりました☆バンダネイラで一番設備の整った高級コロニアルホテルです。
BlogPaint
↑ホテルは島のやや南側、「Fort Nassau」という砦跡の隣りにあります。通りからホテル入口へのアプローチもステキ☆

BlogPaint
↑オランダ統治時代の古い大邸宅を改装してオープンしました。入口で靴を脱いでから中へ入る民宿スタイルなのが面白い。

BlogPaint
↑中へ入るとすぐに広いロビーがあり、フロントとソファセットがあります。

スタッフはオーナー含め全員インドネシア人なのですが、宿泊客の99.9%が欧米人観光客のためかホテル内は原則英語でのやりとりでした。とも先生がインドネシア語で話しかけても返事はすべて英語なんだもんww

でもオーナーもスタッフもみんなとても優しくて気が利いて最高のステイでした!

BlogPaint
↑こちらはお土産物屋さん。アンティークや定番Tシャツまで種類豊富だったよ。

BlogPaint
↑客室は1階に6部屋、2階にスイートが1部屋の計7部屋。こりゃ予約がすぐに埋まるわけだ。

BlogPaint
↑建物裏のダイニングで毎日の朝食とアラカルトのランチ、ブッフェディナーがいただけます。床のタイルがかわいいんだよ。

BlogPaint
↑ウエルカムドリンクはクローブがほのかに香るスパイスコーヒー。

BlogPaint
↑今回とも先生が泊まったのは1階のデラックスルーム。部屋前のテラスがとても広くて贅沢で、連泊できたらどんなに素晴らしいか…。料金などのホテル情報はページの最後に書いてありますよ。

BlogPaint
↑デラックスルーム室内。カップル向きのベッドにシングルベッドが1台あるのでファミリー利用もできますね。高い天井は開放感がありますが、エアコンが効いてくるまでちょっと時間がかかるのが難点w

BlogPaint
↑お部屋には無料のお水が2本。

BlogPaint
↑壁にはオランダ統治時代の写真や地図などがたくさん飾ってあります。

BlogPaint
↑お部屋を別の角度から。お部屋の設備は簡素で冷蔵庫やテレビはありませんが、バリ島のブティックホテルと遜色ないオサレ具合です。

BlogPaint
↑バスルームもとても清潔。バスタブはありませんがお湯はザンザカ出るしトイレの流れもバッチリ。アメニティは石けんだけなのでシャンプーや歯ブラシなどは持参しましょう。

BlogPaint
↑こちらは建物の2階。ここもステキだしのんびり本でも読みたい気分だけど、ここはVIPスイートルームのエリアなので写真だけ撮って退散しまーす。

BlogPaint
↑2階からの景色。For Nassau砦とグヌンアピ火山を臨むナイスビュー☆

BlogPaint
↑とも先生が泊まったデラックスルームもテラスからの眺めはなかなかだよ。翌日の朝食はテラスでいただきました。好みの卵料理にトースト、フルーツ、コーヒー、十分。

このホテルね!このホテルに泊まることを目的にバンダネイラに行ってもいいくらいイイよ!オススメだよ!行くのはちょっと大変だけどぜひ泊まってみてください!!!


名称: チル・ビンタン・エステイト/Cilu Bintang Estate
場所: Jl. Benteng Belgica, RT. 02, Desa Nusantara, Kec. Banda Neira
電話: 0813-30343377
WEB: http://cilubintang.com/

<ホテル料金(2018年4月現在)>
スタンダードルーム: 450,000ルピア
デラックスルーム: 550,000ルピア
VIPスイートルーム: 850,000ルピア
*税金、サービス料、朝食込み。

追加朝食: 50,000ルピア、ディナーブッフェ: 100,000ルピア、ビール大瓶: 50,000ルピア。

スパイスツアー: 200,000ルピア〜、シュノーケリングツアー: 300,000ルピア〜、クッキングクラス、その他手配も柔軟に可能。ハッタ島までの送迎: 100,000ルピア。

Webからメールで予約もできるけど3ヶ月前の問い合わせですでに満室。ただ、バンダネイラまでのアクセスが不便で飛行機やフェリーの欠航もあるため当日キャンセルも非常に多く、とりあえず直接ホテルへ行ってみて空いていたらラッキー、くらいに考えたほうがいいかも。

こんにちは、とも先生です。

先月行ったシンガポール。いつもは郊外の友人宅周辺しかウロウロしないのですが、今回は久しぶりに都会!中心部のオーチャードへ出てみました!都会だ!w

シンガポールにはイギリス統治時代の古い建物がたくさん残っているので、今回はじっくり観光したいなあと思ったわけです。友人Kにアテンドしてもらっていろいろまわることができたよ。
BlogPaint
↑オーチャード通り沿いにあるビジターセンター(写真左の白い建物)は、1901年に建てられたというショップハウス。奥はエメラルド通りという、こちらも古い建物が残っている通り。

BlogPaint
↑19世紀に建造されたLau Pa Sat(Telok Ayer Market)は、近代的なオフォス街の中にあります。

BlogPaint
↑イギリスから船で運んだという鉄柱には装飾が施され、現在でもオフィス街の中の貴重なフードコートとしてなくてはならない存在。

BlogPaint
↑Cavenagh Bridgeは、1870年頃に建造されたシンガポール最古の橋のひとつなんだって。

BlogPaint
↑あまりにもクッソ暑いのでアイスパンで休憩ー。ほんのり甘い食パンで挟んであるからアイスが溶けてもダラダラたれないの。タイにもあるよね。

BlogPaint
↑こちらは旧最高裁判所と旧市庁舎を改装してオープンしたナショナルギャラリー。今回はゆっくり館内を見る時間がないので外観だけー。

BlogPaint
↑赤と白のレンガ造りのかわいい建物はシンガポール最古の中央消防署。毎週土曜日は消防士コスプレ体験や放水イベントがあるそうです。

BlogPaint
↑1934年に建てられた旧警察署ビルは、現在アートギャラリーになってます。

他にもいろいろすっごいのがあったんだけどここでは紹介しきれないので、また後日別の形でたくさんご紹介しますね☆


こんにちは、とも先生です。

バンコクから寝台列車に揺られて、タイ東北部のラオス国境の街ノーンカーイ/Nong Khaiへやって来ました。朝は肌寒いくらいだよー。

新型寝台列車でバンコクからノーンカーイへ
http://tomosensei.net/archives/1069451902.html
今回の旅の目的は「タイのメコン川沿いに残るコロニアル建築を探す」こと。タイは過去の歴史の中で他国に統治されたことはありませんが、川一本隔てた隣国ラオスはもともとフランスの植民地。というわけで、ラオスの影響を受けたであろう古い建物を探しまくるよ。

でもノーンカーイ駅に着いたのがまだ朝7時過ぎなので、お散歩を兼ねて市内中心部まで(約3.5km)歩こうと思います。え?遠いって?今回は1泊分の荷物なので軽いし、とも先生は旅行中だとズンズン積極的に歩くんですw

BlogPaint
↑朝のノーンカーイ駅。みなさん駅前のトゥクトゥクに乗ってピャーとどこかへ行ってしまいました。

BlogPaint
↑めっちゃ気持ちのよい朝なので歩くぞ!

BlogPaint
↑しばらく歩くと交差点にブチ当たったので、Googlemap見ながらこのゲートを入って行きます。ノーンカーイに来るの18年ぶりだから全然地理覚えてないやw

BlogPaint
↑ノーンカーイ市のゆるキャラ?

BlogPaint
↑駅から30分ほど歩くともう中心部に入ってきたようです。いきなり古そうなステキ博物館を発見。でもこの博物館、驚くことに土日休館www

近くへ行って写真だけでも撮りたかったのですが門が閉まっていてダメだめだったよう…。


BlogPaint
↑ノーンカーイに残る古い建物は中心部のミーチャイ通り/Mi Chai Alley沿いに集中して建っているとの情報を得ていたのでてくてく歩いてみます。ここは閉まっているけど、看板から推測するにバーとして営業していたのかな?

BlogPaint
↑ミーチャイ通りにはポツポツとコロニアル建築の建物が残っていますね。ここなんて2階のベランダのアーチが生唾モノ!

BlogPaint
↑写真撮るときだけ電線をブチ切りたいレベルw 壁の装飾がステキだ。

BlogPaint
↑古い白い建物の1階はカフェとして営業していました。

BlogPaint
↑ここはノーンカーイ税関。古い建物を最近塗り直したようでピカピカ。

BlogPaint
↑写真で見るとなんかハリボテ感満点だけど、実物はもっといいからねw

BlogPaint
↑ここはNong Khai Governor's Houseといって、昔のノーンカーイの知事さんの邸宅だったんだかの建物。ゆったりとした敷地に建っています。

BlogPaint
↑建物に書かれた年号から計算するに、築90年くらいかな。

BlogPaint
↑特に係員がいるわけでもなく、日中は自由に出入りしていいみたいなので入館。

BlogPaint
↑館内は博物館になっているわけでもなく、古い家具が乱雑に置かれた何も無い空間でした。ま、それがいい雰囲気出しているけどね。

BlogPaint
↑奥には使用人の部屋やキッチン棟と思しき建物もありました。

朝着いていきなりコロニアルが佃煮だよ!写真撮りまくって満喫だよ!とも先生朝から大興奮だよ!

でもお腹がペコペコなのでちょいと朝ご飯食べに行こうっと。




こんにちは、とも先生です。

パキスタン旅行最終日。「いつまでパキスタンネタ続くんだよ長いんだよ」という心温まるお叱りを受けましたがあと数回で終わります、もうちょっとで完結しますからねw

さあ、エンプレス・マーケットでお買い物をした後、あとは帰宅して荷作りするだけなのですが、Kさんが「ちょっと歩こうか」と言ってくれたので、カラチ旧市街のサダル地区(ゲストハウスが集まっている)をお散歩しました。

庶民の台所は歴史的建造物「エンプレス・マーケット/Empress Market」
http://tomosensei.net/archives/1069451799.html
この地区には英国統治時代のコロニアル建築がまだまだ残っていて、とも先生は頭がおかしくなりそうなくらい大興奮ハアハア。
BlogPaint
↑エンプレス・マーケットで一旦運転手さんと別れて、Kさんと二人でお散歩開始。ザイバニサ通り/Zaibunnisa Streetを歩いてみましょう。

BlogPaint
↑歩き始めてすぐに左手に見えてきた建物は…これホテルなんです。正確な築年数は分かりませんがどう優しく見てあげても築100年以上。今にも崩れそうな「ハイバル・ホテル/Khyber Hotel」は、まだまだ現役営業しているホテルです。

BlogPaint
↑建物の外装飾が本当にステキ。機会があればぜひ一度泊まってみたいのですが、残念ながらホテルとしてはかなりアレらしく、かなりの覚悟と準備(ゴキブリねずみノミ南京虫対策)をしてからでないととてもではないが正気で泊まれるレベルではないそうですw

BlogPaint
↑旧市街ではありますが、すべてがコロニアルの歴史的建造物というわけでもなく新しい建物もちらほら。

BlogPaint
↑これは通り沿いの外壁が残っているだけで、建物自体はすでに取り壊されていました。

BlogPaint
↑これなんてキレイに改装してちょっとオサレなホテルにすればいいのに。

BlogPaint
↑交差点の建物はもうヨダレがじゅるじゅる垂れてくるレベルで大好き。

BlogPaint
↑おおふ、もう言葉にならない。

BlogPaint
↑甘いため息しか出て来ない。

BlogPaint
↑じっくり散策してみたい気持ちもありましたが、通りを数百メートル歩いたところで車が待っていたので、興奮覚めやらぬままお家に帰りました。

なんでもカラチ市内のこういったコロニアル建築物はどんどん取り壊して建て替える予定だったそうですが、建築保存派グループが頑張ったおかげで取り壊しだけは免れたそうです。

だがしかし!一体誰がこの建物を補強修復して今後維持管理していくのか、そしてその費用は誰が出すのか、全然決まっていないんですってw

うーん、頑張ってください!



↑このページのトップヘ