とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:歴史的建造物

こんにちは、とも先生です。

タイの4連休を利用してやってきたインドネシア・西スマトラ州のサワルント。

オランダ植民地時代に開発された炭坑の町がユネスコの暫定世界遺産として世界遺産にリストアップされていることを知り、このサワルント/Sawahluntoという小さな町に興味をもちました。

弾丸旅行のためたった1泊2日の滞在ですが、お天気も良いことだし隅々まで散策したいと思います。
BlogPaint
↑サワルントのメインストリートは全長数百メートルw とってものどかでのんびりした雰囲気です。

BlogPaint
↑中国のエッセンスを取り入れ1917年に劇場として建てられたこの建物は、現在インドネシア政府の信託銀行。

BlogPaint
↑中国商人によって1906年に建てられたかわいいこの建物は現在個人の住居。

BlogPaint
↑Gedung Koperasi ONS BELANGは、炭坑で働く欧米人技術者のための生活協同組合所として1920年に建てられました。現在はなんと1階がコンビニw

BlogPaint
↑町の中心にあるHotel Ombilin Heritageは1918年に建てられた古いコロニアルホテル。とも先生はここに泊まりたかったのですが残念なことに満室でした…。

BlogPaint
↑聖バーバラ教会は、もともと1942年に建てられた軍の寮だそうです。

BlogPaint
↑教会のとなりには聖ルチア小学校があります。ここは当時の炭坑で働く欧米人技術者たちの子弟が通うヨーロッパ系の学校でした。

BlogPaint
↑1916年に鉱山会社の事務所として建てられたGedung Ombilin Meinen。なんだか教会のようなたたずまいですね。

サワルントは隅から隅まで歩いても半日でまわれてしまう小さな町。他にもたくさんの魅力あふれる建築があったのですが、また別の機会にご紹介しますね。



こんにちは、とも先生です。

タイの4連休を利用してやってきたインドネシア・スマトラ島のメダン。

ここメダンは、オランダ植民地時代のコロニアル建築が現在でも多く残っている、お好きな方にはもうたまらない街。

17年前に初めてメダンを訪れた時は、わずか1泊だけの滞在ですぐにトバ湖へ移動してしまったので、ちゃんとした市内観光は今回がほぼ初めてだよ!
BlogPaint
↑コロニアル建築が多く残るメダン市内中心部のJl. Ahmad Yani通り。一方通行で道が細いので、車ではなく徒歩での散策をおすすめします。

BlogPaint
↑1909年に建てられたインドネシア中央銀行。日本でいうところの「日本銀行」なので一般人は入場できず、警備員さんにお願いして写真だけ撮らせてもらいました。

BlogPaint
↑この建物はかなり古そうですが建築年代不明。現在はヘアサロン。

BlogPaint
↑1909年に建てられたイギリスの化学企業ビルは、現在パームオイルやゴムを作る会社のビルとなっています。

BlogPaint
↑こちらも1909年から1911年にかけて建てられたメダン中央郵便局。現在も現役の郵便局として機能していますが、とも先生が訪れた時は残念ながら営業時間後のため中に入れませんでした…。

BlogPaint
↑Jl. Ahmad Yaniから一本裏道に入っただけでこんなショップハウスが軒を連ねます。

BlogPaint
↑これは1919年に建てられた企業の倉庫で、デパートとして利用された後、現在はほとんど廃墟のような様子。

いやあ、メダンってこんなに古い建物がまだまだ現役で残っているんだね!この他にも古く魅力的なコロニアル建築がたくさんありましたがあまりにも数が多いのでここでは省略。また別の機会にでもご紹介できればと思います。


コロニアル建築はJl. Ahmad Yani/アフマッド・ヤニ通りの約1kmに集中しています。

こんにちは、とも先生です。

タイの4連休を利用して行ってきたインドネシア・スマトラ島。

さっきバンコクに着いて、雨のドンムアン空港からバスとBTSで帰宅しました💦
BlogPaint
↑今日は朝8:30発の国際線フライトに間に合うよう、朝6時にホテルの朝食をw 早すぎてまだ外暗いよ。

BlogPaint
↑帰りはパダン・ミナンカバウ国際空港から出発です。建物が非常に特徴的。

西スマトラ州は、このようなとがった屋根の伝統的な建物がとても多かったです。空港、ホテル、レストラン、銀行、役所…みんなこのミナンカバウ様式!

BlogPaint
↑パダンを出発してすぐ眼下に見えたシンカラ湖。湖畔を走る観光列車もあるそうですが、今回はスケジュールが合わず断念…次回こそ!

そして、クアラルンプールで乗り継いでバンコクへ戻りました。

map
↑今回の飛行ルート。

DMK=バンコク・ドンムアン
KNO=メダン
PDG=パダン
KUL=クアラルンプール
SIN=シンガポール
CGK=ジャカルタ

初めて乗ったバンコク〜メダン線は、バンコクから一番近いインドネシアだけあって、シンガポールやクアラルンプールへ行くよりも近いフライト時間2時間、しかも今回は気流の関係か1時間30分で到着!

久しぶりのスマトラ弾丸周遊旅行は、ご当地グルメあり、充実観光あり、大自然ありの大満足な4日間でした!バンコクから気軽に行ける距離なので、ぜひみんな行ってみてください!


こんにちは、とも先生です。

タイの4連休を利用してやってきたインドネシア・スマトラ島。

今日は、コロニアルまみれのサワルントから西スマトラ州の州都であるパダン/Padangへ移動。

せっかくの連休なので朝はゆっくり寝ていたいところなのですが、行きたいところ見たいもの食べたいもの買いたいものが山のようにあるから仕方ないね頑張ろうw

朝ガバっと起きてさくっとホテルの朝ご飯を食べたらすぐにチェックアウト。朝8:30発のパダン行き乗り合いバスは、満員ではなかったからかボロボロの車体だけどとっても快適な2時間半の道のりです。

パダンの今夜の宿は、パダン市内に現存するコロニアル建築でなおかつ現在も営業しているホテルの中で一番古いとされている「ホテル・パダン/Hotel Padang」。お部屋はリノベーションされ快適度を高めつつ、古い良さはそのまま残しているところがステキ。

BlogPaint
↑ホテル・パダンの共用ラウンジ。天井が高く3面採光の4面通風なので明るく気持ちいい☆

ホテルに荷物を置いたらカメラを持って早速出かけます。

ここパダンはオランダ植民地時代に重要な港として栄え、川沿いの旧市街を中心に当時建てられた古いコロニアル建築がたくさん残っています。今日のパダンは日射しは強いけど風がほどよく吹いてとても気持ちいい!

BlogPaint
↑Gedung Geo Wehry & Coは、オランダ植民地時代のバタビア(ジャカルタ)に本社を構えていた大手流通会社のパダン支店跡。適切な修復と維持管理が望まれます…いつか崩れちゃう!

さんざん歩いて歩いて歩いて…膝がガクガクになってきたのでご飯食べるう。

BlogPaint
↑せっかくなのでパダン名物のサテ・パダン。串に刺した牛肉とクトゥパット(固めたご飯)にカレーソースがたっぷりかかっています。これが激ウマ!

あっという間の3日間。

メダン→サワルント→パダンと弾丸でかけずり回ったので正直身体はヘロヘロw リゾートでのんびりしたいところだけど、でも好きなコロニアル建築をたくさん見ることができたので最高に満足でした♡

ではまた明日〜。



こんにちは、とも先生です。

タイの4連休を利用してやってきたインドネシア・スマトラ島。

今日は、メダンを後にして西スマトラ州・サワルント/Sawahluntという小さな町へやって来ました。

石炭が出ることからオランダ領東インド時代の19世紀後半より開発されたサワルントには、オランダ植民地時代の古いコロニアル建築が佃煮のようにたくさん残っており、お好きな方には生唾もののデスティネイション!日本人にはまったくといっていいほど知名度がありませんが、インドネシア国内でも旅行先として人気が出てきたのはここ数年のことだそうです。
BlogPaint
↑町の中心にある聖バーバラ教会/St. Barbara Church。

ゴミがほとんど落ちていない清潔で整然とした通りと相まって、ここがインドネシアだと忘れてしまうくらいステキな雰囲気の町♡ 町自体が非常に小さいのですべて徒歩で観光できるのはうれしい。

サワルントは、現在ユネスコの暫定世界遺産に登録されており、数年後の世界遺産本登録を目指して町一丸となって取り組んでいるそうです。

そのためなのか、ホテル、観光施設、地元の食堂、土産物店、バイクタクシーのおじさん、みんなとろけるように優しく親切で、とも先生がカメラ持ってウロウロしているだけなのにこんなに歓待を受けるだなんてビックリしました。ボッタクリ?!なんですかそれ?みたいなw

BlogPaint
↑サワルントの町を臨む展望台から。山間の隠れ里といった雰囲気。

今夜はサワルントのコロニアルホテルに泊まり、明朝再び次の街へ移動です。ゆったり4連休なんだけどなあ、なんか毎日忙しいなあw

しかも今朝4時起きだったからもう眠くなっちゃったw

ではまた明日〜。



↑このページのトップヘ