とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:歴史的建造物

こんにちは、とも先生です。

バンコクから寝台列車に揺られて、タイ東北部のラオス国境の街ノーンカーイ/Nong Khaiへやって来ました。朝は肌寒いくらいだよー。

新型寝台列車でバンコクからノーンカーイへ
http://tomosensei.net/archives/1069451902.html
今回の旅の目的は「タイのメコン川沿いに残るコロニアル建築を探す」こと。タイは過去の歴史の中で他国に統治されたことはありませんが、川一本隔てた隣国ラオスはもともとフランスの植民地。というわけで、ラオスの影響を受けたであろう古い建物を探しまくるよ。

でもノーンカーイ駅に着いたのがまだ朝7時過ぎなので、お散歩を兼ねて市内中心部まで(約3.5km)歩こうと思います。え?遠いって?今回は1泊分の荷物なので軽いし、とも先生は旅行中だとズンズン積極的に歩くんですw

BlogPaint
↑朝のノーンカーイ駅。みなさん駅前のトゥクトゥクに乗ってピャーとどこかへ行ってしまいました。

BlogPaint
↑めっちゃ気持ちのよい朝なので歩くぞ!

BlogPaint
↑しばらく歩くと交差点にブチ当たったので、Googlemap見ながらこのゲートを入って行きます。ノーンカーイに来るの18年ぶりだから全然地理覚えてないやw

BlogPaint
↑ノーンカーイ市のゆるキャラ?

BlogPaint
↑駅から30分ほど歩くともう中心部に入ってきたようです。いきなり古そうなステキ博物館を発見。でもこの博物館、驚くことに土日休館www

近くへ行って写真だけでも撮りたかったのですが門が閉まっていてダメだめだったよう…。


BlogPaint
↑ノーンカーイに残る古い建物は中心部のミーチャイ通り/Mi Chai Alley沿いに集中して建っているとの情報を得ていたのでてくてく歩いてみます。ここは閉まっているけど、看板から推測するにバーとして営業していたのかな?

BlogPaint
↑ミーチャイ通りにはポツポツとコロニアル建築の建物が残っていますね。ここなんて2階のベランダのアーチが生唾モノ!

BlogPaint
↑写真撮るときだけ電線をブチ切りたいレベルw 壁の装飾がステキだ。

BlogPaint
↑古い白い建物の1階はカフェとして営業していました。

BlogPaint
↑ここはノーンカーイ税関。古い建物を最近塗り直したようでピカピカ。

BlogPaint
↑写真で見るとなんかハリボテ感満点だけど、実物はもっといいからねw

BlogPaint
↑ここはNong Khai Governor's Houseといって、昔のノーンカーイの知事さんの邸宅だったんだかの建物。ゆったりとした敷地に建っています。

BlogPaint
↑建物に書かれた年号から計算するに、築90年くらいかな。

BlogPaint
↑特に係員がいるわけでもなく、日中は自由に出入りしていいみたいなので入館。

BlogPaint
↑館内は博物館になっているわけでもなく、古い家具が乱雑に置かれた何も無い空間でした。ま、それがいい雰囲気出しているけどね。

BlogPaint
↑奥には使用人の部屋やキッチン棟と思しき建物もありました。

朝着いていきなりコロニアルが佃煮だよ!写真撮りまくって満喫だよ!とも先生朝から大興奮だよ!

でもお腹がペコペコなのでちょいと朝ご飯食べに行こうっと。




こんにちは、とも先生です。

パキスタン旅行最終日。「いつまでパキスタンネタ続くんだよ長いんだよ」という心温まるお叱りを受けましたがあと数回で終わります、もうちょっとで完結しますからねw

さあ、エンプレス・マーケットでお買い物をした後、あとは帰宅して荷作りするだけなのですが、Kさんが「ちょっと歩こうか」と言ってくれたので、カラチ旧市街のサダル地区(ゲストハウスが集まっている)をお散歩しました。

庶民の台所は歴史的建造物「エンプレス・マーケット/Empress Market」
http://tomosensei.net/archives/1069451799.html
この地区には英国統治時代のコロニアル建築がまだまだ残っていて、とも先生は頭がおかしくなりそうなくらい大興奮ハアハア。
BlogPaint
↑エンプレス・マーケットで一旦運転手さんと別れて、Kさんと二人でお散歩開始。ザイバニサ通り/Zaibunnisa Streetを歩いてみましょう。

BlogPaint
↑歩き始めてすぐに左手に見えてきた建物は…これホテルなんです。正確な築年数は分かりませんがどう優しく見てあげても築100年以上。今にも崩れそうな「ハイバル・ホテル/Khyber Hotel」は、まだまだ現役営業しているホテルです。

BlogPaint
↑建物の外装飾が本当にステキ。機会があればぜひ一度泊まってみたいのですが、残念ながらホテルとしてはかなりアレらしく、かなりの覚悟と準備(ゴキブリねずみノミ南京虫対策)をしてからでないととてもではないが正気で泊まれるレベルではないそうですw

BlogPaint
↑旧市街ではありますが、すべてがコロニアルの歴史的建造物というわけでもなく新しい建物もちらほら。

BlogPaint
↑これは通り沿いの外壁が残っているだけで、建物自体はすでに取り壊されていました。

BlogPaint
↑これなんてキレイに改装してちょっとオサレなホテルにすればいいのに。

BlogPaint
↑交差点の建物はもうヨダレがじゅるじゅる垂れてくるレベルで大好き。

BlogPaint
↑おおふ、もう言葉にならない。

BlogPaint
↑甘いため息しか出て来ない。

BlogPaint
↑じっくり散策してみたい気持ちもありましたが、通りを数百メートル歩いたところで車が待っていたので、興奮覚めやらぬままお家に帰りました。

なんでもカラチ市内のこういったコロニアル建築物はどんどん取り壊して建て替える予定だったそうですが、建築保存派グループが頑張ったおかげで取り壊しだけは免れたそうです。

だがしかし!一体誰がこの建物を補強修復して今後維持管理していくのか、そしてその費用は誰が出すのか、全然決まっていないんですってw

うーん、頑張ってください!



こんにちは、とも先生です。

パキスタン旅行もあっという間に最終日。今夜のフライトでバンコクへ戻りますが、最後の最後のギリギリまで観光しまくります!

というわけで、朝ご飯を食べてからKさんと車で「ジンナー・ハウス/Quaid-e-Azam House Museum」へやって来ました。ここは、パキスタン建国の父であるムハンマド・アリー・ジンナー/
Muhammad Ali Jinnahが1944年から1948年の死の直前まで住んでいた邸宅で、現在は博物館として一般公開されています。
BlogPaint
↑博物館はカラチ市内中心部にあるのですが、目の前の通りが工事中のため(2018年1月現在)ちょっとわかりにくくなっています。

BlogPaint
↑広い敷地の真ん中に石造りの邸宅。本宅とは別に台所棟や使用人棟がありますが、豪華というより質実剛健な印象を受けます。

そしてこの博物館、敷地に一歩足を踏み入れたら写真撮影禁止なんです…ただ正確に言うと、

「デジカメでの撮影はダメ、しかしスマホカメラでの撮影はOK」

よくわからないルールだね…。

BlogPaint
↑建物の中へは裏手から入ります。ここでスーッとガイドさんが付いて来たので、ガイド料取られるのかどうかわかりませんがとりあえず拒否はせず一緒に館内へ。

BlogPaint
↑建国の父ジンナーは、パキスタン国内ではカーイデ・アーザム(最も偉大な指導者)と呼ばれています。

BlogPaint
↑ここはダイニングルーム。部屋自体はそれほど広くなく、保存されている家具も特に高級なものには見えませんが、パキスタン・インドの伝統木彫りや細工が施されています。

BlogPaint
↑ここはリビングルームかな。今すぐ住めそうな心地よさを感じます。

BlogPaint
↑館内には特に展示パネルや説明があるわけではないので、やはりガイドさんに詳しい話しを聞かせてもらうのが一番いいかもね。とは言ってもガイドさんは片言の英語だったのでほとんどウルドゥー語でお話を聞きましたが…。

BlogPaint
↑壁にはたくさん写真パネルが飾ってありました。これはジンナーと奥様の写真。

BlogPaint
↑次は2階へ上がってみましょう。階段の手すりも含め全体的に英国調でステキ。

BlogPaint
↑ここはベッドルーム。ここを宿泊施設にしてくれたらぜひ泊まってみたいと思いました。柔らかい光が差し込む個人的にステキ空間。

BlogPaint
↑各部屋はどれもシンプルですが、ジンナーが晩年を過ごしたこの家に思いを馳せると、家具や壁の手触りすべてに当時の生活の息づかいを感じます。

そして実は、館内はスマホカメラでも写真撮影禁止なんです。ただ、ガイドさんにいくらかのチップを渡すことでガイドさん許可の元で撮影ができます。

カラチ市内観光というとジンナー廟や国立博物館がメインになるかと思いますが、ここも結構オススメですよ。お時間ありましたらぜひ。



名称: Quaid e Azam House Museum
場所: Fatima Jinnah Rd, Karachi
電話: 無し
開館: 9:00-13:00/14:00-16:00(月火,木,土日), 9:00-12:00(金), 水曜休館
入館料: 無料

こんにちは、とも先生です。

インドネシア・ジャワ島旅行4日目。この日は朝からスマラン市内を観光して夕方前にはかなりへろへろ。観光の最後は、スマランのランドマーク的な存在の歴史的建造物「ラワン・セウ/Lawang Sew」で〆ます。

1907年に建造されたラワン・セウは、1942年までオランダ領東インド鉄道会社のオフィスとして、1943〜1945年は日本軍に利用されていました。現在はインドネシア鉄道会社が管理し、一部鉄道博物館として機能しています。

BlogPaint
↑少し遠目から撮影。まるでお城のような建物でパッと見ホテルにも見えるな。

BlogPaint
入館料(10,000ルピア=約80円)を払って中へ入りまーす。

BlogPaint
↑土曜日だからかなんなのか、この日は地元の中学生だか高校生がクラス単位で佃煮。

BlogPaint
↑敷地はけっこう広いぞ。案内図はすべてインドネシア語です。

BlogPaint
↑ラワン・セウは「千の扉」という意味の通り、建物にはすっごい数の部屋と扉があります。一体何に使おうとしたんだろうね。開けるのも大変だし閉めるのも大変だよw

BlogPaint
↑ここはなんやステキ空間。ここをカフェにすればいいのに。

BlogPaint
↑内部は暗くひんやりしています。

BlogPaint
↑見学順路がよくわからなかったので、生徒と一緒に引率の先生に付いて行きますw

BlogPaint
↑建物中央の大きなステンドグラスは見応え有り!なかなかステキだよ。

BlogPaint
↑建物の一部は鉄道博物館となっていて、インドネシア鉄道の歴史が学べます。

BlogPaint
↑昔の写真パネルも多数展示されていて、スマランの街の変容も知ることができます。

BlogPaint
↑あまり人気ないのかな?博物館エリアには人がほとんどいないので、興味のある人はゆっくり見学できそうですよ。

BlogPaint
↑中庭もかなり広く、学生さんが至るところにいるからかもしれませんがなんだか大学の中庭みたい。ギター弾き語ってる若い子がいたり。

BlogPaint
↑建物の上層階も恐ろしい数の部屋と扉がw 上層階は展示も何も無いのですべて同じ部屋に見えて、下手したら迷子になっちゃいそう。

BlogPaint
↑こちらは建物の屋根裏部屋。屋根の木組みが複雑で見てて飽きない。

博物館としての魅力は全然ないんですけどw 入館料も安いし散歩がてら建物をブラブラするにはちょうどいいと思います。オススメ〜!



名称: ラワン・セウ/Lawang Sew

こんにちは、とも先生です。

インドネシア・ジャワ島旅行4日目。人口約164万人、中部ジャワ州の州都であるスマランは、オランダ植民地時代に建てられたコロニアル建築が今でも佃煮のように残っているヨーロピアンな街。

その中でも、市内中心部の「オールドタウン」と呼ばれる地区を散策してみました。雨季の始め(10月下旬)に行ったけど暑かった…w

BlogPaint
↑ホテルからタクシーに乗って最初に降り立ったのはスマラン・タワン駅/Stasiun Semarang Tawang。実はここスマランは、インドネシアで初めて鉄道が敷かれたところで、なんと日本の鉄道開通(1872年)より4年も早い1868年に開通しました。

このタワン駅もインドネシア最古の鉄道の駅のひとつで、現在でも現役の駅として利用されています。


BlogPaint
↑駅の待合室は、高い天井の天窓から降り注ぐ光がとてもステキ。

BlogPaint
↑当時の古い駅舎は改築せず、上から新しい屋根で覆うことによって保存に努めているようです。コロニアル建築のコンビニもあったよ、贅沢だね。

BlogPaint
↑タワン駅を出てオールドタウン地区へ向かいましょう。駅前には大きな池があり、街の人たちがくつろいでいました。雨が降らないだけ感謝しなければいけないけど、でも今日はとっても暑い!

BlogPaint
↑街中の至るところにコロニアル建築。この建物は現在使用されていないみたい。

BlogPaint
↑この建物はなにかなー?と中をのぞいたら一般のお宅でしたw コロニアル建築の民家!とも先生の憧れです。

BlogPaint
↑なんだ、これは?!建物の上に巨大なアリが!

これはマラブンタ/Marabuntaという1854年に建てられた芸術ホールで、当時さまざまな音楽、演劇、舞踊が催されたそうです。中を見学できなかったのが残念。


BlogPaint
↑駅からのんびり歩いても10分ほど、オールドタウン地区へ到着しました。厳密なエリアの定義はないんだけど、Jl. Letjen Supraptoという通りが中心となります。

まー!なんだかヨーロッパのどこかの街のようだよ!

BlogPaint
↑写真のマルバビル/Gedung Marbaは、1850年代にイエメンの裕福な商人によって建てられたもので、海運会社の倉庫として使われていたようです。ステキだねえ。

BlogPaint
↑オールドタウン地区のランドマークとも言うべきこの建物Gereja Blendugは、1753年に建てられた中部ジャワ州最古のキリスト教教会。

BlogPaint
↑教会の隣りには小さいけど緑豊かな公園があり、みなさん楽しそうに過ごしてました。

BlogPaint
↑公園から見える教会、円形のドームが独特です。係員らしきおじさんと話したところ、教会の中へ入ってもいいとのことでお言葉に甘え内部へ。*要寄付。

BlogPaint
↑内部は六角形の新古典建築で、他に人がいないこともあって荘厳さ倍増。

BlogPaint
↑教会を出てふらふら歩き始めると、なんやアンティーク市発見。本物かニセモノかはともかく、昔の食器やら日本軍発行の軍表なんかもたくさんありました。

BlogPaint
↑オールドタウン地区を抜け、Jl. Pemudaという大きな通りを歩きます。どこへカメラを向けてもヨーロピアンな風景で、インドネシア国内にこんなにも当時の建物が残されているのにはビックリ。

BlogPaint
↑この建物もかなり古いですが、現役の郵便局です!w

初めてやってきたスマランですが、外国人観光客がほとんど来ないスマランですが、国際線フライトもほとんどないスマランですが、この街並に一発で惚れてしまいました!また来る!絶対に来る!

*街自体はそこまで広くないのですが、興味ある歴史的建造物などを事前に下調べをしてから行くとより楽しめると思いますよ。


↑このページのトップヘ