とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:時計塔

こんにちは、とも先生です。

パキスタン旅行もいよいよ最終日。ジンナー・ハウスを見学した後は、旧市街にある「エンプレス・マーケット/Empress Market」へお買い物に行きます。

パキスタン建国の父ジンナーの元邸宅「Quaid e Azam House Museum」
http://tomosensei.net/archives/1069451789.html
初めて訪れる街では必ずスーパーマーケットと市場を見て歩くとも先生。どんな面白いものがあるかなー?
BlogPaint
↑車は軽い渋滞の中、旧市街へ入って行きます。

BlogPaint
↑このロープみたいの何かわかります?これイチジクなんだよ、干しイチジク。乾燥して潰したものを、紐で数珠状につなげて売っています。

BlogPaint
↑おっと!左手に見えてきたのは…時計塔!なんだかとっても古いぞ!

BlogPaint
↑この時計塔はイギリス統治時代の1889年に建設されたもので、現在は庶民の市場として機能しています。こんなステキなコロニアル建築が市場だなんてなんだか贅沢だよ!

BlogPaint
↑時計塔の前にあるのは果物の露店が多いかな。大粒のグレープフルーツ欲しい!バンコクに持って帰りたい!(バンコクはグレフル高いからw)。

BlogPaint
↑乾燥した茶色い大地をイメージするパキスタンですが、意外にも果物は豊富。どれもみずみずしくて美味しそう。

BlogPaint
↑さて、それでは時計塔の下をくぐって中へ入ってみましょう。

BlogPaint
↑中は…市内中心部にある、趣ある旧市街の、歴史的建造物の、ランドマーク的存在だから、少しは外国人観光客がいてもいいのに全然いねえ!

とも先生とKさんだけじゃね外国人?w


BlogPaint
↑だからといって別に危険なわけでも何でも無いのでお買い物しますよー。まずはKさん御用達の八百屋さん。果物だけじゃなく野菜も種類豊富だよ!

BlogPaint
↑もちろん日本野菜は手に入らないけど、それでも不便を感じないレベルの品揃え。ここでズッキーニやらネギやら大根やら野菜を買い込みました(Kさん家用に)。

BlogPaint
↑次はお肉屋さんで鶏モツと卵をお買い上げー。肉屋の兄ちゃんたちが「写真撮れ撮れ!」というのでパシャリ。

向こうから「撮ってくれ」と言われた時はとりあえず撮ってあげましょう、喜びます。ただ、こちらから撮らせてもらう時は一言許可を得てからね、まあどこでもマナーは一緒。


BlogPaint
↑ここはドライフルーツやナッツ、紅茶やらの乾物をメインに売っています。

お土産になりそうなものは少ないけど、市場のローカルな雰囲気を楽しめるし何より建物自体がステキコロニアル☆ 見学にそれほど時間はかからないので、市内観光に組み込んでみてはいかがでしょう。



名称: エンプレス・マーケット/Empress Market


こんにちは、とも先生です。

備忘録振り返り旅行記サモア編

*すべて2012年8月当時のお話ですので軽く流してください☆
BlogPaint
↑サモア2日目。ホテルの朝食はフルーツとパンが基本のシンプルなもの。でもフルーツは甘くてみずみずしいし、バナナケーキもふっくら、要するに全部美味しかったんです。


BlogPaint
↑今日は丸一日何もないので徒歩でアピア市内を観光します。ホテルを出発してまずはムリヌウ半島を目指しててくてく。

なんだかデジャブを感じるこの田舎的道…一国の首都ですよここ?!


BlogPaint
↑海沿いを歩いているとなんや記念碑的なものが。キレイな造花やなーと思ったら生花だった!

BlogPaint
↑ここは学校かな?こんな木造のゆったりした造りの教室で学んだら心もゆったりしそうだね。

BlogPaint
↑この平屋建ての建物は政府関連の…裁判所だかなんだか…ド忘れ。低層建築ばかりなので視界に入ってくる空の面積が広い!気持ちいい!

BlogPaint
↑そして昨日来た時計塔へ再びやって来ました。イギリス連邦加盟国だからなのかなんなのか、南国だけど欧風な薫りも少しする。

BlogPaint
↑近代的な建物と古い木造の建物が混じり合っていて不思議な街並。木造の建物はどれもかなり年季が入っています。

BlogPaint
↑ここは教会だね。サモアは国民の97%が敬虔なキリスト教徒だそうです。

BlogPaint
↑JICAサモア事務所発見。入口ゲートに警備員らしき人がいないのは平和な証拠なのかな。

BlogPaint
↑これもステキな木造建築♡アピア市内中心部だけは道路がきちんと舗装されていて信号や歩道がありましたが、ちょっと郊外へ行くと…村村村!

BlogPaint
↑せっかく来たからビーチも見たいしということで海!ここから歩いて(超遠浅!)100mほど沖合へ行くと「パロロディープ」という有名なスノーケリングポイントがあるそうです。

なんでスノーケリングの写真がないかって?

水着忘れたんだよ!!!


BlogPaint
↑こちらはサモア博物館。まるでやっつけ仕事で建てたかのようなシンプルな木造建築。博物館ではありますが土日閉館というかなり挑戦的な博物館。

Museum of Samoa


BlogPaint
↑内部はイギリスの一般家庭にお邪魔したかのような温かい雰囲気。後で聞いたらどうやら昔の住居をそのまま利用しているとのこと。

BlogPaint
↑サモアの生活道具や織物、土器などが展示されていて、サモアの歴史文化をコンパクトに知ることができます。要するに展示物が少ないってこと!w

BlogPaint
↑高床式の住居は風通しが良さそう。ホームステイがあるなら1泊くらいしたかったな。

BlogPaint
↑さんざん歩き回ったのでお腹ペコペコ。一度ホテルへ戻ってまたまたホテルのレストランで午後遅いランチ。ここのフィッシュ&チップス(18タラ=約720円)は人生でベスト3に入るくらい美味しかった!使っている魚はたぶんカジキマグロなんだけど、魚自体がめちゃめちゃ新鮮で、衣も薄いのにクリスピーに仕上がっていて最高でした☆

そして2泊3日の弾丸旅行なのに食後はお昼寝タイム…w

BlogPaint
↑夜は、シェラトンホテルで定期開催しているブッフェディナー付きダンスショー(85タラ=約3,400円)へ。豊満なおねいさまたちがゆっさゆっさ揺らしながら踊り舞い。

BlogPaint
↑ブッフェはとにかくお肉料理が多かったw。お皿の料理はローストポーク、BBQポーク、フライドチキン、マグロのサラダ、コールスローなど。特に美味しかったのは、マグロぶつ切り刺身をレモンなどで和えたサラダ的なもの。ハワイのアヒポキみたいだったよ。

飲み物はジュースもビールもワインもあったけどすべて別料金。

BlogPaint
↑このダンスショーなんですけど、実はダンサーのみなさんは専属のダンサーではなくて、なんとホテルの従業員なんだそうですw クラブメッドみたいだね♡

なんだか楽しいぞサモア。



↑このページのトップヘ