とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:旧市街

こんにちは、とも先生です。

パキスタン旅行最終日。「いつまでパキスタンネタ続くんだよ長いんだよ」という心温まるお叱りを受けましたがあと数回で終わります、もうちょっとで完結しますからねw

さあ、エンプレス・マーケットでお買い物をした後、あとは帰宅して荷作りするだけなのですが、Kさんが「ちょっと歩こうか」と言ってくれたので、カラチ旧市街のサダル地区(ゲストハウスが集まっている)をお散歩しました。

庶民の台所は歴史的建造物「エンプレス・マーケット/Empress Market」
http://tomosensei.net/archives/1069451799.html
この地区には英国統治時代のコロニアル建築がまだまだ残っていて、とも先生は頭がおかしくなりそうなくらい大興奮ハアハア。
BlogPaint
↑エンプレス・マーケットで一旦運転手さんと別れて、Kさんと二人でお散歩開始。ザイバニサ通り/Zaibunnisa Streetを歩いてみましょう。

BlogPaint
↑歩き始めてすぐに左手に見えてきた建物は…これホテルなんです。正確な築年数は分かりませんがどう優しく見てあげても築100年以上。今にも崩れそうな「ハイバル・ホテル/Khyber Hotel」は、まだまだ現役営業しているホテルです。

BlogPaint
↑建物の外装飾が本当にステキ。機会があればぜひ一度泊まってみたいのですが、残念ながらホテルとしてはかなりアレらしく、かなりの覚悟と準備(ゴキブリねずみノミ南京虫対策)をしてからでないととてもではないが正気で泊まれるレベルではないそうですw

BlogPaint
↑旧市街ではありますが、すべてがコロニアルの歴史的建造物というわけでもなく新しい建物もちらほら。

BlogPaint
↑これは通り沿いの外壁が残っているだけで、建物自体はすでに取り壊されていました。

BlogPaint
↑これなんてキレイに改装してちょっとオサレなホテルにすればいいのに。

BlogPaint
↑交差点の建物はもうヨダレがじゅるじゅる垂れてくるレベルで大好き。

BlogPaint
↑おおふ、もう言葉にならない。

BlogPaint
↑甘いため息しか出て来ない。

BlogPaint
↑じっくり散策してみたい気持ちもありましたが、通りを数百メートル歩いたところで車が待っていたので、興奮覚めやらぬままお家に帰りました。

なんでもカラチ市内のこういったコロニアル建築物はどんどん取り壊して建て替える予定だったそうですが、建築保存派グループが頑張ったおかげで取り壊しだけは免れたそうです。

だがしかし!一体誰がこの建物を補強修復して今後維持管理していくのか、そしてその費用は誰が出すのか、全然決まっていないんですってw

うーん、頑張ってください!



こんにちは、とも先生です。

パキスタン旅行もいよいよ最終日。ジンナー・ハウスを見学した後は、旧市街にある「エンプレス・マーケット/Empress Market」へお買い物に行きます。

パキスタン建国の父ジンナーの元邸宅「Quaid e Azam House Museum」
http://tomosensei.net/archives/1069451789.html
初めて訪れる街では必ずスーパーマーケットと市場を見て歩くとも先生。どんな面白いものがあるかなー?
BlogPaint
↑車は軽い渋滞の中、旧市街へ入って行きます。

BlogPaint
↑このロープみたいの何かわかります?これイチジクなんだよ、干しイチジク。乾燥して潰したものを、紐で数珠状につなげて売っています。

BlogPaint
↑おっと!左手に見えてきたのは…時計塔!なんだかとっても古いぞ!

BlogPaint
↑この時計塔はイギリス統治時代の1889年に建設されたもので、現在は庶民の市場として機能しています。こんなステキなコロニアル建築が市場だなんてなんだか贅沢だよ!

BlogPaint
↑時計塔の前にあるのは果物の露店が多いかな。大粒のグレープフルーツ欲しい!バンコクに持って帰りたい!(バンコクはグレフル高いからw)。

BlogPaint
↑乾燥した茶色い大地をイメージするパキスタンですが、意外にも果物は豊富。どれもみずみずしくて美味しそう。

BlogPaint
↑さて、それでは時計塔の下をくぐって中へ入ってみましょう。

BlogPaint
↑中は…市内中心部にある、趣ある旧市街の、歴史的建造物の、ランドマーク的存在だから、少しは外国人観光客がいてもいいのに全然いねえ!

とも先生とKさんだけじゃね外国人?w


BlogPaint
↑だからといって別に危険なわけでも何でも無いのでお買い物しますよー。まずはKさん御用達の八百屋さん。果物だけじゃなく野菜も種類豊富だよ!

BlogPaint
↑もちろん日本野菜は手に入らないけど、それでも不便を感じないレベルの品揃え。ここでズッキーニやらネギやら大根やら野菜を買い込みました(Kさん家用に)。

BlogPaint
↑次はお肉屋さんで鶏モツと卵をお買い上げー。肉屋の兄ちゃんたちが「写真撮れ撮れ!」というのでパシャリ。

向こうから「撮ってくれ」と言われた時はとりあえず撮ってあげましょう、喜びます。ただ、こちらから撮らせてもらう時は一言許可を得てからね、まあどこでもマナーは一緒。


BlogPaint
↑ここはドライフルーツやナッツ、紅茶やらの乾物をメインに売っています。

お土産になりそうなものは少ないけど、市場のローカルな雰囲気を楽しめるし何より建物自体がステキコロニアル☆ 見学にそれほど時間はかからないので、市内観光に組み込んでみてはいかがでしょう。



名称: エンプレス・マーケット/Empress Market


こんにちは、とも先生です。

ラオスのコロニアル建築を愛でるために、ラオス第二の都市サワンナケートへやって来ました。

もうね、一国の第二の都市とは思えないこじんまりっぷりで、正直魅力的な観光名所はないんだけど、メコン川とのんびり流れる時間がとても気に入りました。

昼ご飯も食べたし、街中を少し散策しまーす。

BlogPaint
↑フランス統治時代に建てられた、いわゆるフレンチコロニアルヴィラが街の至るところに残っていて、そのほとんどが未だ現役!ここは学校みたい。

BlogPaint
↑これは住居のようですがすべての扉が閉まっているので現在空き家かな…。一度こんな家に住んでみたいなあ。

BlogPaint
↑道路は整備されていてゴミもほとんど落ちていませんが人通りもない!日中の暑い時間帯だからかもしれませんが、まるで時間が止まったような感覚に陥ります。

BlogPaint
↑ここは旧市街の中心部にあるカトリック教会St. Teresa's Catholic Church」。街のランドマーク的な役割を果たしています。

BlogPaint
↑そしてここ!フレンチヴィラの住居を利用した「Sala Savanh」というホテルなんだけど!ここに泊まりたくてわざわざサワンナケートまで来たんだけど!行ったらすでに閉業してましたー!どうりでオンライン予約もできないしメールの返事もなかったわけだ!残念っ!

BlogPaint
↑ここは映画館跡「Lao Chareun Rama Old Cinema」。なんだかトントン工事をしていたので、もしかしたら取り壊ししちゃうのかな…。

BlogPaint
↑街中にはもう使われない、朽ちるに任せた建物もたくさん有り、遠くないいつかに取り壊してしまうのだろうけど、今見ることができてよかった。

BlogPaint
↑かと思えば、古い建物を改装してカフェやブティックにしているところもたくさん有り、昔の良い面を活かしながら今後もずっと残っていって欲しいなあ。

BlogPaint
↑小さな街とは言えたくさんお散歩したらお腹空いちゃった。お酒が飲みたかったのでホテル横のレストランで一人晩酌開始。

BlogPaint
↑ピザが有名というのでメコンピザっていうものを頼んだら、シンプルなチーズピザに目玉焼きが乗っているだけw でも酒のアテには丁度良い軽さでした。

BlogPaint
↑さすがに薄いピザだけじゃ物足りないので、揚げ春巻きを頼みつつビールからモヒートへチェンジ。

サワンナケートは飲むくらいしかやることがないなあ、でも静かな夜。

さあ明日はもうタイ側へ戻る日だ、早めに寝よー。

こんにちは、とも先生です。

トルコ旅行8日目。

午前中は雨がしとしと降っていたものの、午後からは晴れ間も見えて来たのでランチ後に再びお散歩開始。ぶらぶら買い物をしながらイスタンブール旧市街の国立考古学博物館まで行ってみます。

DSC02971
↑到着したはいいんだけどー。2017年4月現在、博物館の旧館が一部改装中…。外観はまあ写真映えしない工事中w

DSC02947
↑館内へ入る前に庭を少し歩いてみます。庭園にも石棺やら石柱やらが展示されていて、果たしてこれは意図的なものなのか、それとも展示スペースが足りなくて野ざらしなのかどっちだw

DSC02948
↑空を見上げると夕方の雨上がりの空は何とも言えない薄い青、嫌いじゃないよ。

DSC02951
↑博物館が改装中ということでなんか気分的にのらないので、先に同じ敷地内にある装飾タイル博物館へ入ってみます。

DSC02956
↑入口からしてもう総タイル!このブルー好きだなあ、中東・北アフリカのブルーって感じで。

DSC02952
↑1472年に建てられたの?!600年以上前?!

DSC02953
↑展示物は陶器がメインですが、それ以上に建物自体が素晴らしい。

DSC02955
↑思わず「ほう」とため息が出るような壁装飾が佃煮のようにみちみち。

DSC02965
↑さて、ようやく気分がのってきたので考古学博物館へ入館。改装中ということもあって入口というか順路というかがメチャクチャで再び気分が削がれるw

でも石棺系はどれも見応え有り。来館者も非常に少ないのでゆっくりできます。

DSC02966
↑ここはレリーフがたくさん。広い空間の石床を歩く時の「コツコツ」という乾いた響いた音が好き。

DSC02967
↑ライオンさんやメデューサさんもいますよ。

DSC02972
↑場所によってはこんな細くて白い通路をかなり歩かされるので気分が…w

DSC02975
↑こちらの展示室も石系中心ですね、ただこちらはかなりの数の監視員さんたちがいました。

DSC02959
↑庭のベンチで一休憩。ツタの絡まるこんなステキな建物が博物館の事務所だって。

改装中でなければかなり気合いを入れたのですが、気分がのらなかったので散歩気分でサラッと見ました。個人的には装飾タイル博物館が良かったなあ。


こんにちは、とも先生です。

トルコ旅行6日目。

天候が不安定な4月のトルコ。天気が良いうちに世界遺産イスタンブール歴史地区をぐるっと観光します。アヤソフィアとトプカプ宮殿を見たので、次はブルー・モスク(スルタンアフメト・モスク)地下宮殿へ。今日は盛りだくさんー。

BlogPaint
↑イスタンブールの主要観光スポットは旧市街の徒歩圏内にほとんど集まっているからとても楽。トプカプ宮殿を観光した後にアヤソフィア横を過ぎてブルー・モスク(スルタンアフメト・モスク)へやってきました。

BlogPaint
↑なんか入口がわからないんですけど。土産物屋の横だけど…ここから入っていいのかな?

BlogPaint
↑看板、ちうかプレートがあるからここなのかな?

BlogPaint
↑ここで正解でしたw 入口はいくつかあるんだね。

BlogPaint
↑モスクなのできちんと服装規定があります。特に女性は頭を隠すショールのようなものが一枚あれば大丈夫。

BlogPaint
↑ここは中庭かな?観光客でかなりざわざわしてます。

BlogPaint
↑そうそう、観光客は専用の入口から中へ入ります。途中で靴を脱いで袋に入れましょう。

BlogPaint
↑モスク内部。広い!デカい!そしてすげえ混雑!!そして予想以上に賑やか!!!

BlogPaint
↑天井には数えきれないほどの小窓があってステンドグラスが美しい。

みなさんあちこちで記念撮影してました。アヤソフィアより賑やかだったので厳かな雰囲気は…そんなに感じなかったな。

さあ、サクッと見たので次は地下宮殿へ。

BlogPaint
↑モスクを後にして10分ほど歩くと地下宮殿に到着。入口が写真のように地味なので通り過ぎてしまうところでしたw ここはミュージアムパスが使えないので別途入場料(20リラ=約600円)

BlogPaint
↑地下への階段を下りていくと、そこはいきなり別世界。

4世紀から6世紀に造られた貯水池で内部はひ〜んやり。写真は明るく加工したもので、実際はもっともっと暗いです。


BlogPaint
↑コリント式の柱がたくさん並んでいて不思議な風景。あ、実際はもっと暗いです。

BlogPaint
↑1984年の改修工事の時に発見された「逆さメデューサ」。なぜかみんなコイン投げ込んでいるし…ご利益あるのか?w

BlogPaint
↑こちらは横向きメデューサ。ほとんどの観光客がメデューサと一緒に記念写真撮っていたんだけど、かなり有名なのかね。

BlogPaint
↑内部がひんやりし過ぎて少し冷えてきたので地上に戻ります。実はこの地下宮殿、入口と出口の場所が300mほど離れています。通りも違うので、待ち合わせなんかはしないほうがいいと思いますw

さて、次は新市街のほうに行ってみようかな。でもお腹空いたなあ。

↑このページのトップヘ