とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:旧市街

こんにちは、とも先生です。

乾季に入った12月のさわやかなタイ。国内線航空券がめためたに安かったので、数年ぶりに北部タイ(チェンマイ&ランパーン)を2泊3日で一人旅してきました🌟

チェンマイ観光っていうとお寺以外にすぐ思い浮かばないんだけど、旧市街に博物館が集まっているエリアがあったのでゆっくり見てきました。チェンマイ歴史センター、チェンマイ市芸術文化センター、ランナー民俗生活博物館の3館です。
BlogPaint
↑まずはチェンマイ歴史センター/Chiang Mai Historical Centreから見学します。

BlogPaint
↑各博物館の入館料は90バーツなのですが、3館共通入館チケット(180バーツ=約620円)があったので購入。3それぞれ一度ずつ入ることが出来ます。

BlogPaint
↑ここはチェンマイの過去から現在に至るまでの歴史をジオラマや映像をふんだんに使った展示で楽しませてくれます。でも…展示の内容はそんなに深くないかなw

BlogPaint
↑館内には、ここで出土した遺跡がそのまま保存されています。まるごと残すんだね。

BlogPaint
↑次は、歴史センターの隣りにあるチェンマイ市芸術文化センター/Chiang Mai City Arts & Cultural Center。この建物は、1924年に建造された旧チェンマイ市庁舎を改装したもの。

BlogPaint
↑古い建物を利用した施設のため各展示室が狭くて、それなのに展示物をみちみちに並べちゃうもんだから見にくいったらありゃしないw

BlogPaint
↑チェンマイの生活文化を忠実に再現したコーナーはけっこう楽しかった。

BlogPaint
↑ここも展示内容に統一性がないというか、見ていて引き込まれるものがあまりありませんでした。まあ、とも先生はこの建物自体に一番興味があるので展示内容は二の次なんですけどねw

おおふ…館内のコリドールがステキ♡

BlogPaint
↑ここはミュージアムショップ、というかオサレ系雑貨屋さんが入っていました。店内写真撮影禁止だったから写真ないけどなかなか充実の品揃え。

BlogPaint
↑うおおおおおおおおふ。中庭が素晴らしい。ため息がでちゃう。

BlogPaint
↑中庭にはカフェもあるので時間に余裕があればどうぞ。

BlogPaint
↑そして最後に、芸術文化センターの向かいにあるのがランナー民俗生活博物館/Lanna Folklife Museum。ここもなんだか古い建物だなあと思ったら、1935年に建てられた旧チェンマイ裁判所を改装したものなんだって。ヨーロピアンでとてもステキだ。

BlogPaint
↑ここはランナー王朝時代からの宗教、祭礼、衣食住など生活や文化に関わるものの展示が中心。

BlogPaint
↑これは有名なカントークディナーかな。食品サンプルを使った展示もあります。

BlogPaint
↑こちらは2階にある織物のコーナー。

BlogPaint
↑旧裁判所だっただけあって裁判所のコーナーもありました。

3つの博物館はどれも頑張ってはいると思うんだけど、それぞれの独自性がないというか、重複している部分もあり、じっくり見学するには内容が薄いって感じ。でも、お散歩がてらぶらぶら流し見学する分には楽しめると思います🌟


ランナー民俗生活博物館/Lanna Folklife Museum
チェンマイ市芸術文化センター/Chiang Mai City Arts & Cultural Center
チェンマイ歴史センター/Chiang Mai Historical Centre

開館時間: 8:30-17:00(月曜休館)
URL: http://www.cmocity.com/centre_museum.html


こんにちは、とも先生です。

3泊4日でやってきたインドネシア・スマトラ島。

最終滞在地である西スマトラ州の州都パダンを訪れるのはなんと17年ぶり!当時はトランジットでほとんど市内観光をしなかったので、今回1泊だけですが、オランダ植民地時代の古いコロニアル建築が残る街をじっくり散策してみます。
西スマトラ州の州都パダンをコロニアル観光①
http://tomosensei.net/archives/1071914460.html
BlogPaint
↑引き続きバタン・アラウ川沿いを散策します。ここは1864年に建てられた現インドネシア銀行博物館。博物館とはいっても入口にサインがあるわけでもなく係員がいるわけでもなく…一般人は入れるのかな?


↑パダン市旧市街の古いコロニアル建築は、バタン・アラウ川沿いの約1kmの間に集中しています。

BlogPaint
↑残念ながらこの建物に関する資料はほとんどなく、おそらく19世紀後半に建てられただろうということしかわかっていません。川沿いにあることから、当時オフィスや倉庫として利用されていたと思われます。

BlogPaint
↑オランダ植民地時代に建てられたこの建物は、オフィス、住居、倉庫などとして使われた後、現在は軍の施設として利用されているそうです。2009年のパダン大地震でかなり損傷したらしく、早い修復が望まれます。

BlogPaint
1861年頃に建設されたクワン・イム・テン寺院(Kwan Im Teng Temple)は、2009年のパダン大地震で倒壊したため、ほぼすべてが建て直されました。

BlogPaint
↑川沿いの路地裏を一歩入ると、このようなのどかな町内の風景がまだ残っています。あまりにも人気がなないのでちょっと怖かったけどw

BlogPaint
↑さらにお散歩してパダンの海岸までやってきました。波は荒く、まあ泳いだりビーチで寛ぐ感じではないですね…w

BlogPaint
↑週末ということもあってか、市内でかなり規模の大きなマーケットに遭遇。お土産的なものは何もありませんでしたが、普段のパダンの様子を知ることができました。

さあ、明日はバンコクへ戻りますー。


こんにちは、とも先生です。

3泊4日でやってきたインドネシア・スマトラ島。

最終滞在地であるパダンの旧市街をウロウロ散策中、とってもステキなお店を見つけたので軽くブランチすることにしました。古いコロニアル建築を改装したカフェ&レストラン「Weekend Cafe」です。
西スマトラ州の州都パダンをコロニアル観光①
http://tomosensei.net/archives/1071914460.html
BlogPaint
↑川沿いの旧市街をあてどもなくうろついていたら急に空腹が、空腹が!

BlogPaint
↑と、まるで申し合わせたかのようにすぐそばにオサレなお店が!w

どうやらカフェのようなので入店するよ!

BlogPaint
↑うおおおおおお!オサレだ!古い建築をとっても明るい気持ちの良い空間にしているね。

BlogPaint
↑メニューにはインドネシア料理もありますが、基本はサンドウィッチやパスタ、プレートランチなどのカフェご飯。

BlogPaint
↑まずはレモンたっぷりのICED CITRUS TEA(19,000ルピア=約150円/+10%)を。けっこう酸っぱめで元気出そう!

BlogPaint
↑軽めのブランチにWEEKEND BOWL-GRILLED CHICKEN(45,000=350/+10%)。ボウルの中には、ご飯の上にインゲン、コーン、ニンジン、アボカド、ナッツ、グリルドチキン、目玉焼きが乗り、仕上げにスパイシーマヨネーズがかかっています。

これをビビンパのようによーくよーく混ぜてからいただきます。普通にカフェご飯でほっとする美味しさ☆

お店の建物自体も歴史のあるものですし、旧市街散策の途中にぜひ寄ってもらいたいステキなお店です。


店名: ウイークエンド・カフェ/Weekend Cafe
場所: Jalan Kelenteng 2 No. 1, Kampung Pondok, Kota Padang, Sumatera Barat
電話: +62 811-6630-099
営業: 11:00-22:00
Instagram: https://www.instagram.com/weekendpdg/


こんにちは、とも先生です。

3泊4日でやってきたインドネシア・スマトラ島。

最終滞在地である西スマトラ州の州都パダンを訪れるのはなんと17年ぶり!当時はトランジットでほとんど市内観光をしなかったので、今回1泊だけですが、オランダ植民地時代の古いコロニアル建築が残る街をじっくり散策してみます。
BlogPaint
↑パダン・ホテルにチェックインして荷物を置いたらすぐに市内観光へ出発!ホテルから南へ2kmほどのバタン・アラウ川沿いの旧市街を目指します。
パダン市の文化財にも指定されているコロニアルホテル「Hotel Padang」
http://tomosensei.net/archives/1071895612.html

BlogPaint
↑川が近づくにつれて建物がだんだんと古くなってきました。旧市街は華人エリアでもあるのかな、中国寺院もたくさんあるよ。

BlogPaint
↑あれなんだこの看板?どうやらパダン市主催の市内観光バスがあるみたいだね。

BlogPaint
↑川沿いにあるこの建物は、オランダのスパール銀行として1908年に建てられたもの。2009年までアメリカ人オーナーのコロニアルホテルとして運営されていましたが、残念ながら現在は借り手がつかないのか文化財として保存するためかわかりませんが廃墟のような状態となっています。

2001年にパダンを訪れた際にこのホテルに泊まっておけばよかった…と強く後悔するほど魅力的な建物です。

BlogPaint
↑バタン・アラウ川。当時はこの川沿いに商館や倉庫が多く建てられにぎわっていたようです。


↑コロニアル建築は川沿いのこのエリア約1kmの間に集中しているよ。

BlogPaint
↑それでは川沿いをお散歩してみよう。歩道がキレイに整備されいるのでとても歩きやすいよ。

BlogPaint
↑これは…線路の跡だね。物資や石炭を運ぶために鉄道は不可欠だもんね。

BlogPaint
↑Gedung Geo Wehry & Coは、オランダ植民地時代のバタビア(ジャカルタ)に本社を構えていた大手流通会社のパダン支店跡。適切な修復と維持管理が望まれます…いつか崩れちゃう!

コロニアル観光その②に続きます。

こんにちは、とも先生です。

パキスタン旅行最終日。「いつまでパキスタンネタ続くんだよ長いんだよ」という心温まるお叱りを受けましたがあと数回で終わります、もうちょっとで完結しますからねw

さあ、エンプレス・マーケットでお買い物をした後、あとは帰宅して荷作りするだけなのですが、Kさんが「ちょっと歩こうか」と言ってくれたので、カラチ旧市街のサダル地区(ゲストハウスが集まっている)をお散歩しました。

庶民の台所は歴史的建造物「エンプレス・マーケット/Empress Market」
http://tomosensei.net/archives/1069451799.html
この地区には英国統治時代のコロニアル建築がまだまだ残っていて、とも先生は頭がおかしくなりそうなくらい大興奮ハアハア。
BlogPaint
↑エンプレス・マーケットで一旦運転手さんと別れて、Kさんと二人でお散歩開始。ザイバニサ通り/Zaibunnisa Streetを歩いてみましょう。

BlogPaint
↑歩き始めてすぐに左手に見えてきた建物は…これホテルなんです。正確な築年数は分かりませんがどう優しく見てあげても築100年以上。今にも崩れそうな「ハイバル・ホテル/Khyber Hotel」は、まだまだ現役営業しているホテルです。

BlogPaint
↑建物の外装飾が本当にステキ。機会があればぜひ一度泊まってみたいのですが、残念ながらホテルとしてはかなりアレらしく、かなりの覚悟と準備(ゴキブリねずみノミ南京虫対策)をしてからでないととてもではないが正気で泊まれるレベルではないそうですw

BlogPaint
↑旧市街ではありますが、すべてがコロニアルの歴史的建造物というわけでもなく新しい建物もちらほら。

BlogPaint
↑これは通り沿いの外壁が残っているだけで、建物自体はすでに取り壊されていました。

BlogPaint
↑これなんてキレイに改装してちょっとオサレなホテルにすればいいのに。

BlogPaint
↑交差点の建物はもうヨダレがじゅるじゅる垂れてくるレベルで大好き。

BlogPaint
↑おおふ、もう言葉にならない。

BlogPaint
↑甘いため息しか出て来ない。

BlogPaint
↑じっくり散策してみたい気持ちもありましたが、通りを数百メートル歩いたところで車が待っていたので、興奮覚めやらぬままお家に帰りました。

なんでもカラチ市内のこういったコロニアル建築物はどんどん取り壊して建て替える予定だったそうですが、建築保存派グループが頑張ったおかげで取り壊しだけは免れたそうです。

だがしかし!一体誰がこの建物を補強修復して今後維持管理していくのか、そしてその費用は誰が出すのか、全然決まっていないんですってw

うーん、頑張ってください!



↑このページのトップヘ