とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:日帰り旅行

こんにちは、とも先生です。

11月のとある日曜日に日帰りで行ってきたラフティング🌟
子どもも楽しめるラフティングツアーに行ってきたよ!
http://tomosensei.net/archives/1073123086.html
カオヤイ国立公園エリアの緑豊かな自然を満喫して、川沿いでランチも堪能して、さあ道が混まないうちにバンコクへ戻ろう!

でも…せっかくここまで来たから…あれが食べたい。

そ、ソフトクリームwww

とも先生の脳内では「大自然→牧場→乳牛→濃厚ソフトクリーム」という図が出来上がっていて、どうしてもソフトクリームが食べたいの!

とうわけで、わがままを言って帰り道にKhonyok Sheep Farmという牧場へ寄ってもらいました。

牧場というより異次元のパラレルワールドだったけどね💗
BlogPaint
↑牧場入口!さっそくバブル期の清里感がにじみ出ています!

BlogPaint
↑中へ足を踏み入れると、両脇には営業してるんだかしてないんだかの土産物屋が並び雰囲気抜群🌟

BlogPaint
↑入場料50バーツの他、牧場の動物さんたちへあげるエサセット30バーツも購入。

BlogPaint
↑園内へ足を進めるとなぜかペガサスがお出迎えしてくれたのでそのまま踵を返して退場するところでした。なんかもうダメな感じがするの。

BlogPaint
↑でも白いクジャクさんは珍しくてみんなで写真パチパチ。かわいいね。

BlogPaint
↑園内奥へ行くと、そこには羊さんたちが佃煮。ニンジンを持った小学生男子に視線が集中します。

BlogPaint
↑じーっ。

BlogPaint
↑ニンジンを前に出すとみなさん必死に顔を突き出してもうえらいこっちゃ状態。

BlogPaint
↑池にはなぜか過剰な数の錦鯉。かなりアグレッシブでパッシンパッシン跳ねていました。

BlogPaint
↑それでは最後に園内を散歩してみましょう。まずは気の触れたキリンくんのベンチ。

BlogPaint
↑眠剤過剰摂取で立っているのもやっとな羊さん。

BlogPaint
↑ヤク中ポン中のダブル仕様で瞳孔が開きっぱなしのカバたん。

BlogPaint
↑農薬飲んで肌の色が変わっちゃった男の子。いやなんかのキャラクターだろこいつ。

BlogPaint
↑そしてどこをどうやったらこんな風に作れるのかえらくステキ下品なカフェも併設されています💗パフェやプレートデザートのメニューが豊富でインスタ映え間違いないのだけど味が…味が…💦

入場料が安いのでぜひ一度お試しください🌟

ソフトクリームはありませんでした(怒)!


店名: Khonyok Sheep Farm
場所: Hwy 3049, Tambon Sarika, Amphoe Mueang Nakhon Nayok, Chang Wat Nakhon Nayok 26000
電話: 084-1823666
営業: 7:30-18:00

こんにちは、とも先生です。

11月のとある日曜日に、タイ中部のカオヤイ国立公園エリアにあるナコーンナーヨックというところでラフティングを楽しんできました🌟
子どもも楽しめるラフティングツアーに行ってきたよ
http://tomosensei.net/archives/1073123086.html
激しい運動wの後はお腹ペコペコ!せっかくだから川沿いでランチしたいねー、と連れて行ってもらったのがここ「Ma-Kham Forest Resort」です。同名ホテルの敷地内にある川沿いのレストランなのですが、とっても気持ちがよかったよー!
BlogPaint
↑Ma-Kham Forest Resortはゆったりした敷地に客室棟が並んでいます。次回はここに1泊したいな。

BlogPaint
↑リゾートの川沿いにあるレストランは、なんとテーブルが川にせり出しているよ!なんかすごく楽しそうなんですけど!

BlogPaint
↑とも先生たちが案内されたテーブルは半分川に突き出ていて清流の涼しさをダイレクトに感じることができます。小学生男子はさっそく釣りごっこw

BlogPaint
↑テーブルの下は川!!!冷たくてめちゃくちゃ気持ちいいっぅっす!!!

BlogPaint
↑外国人観光客なぞまず来ないであろう場所なのでレストランのメニューはすべてタイ語。なのでタイ語のできる同行者に注文はすべてお任せー、ビールがあればいいのーw

BlogPaint
↑タイ風揚げ肉団子はビールに合うねー!

BlogPaint
↑チャーハンもウマい!何チャーハンだか忘れたけど!川が主役だからいいの!

BlogPaint
↑口にハーブを突っ込んで塩焼きにしたお魚さんは、身がほっこりしていて誰にでも優しい気持ちになれそうな美味しさ。

BlogPaint
↑定番のソムタムもお外で食べると美味しいよ。

BlogPaint
↑これはタイ風グリルチキンのガイ・ヤーン。美味しくておかわりしちゃいました🌟

BlogPaint
↑ここはもう最高だねー!ウイスキーとソーダと氷を持ってきてくれたら日没までここで飲んじゃいそうw

写真のお料理にガイヤーンをおかわりしてビールやお水やジュースも頼んで、5名でお会計(約1,400バーツ=約4,850円)でした。

タイ料理のお味はまあ普通に美味しいって感じで特筆するものはありませんでしたが、とにかくこの環境でランチできるのはとってもステキな体験でした。ぜひおすすめします🌟


店名: マカム・フォレスト・リゾート/Ma-Kham Forest Resort
場所: 56 Moo 3, Tambon Hin Tung, Amphoe Mueang Nakhon Nayok, Chang Wat Nakhon Nayok 26000
電話: 086-5557507
営業: 9:00-18:00(月-金)/10:00-19:00(土日祝)

こんにちは、とも先生です。

すでに乾季に入ったバンコク。日中は暑いものの晴天の日が多く行楽にはもってこいの季節♪

せっかくの乾季だし、一人で海外旅行もいいけど友人たちと日帰り旅行もいいなー!なんて思っていたところにタイミング良く友人からお誘いがw

どうやらタイ中部のカオヤイ国立公園周辺で🌟ラフティング🌟ができるとのこと。

とも先生、バリ島に住んでいた頃ラフティングを何回もやったことがあるんだよ!好きなんだよ!

というわけで11月のとある日曜日、大人4名、小学生男子1名の計5名で行ってきました!

↑目指す場所はカオヤイ国立公園の手前のナコーンナーヨック、バンコクから北東へ約130kmの距離です。

BlogPaint
↑今回は運転手さん付きの車を一日レンタルしてGO!天気が良いと気分も良いね!

BlogPaint
↑バンコクから2時間半ほどでナコーンナーヨックの「Nakhon Nayok Rafting & Adventure Club」というアクティビティ会社オフィスへ到着。

周辺には同じようなアクティビティ会社がいくつかあり、料金もおそらく協定で同一料金じゃないかなあ。

<ラフティング>
料金: 1,500バーツ/ボートあたり
定員: 8名
ライフジャケットとヘルメットは料金に込み。保険は現地で要確認。
(参考)ラフティングを取り扱っている会社
http://www.sarikaadventurepoint.com/
BlogPaint
↑とてもマイルドなせせらぎの川が目の前にあるよ。こんなマイルドでラフティングできるのかな?

BlogPaint
↑日曜日に行きましたが予約不要ですぐにラフティング開始。着替えのできるお手洗いがあるので、まずは水着を仕込んでライフジャケットとヘルメットを着用します。

貴重品はツアー会社の防水バッグに入れてボートへ持ち込めるよ。

ラフティング中に写真を撮りたい場合は、わかっているとは思うけど防水デジカメを用意してね!濡れるからね!

BlogPaint
↑こちらが今回乗るボート。最大で8名まで乗れるそうですが、実感としては大人6名までかなー。

BlogPaint
↑ラフティングスタート🌟非常にマイルドな流れの川をゆっくりと進み始めます。今回は小学生男子がいるので、あまりハードなゴツゴツの激流ではなく、景色を楽しむ優しいコースに参加しました。

BlogPaint
↑オールでこぎながらしばらく進んでいくと、川岸でたくさんのタイ人行楽客が水遊びをしているよ。そのくらい緩やかな流れです。

BlogPaint
↑ところどころに写真のような流れの強いポイントもありますが、ラフティングが初めての人もみんなで笑って楽しめるレベルでしたよ。

BlogPaint
↑小学生男子も先頭で頑張ってオールをこいでいます。頼りにしているよ!

BlogPaint
↑ラフティングの途中ではありますがなぜかここでストップ。え?もうここでおしまいなの?

BlogPaint
↑と思ったら、ここにはすべり台があって水遊びができるんです🌟大人も子どももみんなキャッキャ言いながらすべっていたよ。もちろんとも先生もな!

BlogPaint
↑しばらく遊んでから再びボートに乗り込んで出発。川のせせらぎと、たまに聴こえてくる鳥のさえずりと、緑豊かな景色を楽しみながらボートはゆっくりと進んで行きます。

BlogPaint
↑そしてこの橋の手前の岩場でラフティング終了。陸地に上がります。

BlogPaint
↑待機していたピックアップトラックにボートと共に乗り込んで、アクティビティ会社オフィスまで戻るよ。

ラフティング自体の所要時間は約1時間15分だったので、開始前の準備や終了後の着替えなどで合計所要時間は1時間45分〜2時間といったところかな。

今回参加したラフティングは初心者向けの優しいコースでしたが、上級者向けの激流コースもあるそうなので興味津々w 周辺には雰囲気の良いコテージもあったので、次回は土日の1泊で来てみたいなー🌟


↑今回利用したツアー会社の場所はここ、一応参考までに。


こんにちは、とも先生です。

先月のマラソン大会に参加した後、クレット島で乾杯のビールを飲んだお話を昨日しましたが、
クレット島のリバーフロントで昼ビールなんて最高♡
http://tomosensei.net/archives/1073123053.html
もちろんビールだけで終わるわけないですよね、お腹空いたもん!

というわけで、場所を変えてタイ料理ランチを楽しんできました。なぜか海老フライが美味しかった☆
BlogPaint
↑お土産物店が軒を連ねる通りにお店の看板的な看板が。ずいずいと川へ向かって歩くと…

BlogPaint
↑お店がありましたドン!おしゃれではないけれど気安い感じがいいよね。

BlogPaint
↑せっかくなのでリバーフロントのテーブルへ。

BlogPaint
↑メニューには英語表記もあるので注文簡単。しっかしここのお店安い!一皿100バーツ以上のお料理が見つからなかったw

BlogPaint
↑まずはビールで乾杯☆大瓶ビール(80バーツ=約280円)なんて安い!!

BlogPaint
↑こちらは海老ステーキらしいんだけど…海老フライ?お味は日本の海老フライそのまんまで美味しい!タルタルソースが欲しいなあw

BlogPaint
↑こちらはシーフードたっぷりのヤム(サラダ仕立ての辛い和え物)。

BlogPaint
↑海老ステーキのほかに海老揚げを頼んだらまったく同じものが出てきたよw でも美味しいから全部いただくの。

BlogPaint
↑これはタイ風さつま揚げ。油じっとりでオイリーだけど美味しいよ。

BlogPaint
↑これは日本でも認知度高めだよねガパオライス。〆にもいいし酒のアテにもいいのです。

BlogPaint
↑誰かが注文したトムヤンクン?とも先生はトムヤンクンが嫌いではないんだけどそこまで好んで食する方ではないのでいただいていません。

BlogPaint
↑ここでのんびりダラダラしたいよねー。

川からの優しい風を感じながらいただくタイ料理ランチ。海老フライは意外だった、普通に美味しくて。


店名: Naval House Waterfront Restaurant
場所: 57 7, 57/1 หมู่, Tambon Ko Kret, Amphoe Pak Kret, Chang Wat Nonthaburi 11120 タイ
電話: 090-9616140
営業: 週末土日と祝日の朝から日没まで。


こんにちは、とも先生です。

もう先月のことだけどね、友人たちと3人でマラソン大会に参加してきたんですよ。まあたったの10kmなので楽勝かとお思いでしょうが、2月にフィットネスクラブを退会してからろくに運動してないとも先生、めちゃくちゃにキツかったです!頭からご飯の炊けたような匂いがしたの!

マラソン大会を終えて友人たちと急ぎ足で向かったのは「クレット島」。地図的にはバンコク市内から北北西約30kmくらいかな。正確にはバンコクではなくてお隣のノンタブリー県でちょっと距離があるんだけど、お菓子や陶器が有名な島で週末は多くの観光客でにぎわいます。

頑張って10km走ったからね!お昼だけど飲んじゃおうね!w

というわけで1軒目にやってきたのは、クラフトビールを飲ませてくれるリバーフロントのお店「Monglamai House Bed & Craft」です。
BlogPaint
↑クレット島はこのように細い道が多く、生活するには大変だろうけど散策するにはとても雰囲気が良くて楽しいんだよ。

BlogPaint
↑テクテク歩いているとなんや看板を発見。もともとクレット島にはクラフトビールを飲ませてくれるお店が何軒かあってさっきからずっと探しているんだけど…ここでも飲めるみたいだ!

BlogPaint
↑ずんずん奥へ歩いて行くと川に出た!なんだこれは!かわいいブルーのお家があるじゃないか!

BlogPaint
↑ここの本業はゲストハウスみたい。川を愛でながらお泊まりとかいいよねー☆

BlogPaint
↑とも先生たちはめっちゃリバーフロントのテーブルに座りました。川から吹く風が優しくてなんだかとろけちゃいそう♡

BlogPaint
↑クラフトビールってけっこういい値段するよね。これも1本200バーツ前後したような。まあ…まあ…そんなにグビグビ飲むような味じゃないねw

BlogPaint
↑フレンチフライはたしか60-70バーツだったような。不味くなりようのない鉄板の味。

BlogPaint
↑お店の人たちはとてもフレンドリーで、1泊しても楽しめそうな感じでした。

クレット島は週末のお気軽トリップにおすすめですよー☆


店名: Monglamai House Bed & Craft
場所: クレット島(ざっくりでスマンす!)
電話: 081-6433028
営業: 24時間営業(本当か?)
FB: https://www.facebook.com/monglamai/

↑このページのトップヘ