とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:旅行記

こんにちは、とも先生です。

インドに来ています、インド。

今日はアレッピーを出発して最終目的地であるコーチ(コーチン)へ移動しました。
BlogPaint
↑アレッピーのコロニアルホテルの朝食は、マサラドーサにココナッツチャットニー、紅茶にバナナという南インドスタイル。南アフリカから一人で来たというマダムと2人で。

BlogPaint
↑アレッピーのホテルをチェックアウトして、エアコンバスとローカルバスを2回乗り継いでコーチの旧市街であるフォートコーチンまで所要約2時間半。どローカルなバスに乗る久しぶりだったんだけど、もう南インドの人たちみんな親切にあれこれ世話を焼いてくれて無事に到着。

BlogPaint
↑コーチのお宿は築300年のコロニアル建築を改装したホテル。雰囲気はいいんだけど、古いっていうかちょっとボロくて暗いー。でもとも先生は逆にそのほうが興奮するのでお好きな方にはたまりません。

BlogPaint
↑フォートコーチンは視界に入る景色のほとんどがコロニアル建築まみれ。お好きな方は好きすぎて卒倒してしまうと思いますがとも先生は踏ん張りましたw

BlogPaint
↑コーチのビーチはなかなかにきちゃないのですがw 潮風を受けながら冷たいジュースでも飲めばまあ幸せ。日曜日なのでクッソ暑いけど地元の人たちでにぎわっております。

BlogPaint
↑早めの夕飯はシーフードを🌟イカラブのとも先生が前菜に頼んだマサラ風味の揚げイカが最高に美味しいんだけど、美味しいんだけど!

酒がない!

いや、ビールやワインを出してくれるレストランもあることにはあるんですが、探さないとないんだよ!

なんだか不完全燃焼、ちうかガソリンが切れたのでこれからちょっと飲み屋さんを探しに夜のお散歩に行ってきまーす。

ではまた明日ー🌟



こんにちは、とも先生です。

インドに来てます、インド。

今朝は、ホテルの朝食をルームサービスで食べている時に「紅茶とコーヒーどっち飲む?」とスタッフの男の子に訊かれたので「紅茶ちょうだい」と確かに言ったのですが、なぜか20分後にもう一度同じ朝食が届くという軽いハプニングを味わってからの出発です。

まずはホテルそばでリキシャをつかまえ、昨日のうちに予約しておいたトリヴァンドラム9:00発のエアコンバスに乗るためバスターミナルへ。

だが!広いバスターミナルには同じようなバスが何台も並んでいて全然わかんないし、人に訊いてもみんな違う方向を自信満々に教えてくれるから頭が混乱してきてどうしよう!と、

「ミスターTOMO?」

という言葉に振り返ると、なんとバスの車掌さん的お兄さんが立っているではありませんか!お兄さんの持つ予約者リストには確かにとも先生のフルネームが!予約時に名前を訊かれたのはそのためか?!w

バスの発車時刻近くになっても来ないからターミナル内を探していたんだよ♡なんて言われてすいません好きになってもいいですか。
BlogPaint
↑というわけでバスは定刻通り朝9:00にトリヴァンドラムを出発。今日は約150km北上してアレッピー(アラップーザ)という街を目指します。ちうか車内なんだか短距離路線バスみたい…長距離なんですがw

BlogPaint
↑そして4時間半後の13:30にバスはアレッピーのバスターミナルに到着!アレッピーにはバックウォータークルーズをしに来たのであてもなくフラフラと船着き場へなんとなく行ってみたらちょうど観光客向けのクルーズが出発するって!というわけでホテルへチェックインする前に観光しちゃう!

BlogPaint
↑ケララ州の水郷地帯をゆっくりのんびり進むクルーズツアーは往復3時間の短いものだったけど、景色はステキだし風も気持ちいいしで十分満足満喫!写真のようにホテルのような豪華なお泊まりクルーズもできるんだってー。

BlogPaint
↑バックウォータークルーズ観光を楽しんでから夕方前にチェックインしたアレッピーのホテルは、昨日に引き続きコロニアル建築の邸宅を利用したステキプチホテル。古いけどもうたまらん!頭からニヤニヤ汁が出っぱなし!w

BlogPaint
↑ホテルから徒歩10分でビーチに出られるというので夕方のお散歩へ。今日は土曜日だからか地元の人でビーチはもうお祭り騒ぎ!海は汚くはないけど…って程度だったけど眺めるには十分。

BlogPaint
↑早めの夕飯は、そろそろガソリンが切れてきたのでお酒の飲めるお店を探してインドのキングフィッシャービールで乾杯ー!料理にはまったく期待していなかったんだけど、酒のアテに頼んだチキンチャーハンがかなり良い出来映えで小さな幸せを噛みしめました。

今夜は夜遊びせず、コロニアルなお部屋を隅々までウフフフ楽しみながら寝ます。

ではまた明日ー🌟



こんにちは、とも先生です。

インドに来ています、インド。

昨夜、21:35の定刻にバンコク・ドンムアン空港を出発したタイ・エアアジアFD153便は、これまた定刻ぴったりの深夜23:30にインド・チェンナイ空港に到着。

実はとも先生、インド入国が初めてなのでビザもe-visaを事前に申請して準備万端なんすが、ただ一点だけむちゃくちゃ心配ことがあってね!

去年パキスタンに行ったのでパキスタンのビザシールや出入国スタンプがパスポートにおもいっきし押してあるの!!

別に入国拒否をされるわけではないけど、別室に連れて行かれたり必要以上に審査時間がかかったりとあまりいいことがなさそうなのでビクビクしながらのインド入国審査。

審査官「(日本語で)コンニチワーゲンキー?」

パスポートの中身なんてろくに見やしねえ!www

というわけで無事にチェンナイからインド入国成功。

広い空港内で道に迷いながらもなんとか国内線のチェックインに成功し、エアインディア・エクスプレスというLCCのディレイっぷりや機体のボロっぷりに泣きながらも、なんとかケララ州のトリヴァンドラム(ティルヴァナンタプラム)に朝7:00到着!

BlogPaint
↑本日のお宿は築200年近いケララ様式+コロニアル様式のホテル。アーユルヴェーダ施設が併設されているためか、館内全面禁煙!酒の持ち込み厳禁!動物性食品の持ち込みも厳禁!というストイックなホテルですた。でも建物がステキだし朝9:00にチェックインさせてくれたのですべて許すw

お部屋に荷物を置いたらすぐに観光に出発だよ。

ここトリヴァンドラム(ティルヴァナンタプラム)は、イギリス植民地時代に建てられたコロニアル建築が佃煮のように残っているということでめっちゃ楽しみにして来ました!そのために来た!

でもコロニアル建築の物件数が多すぎて全部追いかけ切れない!やばいどうしよう!w

BlogPaint
↑気持ちを落ち着かせるためにコロニアル観光の途中でランチ休憩のために入った駅前のお店は…デカい土器?w

BlogPaint
↑なんと建物が螺旋状になっていて、テーブルもこんな感じで階段状に設置されている面白いレストランw でも気持ちなんて落ち着かないよね!

BlogPaint
↑とりあえず飢えているので飯!うまうまマサラドーサとレモンジンジャーソーダでお会計なんと約100円という驚きのランチ🌟 湯冷ましは無料でもらえます。ベジタリアンだけどけっこう満腹になるねー。

BlogPaint
↑天気は快晴!外がクソ暑いのでリキシャをチャーターして観光しようかとも思ったんだけど、歩かないと見つけられない物件もかなりあったので汗ダラダラかきながら全行程約12kmを徒歩でコロニアル観光一応の終了!

夕方ホテルへ戻ってシャワー浴びたらね、もう足がバッキバキで動かないのw

今夜のご飯をどうしようか考えつつ、本日の旅報告を終わりとします。

ではまた明日ー🌟



こんにちは、とも先生です。

友人の車に乗せてもらってやって来た週末のホアヒン。

毎回昼から飲んだくれて夕方に仮眠をとって夜から再び活動開始というスタイルが果たして健康に良いのかどうかと考える思考すら奪う昼酒…恐ろしい💦

というわけで、めっちゃ空腹というわけではないけどなんか食べたいよねーということで、友人Sが連れて行ってくれたのがここ「Hua Hin Seafood」。店名にまったく個性も特徴も無いので検索のかけようがないのですがw ホアヒン・ナイトマーケットの中にあるレストランです🌟
BlogPaint
↑土曜日のナイトマーケット。にぎわっているけど激混みではないのでまあ歩きやすい。

BlogPaint
↑お店はホアヒン時計塔から線路に向かって歩いて約300m、ホアヒン・ナイトマーケットのエリア内。うーん、場所の説明がうまくできないからページ最後のGooglemapを見てね。

BlogPaint
↑急な階段を上って眺めの良い2階席へ。入店時は満席だったので帰る時に撮りました。

BlogPaint
↑メニューは一部写真付きの英語併記なので注文は難しくないと思います。タイ料理、シーフード、洋食やステーキもあったよ。

BlogPaint
↑とも先生はビールの気分ではなかったので食事のお供にジントニック(120バーツ=約420円)。ちなみにビール大瓶(110バーツ=約390円)

BlogPaint
↑せっかくホアヒンへ来たんだもの、シーフード攻めで行こう!写真右手前はイカのニンニク揚げ(140バーツ=約490円)。イカとニンニクと油ってどうしてこう相性がいいんだろう、どこで食べても外れないし美味しいよねえ。

BlogPaint
↑これは生海老のナンプラー漬け(150バーツ=約530円)。開きにした生ブラックタイガーに辛いタレと生ニンニクが乗っています。これが辛いけどエビプリプリで美味しいの!

BlogPaint
↑こちらはヤム・タレー(140バーツ=約490円)という辛いシーフード・サラダ。これもねえ、お酒に合うんだよ。

BlogPaint
↑ここいらでとも先生そろそろお酒が入らなくなってきたので健康ソフトドリンクにチェンジ。ココナッツジュース(60バーツ=約210円)は久しぶりに飲んだけど健康が身体に染み渡る感じw

BlogPaint
↑最後の〆。友人Sが注文したのは鶏肉の米麺(60バーツ=約210円)。タイ語で何ていうか忘れました。味見させてもらったけど、美味しいけど量が多い!w

BlogPaint
↑とも先生の〆は豚肉団子の雑炊(50バーツ=約180円)。けっこうしっかりした味付けでしかも激熱でとも先生大苦戦ながらほぼ完食ペロリーヌ。でもこれも美味しかったけど一人前にしては量が多すぎるー!w

時価のロブスターなんかを注文したらそりゃお会計すごいことになりますけど、メニューにあるものを頼む分には比較的リーズナブルではないかと思います🌟


店名: ホアヒン・シーフード・レストラン/Hua Hin Seafood Restaurant
場所: ホアヒン・ナイトマーケット内
電話: 未確認
営業: 未確認、週末の20:30-22:30に滞在しました。

こんにちは、とも先生です。

今月、週末を使ってホアヒンへ行ってきました。

バスや列車でバンコクからふらっと気軽に行けるリゾートなのですが、車を持っている友人Sがいつも連れて行ってくれるので、今回はGenoと3人でゴーゴー。

いつもの「チャバ・シャレー・ホテル/Chaba Chalet Hotel」にチェックインし、いつもの「オールイン・ホアヒン/ALL IN HUA HIN」で昼宴会の泥酔満開、そして夕方数時間の仮眠を経て夜起床w

さて、夜のお散歩に出かけますよ。
BlogPaint
↑Sが連れて行ってくれたのは、ホアヒンにいくつもあるナイトマーケットの中でもオサレ度がかなり高いとされる「シカダ・マーケット/Cicada Market」。

BlogPaint
↑週末だけのオープンで、フードコートエリアではタイ料理、バーベキュー、デザートからお酒までいろいろなメニューが楽しめます。事前にクーポンを買うスタイルなので簡単。

BlogPaint
↑ジウジウいい匂い〜!とっても美味しそうだけど、お昼に食べ過ぎちゃってまだお腹が空かないんだよねーw

BlogPaint
↑こちらは各ショップが大集結のショッピングエリア。運営サイドがしっかりしているのか、観光客フレンドリーの散策しやすいレイアウトです。

BlogPaint
↑雑貨屋さんだね。タイのフルーツをモチーフにしたポーチなんかかわいいねえ。

BlogPaint
↑こちらはなんだかアーティステックだよ。ハンドメイドのお魚さん壁掛けハンガーみたいだね。

BlogPaint
↑レモングラスを使った虫除けスプレーやナチュラルソープなど。

BlogPaint
↑どこのお店も個性があって、一軒一軒見て歩くのがとても楽しいよー。

BlogPaint
↑なんだここは?!

BlogPaint
↑と思って入店したら、ホアヒン名物の馬さんグッズやホアヒンTシャツを売っていました。ホアヒンオフィシャルショップなのかな?

とてもキレイでオサレだし、買い物も食事も楽しめるし、夜のお散歩にピッタリですよー🌟


名称: シカダ・マーケット/Cicada Market
場所: 83/159 Nong Kae-Khao Takiap Rd | Nhongkae, Hua Hin 77110, Thailand
電話: 099-6697161
営業: 週末金土日の16:00-23:00(月-木はお休み)
WEB: https://www.cicadamarket.com/

↑このページのトップヘ