とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:旅行

こんにちは、とも先生です。

ふらりとやって来たクラビですがあっという間に最終夜、まあ2泊だからね。

夕方になり天気が落ち着いてきたので、アオナンビーチまでお散歩しておひとりさまサンセット鑑賞。その後、ホテルそばの「A-Hud Seafood Restaurant」でイカ祭りディナーをしました。

観光地のレストランでねえ、酒が無かったのビックリ!

BlogPaint
↑午後は猛烈スコールだったけど夕方から落ち着いてきました。干潮の超遠浅アオナンビーチはどこまでもどこまでも地平線に向かって歩いて行けそうな遠浅具合。

BlogPaint
↑雲が出ちゃったけど、雨季の8月にしては上出来だと思うんですよこのサンセット。涼しいのでみんなお外で遊んでいます。

BlogPaint
↑イカが食べたくなったのでホテルそばのレストランで夕飯にしまーす。お客さんで賑わっていたので即入店。入口には水槽があってロブスターさんやお魚さんたちがいました。

BlogPaint
↑店内はかなり広いけどお客さんで一杯だったよー。これはディナータイムが一段落した時間の一瞬の写真。

BlogPaint
↑メニュー豊富であれもこれも食べたかったけど一人なのが悔しい!というわけでまずはカニチャーハン(100バーツ=約330円)。チャーハンがとても小さく見えるのはお皿がめちゃめちゃデカいからですw ほぐしたカニ身たっぷりで美味しー。

そして!ビール飲みたかったんだけどここハラルレストランだから酒無し!!仕方ないのでスプライト(25バーツ=約80円)!!!スプライトなんて飲むの20年ぶりかも!!!

BlogPaint
イカの塩卵炒め(140バーツ=約470円)は、プリプリのイカさんと塩卵の濃厚なコクが合わさってもうこれは酒無しで食べてはいけない逸品。包んでもらってホテルで食べてもよかったなw

お料理美味しいです!ただ繰り返し書きますがここお酒ありません!ちうか、アオナンビーチのモスク周辺のレストランは多分全部ハラルレストランなのでお酒ありません!飲ん兵衛さんは気をつけて!



店名: A-Hud Seafood Restaurant
場所: 13 Moo 2 Ao-nang Muang, Krabi Thailand 81000
電話: 075-695123
営業: 11:00-23:00

こんにちは、とも先生です。

急な思いつきでやって来たクラビ。プラナンビーチで1泊した後はアオナンビーチへ移動して1泊します。慌ただしい旅行だけどねw ロケハンだと思って。

アオナンのホテルは、雨季のオフシーズンで笑っちゃうほど安かった「Centra by Centara Phu Pano Resort Krabi」に宿泊。タイの大手ホテルチェーンであるセンタラホテルズ&リゾーツの運営です。

BlogPaint
↑ホテルはレストランやショップが建ち並ぶ通りから小径を200mほど入ったところにあるのでとても静か。

BlogPaint
↑ロビーはほんのりと高級感がありますが、ファミリー客が多いのでとってもカジュアルな気安い雰囲気。

BlogPaint
↑お部屋はスーペリアルーム。ピカピカで真新しいのですが若干狭め。大きいスーツケースはベッドの上で広げたほうがいいかなあ、って感じです。

BlogPaint
↑テレビは小さめだけどNHK入ります。コンセントはユニバーサルタイプなので日本のものがそのまま差せます。どれもコンパクトで機能的なのでビジネスホテルみたい。

BlogPaint
↑お水は1日2本無料、コーヒー紅茶セットと湯沸かしポットがあるのは便利。

BlogPaint
↑セイフティボックスは13インチのMacbookが余裕で入りました。上にあるのはドライヤー。

BlogPaint
↑冷蔵庫は空っぽなので、買ってきた飲み物やフルーツを冷やしておけますね。

BlogPaint
↑バスルームも清潔ピカピカ。アメニティは撮り忘れましたが基本装備はあったような…。

BlogPaint
↑で、シャワールームなんですが…ベッドルームから丸見え♡一応カーテンで目隠しできるようにはなってるので、あとはお好みで開けたり閉めたり開けたりw

BlogPaint
↑ホテルはビーチから約1.7km内陸にあるので海は見えませんが、目の前に山があります。うん、まあ、山です。

BlogPaint
↑基本的なマシンを置くジムも有り〼。

BlogPaint
↑そしてプール。雨の時に撮ったので全然美しくありませんがけっこう大きいです。ただ、さっきも書いたようにファミリー層の宿泊客が多いので、プールがねえ、お子たちでいつも賑やかでしたw

BlogPaint
↑朝食はプールサイドのレストランでいただきます。

BlogPaint
↑洋物、タイ料理、注文してから調理してくれる卵料理、サラダ、フルーツ、お粥などなど、ホテルの規模がそこまで大きくない割には充実の内容でしたよ☆

まだ新しい(改装したて?)ホテルなので快適に滞在できました。ビーチまでちょっと距離があるのが唯一の難点ですが、事前予約制でホテルの無料シャトルを利用できるのでOKでしょう。徒歩5分以内にファミリーマートもあるのでおやつやビールの買い出しも問題無しー。



Centra by Centara Phu Pano Resort Krabi

こんにちは、とも先生です。

一人でふらっとやって来たクラビのライレイビーチ。有名なプラナンビーチで一人遊びした後に夕方ホテルへ戻ろうと歩いていたら、急に雲行きが雲行きが。

うっわ!あっという間に土砂降りのスコールがー!

ちょうどライレイウォーキングストリートというレストラン&バー通りを歩いていたので、雨宿りがてら近くの店で早めのディナーをすることにしました。

なんでもちょっとお高いライレイビーチにあって、比較的まともな食べ物を比較的良心的な価格で出してくれた「Farida Restaurant」です。

BlogPaint
↑空は明るいんだけど降り始めちゃったー!天気がいいから忘れていたけど、今雨季ど真ん中なんだよねー!

BlogPaint
↑あっという間にものすごいスコールでまるで白煙があがっているよう!地面もグチャグチャベチョベチョで、こりゃしばらく帰れないかなー。

BlogPaint
↑というわけで、お店のおばちゃんにニコニコでクイクイと手招きされて入店。夕方だしちょっと早いけどここで夕飯にしよう。

BlogPaint
↑メニューはいたってスタンダードなタイ料理、そしてサンドイッチなど簡単な洋物。お値段は本土に比べたら高いけど、ライレイビーチの中では良心的なほうなのかな。

BlogPaint
↑まずはゆで卵のヤム(スパイシーなサラダ)をアテにビールをくいくい。かなり辛いけど、まろやかな卵のおかげで食べやすくて美味しい。

BlogPaint
↑そして〆はイカのグリーンカレー炒飯。ご飯がパラパラで辛めの味付けで、汗どばどばだけど美味しいよ。

お料理2品とビール小瓶でお会計(220バーツ=約740円)

BlogPaint
↑1時間ほどしてスコールが止んだので帰り際にお店の写真をパチリ。

BlogPaint
↑このライレイウォーキングストリートは、突貫工事で作りました掘っ建て小屋ストリートという風情で、簡素なレストランやバーがタケノコのように建ち並んでます。地方都市の場末の飲屋街みたいな感じ。

トリップアドバイザーで特定のお店だけが突出した好評価ですけど、ぶっちゃけどこのお店入ってもそんな変わらないと思います!w



店名: ファリダ・レストラン/Farida Restaurant
場所: ライレイウォーキングストリート沿い。ライレイファミリーレストラン隣り。
電話: 未確認
営業: 未確認

こんにちは、とも先生です。

先月ですが、ふとした夜に急にどこかへ行きたくなって8時間後の国内線フライトを予約してクラビへ行っちゃいましたw

直前でも飛行機の値段がメタメタに安かったこと、天気予報ではクラビのお天気が良さそうだったこと、あと今までクラビに一度も行ったことがなかったことが重なって旅欲が爆発!

さて、雨季のクラビはどんな感じでしょ。

BlogPaint
↑タイスマイル航空でクラビ空港へ到着しました。空港小さいな!

BlogPaint
↑目の前にタクシーやらシャトルバスのカウンターがあったので、とりあえずアオナンビーチまで行くことにしまーす。事前に何も調べてないしまずホテル予約してないしw

BlogPaint
↑アオナンビーチまでのシャトルバスチケット(100バーツ=約330円)

BlogPaint
↑乗り合いワゴンで人数が揃ってから出発するので、フライトの少ない時間帯はけっこう待つかもしれません。この時は15分ほどで満員になったので出発。

BlogPaint
↑クラビ空港を出発して、途中の各ホテルで他のお客さんを下ろしながら約1時間でアオナンビーチ前に到着。

BlogPaint
↑さて…ビーチに着いたはいいけど今夜の宿どうしよう、っていうかどこへ行こう?なーんも考えていなかったので、朝ご飯を食べながら計画を練ることに。

BlogPaint
↑ビーチ沿いのレストランでパッタイと揚げ春巻きをもぐもぐしながら旅行計画。

よし、ここからボートに乗ってライレイビーチというところまで行ってみよう!スマホでライレイビーチのよさげなホテルも予約完了!

朝ご飯を食べたレストランは特に美味しくもなかったので詳細省きますw


BlogPaint
↑ここでライレイビーチ行きのボートチケットが売っている、の、かな?

BlogPaint
↑ライレイビーチまでのボートチケット(100バーツ=約330円)

BlogPaint
↑で…ボート乗り場なんですが…ビーチエントリーというか…

波が高すぎてボートに乗り込めねえ!!!

とも先生はバックパックひとつだったからよかったものの、スーツケーツ抱えたおねいさんなんか思い切り転んでスーツケーツおそらく中までビタ濡れ…。

BlogPaint
↑お客さん同士で助け合ってなんとか乗船しアオナンビーチを出発。奇岩を愛でながら進みます。

BlogPaint
↑そして15分ほどでライレイビーチが見えてきました。なんでもボートでしかアクセスできないビーチだそうです、本当か?

BlogPaint
↑雨季の8月なのにこのお天気!ライレイウエストビーチに到着!

さっき予約したホテルはライレイイーストビーチって書いてあったので、まずはホテルにチェックインしまーす。

こんにちは、とも先生です

先月、友人のお誕生日をお祝いするためにシンガポールへ行ってきました。バースデイパーティーのために国際線フライトに乗るだなんて日本にいたら考えられないんだけどw 東南アジアを網の目のように飛ぶLCC各社の低価格運賃のおかげだよ☆

今回は、シンガポール在住の友人に連れて行ってもらったスーパーのLCC「バリュー・ダラー/Value Dollar」をご紹介します。

シンガポールにももちろん100円ショップのダイソーがあって、ひとつ2シンガポールドル(約160円)で売っているのですが、ここバリュー・ダラーはなんと1シンガポールドル(約80円)! ダイソーより安いじゃん!
BlogPaint
今回はバスに揺られて、郊外のSembawang Shopping Centreへやって来ました。オーチャード通りでは感じられないローカル感あふれるエリア。

BlogPaint
↑お店は…「$1」の大きな値札があちこちにあるのですぐに分かりますねw

BlogPaint
↑店内にはお菓子、乾物、調味料、日用品などが陳列されています。ここはお菓子コーナーですがどれもひとつ1ドル!中にはお土産になりそうな箱入りのお菓子もあって、時間をかけて物色してみたーい!

BlogPaint
↑こちらは各種お茶コーナー。普通のスーパーではなかなかのお値段で売っている商品もなぜかここでは1ドル!別に賞味期限が近づいているとか箱が壊れているとかではありませんよ、なぜ1ドル?w

BlogPaint
↑陳列商品は基本1ドルですが、一部商品は2ドル以上、そして逆に2個で1ドルというお値打ち商品もあり。

BlogPaint
↑今回購入したのは、ロシア産リプトンのマンダリンオレンジグリーンティー。これ、シンガポールの普通のスーパーではひとつ5ドル近かったんです。それがここでは1ドル!

商品によってはめちゃめちゃお得にお買い物ができるので、お土産探しはまずバリュー・ダラーでチェックしてからスーパーへ行くのがいいかもしれませんね!

ただ…残念ながらこのお店…シンガポールの中心部には店舗がないみたいで、旅行滞在中に観光エリアで見つけるのは難しいかも。というわけで、以下サイトから調べてみてくださーい。

Valu Dollarを運営するRadha Exports社サイト
http://www.radhaexports.com/

店名: バリュー・ダラー/Value Dollar

↑このページのトップヘ