とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:旅行

こんにちは、とも先生です。

雨季始めの5月にふらりと行ってきたプーケット1泊2日。

今回は「雨季、おひとりさま、たった1泊」ということで、ビーチエリアではなくプーケット県庁所在地のプーケットタウン/Phuket Townに滞在してみました。
オールドタウンのコロニアルなゲストハウス「RomManee Classic Guesthouse」
http://tomosensei.net/archives/1071402456.html
かつて錫の産出と貿易で栄えたプーケットには、周辺地域から影響を受けた古いコロニアル建築(この表現が適切かどうかはさておき)が多く残っているということで、これはもうお散歩するしかないでしょ!
BlogPaint
↑到着初日はあいにくの雨模様…。写真左の建物は、1914年に建てられた「プロムテープ時計塔」。数年前にキレイに塗り直されてテーマパークっぽくなりましたがw 右の古い建物は現在プラナカン博物館として利用されています。

BlogPaint
↑プーケットタウンのホンダショップの建物もかなり古いなあ。Google翻訳使ってショップの人に尋ねたらめちゃくちゃ古いらしいけど、もしかして昔は2階部分もあったんじゃね?と思わせるどっしりとした造り。柱がとてもステキだよ。

BlogPaint
「プーケット郵便切手博物館」は1932年に建てられたプーケット初の郵便局の建物を利用したもの。ザンザン振りの雨で訪問が遅い時間になってしまったため残念ながらすでに本日の営業終了…。

BlogPaint
↑ちょっとした路地の奥にも洋館がひっそり建っていたりプーケットタウンすげえ!

BlogPaint
↑2日目は朝からお天気なのでモリモリお散歩!オールドタウンエリアはすべて徒歩で観光できるのがうれしいよ。

BlogPaint
↑古いショップハウスもキレイに塗り直されて、絶好の写真スポットとして各国からの旅行者に大人気。

BlogPaint
↑交差点の角にある古い建物…この角の丸いところに住んでみたいと思った人はとも先生だけではないはずw

BlogPaint
↑これは「Thai Hua Museum」という博物館。1911年に建てられた中国語学校の校舎を利用しています。館内も欧中折衷コロニアルみたいでなかなか雰囲気良し。

まだまだたくさんのコロニアルがあったのですが、数が多すぎてここには載せきれないやw

別にプーケットタウンに泊まらなくてもプーケットの各ビーチから半日日帰りでサクッと行けますが、古い建物を利用したステキプチホテルも何軒かあるので1泊してみても楽しいと思うよ!
Thai Hua Museum

Read more at: http://www.phuket.com/attractions/phuket-thai-hua-museum.htm?cid=ch:OTH:001
Thai Hua Museum on Krabi Road is one of the best looking and well-maintained Sino-Portuguese buildings in Phuket. This recently renovated building was at one stage a Chinese-language school. These days it is used as a museum, exhibition space and an occasional function hall. In 2008, the Thai Hua Museum was given an award in the category of constitutional and public buildings by the Siam Architect Association under the King’s patronage for its outstanding role in conserving architectural arts.

Read more at: http://www.phuket.com/attractions/phuket-thai-hua-museum.htm?cid=ch:OTH:001
Thai Hua Museum on Krabi Road is one of the best looking and well-maintained Sino-Portuguese buildings in Phuket. This recently renovated building was at one stage a Chinese-language school. These days it is used as a museum, exhibition space and an occasional function hall. In 2008, the Thai Hua Museum was given an award in the category of constitutional and public buildings by the Siam Architect Association under the King’s patronage for its outstanding role in conserving architectural arts.

Read more at: http://www.phuket.com/attractions/phuket-thai-hua-museum.htm?cid=ch:OTH:001



こんにちは、とも先生です。

雨季始めの5月にふらり1泊でやってきたプーケット。

古い街並の残るプーケットタウンをたっぷり散策して、遅めのランチを麺料理で有名なMee Ton Poeで食べようとお店へ向かったのですが…ランチタイムとっくに終わった午後3時過ぎなのにまだ激混み!!!

とも先生あまり並んだり待ったりするのが得意ではないので…とにかくお腹が空いていたので何も考えずに隣りのお店「Som Chit Hokkien Noodle Soup」に入りました。したら!ここが!美味しかった!w
BlogPaint
↑お店はMee Ton Poeを正面に見て左隣、赤い看板の間口の狭い小さなお店です。

BlogPaint
↑軒先の看板。看板の写真が…料理番組?出演?ここもけっこうな有名店なのかな?

BlogPaint
↑他にお客さんがいなかったからか、通り沿いの人目の付くテーブルに無理やり座らされましたw ちょうど暑かったから別にいいんだけどね。

BlogPaint
↑まずはロッゼーラジュース(19バーツ=約60円)で乾杯〜。ほどよい酸味で疲れが吹き飛ぶ〜!

BlogPaint
↑これが福建風ヌードルスープ/Hokkien Noodle Soup(大盛りで70バーツ=約240円)。とも先生は重度の猫舌なので、ドライ(麺とスープ別々)を注文しました。

BlogPaint
↑具は、海老ワンタン、ゆで海老、練り物など。昔ながらのレシピで調理しているとのことで、新鮮な発見!というより懐かしい優しみ!みたいな美味しさ。海老ダシのスープも美味しいよう。

跡継ぎらしき若いお兄ちゃんは英語が話せるし、英語メニューもあったので入店ハードルは高くないです。ホテルに朝食が付いていない時、散策中ちょいと小腹が減った時なんかにいいかもね、ぜひー☆


店名: Som Chit Hokkien Noodle Soup
場所: Phuket Road, Talat Yai, Phuket
電話: 081-6937705
営業: 8:00-17:00

こんにちは、とも先生です。

ちょいと前の5月の話しになりますが、ある日ハイボール晩酌をしながらスカイスキャナーを流し検索していたら、週末のプーケット激安往復チケットを発見!数日後の出発でしたがすっごく安かったので思わずポチリ購入。1泊2日でプーケットへ行ってきました。

おひとりさまだし、たった1泊だし、雨季だし、ということで、今回はビーチステイではなく「タウンステイ」。古い街並が残るプーケットタウンのゲストハウス「The RomManee Classic Guesthouse」に泊まってみました。
BlogPaint
↑プーケットタウンの中でも古い街並が多く残るエリアにあるため、散策にとても便利な立地。

BlogPaint
↑古いショップハウスを改装したロビーには当時の古い写真なども飾られています。

BlogPaint
↑ロビーの隣りにはオサレな雑貨屋さん。外からちょこっとのぞいただけですがカワイイものがたくさんありそうな予感。

BlogPaint
↑お部屋へは、フロントを抜けて建物裏のバックヤードを通り階段を上っていきます。土足厳禁なのでここで靴を脱いでくださいね。

BlogPaint
↑今回とも先生が泊まったのは一番お手頃なスタンダードルーム。最上階の4階にあるけどエレベーターなんてないからねw 部屋ごとに眺望や間取りやインテリアが全然違うので、こだわりがある人は事前に調べてリクエストしたほうがいいよ。

BlogPaint
↑洗面台はバスルームではなく部屋の中にあります。ドライヤーも完備。

BlogPaint
↑ゲストハウスだけどバスアメニティも基本セット有り〼。

BlogPaint
↑バスルームはシンプルだけど熱いお湯がザンザン出るので快適☆写真には写っていないけどトイレも新しくてとても清潔でした。

BlogPaint
↑お水は1日2本無料。木の床のゲストハウスなので館内禁煙です。

BlogPaint
↑階段の途中にはゲスト共用の冷蔵庫があり、飲物やフルーツを冷やしておくこともできますよ。要するに各部屋には冷蔵庫が無いってこと。

ゲストハウスの人もとても親切で快適に過ごすことができました。エレベーターがないこと以外に特に不満は何もなかったです。コロニアル的な、クラシック的な雰囲気がお好きな方はぜひどうぞ☆


名称: The RomManee Classic Guesthouse
場所: 83000 Amphoe Muang Phuket, Phuket, Thailand
電話: 089 728 9871
FB: https://web.facebook.com/TheRomManeeClassic/

こんにちは、とも先生です。

春休みバリ島旅行編もいよいよこれでラスト!

今回はバンコクへ戻るフライトが深夜1:30発なので、もったいないけどホテルを余分に1泊おさえていたおかげで出発ギリギリまで部屋を使えます。少し寝てから空港へ向かおうと思ったけど、最後にサヌールでニューオープンのお店をチェックせねばということで、Mぽりんを誘って3月にオープンしたばかりの新しい日本食レストラン「青灯り/あかり/Akari Japanese Cuisine」へ行ってみました。

在住のお友達たちの間では賛否両論のお店ですが、一体どんなんだろう?
BlogPaint
↑お店はサヌールの南、人気イタリアン「マッシモ」の向かいにあります。赤い提灯があるので夜でも分かりやすいと思うよ。

BlogPaint
↑店内は広くはないけどテーブル席とお座敷席があります。2階にも席があるのかな?未確認。

BlogPaint
↑まずはビンタンビール大瓶(40,000ルピア=約310円/+15%)で乾杯〜☆ メニューは英語表記のみですが、ほとんどのお料理が写真付きなので注文は簡単です。

BlogPaint
↑前菜的にオーダーしたツナタルタル(35,000ルピア=約270円/+15%)は、トビコや中華ワカメがたっぷりでプチプチコリコリの歯触りが楽しい一品。外国人観光客に受けそう。

BlogPaint
揚げ出し豆腐(25,000ルピア=約190円/+15%)は、チューブ式の充填豆腐を輪切りにして衣を付けて揚げたもの。優しいダシが美味しい。

BlogPaint
あかりサラダ(45,000ルピア=約350円/+15%)には、トビコやチーズがたっぷりで味が濃くてサラダ感がほとんどないイケナイ美味しさw

BlogPaint
ウナギウルワトゥロール(60,000ルピア=約470円/+15%)。ロール寿司の中にはサーモン、アボカド、クリームチーズ。そして上にウナギがトッピング。こんな濃いものばかり…と思いきや、クリームチーズと酢飯の酸味で意外とさっぱりいただけました。

BlogPaint
↑最後の〆には鍋焼きうどん(65,000ルピア=約510円/+15%)。とも先生は重度の猫舌なのでまったく気になりませんでしたが、一般的にはかなりぬるいそうです。うどんは(おそらく)加ト吉の冷凍ものなので鉄板で美味しい。

初めて行きましたけど全然アリだと思いますよー!美味しかったよ。


店名: 青灯り/あかり/Akari Japanese Cuisine
場所: Jl. Danau Tamblingan No.121, Sanur, Denpasar Sel., Bali
電話: +62 812-3644-8502
営業: 11:00-23:00
FB: https://web.facebook.com/akari.japanese.cuisine.bali/

こんにちは、とも先生です。

春休みのバリ島旅行もいよいよ最終日。最後は何食べようかなあと朝からずっと考えて、やはりバンコクでは食べられないものをということでやってきたのは「ワルン・バビグリン・アムルタサリ/Warung Babi Guling Amerta Sari」

バビグリン/Babi Gulingって知ってます?豚の丸焼きのことなんですけど、お肉だけではなく、皮、モツ、血など、豚さんのすべてを余すところなく美味しくいただくバリ島のお料理です☆
BlogPaint
↑バビグリンを食べさせてくれるお店はバリ島内にそれこそ数えきれないほどあるのですが、今回訪れたアムルタサリはサヌールの幹線道路であるバイパス通り沿いにあります。

BlogPaint
↑店頭には豚さんを使った美味しそうなおかずが並んでいるよ。

BlogPaint
↑もちろんこんがり焼かれた豚さんも。

BlogPaint
↑地元の人向けのワルン(食堂)なので、店内は質実剛健というかシンプル。大きなテーブルと長椅子のみのお店なので、混んでいる時は相席必須です。

BlogPaint
↑テーブルに置かれた袋入りのピーナッツは会計時に自己申告でお支払い。料理が運ばれてくるまでポリポリ食べて待っててもいいんだよ。

BlogPaint
↑やって来ましたバビグリンセット+お茶(40,000ルピア=約310円)。ご飯とスープも付いてきます。おかずは、お肉、ラワールという和え物、サテ(串焼き)、揚げ物、皮など盛りだくさん!

BlogPaint
↑スープも豚ダシでお肉入り。ただ…どこのバビグリン屋さんもそうなのですが、どこもスープがとても辛い!ここのもすっごく辛い!ご飯がすすみますw

BlogPaint
↑じっくり焼かれたお肉は絶妙の火の入れ具合で、ふっくらジューシー☆

バビグリンはお店によって秘伝のスパイスだとか焼き加減だとかいろいろこだわりがあって、お好きな方にはそれぞれお気に入りのお店があります。なので、どこのバビグリンが一番!とは言えないのですが、とも先生はここのバビグリン気に入りました、美味しかった♡


店名: Warung Babi Guling Amerta Sari
場所: Jl. By Pass Ngurah Rai No.353, Sanur Kauh, Denpasar Sel., Kota Denpasar, Bali
電話: +62 361 289548
営業: 9:00-19:00
FB: https://web.facebook.com/WarungBabiGuling/

↑このページのトップヘ