とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:旅行

こんにちは、とも先生です。

先月行ったシンガポール。いつもは郊外の友人宅にずっとお世話になるのですが、今回はなんとあのマリーナベイ・サンズ・ホテル/Marina Bay Sandsに1泊!友人夫妻のお相伴にあずからせてもらいましたラッキー♡

ここさー、カップルで泊まったら絶対に盛り上がるし、なんかいろいろと鉄板だよなーと思う舞台装置満載のホテルでしたw
BlogPaint
↑用事の後だったので、クソ暑い中徒歩でホテルへ向かいます!ww

BlogPaint
↑お部屋はー!ジャーン!40階のオーシャンビューだよう!

BlogPaint
↑ベッドにはタオルで作ったかわいい象さんとバラの花びらとウエルカムメッセージ。これだけでも結構盛り上がるよ!

BlogPaint
↑めためたに広いお部屋ではないけど、エキストラベッド入れても全然大丈夫だしとっても使いやすい!

BlogPaint
↑テレビも大きめ!

BlogPaint
↑40階からの眺めだよー!ここは高層階のオーシャンビュー指定にしないとダメだね!盛り上がらないね!

BlogPaint
↑ミニバーの中にはドリンクがみっちみちだけど、外のスーパーで買って来たドリンクを冷やすために入れ替えちゃダメだよ!ドリンクを動かしただけでセンサーが反応して自動的に料金チャージされちゃうからね!

BlogPaint
↑デスクにはマルチコネクターとUSB端子があるので充電系すごく楽々!

BlogPaint
↑お茶セットや湯沸かしポットやグラス系はすべて引き出しの中!

BlogPaint
↑お部屋の広さに比べてバスルームはかなり広めー!写真左手にトイレとシャワーブースがあるよー!

BlogPaint
↑アメニティはシンプルだけど必要十分!歯ブラシ有り〼!

BlogPaint
↑マリーナベイサンズって言ったら何と言ってもプールだ!屋上のインフィニティプール!世界各国の観光客が佃煮でかなり混雑!

BlogPaint
↑写真撮りまくりたいところだけど、残念ながら午後は逆光になっちゃうよ。できたら午前中、しかも朝方にプールへ行けば順光でバッチリ写真が撮れると思うよ!

BlogPaint
↑外枠には何重にもガードがあるので、無理矢理乗り越えてスーパーダイブしない限り下に落ちることはないから安心!w

BlogPaint
↑プールの裏手、海側にはなんとジャグジーがあるんだよ!

BlogPaint
↑そしてプールは昼よりも夜にその魅力が花開くよ!昼より若干お客さんの数が減るからゆっくり楽しめるよ!

BlogPaint
↑こんなとこでさー、耳元で囁かれたら男でもイチコロだよね!w

BlogPaint
↑お部屋まで来てお部屋でカクテルを作ってくれるサービスも!こんなの盛り上がるに決まってるじゃんね!

BlogPaint
↑ルームサービスでキャビアも頼めるよ!

BlogPaint
↑ルームサービスでドンペリもルイ・ロデレールも頼めるよ!

BlogPaint
↑ルームサービスでコンドームも頼めるよ!w

次回はぜひとも誰かを捕獲して二人で泊まりたいと思いました!


名称: マリーナベイ・サンズ/Marina Bay Sands
場所: 10 Bayfront Avenue, Singapore 018956
電話: +65 6688 8868
WEB: https://www.marinabaysands.com/

こんにちは、とも先生です。

先月行ったシンガポール。いつもは郊外の友人宅周辺しかウロウロしないのですが、今回は久しぶりに都会!中心部のオーチャードへ出てみました!都会だ!w

シンガポールにはイギリス統治時代の古い建物がたくさん残っているので、今回はじっくり観光したいなあと思ったわけです。友人Kにアテンドしてもらっていろいろまわることができたよ。
BlogPaint
↑オーチャード通り沿いにあるビジターセンター(写真左の白い建物)は、1901年に建てられたというショップハウス。奥はエメラルド通りという、こちらも古い建物が残っている通り。

BlogPaint
↑19世紀に建造されたLau Pa Sat(Telok Ayer Market)は、近代的なオフォス街の中にあります。

BlogPaint
↑イギリスから船で運んだという鉄柱には装飾が施され、現在でもオフィス街の中の貴重なフードコートとしてなくてはならない存在。

BlogPaint
↑Cavenagh Bridgeは、1870年頃に建造されたシンガポール最古の橋のひとつなんだって。

BlogPaint
↑あまりにもクッソ暑いのでアイスパンで休憩ー。ほんのり甘い食パンで挟んであるからアイスが溶けてもダラダラたれないの。タイにもあるよね。

BlogPaint
↑こちらは旧最高裁判所と旧市庁舎を改装してオープンしたナショナルギャラリー。今回はゆっくり館内を見る時間がないので外観だけー。

BlogPaint
↑赤と白のレンガ造りのかわいい建物はシンガポール最古の中央消防署。毎週土曜日は消防士コスプレ体験や放水イベントがあるそうです。

BlogPaint
↑1934年に建てられた旧警察署ビルは、現在アートギャラリーになってます。

他にもいろいろすっごいのがあったんだけどここでは紹介しきれないので、また後日別の形でたくさんご紹介しますね☆


こんにちは、とも先生です。

インドネシアから戻ってきたばかりなのにもういきなりシンガポール話です。バンコクに住んでいるのにバンコク情報がほとんどなくてゴメンなさい!w

というわけで、先月行ってきたシンガポール。午後チャンギ空港に着いたら友人夫妻が迎えに来てくれてて本当に毎回感謝なんですけど、今回はお家へ行く途中の「Thohirah Restaurant」で遅めのカレーランチをすることに。骨付きマトンカレーがめためたに美味しかったです☆
BlogPaint
↑お店はJln Kayu沿い。特に特徴のない店構えですがなんとここ24時間営業!

BlogPaint
↑店内席もありますが、特にエアコンが効いているわけでもないのでオープンエアのテーブル席へ。

BlogPaint
↑南インドをメインにしたインド料理レストランって感じかなー。どれがオススメかよくわからないので注文はすべてお任せw

BlogPaint
↑注文してからほとんど待つことなくお料理がじゃんじゃか運ばれてきたよ!友人旦那のお気に入りは、写真中央の「骨付きマトンカレー」。

とも先生もかぶりついたけど…お肉がほろほろに柔らかくて、骨からスーッとお肉が外れるの!よく煮込まれていて旨味も十分!これは美味しいよ!

BlogPaint
↑これは海老のカレー。ちょいと甘めでちょいと辛めなご飯の進むお味。

BlogPaint
↑こちらはビリヤニ、インド風炊き込みご飯的な。他にお料理がたくさんあるのでこれはシンプルな肉無しバージョン。

BlogPaint
↑インド料理レストランですが、インド風中華料理という独自のスタイルのメニューもあります。これはシーフードや練り物、野菜を炒め合わせた八宝菜的な料理。

BlogPaint
↑飲物はプラムジュース。さわやかな酸味がカレーの辛みやくどさを洗い流してくれます。

BlogPaint
↑友人が注文したのはドーサ。インド版巨大クレープに、いろいろなカレーやソースを付けていただきます。

BlogPaint
↑もうそろそろお腹いっぱいだよーって時に、友人旦那が追加注文第2ラウンド!w 最近シンガポールへ来る度に太っているような気がする…w

24時間営業なので深夜3時でもこってりカレーが飲めますよ♡


店名: Thohirah Restaurant
場所: 258 Jln Kayu, Singapore 799487
電話: +65 6481 2009
営業: 24時間
FB: https://web.facebook.com/pages/Thohirah-Restaurant/166973133327717

こんにちは、とも先生です。

春休みの旅行はいろいろな用事を兼ねてインドネシア周遊。

ほぼリアルタイム的な旅をちょこちょこアップしていきまーす。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

4月19日(木)

昨夜はそんなに飲み過ぎた覚えはないのですが…なぜか気だるい朝。

ホテルは朝ご飯無しプランで予約したので、支度をしたら何か食べに外へ出ようと思いつつ、メールチェックをするともう5月以降の仕事がバンバカ入っていてうわあ現実世界に戻らねばw

さあ、今日が本当の本当に最後。最終日は何食べよう?

バンコクでは食べられないもの…バンコクでは食べられないもの…。

バビグリン!

BlogPaint
↑というわけで最終日の朝ご飯はモーニングバビグリン!w 朝9:00の開店を待って「Warung Babi Guling Amerta Sari」へ行ってきました。

バビグリンとは豚の丸焼きのこと。お肉から皮からモツから血まで余すところなく使った料理で、辛い豚のスープ、ご飯と一緒にいただく場合が多いです。

あーもう!美味しいよなあ!これがバンコクでも食べられたらなあ…いやでもバリで食べるから美味しいんだよなあ、とひとりでブツブツ言いながら速攻完食。

一度ホテルへ戻り午後は現実世界の労働をするw。ああもう夕方じゃん!あとはマッサージしてスーパーで生テンペ買って晩酌したら空港へGOかな。

とんでもなく長かった今回のインドネシア周遊ツアーこれにて終了!19日間で撮った写真が計約3,500枚あるので、バンコクに戻ったら少しずつ整理しなくっちゃw

旅行情報は今後またブログで少しずつご紹介していきますね☆


こんにちは、とも先生です。

春休みの旅行はいろいろな用事を兼ねてインドネシア周遊。

ほぼリアルタイム的な旅をちょこちょこアップしていきまーす。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

4月18日(水)

高原避暑地ムンドゥックで迎えた朝はとっても涼しくてさわやか〜♡ 時間があれば2泊以上して周辺を散策したいところなんだけど、今日も1泊だけで移動ですw

BlogPaint
↑ゲストハウスの屋上から臨む朝のムンドゥック。

今日はムンドゥックから最後の滞在地サヌールまで一気に移動するのですが、ムンドゥックは旅行者向けの交通がとても不便で、基本的にバイクや車がないとどこにも行けません。

とも先生は、ゲストハウスでブドゥグルまでの車を手配してもらって、ブドゥグルからサヌールまではプラマ社のツーリストバスを利用することにしました。

ムンドゥックからブドゥグルまでの片道送迎は、季節によって1台150,000-200,000ルピアで手配可能。ブドゥグルからのバスは、あらかじめ電話で席を予約。

ブドゥグル発のバスが10:00発だったので余裕をみて8:15にムンドゥックを出発したのですが、9:00にはブドゥグルに着いちゃったww

BlogPaint
↑というわけで急遽観光w 湖畔にたたずむ湖上の寺院「ウルンダヌ寺院」へ。今日はなんやウパチャラ(儀式)があるらしく人が佃煮!

BlogPaint
↑寺院自体はとりたてて「うおおおおおおおっ!!!」という感じではないのですが、周辺が美しい公園として整備されているのと、やはり湖上にある寺院ということで写真映えしますね。

ただ…朝行ったら思いっきり逆光だったので、湖を背景に寺院を撮影したい場合は午後以降に行くのが良さそうです。

寺院観光を終えてプラマ社のブドゥグル停留所へ行ったら「30分遅れてるからねー」と。まあいつものことだけど、お腹ペコペコなので近くのワルン(食堂)へ。

BlogPaint
↑ブドゥグル名物というわけでもないのですが、なぜかここに来ると食べるのが「うさたん」、ウサギさんです。バリ島では主にSate Kelinciという串焼きにしていただきます。鶏肉より上品なお味でとも先生は大好きなのです。

そしてバスはウブドを経由してサヌールへ到着。予約していたホテルへ行くもまだ部屋の用意ができていないということで、荷物だけ預かってもらって「ここや」へ。

BlogPaint
↑サヌールの友人とおしゃべりしながらかき氷で休憩。ちょっと酸っぱめのバリイチゴに甘い練乳が合うんですよねー。

シャワー浴びて支度したら今夜はお出かけでーす。


↑このページのトップヘ