とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:市内観光

こんにちは、とも先生です。

タイの4連休を利用してやってきたインドネシア・スマトラ島のメダン。

ここメダンは、オランダ植民地時代のコロニアル建築が現在でも多く残っている、お好きな方にはもうたまらない街。

17年前に初めてメダンを訪れた時は、わずか1泊だけの滞在ですぐにトバ湖へ移動してしまったので、ちゃんとした市内観光は今回がほぼ初めてだよ!
BlogPaint
↑コロニアル建築が多く残るメダン市内中心部のJl. Ahmad Yani通り。一方通行で道が細いので、車ではなく徒歩での散策をおすすめします。

BlogPaint
↑1909年に建てられたインドネシア中央銀行。日本でいうところの「日本銀行」なので一般人は入場できず、警備員さんにお願いして写真だけ撮らせてもらいました。

BlogPaint
↑この建物はかなり古そうですが建築年代不明。現在はヘアサロン。

BlogPaint
↑1909年に建てられたイギリスの化学企業ビルは、現在パームオイルやゴムを作る会社のビルとなっています。

BlogPaint
↑こちらも1909年から1911年にかけて建てられたメダン中央郵便局。現在も現役の郵便局として機能していますが、とも先生が訪れた時は残念ながら営業時間後のため中に入れませんでした…。

BlogPaint
↑Jl. Ahmad Yaniから一本裏道に入っただけでこんなショップハウスが軒を連ねます。

BlogPaint
↑これは1919年に建てられた企業の倉庫で、デパートとして利用された後、現在はほとんど廃墟のような様子。

いやあ、メダンってこんなに古い建物がまだまだ現役で残っているんだね!この他にも古く魅力的なコロニアル建築がたくさんありましたがあまりにも数が多いのでここでは省略。また別の機会にでもご紹介できればと思います。


コロニアル建築はJl. Ahmad Yani/アフマッド・ヤニ通りの約1kmに集中しています。

こんにちは、とも先生です。

タイの4連休を利用してやってきたインドネシア・スマトラ島のメダン。

メダンに来たのは17年ぶりなのですが…ぶっちゃけ観光スポットってそんなにないんだよね…。

それでもまだ観光していないところがあった!

メダンで成功した華人の大邸宅を博物館にした「Tjong A Fie Mansion」です。
BlogPaint
↑交通量の多いJl. Ahmad Yaniに面してはいますが、中庭の少し奥に建物があるためなかなか静か。しっかしデカい邸宅だなあおいw

BlogPaint
↑入口横のカウンターでおねいさんからチケットを買いましょう。

BlogPaint
入館チケット(35,000ルピア=約270円)。意外にもしっかりしたチケット。

BlogPaint
↑建物は、1900年に建てられたチャイニーズ・ヨーロピアン・アールデコという折衷型。

BlogPaint
↑華人の邸宅らしく中心に大きな祭壇があります。

BlogPaint
↑中庭はとても気持ちのよい空間で絶妙に風が通り抜けるのはすべて計算の上なのかな。これでお天気だったら最高なのになあ。

*訪問時大雨www

BlogPaint
↑邸宅内にいくつもある広い寝室には、当時の貴重な写真や生活道具やアクセサリーなどが展示されています。

BlogPaint
↑2階の大広間もダンスパーティーができるレベルのステキ空間。地元のカップルさんたちが楽しそうに写真を撮っていましたよウフフ…とも先生は一人だよウフフ…。

邸宅がかなりデカいのと一部屋一部屋きちんと展示がされているので思った以上に見応えがあります。市内中心部にあるので、メダン滞在時に少し時間が空いたらサクッと観光できますよ。


名称: Tjong A Fie Mansion
場所: Jalan Ahmad Yani No.105, Kesawan, Medan Barat, Kota Medan, Sumatera Utara
電話: +62 813-7516-0031
開館: 9:00-17:00
URL: http://tjongafiemansion.org/


こんにちは、とも先生です。

タイは今日から4連休♡というわけでやってきましたインドネシア。

今回は17年ぶりの訪問となりますスマトラ島を弾丸で周遊します。

まずは、北スマトラ州の州都であり、インドネシア第四の都市でもあるメダン/Medanからスタート。

メダンは、オランダ領東インドと呼ばれていた植民地時代の19世紀後半から、ゴム、タバコ、お茶などのプランテーション開発で急速に発展しました。活気あふれる大都市ですが、植民地時代の古いコロニアル建築が現在も多く残るお好きな方にはたまらない土地です。



バンコク・ドンムアン国際空港を出発して約2時間、タイから最も近いインドネシアの国際空港「メダン・クアラナム国際空港」へ到着したとも先生は、エアポートリンクという空港鉄道に乗って早速市内へ。

17年前に泊まったホテル「Natour Dharma Deli Hotel」が、「Grand Inna Hotel Medan」と名前を変え現在も営業していたのでつい懐かしくてチェックイン。当時あったコロニアル棟とプールはすでに解体され駐車場になってしまっていましたが、重要歴史的建造物であるホテル本館はそのまんま。

少し部屋で休憩したいところですが、今回はメダン市内に残る古い建物を訪ね歩くためにやってきたわけですから雨だろうが嵐だろうが外出すんぞ!

メダンはインドネシアの中でも年間降水量の多い土地で、雨季と乾季の境目がそこまでハッキリしていないようで今日もなんだか雨が降り出しそうな曇り空、時期的には乾季なのにねえ。

17年前に初めてメダンへ来た時は「メダンは治安が悪いから気をつけて!」「外なんかフラフラ歩いちゃダメだよ!必ずホテルのタクシー使って!」「絶対にカメラを人前で出しちゃダメだよ!」なんてインドネシア人からさんざん脅かされて、それこそビクビクしながらメダンの街を歩いたのですが…

いや…全然安全なんですけどw

自分がおじさんになって肝が据わったのか、危機管理の感受性が著しく鈍くなったのか、メダンの街自体が本当に治安が良くなったのか、真相はわかりませんがとにかく外を日中フラフラ歩いていても危ないと感じる場面には一切遭遇しませんでした。

というわけでカメラ片手にメダン市内を徒歩でもううろうろ歩きまくり。あらかじめ下調べしておいた物件を訪ね歩きつつ、現場で新たに発見した物件もあって、とも先生は一人でハアハア興奮しながら写真パチパチ。
BlogPaint
↑とも先生が以前から実際に見たくて見たくてたまらなかったコロニアル物件をついに拝むことができました!

お昼ご飯は名物のソト・メダン(スープ料理)をいただき、午後は創業84年のコロニアルカフェでお茶とオランダ菓子をいただき、夕ご飯はこれまたメダン名物のミー・アチェ(麺料理)をいただき、メダングルメも満喫しましたが夜8時にホテルへ戻ったらもうヘロヘロ…w

明日は朝6時半のフライトで次の街へ移動するので早く寝なくちゃ!

ではまた明日〜。


こんにちは、とも先生です。

備忘録振り返り旅行記インドネシア・クパン編

*すべて2011年3月当時のお話ですので軽く流してください。


アロールからクパンに戻って来たとも先生は、空港からバイクタクシーを捕まえて早速ビーチ沿いのホテル「Maya Beach Hotel」へチェックイン。ビーチ沿いって言ってもリゾート感はゼロなんだけどねw
BlogPaint
↑海を臨むローケションばっちりのホテルなんだけど部屋の窓ガラスが割れてるwww

BlogPaint
↑2011年当時、クパンの街はまだ開発が進んでいないためかどこかのんびりとしていて、建物はどれも古く地味ではあるけどお散歩するのがとても楽しい街でした。

BlogPaint
↑ティモール島におけるオランダ植民地時代の中心都市であったことから、市内にはコロニアル建築がいくつか残っています。

BlogPaint
↑この建物もかなり古そうだけど未だ現役のお店として利用されています。

BlogPaint
↑海沿いのシリワンギ通り(Jl. Siliwangi)にも古い建物がたくさん。廃墟のままほったらかしのものもかなりあって、きちんと整備したら観光客呼べそうなのにね。とも先生的にはこのままがいいけど…。

BlogPaint
↑日没とともにナイトマーケットが始まるよ。シリワンギ通りは屋台とテーブルで埋め尽くされ活気が満ちあふれてきます。

BlogPaint
↑この日のディナーはLele Goreng(揚げナマズ定食)にJus Alpukat(アボカドジュース)。上品な白身のナマズにはサンバル(チリソース)をたっぷりつけて美味しくいただきました☆




こんにちは、とも先生です。

プノンペンからツーリストバスに揺られてやってきたカンボジア南部の街カンポット/Kampot。お昼ご飯を食べて落ち着いたので街中をお散歩してみることにします。
カンポット名物のイカ胡椒炒めがウマウマ
http://tomosensei.net/archives/1070012531.html
特に観光スポットもなく落ち着いた佇まいの小さな街カンポットには、フランス植民地時代に建てられたコロニアル建築がたくさん残っていました。
BlogPaint
↑古いフレンチヴィラを利用したプチホテル「Hotel La Java Bleue」。本当はここに泊まりたかったんだけど満室だったんだよう…。

BlogPaint
↑ショップハウスはオサレなバーやカフェになっていて、一軒ずつのぞいてみるのも楽しいよ。

BlogPaint
↑川沿いは遊歩道になっていて、地元の人たちがおしゃべりしたりお弁当食べたりのなごみ処。日中は暑いけどねw

BlogPaint
↑なんかほんのり春っぽい色の花が咲いていたのでパチリ。

BlogPaint
↑ここはかなり古そうだけど…洗濯物が干してあるから民家なのかな。1泊でいいからホームステイさせて欲しい。

BlogPaint
↑川沿いにあるこのフレンチヴィラはキレイに改修されています。どうやら団体のオフィスみたいだね。

BlogPaint
↑バイクと自転車、歩行者専用の細い橋「Entanou Bridge」もフランス植民地時代に築かれたもの。

BlogPaint
↑橋の上から夕陽を楽しんでいたら、すぐ下をクルーズ船が通りました。船上からサンセットを楽しむツアーみたい。

まだまだたくさん写真はあるんだけど、延々とコロニアル写真載せてもアレなのでw ここらへんで。

さあ、今夜は何食べようかな、たまには洋物イこうかな。


↑このページのトップヘ