とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:市内観光

こんにちは、とも先生です。

今年の夏休みは3年ぶりのスリランカ旅行へ行ってきました。

スリランカ出発前日、空港そばのニゴンボのゲストハウスにチェックインしたとも先生。
ニゴンボのコロニアルゲストハウス「ハミルトン・ハウス」
http://tomosensei.net/archives/1072401825.html
部屋に荷物を置いたらさっそく観光に出かけますよー。

ここニゴンボは、植民地時代に建てられた教会が20以上もあるという、カトリック教徒の多いビーチ沿いの街。どことなくヨーロピアンな薫りのするニゴンボには、コロニアルな建物がたくさん残っているというので楽しみ☆
20181010_205714_0001

BlogPaint
↑テクテクと歩いてまず最初にやって来たのはOur Lady of Snows Church。1910年に建てられたカトリック教会です。外壁は定期的に塗り直されているようでとてもキレイ。

BlogPaint
↑そして運河沿いをお散歩。このオランダ運河(ハミルトン運河)/Dutch Canal(Hamilton Canal)は、植民地時代に物資輸送のために造られたもので、現在は漁師さんたちが船で海へ出るための大切な通り道になっています。

運河の水はあまりキレイではないんだけどwお散歩するにはとても気持ちいいよ!

BlogPaint
↑街外れまで歩くと何やら看板が…SRI LANKA PRISON…ってスリランカ刑務所?!

BlogPaint
↑刑務所手前左手の丘の上には聖ステファン教会。すでに門が閉まってしましたが、門番さんのご好意で中へ入れてくれました。独特の形をしているけど何スタイルなんだろう。

BlogPaint
↑教会のそばにオランダ植民地時代の要塞跡があるというのでとりあえずこの小汚いトンネルをくぐったのですが、これが要塞跡でしたwww 要塞はほとんど残っていないようですね。

BlogPaint
↑トンネルの上の部分は絶賛修復工事中。完成形はどんな形になるんだろう。

BlogPaint
↑この門の向こうが刑務所。残念ながら面会の家族以外は中に入れないみたい(当たり前か!)。

BlogPaint
↑刑務所を後にして海へ向かってテクテク歩くと魚市場/Negombo Fish Market発見。明日出発なのでお魚さんは買えないけど、楽しそうだから見学ー。

BlogPaint
↑うおー!イメージ的に品揃えは貧相かと思っていたんだけど!魚!海老!イカ!貝類などけっこう種類豊富!マグロさんもお刺身でいけそうなほど新鮮だったよ!

BlogPaint
↑市場の横にはこのような畑?が広がっているんだけど…何?

BlogPaint
↑魚おおおおおおお!よく見たら全部魚!小魚!天日干しにしているんだね!

BlogPaint
↑聖メアリーズ教会は、スリランカにあるカトリック教会の中で最古のひとつ。ちょうど礼拝時間だったので遠慮して内部は見学しませんでしたが、祭壇などはヨーロッパから船で運んだんだって。

BlogPaint
↑教会の隣りに建つこの黄色い建物もかなり古いなあ。どうやら教会に隣接する聖メアリーズ大学の校舎のようです。

ニゴンボっていうと、空港から近いためトランジットステイで1晩(夜〜翌朝)だけ滞在する観光客が大半らしいんだけど、1泊してお散歩してみるとかなり楽しいよ!日程に余裕があればニゴンボステイもおすすめです!

ではでは、観光に夢中になってご飯食べていなかったので遅いランチに行ってきまーす。




こんにちは、とも先生です。

今年の夏休みは3年ぶりのスリランカ旅行へ行ってきました。

スリランカ北東部の港町トリンコマリー滞在2日目。

今日は朝から良いお天気!というわけでトリンコマリー市内を再び観光します!
トリンコマリー市内観光①
http://tomosensei.net/archives/1072401737.html
ゲストハウスで自転車を貸してくれたので、チリンチリンのんびり走りながら出発ー!
BlogPaint
ダッチベイ/Dutch Bayのビーチ。街中にあるビーチなのにめちゃくちゃキレイ!水の透明度もかなり良いよ!

外国人観光客よりスリランカ国内観光客の方が多くて、みんな楽しそうに海遊びしていました☆

BlogPaint
↑ダッチベイのビーチを見ながら岬へ向けて自転車を走らせるとフレデリック要塞/Fort Frederickのゲートに到着。

BlogPaint
↑17世紀にポルトガルによって建造されたこの要塞は、オランダ、フランス、イギリスが争奪を繰り広げた歴史の場所。

BlogPaint
↑要塞内にはスリランカ海軍の施設などがありますが、誰でも自由に出入りすることができます。

BlogPaint
↑こちらは海軍のドミトリーかな?古いコロニアル建築が現在でも利用されています。

BlogPaint
↑岬の先端へ向かってずいずい歩いて行くとやがて参道が。この先に寺院があるそうなので前進ー。

BlogPaint
↑参道の両脇にはお土産屋さんがたくさん!このお店のお面はなんだかバリ島のお面に似ているよ。ヒンドゥー教つながりかな?

BlogPaint
↑寺院へ入る前に靴を脱がなければならないとのことで、写真左の預かり所に靴を預け(20ルピー=約15円)、裸足で寺院まで歩きます。

*ただ地面がめたくそに熱いので、とも先生は靴下をはいたまま歩きました。靴下はOKみたいだよ。裸足だと火傷しちゃうよ。

BlogPaint
コネスワラム寺院/Koneswaram Kovilに到着。目の前の大きな神様は修復工事中。

BlogPaint
↑スリランカ国内の参拝客で平日の昼間なのに大混雑!!!寺院の建物内は写真撮影禁止ですが境内はOKみたいだよ。

BlogPaint
↑スリランカの参拝客たちの後をついてウロウロ歩いてみたよ。

BlogPaint
↑いたるところに神様たちが盛り合わせ。

BlogPaint
↑岬の先端にある寺院なのでとっても景色がいいよ!とも先生は高所恐怖症なのでこれが限度w

BlogPaint
↑喉がカラカラなので参道のお店でココナッツジュース休憩。

BlogPaint
↑ひー!眺めいいよー!この青い海を見ながらぼーっとしたいけど…暑い!w

さて、お腹が空いてきたので街に戻ってランチにしよう。




こんにちは、とも先生です。

今年の夏休みは3年ぶりのスリランカ旅行へ行ってきました。

スリランカ北東部の港町トリンコマリーのゲストハウスに無事チェックインしたとも先生。
ダッチ・バンク・イン/Dutch Bank Inn
http://tomosensei.net/archives/1072401720.html
今日はなんかお天気がイマイチだけど、雨は降らなさそうだし風が気持ちいいので午後からさっそく観光に出かけるよー。
BlogPaint
↑ゲストハウスを出発してふらふら歩いているだけで古い建物がばんばか目に入ってくるよ。この建物は倉庫だったのかな?

BlogPaint
↑スリランカ海軍の敷地内に博物館があるというので軍のゲートまで来たんだけど…3日前までに海軍で入場許可の手続きをしないといけないんだって…。短期旅行では無理だね、残念。

BlogPaint
↑それではビーチへ向かって歩いてみよう。途中で見かけた聖ニコラス教会は小さいけどかわいい。

BlogPaint
↑ダッチベイというビーチへやって来ました、が、曇り空のビーチは全然映えないねw

BlogPaint
↑ビーチ沿いに「海洋・海軍史博物館/Maritime And Naval History Museum」があったので入ってみよう。建物もめっちゃ古そう。

BlogPaint
↑これは17世紀に建てられた建物で、当時のオランダ海軍長官の公邸として使われていたようです。

オランダ政府の支援で2013年に改装され、博物館として運営しているんだって。

BlogPaint
↑展示物はぶっちゃけそんなに興味はなかったけどw 館内がとてもステキだよ。

海洋・海軍史博物館/Maritime And Naval History Museum
開館時間/8:30-16:30(火曜日休館)
入場無料。ただしそれとなく寄付を求められました。

BlogPaint
↑博物館の脇の小道をふらふら入っていったら住宅街の中に一軒の教会がありました。

BlogPaint
↑1852年に建造された聖マリー教会。スカイブルーと白の教会はめっちゃかわいい☆

BlogPaint
↑歩き疲れたので市内のスーパーマーケットで冷たいジュースを。ふと気付いたらこのスーパーの建物もかなり古いね。

さて、今日はよく歩いたので早めに夕飯を食べてゲストハウスへ戻ろう。




こんにちは、とも先生です。

今年の夏休みは3年ぶりのスリランカ旅行へ行ってきました。

スリランカ北部最大の街ジャフナ滞在2日目。

翌日はもう次の目的地へ移動するんだけど、ジャフナ市内でまだまだ見ていないところがあったので、バイクでジャフナ郊外を観光した後、急いでジャフナ市内へ戻ってきたよ。
ジャフナ市内観光①
http://tomosensei.net/archives/1072274489.html
内戦の被害を免れたり修復された古いコロニアル建築がたくさん残っているジャフナを再び観光します。
BlogPaint
↑まずやって来たのは「Matri Manai」。ポルトガルに支配される前のジャフナ王国の宮殿だったとされる建物です。

BlogPaint
↑2007年からスリランカ政府の管理下に置かれたようですが…ボロボロやないの。

BlogPaint
↑朽ち果てそうな木彫りの彫刻が儚げです。

BlogPaint
↑ここは誰でも自由に出入りができるため、日中の明るい時間帯の訪問をオススメします。

BlogPaint
↑これも古いなあ…と思って建物の中をのぞこうとしたらおじいちゃんがソファで寛いでいました。そう、一般住居でしたw

BlogPaint
↑ここはDistrict Secretariatの真向かいにある、オランダ植民地時代の古い建物跡。

BlogPaint
↑柵があって中に入れないのが残念ですがステキ。

BlogPaint
↑入口ゲートに「関係者以外立ち入り禁止」と書いてあったので中に入れませんでしたが、係員さんがゲートにいる場合は交渉の上、中に入れることもあるようです。

BlogPaint
↑町中にはこのような朽ち果て寸前の建物がまだたくさん残っています。

BlogPaint
↑ここも修復中なのかな?有刺鉄線が張り巡らされていて中には入れませんでした。

BlogPaint
↑ジャフナ最後の観光は聖ジョン教会。

BlogPaint
↑1862年に建てられた古い教会ですが、内戦で破壊されたため2001年に修復されています。

いやー、全部ではないけど見たいものはだいたい見ることができたので満足満喫☆

さーてとジャフナ最後の夜は何を食べようかなー。


こんにちは、とも先生です。

今年の夏休みは3年ぶりのスリランカ旅行へ行ってきました。

スリランカ北部最大の街ジャフナに到着したとも先生は、ゲストハウスへのチェックインもランチも済ませて観光準備バッチリ!

ジャフナには2泊だけの滞在なので、お天気の良いうちにいろいろ歩き回るぞ!レッツ観光!

内戦でかなりの建造物が破壊されたジャフナですが、それでも古いコロニアル建築がまだたくさん残っている(or修復されている)とのことでとも先生ワクワク☆
BlogPaint
↑ゲストハウスを出発したらすぐ近所で早速第一コロニアル発見!建物は内戦時に破壊されて現在でも手つかずのままみたい。入口に「Kanakasthan」って彫ってあったけどググってもよくわからなかったよ。

BlogPaint
↑こちらは1907年に建てられたジャフナで一番古いと言われる聖母教会。とてもステキな建物なのでぜひ中に入ってじっくり見学させてもらいたいんだけどなあ…門が閉まっているんだよなあ。

とりあえずぐるっと一周してみるか。

BlogPaint
↑ぐるっと半周したら逆側に正門発見www 教会内部は工事中だけど敷地内はどうぞご自由に、と言われたので堂々と入場。

近くで見るとまたステキだ。

おそらく修復して塗り直したのでしょうが、とても美しい教会です。

BlogPaint
↑次は海沿いに建つジャフナ・ダッチフォート(オランダ要塞)へ。

ここは内戦時にバッキバキに破壊されまくったらしく、現在でも各国からの援助で修復工事が進められています。

訪れたのは平日でしたが、日射しが柔らかくなる午後遅くに行ったからか、地元の家族連れでにぎわっていました。入場無料ってのもあるけどね。

DSC05548
↑要塞内部はとても広く、形状としては函館のような五稜郭だね。

BlogPaint
↑フォート内にオランダ教会跡の案内板がありました…が…教会跡どこ…?

BlogPaint
↑オランダ教会跡はこちらです☆もう何の跡がわからないくらいに破壊されまくったんだね。

BlogPaint
↑破壊された建物の壁には未だ生々しい弾痕がたーくさん。

BlogPaint
↑こちらはジャフナ公立図書館。1933年に建造された当時、アジアでも有数の規模の図書館だったそうですが、1981年に内戦で破壊されほとんどの蔵書が焼失してしまいます…。

現在の図書館は、建造当時の資料を元に建て直したものだそうですが、白亜のお城のような立派な佇まいです。

BlogPaint
↑現役の図書館なのでメンバー登録すれば一般利用もできるようですが、外国人観光客の利用が可能かどうかは未確認。

ただ、靴を脱いで館内の決められた通路を歩いて見学することはできます。館内写真撮影禁止。

BlogPaint
↑そしてこの日最後の観光はジャフナ時計塔。街のど真ん中にあるかと思いきや、少し外れた閑静なエリアに建っています。

古いコロニアル建築や内戦跡に興味がなければ、ジャフナ市内に観光の見所って少ないかもしれません。でも主要スポットは歩いてまわれる範囲に集中しているので、お散歩気分で観光できますよ☆

さあこの日の観光はこれでおしまい!夕飯食べに行くよー!ビール飲みたいよー!w



↑このページのトップヘ