とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:市内観光

こんにちは、とも先生です。

乾季に入った12月のさわやかなタイ。国内線航空券がめためたに安かったので、数年ぶりに北部タイ(チェンマイ&ランパーン)を2泊3日で一人旅してきました🌟

チェンマイ観光っていうとお寺以外にすぐ思い浮かばないんだけど、旧市街に博物館が集まっているエリアがあったのでゆっくり見てきました。チェンマイ歴史センター、チェンマイ市芸術文化センター、ランナー民俗生活博物館の3館です。
BlogPaint
↑まずはチェンマイ歴史センター/Chiang Mai Historical Centreから見学します。

BlogPaint
↑各博物館の入館料は90バーツなのですが、3館共通入館チケット(180バーツ=約620円)があったので購入。3それぞれ一度ずつ入ることが出来ます。

BlogPaint
↑ここはチェンマイの過去から現在に至るまでの歴史をジオラマや映像をふんだんに使った展示で楽しませてくれます。でも…展示の内容はそんなに深くないかなw

BlogPaint
↑館内には、ここで出土した遺跡がそのまま保存されています。まるごと残すんだね。

BlogPaint
↑次は、歴史センターの隣りにあるチェンマイ市芸術文化センター/Chiang Mai City Arts & Cultural Center。この建物は、1924年に建造された旧チェンマイ市庁舎を改装したもの。

BlogPaint
↑古い建物を利用した施設のため各展示室が狭くて、それなのに展示物をみちみちに並べちゃうもんだから見にくいったらありゃしないw

BlogPaint
↑チェンマイの生活文化を忠実に再現したコーナーはけっこう楽しかった。

BlogPaint
↑ここも展示内容に統一性がないというか、見ていて引き込まれるものがあまりありませんでした。まあ、とも先生はこの建物自体に一番興味があるので展示内容は二の次なんですけどねw

おおふ…館内のコリドールがステキ♡

BlogPaint
↑ここはミュージアムショップ、というかオサレ系雑貨屋さんが入っていました。店内写真撮影禁止だったから写真ないけどなかなか充実の品揃え。

BlogPaint
↑うおおおおおおおおふ。中庭が素晴らしい。ため息がでちゃう。

BlogPaint
↑中庭にはカフェもあるので時間に余裕があればどうぞ。

BlogPaint
↑そして最後に、芸術文化センターの向かいにあるのがランナー民俗生活博物館/Lanna Folklife Museum。ここもなんだか古い建物だなあと思ったら、1935年に建てられた旧チェンマイ裁判所を改装したものなんだって。ヨーロピアンでとてもステキだ。

BlogPaint
↑ここはランナー王朝時代からの宗教、祭礼、衣食住など生活や文化に関わるものの展示が中心。

BlogPaint
↑これは有名なカントークディナーかな。食品サンプルを使った展示もあります。

BlogPaint
↑こちらは2階にある織物のコーナー。

BlogPaint
↑旧裁判所だっただけあって裁判所のコーナーもありました。

3つの博物館はどれも頑張ってはいると思うんだけど、それぞれの独自性がないというか、重複している部分もあり、じっくり見学するには内容が薄いって感じ。でも、お散歩がてらぶらぶら流し見学する分には楽しめると思います🌟


ランナー民俗生活博物館/Lanna Folklife Museum
チェンマイ市芸術文化センター/Chiang Mai City Arts & Cultural Center
チェンマイ歴史センター/Chiang Mai Historical Centre

開館時間: 8:30-17:00(月曜休館)
URL: http://www.cmocity.com/centre_museum.html


こんにちは、とも先生です。

ここ数年で高層コンドミニアムや大型ショッピングモールが建ち並び、その風景が激変しているバンコク。古い建物がどんどん取り壊され新しい時代の都市に変わっていく様をこの目で見られるのは非常にエキサイティングですが、同時に寂しさもおぼえるとも先生…。

さて今回は、1930年代のバンコクの古き良き時代の住居をそのまま保存している民俗博物館「Bangkok Folk Museum(Bangkokian Museum)」をご紹介します。期待しないで行ったけどめっちゃ楽しかった☆
BlogPaint
↑博物館入口。最寄りの国鉄(MRT)フアランポーン駅から約1.2kmの距離にあります。どこの駅からも離れているので、ジャルンクルン通りなどの周辺散策をしないでここだけに行くなら車が一番楽だよ。

ちなみにこの博物館は入場無料です☆うれしいね。

BlogPaint
↑緑豊かな庭を抜け最初に見える建物は、1937年に建てられたスラヴァディ家の邸宅。

ここは個人の邸宅でしたが、古き良き時代のバンコクの生活様式と周辺地区の歴史文化を後世に残すため、2004年にバンコク市に遺贈されたそうです。

BlogPaint
↑ここで靴を脱いでお邪魔します。磨き込まれた木の床が「良家の邸宅」って感じ。

ここにはタイ語または英語で無料ガイドをしてくださる女性がいます。必要であればじっくり説明してくれますし、そうでなければ放っておいてくれるので自分のペースで見学できるよ。

BlogPaint
↑はーん♡もうお好きな方にはたまりませんね。80年前にタイムスリップしたかのような錯覚におちいるほど維持管理がしっかりしています。

BlogPaint
このステキなお部屋、写真では伝えきれないのでぜひ実際に見て欲しいよ。

BlogPaint
↑2階へ上がってみましょう。階段もステキだねえ。

BlogPaint
↑2階にもたくさん部屋がありますが、エアコンの無い時代に建てられた住居だけに風の取り入れ方に工夫があるみたい。ここにはタイの磁器コレクションの展示も。

BlogPaint
↑当時のスラヴァディ家が実際に使っていた生活用品などが展示されています。

BlogPaint
↑おおっと、敷地奥にはさらにもうひとつ建物があるよ。

BlogPaint
↑ここはスラヴァディ家オーナーの義父であるフランシス医師の住居兼診療所だったそうです。

BlogPaint
↑診療所だけあって、当時の医療器具や衛生用品の展示もあります。

BlogPaint
↑広い敷地内には計3棟の建物があって、最後のこの建物は比較的新しいのかな。

BlogPaint
↑この建物だけエアコンがあるので涼しくて気持ちいいw 主に生活道具が多く展示されています。

BlogPaint
↑これは昔のマッチ箱だね、お好きな方にはたまらないであろうコレクション。

BlogPaint
↑料理好きのとも先生にとっては当時の台所用品も面白いなあ。欲しい道具がたくさんw

BlogPaint
↑そして2階の部屋は、博物館のあるバーンラック地区やジャルンクルン通りの歴史と文化を紹介するコーナーになっています。ただ、説明文のほとんどがタイ語なのでこれはちょっと残念…できたら英語でも希望。

駅から離れているので気持ち的にはほんのり行きにくいのですが、バンコクの生活文化を知る施設として大変興味深いものでした。周辺散策も楽しいので、週末にぜひ行ってみてください!


名称: バンコク民俗博物館/Bangkok Folk Museum(Bangkokian Museum)
場所: 273 Saphan Yao Alley, Khwaeng Si Phraya, Khet Bang Rak, Bangkok 10500
電話: 02-2337027
開館: 9:00-16:00(月曜お休み)
FB: https://web.facebook.com/BkkMuseum/

こんにちは、とも先生です。

2018年10月1日から日本人のミャンマー観光ビザが免除になったよー!

というわけで、先月の話しですが週末を利用してちょいとミャンマーへ行ってきました。

ヤンゴン3日目、旅行最終日ですがバンコクへ戻るフライトが夕方なのでそれまでみっちり観光するよ。
BlogPaint
↑やって来たのはヤンゴン市内中心部にある旧ビルマ政庁/Secretariat Office。

イギリス植民地時代の1889年に着工し1905年に完成したヴィクトリア様式の歴史的建造物は、東南アジア各地に残るイギリス植民地時代のコロニアル建築の中で「最高傑作」とも言われています。

BlogPaint
↑申し込んだツアー開始までまだ時間があったので建物の北側を通りから見学。

現在絶賛改装工事中で、2020年に複合大型文化施設としてオープンするそうです。

BlogPaint
↑長年放置されていたこの朽ち果てっぷりがたまらない♡でも順にどんどん改装されて壁も塗り直されているから、廃墟好きはとにかく急いでヤンゴンへ行ってね!

BlogPaint
↑ツアー開始時間が近くなったので、この門から中へ入って右側の建物で待機します。

今回とも先生が申し込んだツアーは「Secretariat Renovation Tour」という、ガイドさんと一緒に改装工事中の旧ビルマ政庁内部を見学できるツアー。土曜日朝9:30のツアーに参加します。

申し込み方法などの詳細はこの記事の一番最後に書いてあるから最後まで読んでね☆


↑ツアー集合場所はここ。

BlogPaint
↑キョロキョロしているとすぐに係の人がやって来て対応してくれます。まずは予約時の名前を確認した後、ツアー誓約書にサインを。

BlogPaint
↑若い男の子のガイドの後に付いて南棟の建物の中へ入ります。なんだか興奮してきたよー!

BlogPaint
↑うおおおおおおおおおおお!なんじゃこれはー!!ステキすぎておしっこ漏らしそう!!!

建物中央部の高い吹き抜けが二重らせん構造の階段になっていて、これがもうコロニアル好きには涙がでちゃうステキレベル!

BlogPaint
↑この吹き抜けはまだ改装工事の手が入っていないようで、とにかくもうため息しか出ないステキ空間。

BlogPaint
↑ツアーの最初からいきなりすごいもんを見せられたとも先生は、なんだかもう夢見心地で外の中庭へ。

中庭はすでにかなりの部分が美しく整備されています。

BlogPaint
↑中庭の中央に建つのは、ここで暗殺されたアウンサン将軍と6人の閣僚たちの慰霊碑。

BlogPaint
↑慰霊碑そばにあるこちらの建物は旧ビルマ議会棟。ここでツアー代金の支払いや説明があるとのこと。

BlogPaint
↑ここで若い男の子から若い女の子のガイドさんにチェンジし、まずはツアー代金(9,000チャット=約630円)を払いチケットをもらいます。

BlogPaint
↑ここは旧ビルマ議会。ガイドさんがタブレットの写真資料などを使って分かりやすく説明してくれます。とも先生は写真撮るのに夢中になっちゃったけどw

BlogPaint
↑議会棟に残されていた瓦。フランスのマルセイユで作られたものなのか、マルセイユから運ばれたものなのかはわかりませんが、とにかくエスプリな瓦。

BlogPaint
↑議会棟見学の後は、ヘルメットを着用して日傘を借りて西棟の建物へ入ります。

BlogPaint
↑西棟の吹き抜けもこれまたステキじゃーん♡黒い階段も含めて、補強工事はするけどなるべくこのままの形で利用していくんだって。

BlogPaint
↑工事は日々着々と進んでいるので、昔の朽ち果てた姿を見たい人はとにかく急いでヤンゴンへ!そして急いでツアーに参加して!

BlogPaint
↑この床のタイルもステキー♡このまま残して欲しいな。

BlogPaint
↑ガイドさんの後を付いて歩くツアーなので建物内を好き勝手に動くことができないのが残念。工事中だからね、仕方ないよね。

BlogPaint
↑これは…当時の洗面台?!水場であることには間違い無さそうだけど、コリドール(回廊)にあるの珍しくない?

BlogPaint
↑そしてまた南棟の吹き抜けに戻ってきました。ここさー、とも先生めちゃくちゃ気に入っちゃったよ。また来たいよここ。

BlogPaint
↑最上階から下を見るとこんな感じ。

BlogPaint
↑最上階から臨む中庭、高いところから見るとめちゃくちゃ広いね!と思ったら、ここ建物だけで東京ドーム1.4個分の広さがあるとのこと。

BlogPaint
↑やべえこの吹き抜けの二重らせん階段に惚れちゃった…フレームは全部イギリスから船で運んだんだって♡

BlogPaint
↑この女性の彫刻はエリザベス女王なんだって♡ああもういちいちため息がでちゃう♡

BlogPaint
↑最後に軽くコリドールをお散歩してツアーは終了。

ツアー時間は1時間の設定ですが、今回とも先生が参加した時は参加者が2名だけだったということもあってか45分ほどで終了。でも満喫しましたっ!

訪れる度にその姿を変えていく旧ビルマ政庁。みなさんもツアーに参加してその目で確かめてみてください!ヤンゴン市内の観光スポットとしてぜひおすすめします!

【英語ガイドツアー催行日時】
月曜日-金曜日/9:30, 11:30, 13:30, 15:30の1日4回
土曜日/9:30のみ
日曜日/お休み

【参加代金】
9,000チャット/人

【申し込み&問い合わせ】
Asia Tours Myanmar
9:00-17:00
09-427273018, 01-8398420
info@asiatoursmyanmar.com
https://web.facebook.com/asiatoursmm/
*ツアー参加前日までに予約が必要

↑名前と参加人数、ツアー参加希望日時を伝えるだけで簡単に申し込みができます。とも先生はFacebookメッセンジャーから簡単な英文で予約申し込みをして、数時間後には予約確認のメッセージが届きましたよ。




こんにちは、とも先生です。

2018年10月1日から日本人のミャンマー観光ビザが免除になったよー!

というわけで、先月の話しですが週末を利用してちょいとミャンマーへ行ってきました。

ヤンゴン2日目、とも先生の大好きなコロニアル建築を見て歩いて見て歩いて一日が終わろうとしたのですが、バンコクの友人から「どんなにお寺系に興味がなくてもシュエダゴン・パゴダには行って!絶対に行って!」と言われたのを思い出しました。
ヤンゴン市内観光はコロニアル建築巡りがおすすめ
http://tomosensei.net/archives/1072907471.html
とも先生…お寺系にはあんまし興味ないんだけどな…。でもヤンゴンの唯一にして最大の観光名所ということもあるし行ってきました「シュエダゴン・パゴダ/Shwedagon Pagoda」
BlogPaint
↑ヤンゴン市内中心部からGrabタクシー(2,600チャット=約180円)に乗ってシュエダゴン・パゴダの東口に到着。時間は夕方17:20くらい。

BlogPaint
↑パゴダへ入る前に注意書きの看板が。靴を脱いで露出の少ない格好だったら問題無し。

BlogPaint
↑なんだかゴールがまったく見えない長い階段を上っていきます。ただ両脇にずらりとお土産物屋さんや仏教系グッズ屋さんが並んでいるので見てて飽きなかったよ。

BlogPaint
↑階段を上りきった所にチケット売り場があるので拝観料(10,000チャット=約710円)を払います。もしここで服装チェックに引っかかった場合は、ロンジー(ミャンマーの腰巻き)を貸してくれますが有料です。

BlogPaint
↑チケットと一緒に日付の入ったシールもくれるので胸元に貼っておきましょう。このシールを見せれば、当日何回でも入退場ができます。

BlogPaint
↑そして中へ…うおおおお!なんかピカピカ! 語彙の少ない自分が憎い!w

BlogPaint
↑日没前の日射しが和らいだステキタイムだからか境内はミャンマー人でえらいこっちゃ状態。外国人観光客もいるにはいますがお祈りに来たミャンマー人のほがはるかに多いー。

BlogPaint
↑うおおおおおお!これがシュエダゴン・パゴダか!

…あれ…でも…なんか…カバーがかかっているみたいなんだけど。

よくよく見てみると、パゴダの上部に竹で足場が組まれています。

実はシュエダゴン・パゴダは5年に一度修復工事を行うそうなのですが、劣化が激しいため1年前倒しの今年2018年9月から修復工事を始めたそうな。

少し残念だけど、でも修復工事中のパゴダは5年に一度しか見られないしね、これはこれでよし!w

BlogPaint
↑お釈迦様もみちみち。

BlogPaint
↑柱の彫刻もすっごく造りが細かくて静かに感動。

BlogPaint
↑もうそろそろ日が沈むよう、って頃になるとみなさんお祈り開始。すごい人の数です。

そしてとも先生は18:00頃に一旦パゴダを出て近所のマッサージ屋さんへーw

BlogPaint
↑夜20:00、再びシュエダゴン・パゴダへ戻ってきました。ここは北口。

BlogPaint
↑うおおおおおおおおおお!!!なんだこ・れ・は!!!美しい!!!黄金!!!

BlogPaint
↑この時間になると、地面はひんやり冷たく気温も落ち着いてきて、とてもさわやかな気持ちで見学できました。

日中の暑い時間はちょっと…だけど、夕方と夜、どちらもそれぞれに美しい姿を見せてくれました。もしお時間に余裕があったら夕方と夜、または早朝と夜の2回行ってみてください!


名称: シュエダゴン・パゴダ/Shwedagon Pagoda
場所: Shwedagon Pagoda, Yangon, Myanmar
拝観: 4:00-21:00
URL: https://www.shwedagonpagoda.com.mm/

こんにちは、とも先生です。

2018年10月1日から日本人のミャンマー観光ビザが免除になったよー!

というわけで、先月の話しですが週末を利用してちょいとミャンマーへ行ってきました。

ヤンゴン2日目は、イギリス植民地時代のコロニアル建築が多く残る市内を歩いて観光するよ。
BlogPaint
↑まずは歴史的建造物が軒を連ねるストランド通りを歩きます。写真左手前から、中央郵便局、イギリス大使館、オーストリア大使館跡。

BlogPaint
↑1901年にサーキーズ兄弟の設計で建設されたストランド・ホテル。

The Strand Yangon
https://www.hotelthestrand.com/

BlogPaint
↑ミャンマー・ナショナル航空のオフィスビルもかなり古いね。

BlogPaint
↑ミャンマー港湾ビルの建物は教会にも見えるよ。

BlogPaint
↑旧中央会計士事務所の建物も朽ち果て感がステキだ。

BlogPaint
↑パンソダン通りの建物はほとんどが歴史的建造物で保存対象になっているみたいだよ。

BlogPaint
↑マーチャント通りのインド大使館ビルもステキコロニアル。大使館なのに厳重な警備とかなくて通りからダイレクトインというカジュアルさw

BlogPaint
↑マーチャント通りにあるインド・マーチャンタイル銀行跡(写真右)と香港上海銀行跡(写真左)。

BlogPaint
↑ミャンマー経済銀行の建物は白とブルーの色合いがステキ。

BlogPaint
↑重厚で大きな建物は一体なんだろう?と思ったらヤンゴン中央病院でした。コロニアルな病院!

BlogPaint
↑白亜のヤンゴン市庁舎。

BlogPaint
↑1912年に建設された中央消防署。

BlogPaint
↑旧最高裁判所は、ミャンマーの首都がネーピードーに遷都するまで使われていました。

ヤンゴン市内に残るコロニアル建築の数があまりにも多すぎてとも先生ビックリ!

主要なコロニアル建築は市内中心部に比較的密集しているので徒歩で観光することができます。街中には歴史的建造物一覧マップがいくつか設置されているので、興味のあるものを探しながら散策するのも楽しいですよ☆




↑このページのトップヘ