とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:市内

こんにちは、とも先生です。

2018年10月1日から日本人のミャンマー観光ビザが免除になったよー!

というわけで、先月の話しですが週末を利用してちょいとミャンマーへ行ってきました。

ヤンゴン最終日。来た時と同じように格安のシャトルバスで空港へ向かいます。
ヤンゴン空港から市内までシャトルバスで格安移動!
http://tomosensei.net/archives/1072856203.html
BlogPaint
↑スーレー・パゴダから空港へ向かうバスは5分おきに発車らしいのですが、とも先生が利用した時はだいたい15分間隔の感じでした。

BlogPaint
↑車内でバス運賃(500チャット=約35円)を払い席へ座ります。空港から来た時と同じく車内はガラガラ…大丈夫なのかこれ?!

(ヤンゴン市内から空港へ)


スーレー・パゴダ(Sule Pagoda)

ヤンゴン中央駅(Yangon Central Railway Station)

タマダ・シネマ(Thamada Cinema)

パークロイヤルホテル・ヤンゴン(Parkroyal Hotel Yangon)

ヤンゴン動物園(Zoological Garden)

シュエダゴン・パゴダ(Shwedagon Pagoda)

シュエゴンディン(Shwe Gone Dine)

エクセル・ホテル(Excel Hotel)

メリアホテル・ヤンゴン(Melia Hotel Yangon)

ミャンマー・プラザ(Myanmar Plaza)

セドナホテル・ヤンゴン(Sedona Hotel Yangon)

カバルアイェ・パゴダ(Kabar Aye Pagoda)

ナワディ・シネマ(Nawaday Cinema)

ヤンゴンホテル(Yangon Hotel)

8マイル・ジャンクション(8 Mile Junction)

ヤンゴン国際空港(Yangon Int’l Airport)


↑実際の運行ルートはこんな感じ。

バス停ではない場所で人の乗降があったり、バス停に人がいない時などは通過していました。始発のスーレー・パゴダから乗る場合は問題ありませんが、途中のバス停から乗る場合は注意が必要かもね。

BlogPaint
↑スーレー・パゴダを15:00に出発して空港へ着いたのが15:50。行きとほぼ同じ所要時間でした。

バスを降りた向かいの建物が国際線出発口なのですっごく便利だよ。

BlogPaint
↑ヤンゴン空港初めてのとも先生は完全なおのぼりさんw 空港内にチャット建てで買い物ができるコンビニスタイルのお店があってこれはうれしい!お値段も市内とほとんど同じじゃないかな?

BlogPaint
↑古いコロニアル建築も好きだけど、新しい建物も気持ちがいいね。

BlogPaint
↑搭乗口。それではバンコクへ戻りまーす。



こんにちは、とも先生です。

2018年10月1日から日本人のミャンマー観光ビザが免除になったよー!

というわけで、先月の話しですが週末を利用してちょいとミャンマーへ行ってきました。

ミャンマー旅行自体は2回目なんだけど、ヤンゴンへ行くのは初めて!ドキドキ!
ミャンマー南部の離島リゾートでの年越しは控え目に言って最高だった☆
http://tomosensei.net/tag/ニャウンウーピー島
BlogPaint
↑ヤンゴン国際空港に到着!初めて来たけど空港新しいねー。

BlogPaint
↑入国審査では何も質問されることなくスタンプ押されてすぐに終了。

BlogPaint
↑空港で両替したりSIMカード買ったりお手洗いを済ませてから、インフォメーションで市内へ行くバス乗り場の場所を尋ねると…

BlogPaint
↑「とりあえず外に出てひたすらへ歩け」とシンプルなアドバイスをいただきましたw

BlogPaint
↑とりあえず建物の外へ出た…でもわからんw

BlogPaint
↑とりあえず左手に歩いてみる…なんか遠くの方に何か…何か赤いものが!

BlogPaint
↑荷物も少ないのでズンドコ歩いてみる…やっぱり遠くの方に赤い何かがある!

BlogPaint
↑いえーい!シャトルバス発見!ヤンゴン市内のスーレーパゴダまで1本で行くというので即乗車。


↑ちなみにヤンゴン市内行きのシャトルバス乗り場はここ、国際線出発口の向かい。

BlogPaint
バス運賃(500チャット=約35円)を払い車内へ。まだそれほどバスの知名度がないからか、空いていて、とってもキレイで、エアコンがほどよく効いていて最高ー!


↑空港からヤンゴン市内へ向かうシャトルバスには2つの異なるルートを走るバスがあるそうなのですが、とも先生が今回利用したバスは「Pyay Road」を走るルートでした。目的地が終点のスーレーパゴダなら、どちらのバスに乗ってもOK。

BlogPaint
↑空港を朝8:30に出発して、市内のスーレーパゴダそばのバス停(終点)に到着したのが朝9:15。

なんと45分で市内に着いちゃったよ!のんびりバスで1時間半かかると思っていたから意外!

空港から快適なバスに揺られて!乗り換えも無しで!格安運賃で!最高じゃんねこれ!

BlogPaint
↑スーレーパゴダ。お天気が曇り空なのであまり映えないけど、タイとはまた違う形で面白いね。

さて、それではここから少し歩いて、予約したゲストハウスへ向かいまーす。

こんにちは、とも先生です。

17年ぶりにやってきたインドネシア・スマトラ島。

バンコクからエアアジアの直行便で最初に降り立ったのは、北スマトラ州の州都メダン。

以前の空港はメダン市内のポロニア空港だったのですが、2013年に郊外に新しくクアラナム国際空港が開港したことで、空港と市内を結ぶ空港鉄道(エアポートレールリンク)が運行していました。
インドネシア空港鉄道
https://www.railink.co.id/
バスやタクシーなど他にも交通手段はありますが、ここでは空港から市内への空港鉄道について。
2013年に開港したクアラナム国際空港
↑とても明るくて開放的なクアラナム国際空港。まだ国際線のフライト便数が少ないからか、入国審査はとてもスムーズでめちゃくちゃ早かったですw

クアラナム国際空港を出て真っすぐ進むと空港駅があります。
↑とりあえず空港の建物を出て人の流れに沿って真っすぐ進んでみます。

クアラナム国際空港でSIMカードも買えます。
↑クアラナム国際空港のSIMカード売り場発見。一番安いプランが6GB/100,000ルピアでした。

クアラナム国際空港駅。
↑空港建物を出た突き当たりが空港鉄道駅です。

クアラナム国際空港駅。
↑駅舎内に入ると目の前にチケットカウンターがあるので、ここでチケットを購入します。

クアラナム空港鉄道のチケット。
↑市内のメダン駅行きのチケット(100,000ルピア=約780円)。紙のチケットの他に自動改札用のプラスティックカードも渡されます。

クアラナム国際空港駅の自動改札。
↑出発時間が近くなるとワラワラ人が動き出したのでとも先生もホームへ入ります。自動改札にプラスティックカードを入れて中へ。

クアラナム国際空港駅ホーム。
↑屋内駅でしかもガラスが邪魔をして列車の全景が撮れないよう!w

クアラナム国際空港〜メダン間を走る空港鉄道車内。
↑運行開始から5年経っているのに車内は驚くほどピカピカにキレイで座席も快適。

クアラナム空港〜メダン間を走る空港鉄道車内。
↑スーツケースも置ける大型ラックが設置されているのはうれしいね。

クアラナム国際空港からメダン市内への車窓。
↑空港鉄道は定時ピッタリに満席の状態でクアラナム国際空港駅を出発。

…ただ…これ…なんだかとってもスピードが遅いんですけどwww

線路のほとんどの区間が空港鉄道の専用線ではなく在来線との共用で、他の列車との関係でのろのろ走ったり途中で止まったりwww

1937年に建てられたメダン駅は歴史的建造物。
↑それでも時刻表通りの45分で市内のメダン駅に到着。この駅舎、1937年に建てられた歴史的建造物でもあるんですよ。

メダン駅前通り。
↑メダン駅前の通りはとても交通量が多くて道路を渡るのも一苦労!でも日中ということもありますが、特に治安の悪さは感じませんでした。

それでは今日泊まるホテルへ向かいまーす。



こんにちは、とも先生です。

春休みに訪れたインドネシアのマルク州。バンダネイラで美しい海と歴史を堪能してからアンボンへ戻ってきました。

次の目的地バリ島へ向かう前にここアンボンで2泊するんだけど、アンボンはホテルの数自体がそれほど多くなくて、しかも全体的に割高感がじわじわ。かといって扇風機だけの共同シャワーの安宿に泊まるのもちょっと…というわけで最終的に決めたのが「ホテル・ムティアラ/Hotel Mutiara」。現在営業しているホテルの中では一番古い老舗だそうですが、どんなに古くてもエアコンとホットシャワーがあればいいよ。
BlogPaint
↑ホテルはアンボン市内の中心部、どこへ行くにも便利な立地です。

BlogPaint
↑中へ入ると右がフロントとレストランで、左がバーになってます。ビールや他の濃いお酒も飲めるよ♡

BlogPaint
↑お部屋は3階の一番安いスタンダードルーム。古いけど汚いわけではなくて、値段を考えたら十分です、文句なんぞありません。

Wifiはあったけど室内では弱めなので、比較的ましな1階ロビーでどうぞ。

BlogPaint
↑お部屋には聖書とコーランが2冊セットで置いてあるよ。キリスト教徒とイスラム教徒が衝突して今もイザコザしている地域だからね。

BlogPaint
↑テレビはかなり小さめだけど、机とそのそばにコンセントがあるので作業したい人にはいいね。

BlogPaint
↑バスルーム。バスタブはないけどシャワーで十分。ここもかなり古いけどまあ許容範囲内。アメニティは石けんだけなので、シャンプーその他は持参しましょう。

BlogPaint
↑朝食は1階のレストランで。いくつかチョイスがあったけど「ブブール/お粥」が猛烈にオススメだというのでお粥。

ほんわり優しい味の鶏粥に煎ったピーナツとポテチを混ぜて食べると、カリカリした歯触りや油のコクが足されてめためたにウマい!コーヒーか紅茶も付いて満足満足!

バリ島やジャカルタだったら……なレベルですが、アンボンでは立派な老舗の中級ホテルです。スタッフの方たちはとても親切で気持ちのよい滞在ができましたよ。


名称: ホテル・ムティアラ/Hotel Mutiara
場所: Jalan Raya Pattimura No.12, Uritetu, Sirimau, Uritetu, Sirimau, Kota Ambon
電話: +62 911 353873
FB: https://web.facebook.com/Hotel-Mutiara-Ambon-1581839032045912/

こんにちは、とも先生です。

中国の汕頭(スワトウ)旅行を満喫したのでバンコクへ戻りますよー。

帰りは、来た時と同じようにエアポートバスで掲陽潮汕空港(SWA)へ。
エアポートバスに乗って掲陽潮汕空港(SWA)から汕頭市内へ
http://tomosensei.net/archives/1069779962.html
BlogPaint
↑老街観光などが目的で汕頭市の西エリアに滞在の場合は、「Shantou Overseas Chinese Hotel/汕頭華僑大廈」がエアポートバスの発着場となります。
Shantou Overseas Chinese Hotel/汕頭華僑大廈
http://tomosensei.net/archives/1069885030.html
BlogPaint
↑ホテルのフロントでバスのチケットを購入します。

<ホテル発空港行きバスの時刻表>
5:30, 7:30〜16:30(1時間おき), 18:00

BlogPaint
エアポートバスチケット(22元=約370円)。次のバスのチケットしか売ってくれないので、希望の時間(例えば4時間後)のチケットを事前に買うことはできません。

BlogPaint
↑空港行きのエアポートバスは、来た時と同じ比較的新しいバスだよ。

BlogPaint
↑壊れているシートもあったけど車内はキレイで文句無いよー。

BlogPaint
↑バスはちょうど1時間で掲陽潮汕空港に到着。

BlogPaint
↑2011年開港のまだ新しい空港です。

BlogPaint
↑中国発のエアアジアはオンラインチェックインが出来ないので(涙)、問答無用で全員チェックインカウンターに行かねばなりません。エアアジアなのにこんな立派なチケットだw

BlogPaint
↑出国審査を終えて国際線の搭乗待ち合いエリア。まだ就航している国際線が少ないからかのんびりした雰囲気。

免税店、カフェ、トイレのみのシンプルな造りで、無料Wifiがあるとのことでしたがうまくつながりませんでした…。

BlogPaint
↑バンコク・ドンムアン空港行きエアアジアの搭乗開始。みなさんきちんと静かに整列して搭乗しているのしゅごい。

BlogPaint
↑旅行最終日になってやっとクッキリ青空になりました!悔しい!w

その後、定刻通りのフライトでバンコクへ戻りました。

これで中国・汕頭(スワトウ)旅行はおしまい☆


↑このページのトップヘ