とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:居酒屋

こんにちは、とも先生です。

最近、バンコクにもう7年住んでいるのにタイ語が本当に全然ダメで、それなのに何いっちょまえにタイブログなんてやっているんだろう…とふと気分が落ち込む時があるのですが、夜中にキーマカレー作って食べたら全部忘れましたこんにちは。カレー大事。

さて、今回は同い年の友人たちGeno,Sぶ,T次郎と4人で、1983年創業のパッポンの老舗焼き鳥居酒屋「桔梗(ききょう)」へ久しぶりに行ってきました。すでに何回かお邪魔していますが、まるで新橋の居酒屋さんにいるようなホッとできる好きなお店なのでここでご紹介しますね🌟
BlogPaint
↑お店へのアクセスが少し変わっているので道案内から。まずはシーロム通りからソイ・パッポン2へ入ります。

BlogPaint
↑ずんずん歩いて行くと右手にフードランドというスーパーマーケットが見えてくるのですが、その手前に駐車場の入口がありますので駐車場へ入ります。

BlogPaint
↑この時点で「…え」と思われる方がいると思いますがそのまま気にせずずいずいと奥まで。

BlogPaint
↑すると突き当たりに赤提灯とお店の入口が!駐車場から入店するのって新鮮!

BlogPaint
↑階段を上って行くと下駄箱があるので、靴を脱いで下駄箱に入れてからお店の中へ。

BlogPaint
↑店内はカウンター席と座敷席でかなりコンパクトな造りですが、それがまた落ち着くんですよね。人気のあるお店なので、事前に予約をしておくと確実ですよ。

BlogPaint
↑まだ全員そろわないので先に来た人たちで始めましょ。でも本当にここバンコクですか?!って雰囲気がお好きな方にはたまらない。

BlogPaint
↑メニューは居酒屋料理が豊富ですが、ご主人が自ら串打ちする焼き鳥がおすすめ。

BlogPaint
↑メニューのほか、店内の壁にもたくさんの美味しそうなメニューが貼り出されています。

BlogPaint
ポテトサラダ(80バーツ=約280円)。ここのポテサラはお芋をつぶさずにゴロゴロのままにしているのが新鮮でボリューム満点。

BlogPaint
肉串とハツ(どちらも3串で90バーツ=約320円)。焼き鳥は1皿3串単位なので3人で行くとピッタリだね。ここのハツが美味しくてね、タレでもよし塩でもよし。

BlogPaint
つくね(3串で90バーツ=約320円)も美味しいー。ちょっと小さめなのが酒飲みにはありがたい。

BlogPaint
↑ニラたっぷりのレバニラ炒め(90バーツ=約320円)は、油っぽくなくてお酒がくいくいすすんじゃう。

BlogPaint
↑あっさりさっぱりの焼きナス(60バーツ=約210円)は削り節山盛りで。落ち着くよねえ。

BlogPaint
小鯵みりん干し(50バーツ=約180円)は熱々のうちにいただきたい。

BlogPaint
↑みんな大好きハムカツ(120バーツ=約420円)はマスタードをたっぷり付けてー。

BlogPaint
↑〆はここの名物ざるラーメン(130バーツ=約460円)。冷たいラーメンなんですけど、これが飲んだ後にえらく美味しいんです!

ここで食事をして軽く飲んでから次へ繰り出してもいいし、アテをつつきながらじっくり飲んでもいいし、とにかく新橋の古い居酒屋さん系が好きな方にはおすすめです🌟


店名: 桔梗(ききょう)/Kikyou
場所: 69 Phat Pong 2 Alley, Khwaeng Suriya Wong, Khet Bang Rak, Bangkok 10500
電話: 02-2343044
営業: 18:00-23:00(日曜日お休み)
Facebook: https://web.facebook.com/kikyoyakitori1983/

こんにちは、とも先生です。

2019年のお正月をランタ島で迎えたよと思ったらもう1月も下旬じゃないですか!来月の旅行はすでに計画済だけどソンクランはどうしよう!あーだこーだと迷っているうちにまたエアチケットが高くなりそうなので早めに決めなきゃ!

というわけで今回は、同い年の友人たちと新年会で行った居酒屋さん「羽枡/Hanemasu」をご紹介します。ソイ・プロムシー(ソイ39と49の間の道)に2018年6月にオープンした、手羽先揚げと鶏皮揚げが名物のお店です。ちょっとここの鶏皮揚げが美味しすぎてもう大変だったよう🌟
BlogPaint
↑お店はラケットクラブ4号館、ボイス・ホビークラブのある建物の1階です。提灯がわんさか飾ってあるのですぐに見つかると思うよ。

BlogPaint
↑店内1階にはやぐらが組んであってお祭りできる勢いの楽しい雰囲気なんだけど、うっかり写真撮っていなかったのでお店の外から撮った写真でなんとなく想像してくださいw

BlogPaint
↑とも先生たち4人は2階の個室へ案内されました。個室にはなっているけど、パーティションで大人数にも対応できる設計になっているから(要するに壁がすっごく薄い)あんまりあんまりな会話を大声でするとけっこう隣りに聞こえちゃう予・感。

BlogPaint
↑お料理を注文する前にまずは90分飲み放題(499バーツ=約1,730円/+17%)を。生ビール、ハイボール、日本酒、各種サワーがあるけど、90分っていうのは他店に比べて短いねー。

BlogPaint
↑さあ90分気合いを入れて飲みましょう!スタッフのおねいさんたちは、ジョッキのお酒が1/3になるとすぐに「おかわり?」と聞いてくれ次のお酒をジャンジャカ運んでくれるので、空のジョッキがテーブルに並ぶことはありませんでした。うれしいけどやっぱ90分は短いよう!

BlogPaint
↑メニューは総合居酒屋的に何でもあるけどお刺身とお寿司系はないね。ここは名物の手羽先と鶏皮揚げをガンガンいくよー。

BlogPaint
↑肉巻きもここの名物みたいなのでわけぎ巻き(1本55バーツ=約190円/+17%)。わけぎの香りと歯触りが良くてさっぱりといただけます。

BlogPaint
レタス巻き(1本65バーツ=約230円/+17%)は、レタスのシャキシャキした食感とお肉のジューシーさが合って美味しい。

BlogPaint
骨付きジャンボソーセージ(2本120バーツ=約420円/+17%)はボリューム満点!粒マスタードを付けてガブッといきましょう!…でもどこの居酒屋さんにでもありそうなメニューで珍しくはないねw

BlogPaint
↑ふわふわの山芋とチーズのコクがたまらない山芋チーズ鉄板焼き(240バーツ=約830円/+17%)

BlogPaint
↑そしてお待ちかね、名物の羽串(10本240バーツ=約830円/+17%)!鶏皮串を超高温の油で揚げて、白胡椒と秘伝パウダーをまぶしたものだそうです!

それではパクッ…

うーまーいー!!!

パリッパリに香ばしく揚がった鶏皮は、臭みや脂っぽさを微塵も感じない!高級スーパーのプライベートブランドの高級スナック菓子を食べているような、めちゃくちゃ美味しいんだけどどこかジャンキーっていう背徳感というか!とにかく美味しい!!!1本から注文できますが一人で10本余裕だよ!

BlogPaint
↑お肉が続いたので野菜で小休止するよオニオンスライス(98バーツ=約340円/+17%)

BlogPaint
タワーサラダ(120バーツ=約420円/+17%)には胡麻ドレをたっぷりかけていただきます。

BlogPaint
↑そしてこれ枝豆(88バーツ=約300円/+17%)。なんとつかみ取りwww もちろんメンバーの中で一番手の大きいT氏につかんでもらいました。

BlogPaint
↑まだまだ飲みますのでアテの続きはうずら卵のピクルス(68バーツ=約240円/+17%)。これ、ゆかり(シソふりかけ)で漬けてあるんだって!シソの香りと酸味がたまらなく美味しい!

BlogPaint
牛タン焼き(280バーツ=約970円/+17%)は不格好だけどけっこうな厚切りなので食べ応え十分。

BlogPaint
↑こちらの上品なお料理はお店の方からサービスでいただきました。どういった状況下でサービスが発動するのかはわかりませんが、うれしいよね。

BlogPaint
↑そしてもうひとつの名物である手羽先揚げ(それぞれ3本で135バーツ=約470円/+17%)。スタンダードな「白」、甘辛の「黒」、激辛の「赤」の3種類があるのでお好みで。外側パリパリの中ふっくらで美味しいよ。でも鶏皮揚げが美味しすぎて手羽先がちょっと霞んじゃうw

BlogPaint
↑この日は炭水化物で〆ない代わりにバター醤油フレンチフライ(150バーツ=約520円/+17%)を最終オーダーとしました。もうこれ食べる前から美味しいに決まってるじゃんね!美味しかったよ!

とも先生的には、とにかく鶏皮揚げ(羽串)が異常に美味しくて発狂するかと思いましたw 他のお料理も全体的になかなかイケてると思います!また鶏皮揚げ食べたい!思う存分パリパリしたい!w


店名: 羽枡/Hanemasu Japanese Wing's Izakaya & Sake
場所: 165/413 Sukhumvit 49, Khlong Tan Nuea, Wattana, Bangkok 10110
電話: 02-1197249
営業: 11:30-14:30/17:30-深夜2:00
WEB: http://mercato.sukho-thai.co.jp/index.html


こんにちは、とも先生です。

先日、日本からバンコクへ遊びに来た知人からお土産をいただきました。1リットルサイズの白だしと日本のお酢!バンコクで安いお酢はほぼ酢酸だしw高いお酢は美味しいけどちょくちょく買えないしでお酢土産はすごくうれしい!しばらく酢ライフが楽しめるよ!

というわけで先月の話しですが、バンコクの人気居酒屋「なぎ屋」のなぎさんが独立して新たに立ち上げたお店「人情酒場 なぎ虎」へ行ってきました🌟
BlogPaint
↑お店はスクンビット・ソイ22沿いですが、スクンビット通りからだとけっこう距離があります。ラマ4世通りから入ったほうが近いよ。

BlogPaint
↑1階はカウンター席、2階はテーブル席になっていますが今回はカウンターで。友人たちとの待ち合わせに少し遅れたので到着してすぐに乾杯ー。ジョッキのラベルを逆にしちゃったw

BlogPaint
↑メニュー数はかなり絞り込んでいるみたいだけど日替わりおすすめメニューもあるので飽きなさそう。どれもかわいいイラスト入りで注文するのが楽しくなるよ。

BlogPaint
砂肝ガーリック(120バーツ=約410円/+10%)はアテにピッタリなニンニクガッチョリ&塩しっかりでお酒がすすむすすむ!

BlogPaint
↑焼き鳥&焼きトンは1本40-50バーツ。つくねはふっくらふわふわ🌟

BlogPaint
↑めちゃくちゃ美味しい手羽ねぎ!手羽のお肉部分だけをねぎと一緒に焼いてあって美味しくてしゅごい!

BlogPaint
↑こちらはシロモツ焼き。クニュッとした歯ごたえと旨味がたまらない!

BlogPaint
↑ここいらで本格的に腰を据えましょうウーロンハイ開始。

BlogPaint
チーズたっぷりコーンバター(150バーツ=約510円/+10%)は意外と珍しいけど絶対に美味しいやつ!チーズの塩気とコーンの甘みで永久運動しちゃいそう!

BlogPaint
とりわさ(160バーツ=約540円/+10%)も新鮮プリプリ。お酒がくいくいすすみます。

BlogPaint
↑そろそろガツンとしたものを!焼きそばを!お肉も野菜もたっぷりで、ちびちびつまみながらアテにするのがいいよねー。

BlogPaint
↑レバーも焼き過ぎず生過ぎずちょうどいい焼き具合、タレでいただきまーす。

BlogPaint
↑ハムチーズカツは、大葉も挟んであるのでさっぱりと食べられるよ!揚げ物だけど!

BlogPaint
↑今夜は炭水化物で〆ないでじっくり飲もうよ。塩辛と、漬け物をガチャポンボールに入れた「つけもんGO」www

写真のお料理の他にもう数品頼んで、3人でさんざん食べて飲んでボトル(鏡月)も2本入れてお会計(約5,400バーツ=約18,300円)でしたー。遅い時間帯は飲食業界の方々が仕事を終えてから来店するようで、深夜でもけっこう混んでいるみたいですよ🌟また行きたーい!


店名: 人情酒場 なぎ虎
場所: スクンビット通りからソイ22へ入り約1.3km行った左側。プレジデントパークホテル手前。
電話: 06-49738472
営業: 18:00-深夜3:00(月曜日お休み)

こんにちは、とも先生です。

もう昨年の話しになっちゃうのですが、先月ちょいと所用で日本へ一時帰国しました。

とも先生は横浜の人なのですが、バリ島で知り合ったH姐さんMさん夫妻とお家が近かったのでもちろん飲み会のお約束。したらなんとM姐さんまで参戦してのめっちゃ楽しい集まりは、たいへん美味しい羊の串焼きから始まりました🌟
BlogPaint
↑H姐お気に入りという「韓族郷土料理 恋郷館/れんごうかん」。JR川崎駅東口から徒歩5-7分くらい。

BlogPaint
↑温かみのある気安い雰囲気でこれすっごい飲んじゃうかもーw

BlogPaint
↑メニューは豊富でどれも美味しそう!

BlogPaint
↑まずはお燗した紹興酒で乾杯ー🌟身体が温まるね。

BlogPaint
↑まず最初の一皿は干し豆腐炒め(900円)。優しい味付けでするする喉を通るー。

BlogPaint
↑お次はここの名物でもある羊肉串焼き(130円/串)。見た目はとっても辛そうなんだけど全然辛くなくて、スパイスの良い香りで食欲爆発!こ、これはめちゃくちゃウマい!

BlogPaint
香菜と青唐辛子の和え(800円)はサッパリとサラダ風。

BlogPaint
↑鉄串に刺して焼いた手羽先(350円)も美味しそー!

BlogPaint
緑豆粉皮和え(800円)。弾力のあるところてんのような緑豆粉皮とシャキシャキ野菜の歯触りが最高!

BlogPaint
↑これなんだっけ!w チヂミみたいな料理だけど美味しかった🌟

BlogPaint
ゆばと野菜の和え物(700円)。紹興酒が進むにつれてこうしたつるつる系のアテが止まらなくなってきたよw

BlogPaint
↑これなんだっけ!w マロニーみたいやつと野菜の炒め浸しみたいですっごく美味しい。

BlogPaint
↑最後はニラ饅頭的な美味しいやつ。

美味しい美味しいを連呼してしまいましたが、どのお料理も美味しくて特に羊さんがめためたに美味しくてビックリしました!一時帰国の時にまた行きたい!


店名: 韓族郷土料理 恋郷館/れんごうかん
場所: 〒210-0005 神奈川県川崎市川崎区東田町3−21
電話: 044-2443189
営業: 16:30-翌3:00

こんにちは、とも先生です。

今年の夏休みは3年ぶりのスリランカ旅行へ行ってきました。

酒飲みさんがスリランカへ旅行すると気付くと思いますが、街中の小さなレストランってお酒を置いていないんですよね。スパイシーなスリランカ料理に冷たいビールってめちゃくちゃ合うと思うんだけど、無いんです!

じゃあどこで飲むかというと、ホテル内のレストラン、観光客向けの大きなレストラン、あとは酒屋に併設されたバー。

今回とも先生は、街中の酒屋に併設されたバー(居酒屋)で飲むのが楽しくなってしまって、ニゴンボでもうっかり居酒屋さんを見つけてしまいました!
20181011_003532_0001
BlogPaint
↑ニゴンボのフィッシュマーケットをちょっと散策していたら…前方に何やらコロニアル臭が!

BlogPaint
↑とも先生の嗅覚は正しかった!w 古いお屋敷なんだけど…あれ?ここってお店なの?!

BlogPaint
↑一体何のお店なんだろう…入口かなり立派じゃん…とりあえず入ってみよう。

BlogPaint
↑うおっ!外観もステキだけど内部もステキコロニアル!

ここ、酒屋さんなんだって!w そして奥が居酒屋になっていて飲めるんだって!!

BlogPaint
↑店員さんに案内されて奥へ進むとだだっ広いお部屋にテーブルが数組。すでにスリランカのお客さんたちが晩酌を始めています。

いやー、コロニアル建築狙いで入った建物だけど、まさか居酒屋だったとはw

BlogPaint
↑スリランカの定番ライオンビール(400ルピー=約280円)でカンパーイ!

冷え冷えで出してくれたのうれしー!夕陽は直接見えないけど、柔らかな日射しを感じながらコロニアル建築の中で飲むビールはウマい!

BlogPaint
↑店員さんと話しをしていたら、どうやらここは宿泊もできるらしくお部屋を見せてもらいました。

…エアコン無しのこのお部屋で1泊2,500ルピー=約1,750円…ちょっと割高だよねえ。

BlogPaint
↑ビーチを臨む建物は変に改装していないのでうらびれた感満点でお好きな方にはたまらない☆

フィッシュマーケット散策の帰りに一杯どうですかー?w


店名: レスト・ハウス/Rest House
場所: Circular Road, Negombo。New Rest House Restaurant隣り。
電話: 未確認
営業: 8:00-23:00

↑このページのトップヘ