とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:寺院

こんにちは、とも先生です。

2018年10月1日から日本人のミャンマー観光ビザが免除になったよー!

というわけで、先月の話しですが週末を利用してちょいとミャンマーへ行ってきました。

ヤンゴン2日目、とも先生の大好きなコロニアル建築を見て歩いて見て歩いて一日が終わろうとしたのですが、バンコクの友人から「どんなにお寺系に興味がなくてもシュエダゴン・パゴダには行って!絶対に行って!」と言われたのを思い出しました。
ヤンゴン市内観光はコロニアル建築巡りがおすすめ
http://tomosensei.net/archives/1072907471.html
とも先生…お寺系にはあんまし興味ないんだけどな…。でもヤンゴンの唯一にして最大の観光名所ということもあるし行ってきました「シュエダゴン・パゴダ/Shwedagon Pagoda」
BlogPaint
↑ヤンゴン市内中心部からGrabタクシー(2,600チャット=約180円)に乗ってシュエダゴン・パゴダの東口に到着。時間は夕方17:20くらい。

BlogPaint
↑パゴダへ入る前に注意書きの看板が。靴を脱いで露出の少ない格好だったら問題無し。

BlogPaint
↑なんだかゴールがまったく見えない長い階段を上っていきます。ただ両脇にずらりとお土産物屋さんや仏教系グッズ屋さんが並んでいるので見てて飽きなかったよ。

BlogPaint
↑階段を上りきった所にチケット売り場があるので拝観料(10,000チャット=約710円)を払います。もしここで服装チェックに引っかかった場合は、ロンジー(ミャンマーの腰巻き)を貸してくれますが有料です。

BlogPaint
↑チケットと一緒に日付の入ったシールもくれるので胸元に貼っておきましょう。このシールを見せれば、当日何回でも入退場ができます。

BlogPaint
↑そして中へ…うおおおお!なんかピカピカ! 語彙の少ない自分が憎い!w

BlogPaint
↑日没前の日射しが和らいだステキタイムだからか境内はミャンマー人でえらいこっちゃ状態。外国人観光客もいるにはいますがお祈りに来たミャンマー人のほがはるかに多いー。

BlogPaint
↑うおおおおおお!これがシュエダゴン・パゴダか!

…あれ…でも…なんか…カバーがかかっているみたいなんだけど。

よくよく見てみると、パゴダの上部に竹で足場が組まれています。

実はシュエダゴン・パゴダは5年に一度修復工事を行うそうなのですが、劣化が激しいため1年前倒しの今年2018年9月から修復工事を始めたそうな。

少し残念だけど、でも修復工事中のパゴダは5年に一度しか見られないしね、これはこれでよし!w

BlogPaint
↑お釈迦様もみちみち。

BlogPaint
↑柱の彫刻もすっごく造りが細かくて静かに感動。

BlogPaint
↑もうそろそろ日が沈むよう、って頃になるとみなさんお祈り開始。すごい人の数です。

そしてとも先生は18:00頃に一旦パゴダを出て近所のマッサージ屋さんへーw

BlogPaint
↑夜20:00、再びシュエダゴン・パゴダへ戻ってきました。ここは北口。

BlogPaint
↑うおおおおおおおおおお!!!なんだこ・れ・は!!!美しい!!!黄金!!!

BlogPaint
↑この時間になると、地面はひんやり冷たく気温も落ち着いてきて、とてもさわやかな気持ちで見学できました。

日中の暑い時間はちょっと…だけど、夕方と夜、どちらもそれぞれに美しい姿を見せてくれました。もしお時間に余裕があったら夕方と夜、または早朝と夜の2回行ってみてください!


名称: シュエダゴン・パゴダ/Shwedagon Pagoda
場所: Shwedagon Pagoda, Yangon, Myanmar
拝観: 4:00-21:00
URL: https://www.shwedagonpagoda.com.mm/

こんにちは、とも先生です。

今年の夏休みは3年ぶりのスリランカ旅行へ行ってきました。

スリランカ北部最大の街ジャフナ滞在2日目は、バイクを借りてお出かけします。
バイクに乗ってジャフナ郊外のハメンヒール要塞へ
http://tomosensei.net/archives/1072283641.html
要塞を見てビーチフロントでシーフードランチをしたら再び出発ー。
BlogPaint
↑要塞を後にしたとも先生は、ジャフナで一番美しいといわれるビーチ「カジュアリナ・ビーチ/Casuarina Beach」へやってきました。

ただ…この日は雲が厚く、日が出たり隠れたりの変なお天気だったため、写真映え的なビーチは今ひとつ…水はキレイだったけど。

でも地元の人たちが楽しそうに海遊びをしていました。ビーチそばにはお店がいくつかあったので簡単な食事も出来そうですよ。

BlogPaint
↑そしてビーチを出発してのどかな海岸線をひた走ること50分でケリマライ寺院に到着。

BlogPaint
↑広い駐車場にバイクを停めて参道を入っていきます。スリランカの人たちもツアーでやってくるのかな?大型バスが何台も停まっていました。

BlogPaint
↑通り沿いにはお土産屋さんが。店頭にすごい人だかりができていたので気になってのぞいてみたら!

ブドウ屋さんでしたw みんな買ったばかりのブドウを美味しそうにモグモグモグ。

BlogPaint
↑さあ、目の前は海なのですが、手前に見えるのが「ケリマライの聖なる泉」と呼ばれるプール。

BlogPaint
↑プール入場料(30ルピー=約20円)を払うと更衣室も利用できるみたい。

BlogPaint
↑こちらが聖なる泉プール。最初は入ってみる気マンマンだったのですが…ヌメッとしていそうな水の色を見た途端に気分が急降下w 楽しそうにはしゃぐ子どもたちを見ただけで終了。


↑ケリマライの聖なる泉

BlogPaint
↑まだまだ見たい場所がたくさんあるのでそろそろ移動します。っと、なんか土産屋がにぎわっているのでちょっと見学。みんなお菓子かなー?

BlogPaint
↑店のおじさんが試食させてくれてそれがめためたに美味しかったので、サトウキビから作る黒糖のようなジャガリー(200ルピー=約140円/500g)をお買い上げ。このままかじってもすごく美味しい!

それでは再びバイクに乗ってジャフナ市内に戻るよー。

BlogPaint
↑途中、とっても気になる教会を見つけて思わず道を引き返しましたw

BlogPaint
↑1831年に建てられたアメリカ・セイロン・ミッション教会なんだってここ。

BlogPaint
↑教会の写真をパチパチ撮っていたらなんや隣りの建物も…かなり古いな。

BlogPaint
↑こちらは1848年に建てられた病院なんだね。グリーン・メモリアル病院。

人気がないのは週末だから?それとも病院の本館的な建物は別にあるのかな?

おっと!もう午後も遅い時間になっちゃった。

さあさあ、ジャフナを見て回れるのはこの日だけ!

日没までに見たいところを全部まわるぞー!


こんにちは、とも先生です。

2018夏休みの旅行は3年ぶりのスリランカへ。

ほぼリアルタイムのスリランカ旅をちょこちょこアップしていきますね。

---------------------------------------------

8月27日(月)

トリンコマリー1日観光。

↑トリンコマリー/Trincomaleeはコロンボの北東約260kmのところにあり、第2次大戦時にイギリス軍の基地があったことから、1942年4月のセイロン沖海戦において日本軍から空襲を受けた街。

現在は内戦も終わり、のどかな雰囲気と美しい海、クジラウォッチングなどが欧米人旅行者に人気です。

DSC05820_1
↑昨日とは打って変わって今日は朝からお天気!レストランが経営するゲストハウスに泊まったので朝食は開店前のレストランでいただきます。

カツオのカレー、ココナッツロティ、完熟バナナに甘く濃いミルクティー。どれも美味しいー!

朝食後、少しのんびりしてからゲストハウスの自転車を借りて観光に出かけます。

DSC05893_1
↑まずやって来たのは岬に建つフレデリック要塞。スリランカ海軍の敷地内のようですが、誰でも自由に出入りできます。

古いコロニアル建築が佃煮のように建ち並び、それらがそのまま軍のオフィスや宿舎として現役利用されているの、とも先生的に大興奮もので鼻血ブシューw

DSC05866_1
↑そしてどんどん道を奥へ進んで行くと、岬の突端にあるのがKoneswaram寺院。平日ですが地元の参拝者で激混み!

寺院内部は撮影禁止ですが、外からの撮影は自由です。あと、参拝前に靴を脱いで預けなければならないので、お天気の日は地面が熱くなるから靴下はマストアイテムですよ!

DSC05860_1
↑お寺に興味がなくても、断崖絶壁からの眺めはかなりいいですよ。とも先生は高所恐怖症なのでこれが限界ギリギリ写真だけど!

また、途中の参道にはお土産物屋さんもたくさん並んでいるので、冷やかしながら歩くのも楽しいよ。

P_20180827_111334_vHDR_Auto_1
↑次はお天気がいいのでビーチへ行ってみましょう。ここは街中にあるDutch Bay Beach。街中なのにビーチも海もとてもキレイでビックリ!そして地元の人たちで大にぎわい!

外国人旅行者はもっと北にあるツーリストエリアのビーチにいるみたいだよ。

その後、ランチして買い物してぶーらぶら。トリンコマリーの街中は、磯の香りがムンムンする典型的な港町の雰囲気で、時間が許せば何日かゆっくりしてみたい。

今日はお天気がいいのはうれしいんだけど、あまりに暑くて夕方前には閉店のお知らせが頭の中でピーピーピーと鳴り響きましたw ゲストハウスへ戻ろう。

DSC05918_1
↑最後に、ゲストハウス近くに建つコロニアルな建物をパチリ。1907年建造のものだそうです。

さあ、明日はコロンボへ戻る日(予定)なんだけど、電車にしようかバスにしようか、朝出発しようか夜行便にしようか、まだ何も決めてないぞ!w

明日考えよ♡ではまた明日ー。

こんにちは、とも先生です。

2018夏休みの旅行は3年ぶりのスリランカへ。

ほぼリアルタイムのスリランカ旅をちょこちょこアップしていきますね。

---------------------------------------------

8月25日(土)

今日はまる一日ジャフナ観光の日。

ポヤデー(満月)で祝日のためお酒は飲めないけれど普通に観光はできるというので、ゲストハウスでスクーターを借りて朝から遠出することにしました。
P_20180825_103643_vHDR_Auto_1
↑まず最初にやって来たのは、ジャフナ市内から25kmほど離れたスリランカ海軍施設。ネイビーに用事はないんだけど、海軍の敷地内に海軍直営のレストランとオランダ要塞跡があるというので興味津々。

P_20180825_110009_vHDR_Auto_1
↑早めのランチに新鮮なイカフライをいただきましたが、ここのお料理はすべて3人前のボリューム!なんとかイカは完食したけどお腹パンパンw

P_20180825_131134_vHDR_Auto_1
↑ランチ後、さらに1時間バイクを走らせてビーチ沿いの寺院プールへ。今日もとても暑いのでドボンと飛び込みたかったのですが、水質がかなりアレなので中止w

一応聖なる泉だそうです、入浴料20円。

P_20180825_132826_vHDR_On_HP_1
↑プールには入らなかったけど寺院脇のお土産屋台でショッピング。パルミラ椰子の糖蜜から作る「ジャガリー」という黒砂糖のようなものを試食したらあり得ないほど美味しかったのでジャフナ名物お買い上げ。

最後にスリランカ最北端の「ポイントペドロ」まで行こうと思ったけど、暑いし朝からトータル100kmほどスクーターで走ったらちょいと疲れたので、一度ジャフナ市内のゲストハウスに戻りシャワー&お昼寝休憩、ふう。

P_20180825_172240_vHDR_Auto_HP
↑夕方、雲が多くなり気温が下がってきたので再び市内観光スタート。ジャフナは内戦で多くの建物がボッコボコに破壊されたらしいのですが、街中の至るところに古いコロニアル建築が残っていました。

ただ、もう倒壊寸前の建物が多かったから、お好きな方は早めに行ったほうがいいよ。

実質1日半の観光だったけど、スクーターで行きたいところだけをピンポイントでまわれたから満足満足。

明日は朝早く起きて次の街へ移動です☆





こんにちは、とも先生です。

春休みのバリ島北部2泊3日おひとりさま旅。

この日はチャーター車とツーリストバスを乗り継いでムンドゥックからサヌールへ戻るのですが、途中で少し空き時間ができたので「ウルン・ダヌ・ブラタン寺院/Ulun Danu Beratan Temple」を久しぶりに訪れてみました。バリ島中部・冷涼なブドゥグル高原のブラタン湖畔にある寺院です。

久しぶりにバリ島を観光するのも楽しいねえw
BlogPaint
↑まだ朝の8:30ですが6:00から!開いているそうです。ここで入場料(50,000ルピア=約390円)を払い寺院へ入ります。ここは特にサロン着用は義務付けられてはいません。

BlogPaint
↑高原で少しばかり標高があるのかな?日射しは朝から強いけど涼しい〜。

BlogPaint
↑敷地内はとても手入れの行き届いた公園となっており、お散歩するだけでも気持ちいい!

BlogPaint
↑とも先生が訪れた日は大きなウパチャラ(祭礼行事)があったようで、伝統衣装を着た地元の人たちがたくさん来ていました。

BlogPaint
↑湖畔の奥の方でなにやら祭礼行事があったみたいなのですが、外国人観光客はどうやら奥まで入れない模様。遠くから見させてもらいますね。

BlogPaint
↑こちらが湖に浮かぶウルン・ダヌ・ブラタン寺院。と言っても寺院の本体は陸にあり、このメル(多重塔)は寺院を構成する一部なんだそうです。午前中は日射しの関係でどうしても逆光になってしまうので、時間が許すなら午後の訪問をオススメします。

BlogPaint
↑園内の外れにはBeji(祠)があり、観光客にはほとんど知られていないパワースポットだそうです。それよりも気になるのがこのサインを持つ魚さん…強烈ですねw

BlogPaint
↑まあたしかにブドゥグル高原ではイチゴの栽培が盛んですが…イチゴのオブジェも大きすぎるとイチゴに見えないよねw

乾季の晴れた寺院見学も気持ち良いのですが、このウルン・ダヌ・ブラタン寺院のオススメは「雨季」だそうです。湖の水位が上がって美しい霧が発生するそうな。


名称: ウルン・ダヌ・ブラタン寺院/Ulun Danu Beratan Temple
場所: Danau Beratan, Candikuning, Baturiti, Tabanan, Bali
電話: +62 368 2033050
開園: 6:00-18:00
Web: http://ulundanuberatan.com/

↑このページのトップヘ