とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:企画展

こんにちは、とも先生です。

なんか最近旅行にばっかり行っててなかなかリアルタイムでブログ更新できないのですが、先月お散歩がてら行った現代美術ギャラリー「YenakArt Villa」(←なんて読むんだろう?)をご紹介しますね。ご紹介しますって勝手に書いているだけなんだけどねw
BlogPaint
↑ギャラリーは、最寄りであるMRTルンピニ駅・MRTクロントイ駅のどちらからも約1.7km!けっこうな住宅街の中に有り〼。徒歩ではちと辛い立地。

BlogPaint
↑入口の門には開館時間が書いてあるんだけど…おもいきし開館時間中なんだけど…警備員室に誰もいないよ?

BlogPaint
↑なんだか人気がまったくないけどお邪魔しまーす。

めっちゃ広い贅沢な庭!

ここでガーデンウエディングできるね!!

相手いないけど!!!

BlogPaint
↑ガラス面の大きいこの建物全体がギャラリーになっているのかな?

BlogPaint
↑お、今企画展やってるんだね。Soichiro Shimizuって名前からして日本人の作家さんだね。

BlogPaint
↑こんにちはーお邪魔しまーす♡

サワディカップ♡



Hello♡



こんにちはぁ♡



Selamat Pagi♡



誰も出てきやしねえ!

BlogPaint
↑なんだか不法侵入感満点で非常に心苦しいのですがちょこっと鑑賞させていただきます。

BlogPaint
↑天井が高くて梁も立派で、どのような形態の作品にも対応できそうな感じだね。

10分ほどお邪魔したのですが、大きな声であいさつしまくったのですが、最後までどなたも出ていらっしゃいませんでした…お昼ご飯でも買いに行ったのかな…鍵もかけずに?w

機会があればもう一度お邪魔したいギャラリーです☆


名称: YenakArt Villa Contemporary Art Gallery
場所: 69 Soi Prasat Suk, Yen Akat Road, Bangkok 10120
電話: 081-5541199
営業: 11:00-19:00(月火お休み)
URL: https://www.yenakartvilla.com/

こんにちは、とも先生です。

チュラーロンコーン大学/Chulalongkorn University。

タイに詳しくない方でも一度はその名前を聞いたことがあるかと思います。タイの最高学府とされる、タイで最古の歴史を持つ総合大学です。

そのチュラーロンコーン大学内にアートギャラリー「Chamchuri Art Gallery」があるというので、週末に行ってみました。
BlogPaint
↑BTSナショナルスタジアム駅から徒歩10-12分くらい、チュラーロンコーン大学アカデミック・テスティングセンターの建物内にアートギャラリーがあります。

BlogPaint
↑入って左が第一展示室、奥の階段を上った2階に第二展示室があります。

BlogPaint
↑現在開催中の企画展はこちら。どちらもタイの芸術系大学最高峰シラパコーン大学卒の作家さんだそうです。

BlogPaint
↑まずは2階へ。思っていたよりも広いよ。

BlogPaint
↑Sathianphong Nueangchanthuek氏の個展「The Inaugural Life」は2018年8月5日まで。

BlogPaint
↑そして1階へ。20代の女性作家さんPaphada SirisuwatさんとWanapohn TiamungKornpunさんの2人展「The Tale of Moods」は訪問した日が最終日でした。

BlogPaint
↑これ好き。

BlogPaint
↑帰り際に図録をもらっちゃいました☆

大学のサイトには展覧会情報は掲載されていないので、Facebookページから最新の情報を見つけてくださいね。入場無料だしMBKからも近いので、お買い物の合間にアート鑑賞なんていかがですか?


名称: Charmchuri Art Gallery Chulalongkorn University
場所: Chulalongkorn University Building, 8 Phayathai Road, Pathumwan, Bangkok 10330電話:
開館: 10:00-19:00(月〜金)、11:00-18:00(土日)
URL: http://www.chamchuriartgallery.chula.ac.th/
FB: https://web.facebook.com/chamchuriartgallery/

こんにちは、とも先生です。

お好きな方にはもうたまらない古い建物が残る「老街」を訪ねにやってきた中国の汕頭(スワトウ)。
廃墟レベルの古い建物が残る「老街」と再開発
http://tomosensei.net/archives/1069885054.html
思う存分写真も撮って満喫満足したのですが、まだ日没までにはしばらく時間があるなあ。特にこれといってビッとしてバッとした見所のない汕頭なので、とりあえず博物館があるという中山公園に来たよ。
BlogPaint
↑中山公園の入口。思いきり「中山」と書いてあるので間違えることはないでしょう。

BlogPaint
↑旧正月前の時期なのでお祝いのデコレーションがあちらこちらに。

BlogPaint
↑公園の中はかなり広いこともあってとても静か。お散歩にもよさそうだ。

BlogPaint
↑公園から臨む梅渓川。なんだか鄙びてて気分が落ち込みそうな空のどんより加減だけど、とも先生は大好き♡

BlogPaint
↑対岸のアパートの古さ具合なんてもう生唾もの。

BlogPaint
↑市民の憩いの場である中山公園内には遊園地もあります。

BlogPaint
↑公園内には大きな池もたくさんあるんだから!

んーと…で…博物館はどこにあるんだ?

Googlemapでは公園の中にあるんだけど…。

shantoumap01
↑散々迷った挙げ句やっと判明!博物館は公園の敷地内にあるけど、一度公園の外に出て専用の橋を渡らないと博物館へ行けないよ!みんな気をつけてね!

BlogPaint
↑1960年に開館した汕頭市立博物館は要塞レベルの大きな建物。な、なんか緊張するなあ。

BlogPaint
↑館内はこざっぱりとして無機質な空間。驚くことに入館無料という太っ腹!

BlogPaint
↑1階から4階までが展示室になっていて、各階ごとに常設展や企画展をやっていました。汕頭市立の博物館なので、基本的に汕頭に関わる歴史や文化を取り扱っています。

BlogPaint
↑こちらはチベット仏教美術展。後で気付いたんだけど、どうやら館内撮影禁止のようです…ゴメンなさい。

時間つぶしのために期待しないでふらっと立ち寄った博物館ですが、予想を遥かに上回る充実した内容で、とも先生夢中になってしまいました!w

館内のトイレも洋式でとてもキレイですし、市内観光にぜひ組み込んでいただきたい観光スポットです☆


名称: 汕頭市博物館/汕头市博物馆
場所: 汕头市金平区月眉路与韩堤路交界处
電話: 0754-88973982
開館: 9:00-17:00(月曜休館)

↑このページのトップヘ