とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:予約

こんにちは、とも先生です。

今年の夏休みは3年ぶりのスリランカ旅行へ行ってきました。

深夜の空港から明け方のコロンボ・フォート駅へ移動し、特急列車インターシティ・エクスプレスでスリランカ北部のジャフナという街を目指します。
深夜のバンダラナイケ国際空港からコロンボ市内へ
http://tomosensei.net/archives/1072212130.html
BlogPaint
↑バンダラナイケ国際空港からUberを利用してコロンボ・フォート駅に早朝5:00到着。列車は5:45発なのですが、乗車前にチケットを発券しないといけないのでちょっと急がないと💦

BlogPaint
↑予約済チケットは、一般窓口ではなく「Intercity Reservation Office」で発券してもらいます。駅を正面に見て左側。サインが出ているので深夜早朝でも分かると思いますよ。

BlogPaint
↑列車の予約番号のメモとパスポートを提示して無事にチケット発券完了!

スリランカ鉄道はオンライン予約ができないため、今回は「Visit Sri Lanka Tours」という旅行代理店に予約を依頼しました。自分で現地で買うよりもちろん割高だけど、簡単な英語だけで事前に予約ができたのでハードルめっちゃ低いよ。
Visit Sri Lanka Tours
https://www.visitsrilankatours.co.uk/train-tickets-1.html
BlogPaint
↑発券したばかりのチケットを係員さんに見せて駅構内へ。日もまだ上っていない早朝ですがすでに人がたくさん!

BlogPaint
↑駅員さんがとても親切で、列車の発車ホーム番号や乗車車両の停まるおおよその位置まで丁寧に教えてくれました。

この日は朝5:45コロンボ発、午前11:51ジャフナ到着予定のインターシティ・エクスプレスという1等列車を利用します。約400kmの区間を一路北へ向かいます。

BlogPaint
↑インターシティ・エクスプレス車内。1等車のみの全席指定列車でエアコンがほどよく効いています。

BlogPaint
↑シートは少し硬めですがリクライニングもなかなか深く快適。

BlogPaint
↑足元にもかなりゆとりがあってフットレストや折りたたみ式のテーブルを標準装備。

そして列車は定刻通りの早朝5:45にコロンボ・フォート駅を出発。

BlogPaint
↑この日はどんより雲のお天気でしたが、車窓から見える景色はのんびりそのもの。

ただ…線路が悪いのか車体が悪いのか…ガッコンガッコンと縦揺れがものすごいよwww

BlogPaint
↑途中、列車は観光地アヌラーダプラ駅に停車。まだまだ道中の半分しか来ていないよ。

BlogPaint
↑日が上り空が明るくなってきたので写真タイム。車内を少しウロウロしてみるよ。

1等車は現地の感覚ではやはり高いようで(それでも現地購入で1,200円くらい)、それなりに経済力のある人が利用するみたい。車内はとても静かで落ち着いています。

BlogPaint
↑ズンズン歩いていたら食堂車発見!せっかくだからお茶でも飲んで行こうかな。

BlogPaint
エッグサンドウィッチとミルクティー(130ルピー=約90円)。サンドウィッチは残念ながらパサパサだったけどミルクティーは美味しかった。

しばし食堂車でのーんびり。

お茶の1杯でも注文すればずっと食堂車にいてもいいみたい、ずっと空いていたし。

BlogPaint
↑もうそろそろジャフナかなーってところで「エレファント・パス駅/Elephant Pass」に停車。

なんだか変な名前の駅だけど…。

BlogPaint
↑出発してわかりました。このあたりは道幅がめっちゃ狭くて、象がやっと通れるくらいの道だからエレファント・パスって言うんだって。

列車の右側の風景も左側の風景もこんな感じ。

線路のギリギリすぐ脇が海なんです!

BlogPaint
↑そして約1時間遅れの昼過ぎ12:50、目的地であるジャフナ駅に到着。

約7時間の旅でした、疲れたけど楽しかったー!

BlogPaint
↑ジャフナ駅を出ても客引きの類いが一切いなくてなんだか拍子抜けw

ではこれから予約したゲストハウスへ向かいまーす。


こんにちは、とも先生です。

インドネシア・マルク州のバンダネイラを訪れた4月はちょうどベストシーズンで、季節運航の高速フェリー「Express Bahari 2B号」が週に2便運航していたのでアンボンへ戻る際に利用してみました。

朝9:00にバンダネイラを出航してアンボンへ午後15:00に到着する予定。
BlogPaint
↑バンダネイラにはローカルボート用の素港と大型船用の立派な港の二カ所がありますが、高速フェリーは後者の港から出航します。

BlogPaint
↑まずは港入口のチケットオフィスでフェリーチケット(415,000ルピア=約3,220円)を購入。不思議なのは同じ路線を飛ぶ飛行機の方が安いってことwww

BlogPaint
↑港事務所を突っ切って埠頭へ向かいます。

BlogPaint
↑これがフェリーのチケット。2016年用のが余っていたようです。

BlogPaint
↑こちらが今回利用する高速フェリー「エクスプレス・バハリ 2B号/Express Bahari 2B」。定員300名の中型ですね。

BlogPaint
↑船内はエコノミー座席がかなりミチミチに詰められていて、満席になることはないだろうけど満席だったら絶対に乗りたくないな。

BlogPaint
↑こちらは上部デッキにあるファーストクラスの座席。ちょっと広い程度でお値段ガン上げなのでエコノミーで十分だとみんなに言われるw

BlogPaint
↑アンボンへ移送される患者さんを船内に運ぶのに少し時間がかかり、フェリーは9:45に出航。

BlogPaint
↑バンダネイラはめためたに大好きな島でした。もう一度来たいけど、アクセスがここまで不便だと次はいつになるかなあ…。

BlogPaint
↑この日のお客さんは観光客が12名、地元の人が15名くらいでトータル30名もいない感じ。こんなんじゃ利益が出なさそうだからきっと自治体から補助金出てると思いたい。

BlogPaint
↑デッキから眺める海はどこまでも美しく青く、要するに暇。

BlogPaint
↑というわけでエアコンの効いた船内へ戻りランチランチ☆ 出航前の港で買い込んだお魚串焼きランチセット(15,000ルピア=約120円)をいただく。

BlogPaint
↑葉っぱに包まれたご飯はココナツミルクと塩がほんのり効いていて、これだけでバクバク食べられる美味しさ。

BlogPaint
↑お魚の身をほぐして、サンバル(インドネシアのチリソース)を和えていただきます!

ウマっ!!!魚が新鮮だしサンバルがこれまたウマっ!!!瞬食でしたw

BlogPaint
↑ご飯食べて本読んでうつらうつらしていると右斜め前方に島が見えてきました!あと少しだよー。

BlogPaint
↑フェリーはきっかり6時間後の午後15:45にアンボンのTulehu港に到着。埠頭には迎えの人やタクシーの運ちゃんが佃煮。

BlogPaint
↑ここでオッチャンと交渉し、タクシー(200,000ルピア=約1,550円)でアンボン市内まで送ってもらうことに。オンボロの車だと覚悟していたら拍子抜けw

BlogPaint
↑Tulehu港からアンボン市内までは約30km。45分ほどでアンボンの街が見えて来たよ。

次回はアンボンで泊まったホテルについて☆


こんにちは、とも先生です。

バンコクから飛行機に4回も乗りw今回のインドネシア旅行の最終目的地、歴史に翻弄されたスパイスアイランド「バンダネイラ/Banda Neira」にやっと到着しました。いや〜遠かったw

さて、とっても小さな島バンダネイラですが、ここにはオランダ統治時代の古いコロニアル建築を利用した宿が2軒あるとのこと。とも先生ぜひとも泊まりたくて旅行出発3ヶ月前に問い合わせメールを送ったのですが!

バンダネイラ滞在中すべてフルブッキングで空き部屋無し!!!

ガクーンと気分が落ち込みましたが…なんと偶然な幸運に恵まれたんです♡詳しくは過去の記事を読んでみてください↓↓↓
飛行機の中で偶然出会ったABBAさん
http://tomosensei.net/archives/1070163959.html
というわけで、ラッキーにもお目当てのホテル「チル・ビンタン・エステイト/Cilu Bintang Estate」に1泊できることになりました☆バンダネイラで一番設備の整った高級コロニアルホテルです。
BlogPaint
↑ホテルは島のやや南側、「Fort Nassau」という砦跡の隣りにあります。通りからホテル入口へのアプローチもステキ☆

BlogPaint
↑オランダ統治時代の古い大邸宅を改装してオープンしました。入口で靴を脱いでから中へ入る民宿スタイルなのが面白い。

BlogPaint
↑中へ入るとすぐに広いロビーがあり、フロントとソファセットがあります。

スタッフはオーナー含め全員インドネシア人なのですが、宿泊客の99.9%が欧米人観光客のためかホテル内は原則英語でのやりとりでした。とも先生がインドネシア語で話しかけても返事はすべて英語なんだもんww

でもオーナーもスタッフもみんなとても優しくて気が利いて最高のステイでした!

BlogPaint
↑こちらはお土産物屋さん。アンティークや定番Tシャツまで種類豊富だったよ。

BlogPaint
↑客室は1階に6部屋、2階にスイートが1部屋の計7部屋。こりゃ予約がすぐに埋まるわけだ。

BlogPaint
↑建物裏のダイニングで毎日の朝食とアラカルトのランチ、ブッフェディナーがいただけます。床のタイルがかわいいんだよ。

BlogPaint
↑ウエルカムドリンクはクローブがほのかに香るスパイスコーヒー。

BlogPaint
↑今回とも先生が泊まったのは1階のデラックスルーム。部屋前のテラスがとても広くて贅沢で、連泊できたらどんなに素晴らしいか…。料金などのホテル情報はページの最後に書いてありますよ。

BlogPaint
↑デラックスルーム室内。カップル向きのベッドにシングルベッドが1台あるのでファミリー利用もできますね。高い天井は開放感がありますが、エアコンが効いてくるまでちょっと時間がかかるのが難点w

BlogPaint
↑お部屋には無料のお水が2本。

BlogPaint
↑壁にはオランダ統治時代の写真や地図などがたくさん飾ってあります。

BlogPaint
↑お部屋を別の角度から。お部屋の設備は簡素で冷蔵庫やテレビはありませんが、バリ島のブティックホテルと遜色ないオサレ具合です。

BlogPaint
↑バスルームもとても清潔。バスタブはありませんがお湯はザンザカ出るしトイレの流れもバッチリ。アメニティは石けんだけなのでシャンプーや歯ブラシなどは持参しましょう。

BlogPaint
↑こちらは建物の2階。ここもステキだしのんびり本でも読みたい気分だけど、ここはVIPスイートルームのエリアなので写真だけ撮って退散しまーす。

BlogPaint
↑2階からの景色。For Nassau砦とグヌンアピ火山を臨むナイスビュー☆

BlogPaint
↑とも先生が泊まったデラックスルームもテラスからの眺めはなかなかだよ。翌日の朝食はテラスでいただきました。好みの卵料理にトースト、フルーツ、コーヒー、十分。

このホテルね!このホテルに泊まることを目的にバンダネイラに行ってもいいくらいイイよ!オススメだよ!行くのはちょっと大変だけどぜひ泊まってみてください!!!


名称: チル・ビンタン・エステイト/Cilu Bintang Estate
場所: Jl. Benteng Belgica, RT. 02, Desa Nusantara, Kec. Banda Neira
電話: 0813-30343377
WEB: http://cilubintang.com/

<ホテル料金(2018年4月現在)>
スタンダードルーム: 450,000ルピア
デラックスルーム: 550,000ルピア
VIPスイートルーム: 850,000ルピア
*税金、サービス料、朝食込み。

追加朝食: 50,000ルピア、ディナーブッフェ: 100,000ルピア、ビール大瓶: 50,000ルピア。

スパイスツアー: 200,000ルピア〜、シュノーケリングツアー: 300,000ルピア〜、クッキングクラス、その他手配も柔軟に可能。ハッタ島までの送迎: 100,000ルピア。

Webからメールで予約もできるけど3ヶ月前の問い合わせですでに満室。ただ、バンダネイラまでのアクセスが不便で飛行機やフェリーの欠航もあるため当日キャンセルも非常に多く、とりあえず直接ホテルへ行ってみて空いていたらラッキー、くらいに考えたほうがいいかも。

こんにちは、とも先生です。

4月のインドネシア旅行、生まれて初めての航空会社を利用しました☆

スシ・エア/Susi Air(寿司航空ではない)で、アンボンからバンダネイラへー。
BlogPaint
↑朝のアンボン空港。ローカル感満載なのはいいのですが、自分の乗る予定の飛行機のチェックインカウンターがまったく見当たりませんwww

BlogPaint
↑モニターには表示されているので飛ぶのは飛ぶんだろう…きっと。

BlogPaint
↑結局なにも表示されていないゴーストタウン的な暗いカウンターがスシ・エアのカウンターでしたw チェックイン後に体重測定。小さなプロペラ機でのフライトなので乗客の体重測定が必須なのです。

BlogPaint
↑どのくらいぶりだろうってくらいの久しぶりな手書き搭乗券w

BlogPaint
↑とも先生の乗るフライトは朝8時発なのですが…もう8時半やで?

BlogPaint
↑有視界飛行のプロペラ機のため、天候が安定しないと飛ばないそうです。1時間待った朝9時にやっと搭乗開始です、っていっても徒歩で空港横断的なw

BlogPaint
↑本日の飛行機は15人乗りのプロペラ機。ただ、天候不順でキャンセルが相次いだせいか、この日の乗客はとも先生を入れて5名だけでした。

BlogPaint
↑じゃじゃーん、機内。まあ狭いんですけど、乗客5名+スタッフ2名+操縦士2名の計9名だけだったのでゆったり楽チン。

BlogPaint
↑飛行機自体が小さいのでシートもアレですけど、まあ快適です。

BlogPaint
↑狭いけど、狭くてもう無理苦しい〜ってほどではなく。

BlogPaint
↑プロペラ機なので少々騒がしいですがそれでも無事に離陸。

BlogPaint
↑雨混じりの天気が残念ですがそれでも順調に飛びますです。

BlogPaint
↑写真には撮れませんでしたが、2名の操縦士は欧米系の若いお兄ちゃんでした。

BlogPaint
↑安全のしおり。

BlogPaint
↑1時間ほどでバンダネイラへの着陸態勢に入ります。

BlogPaint
↑プロペラ機なので高度が低いから景色がバッチリ☆

BlogPaint
↑ぴったり1時間後にバンダネイラ空港へ到着。

BlogPaint
↑乗客は5名だけでしたが貨物があるようなので赤字にはならないかな…w

BlogPaint
↑バンダネイラ空港。おそらく二度と利用することはないと思うマイナー空港です。

BlogPaint
↑ターミナルビルディング。右が出発ゲート、左が到着ゲートですw

BlogPaint
↑預け荷物の受け取りはここで。温かみあふれる手渡しです♡

BlogPaint
↑バンダネイラ空港のターミナルビルディング。あまりにも民家感があふれていて、え?ここが?とビックリw

さて、このままホテルへチェックインするよー。


こんにちは、とも先生です。

カンボジア南部の小さな街カンポット/Kampotのコロニアルな街並を満喫した翌日、 とも先生はロイヤル・カンボジア鉄道に乗ってプノンペンに戻ります。1泊だけでの移動は疲れるし慌ただしいからあまり好きではないんだけど、週末旅行だといろいろ楽しみたくてついつい詰め込んじゃうんだよねw

チケットはあらかじめオンライン予約して準備バッチリ。
カンボジア鉄道のチケットをオンライン予約してみたよ
http://tomosensei.net/archives/1070012577.html
というわけで、カンポット8:40発プノンペン14:00着の列車に乗車してみましたウフフ。
BlogPaint
↑8:40発の列車なので、一応ホテルを8時前に出てバイクタクシー(2ドル=約210円)に乗ってカンポット駅へやってきました。カンポット中心部から駅までは3kmちょっとあります。

BlogPaint
↑とも先生の後から続々とフランス人旅行者がやってきたのですが、彼等はみんなチケットを持っておらず、駅で直接購入するとのこと。

<カンポット発料金>
カンポット〜プノンペン区間: 7ドル
カンポット〜タケオ区間: 6ドル
カンポット〜シアヌークビル区間: 5ドル

BlogPaint
↑現在カンボジア鉄道は週4便の運行です。

最新の時刻表はロイヤル・カンボジア鉄道のサイトからどうぞ↓
http://royal-railway.com/

BlogPaint
↑シアヌークビル発の列車は、約1時間遅れの9:40にカンポット駅に到着。

BlogPaint
↑すぐに出発するから早く乗ってー!という声とともにみんないそいそと乗り込みます。ホームがないのですが乗降口には階段を設置してくれるので問題無し。

オンライン予約したチケットの引換証ですが、引換証をチケットととして問題無く乗車することができました。ただ状況によって対応が変わるかもしれないので必ず現地で確認してね。

BlogPaint
↑終点のプノンペンで撮ったカンボジア鉄道の客車、シンプルでなかなかステキだよ。

BlogPaint
↑車内はなんと横シート!!!しかも家庭用エアコン直付け!!!なかなか香ばしい車内ですがエアコンがバッチリ効いているし清潔で乗客も少なくすべて快適。

*というわけで、よほどの繁忙期以外はチケットをオンライン予約する必要ないかも…。

BlogPaint
↑お客さんを乗せた列車は9:45にカンポットを出発。のどかな田園風景の中をけっこうのんびりしたスピードで走りますw

BlogPaint
↑たまーに人家を通り過ぎるだけで本当にのんびりした車窓風景だよ。

BlogPaint
↑12:15に途中駅のタケオ駅に到着。10分だか15分だか停車するというのでとも先生途中下車。なんだかお腹空いたなあ。

BlogPaint
↑ウフフ駅弁ありました☆鶏肉やら魚やらカエルやらを焼いたもの、練り物を揚げたもの、美味しそうなものが並んでいます。

BlogPaint
↑駅弁だワーイ!鶏肉の炙り焼きとご飯(5000リエル=約130円)

「プラホック/Prahok」という、魚の塩辛風発酵調味料ペーストも付けてくれました。

鶏肉はかなり歯ごたえがあって苦戦したけど味は良くて完食ペロリーヌ。プラホックは独特の匂いがあって酸っぱ辛かったけどご飯と一緒に食べたら美味しかったよ。

BlogPaint
↑そして列車はだんだんと人家の密集したエリアに入りました。もうそろそろかなー。

BlogPaint
↑列車は14:45にプノンペン駅に到着。カンポット駅を出発してから5時間の鉄旅でした、おつかれさまー!

BlogPaint
↑プノンペン駅の構内。暗いけどアーチがステキだよ。

BlogPaint
↑1932年に建設されたプノンペン駅外観。まだ列車の本数が少なく利用客がほとんどいないことから閑散としていますが、今後はまたにぎわうのかな、楽しみだよ。

さあて、プノンペンに着いたはいいけどバンコクへ戻るフライトは夜遅くだぞ?それまでどうする?どうするー?


↑このページのトップヘ