とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:リゾート

こんにちは、とも先生です。

今年の夏休みは3年ぶりのスリランカ旅行へ行ってきました。

スリランカ北部最大の街ジャフナ滞在2日目は、バイクを借りて郊外へお出かけ。
ジャフナ郊外のハメンヒール要塞/Hammenhiel Fortへ
http://tomosensei.net/archives/1072283641.html
海沿いの眺めの良いレストランでランチしたけど…なんとここスリランカ海軍の敷地内にあるレストランで海軍の直営なんですw
BlogPaint
↑スリランカ海軍の敷地内にある「ハメンヒール・リゾート/Hammenhiel Resort」。

BlogPaint
↑レストラン内には船舶関係の古い写真や道具などが展示されています。

BlogPaint
↑この日は天気が良かったのでテラス席に案内されました。

海を見渡す最高のロケーション☆この海を隔てて60km先はもうインドなんですよ!

BlogPaint
↑メニューに写真はありませんが、英語表記なので注文は難しくないよ。

スリランカ料理の他、洋食系やシーフード料理のメニューも豊富。

BlogPaint
↑まずは冷たいパパイヤジュース(150ルピー=約110円/+10%)を。スムージーっぽくて美味しい。

BlogPaint
↑せっかく海に来たのでイカフライ(500ルピー=約350円/+10%)白ご飯(250ルピー=約180円/+10%)も注文。イカは新鮮で衣はサクサク、お味は申し分無く美味しい☆

だがしかしここは量が多いな!

写真ではちょっと分かりにくいかもしれないけど大人2-3人分の量があるよ!w

一人で利用される方は、飲物だけにするか軽いサンドウィッチくらいにしといたほうがいいかも。

BlogPaint
↑レストラン前には整備されたビーチが広がり、ハメンヒール要塞を臨むことが出来ます。

ジャフナでビーチフロントのレストランって案外ないかも。

お天気の良い日にぜひ行ってみてください!


店名: フォート・ハメンヒール・リゾート/Fort Hammenhiel Resort
場所: Fort Hammenhiel Resort, Karainagar, Jaffna, Sri Lanka
電話: +94 11 381 8215/+94 71 4533966
営業: 8:00-22:00
URL: http://www.forthammenhielresort.lk/

こんにちは、とも先生です。

備忘録振り返り旅行記インドネシア・アロール諸島編

*すべて2011年3月当時のお話ですので軽く流してください。


2011年、当時住んでいたバリ島で突然会社をクビになりまして、思わず飛行機に飛び乗ってやって来た傷心のアロール諸島。カラバヒの町で1泊した翌朝、フランス人一家が経営しているというバンガロー「La P'tite Kepa」を目指します。こんなど田舎にエスプリが住んでるんだってよ。

BlogPaint
↑カラバヒのホテルをチェックアウトして再びオジェック(バイクタクシー)にまたがり15kmほど離れた船着き場へ。ここで目の前のケパ島まで渡し船に乗ります、といってもほんの数百mなんだけどね。

BlogPaint
↑昨日の雨模様とはうって変わって今日はお天気なんだけど、海がねえ、かなりキレイだよう。

BlogPaint
↑ケパ島に到着!うん!何もない素大地!www こんなところにエスプリバンガローがあるのか?!

BlogPaint
↑なんかありました。でも人気も無いし掘建て小屋みたいだし…本当にここ?

BlogPaint
↑ここで正解ジャン!ビーチ沿いにバンガローが建ち並んでいるよ!

インドネシア語ペラペラのフランス人の奥さんを捕まえてやっとチェックイン!どうやらここはダイビングのお客さんのためのリゾートで、日中はみんなダイビングに行っちゃうから誰もいないんだって!

BlogPaint
↑とも先生は予約をしていなかったので一番安い部屋しか空いていませんでしたジャン!ここいらへんの伝統的な造りのバンガローなんだって!

これ!お部屋なんだって!ここに泊まるんだって自分!

ただの東屋じゃん

BlogPaint
↑とりあえずお部屋に入ってみるよ!うん!360度どこからでも見られちゃう!見られ好きにはたまらない興奮もののお部屋だよね!

BlogPaint
↑と、半分泣きそうになっていたらハシゴを上った屋根裏が寝室になっていましたwww

コンセントはないけど一応夜だけランプは点くし、蚊帳も付いているし、風通しはいいし、ドアがないから鍵なんてかけられないけどまあいいや!

あ!Wifiはなかったけどインドネシアの現地SIM挿していれば普通にネット通じたよ。

BlogPaint
↑1階の東屋エリアが最高に気持ちいいっす!風がねえ、ちょうど気持ちいい具合に当たるんだよ。

このお部屋で1泊3食付き250,000ルピア(=約2,000円)でしたたたしか。現在の料金はこちらで確認を。

食事はエスプリの旦那も含め毎回他のゲストと同じテーブルを囲んでワイワイと。海の幸がふんだんに出てきてどれもとても美味しかった記憶、写真無いけどw ただ、欧米人ダイバー客とずっと一緒なので普段のコミュ力が試されます。

BlogPaint
↑とも先生、一応念のためにCカードを持って来ていたので2ダイブだけお試しダイビング。魚さんのこと全然くわしくないのでなんとも説明できないんだけど、ド初心者の感想としては

潮の流れが激しすぎて楽しむどころじゃねえ!

って感じでした♡

BlogPaint
↑でも海はめためたにキレイだったよう☆

BlogPaint
↑ケパ島の周囲にビッとしてバッとしたビーチはなくてゴツゴツ岩場なんだけど、お水の透明度がかなりよろしいのでとてもよろしかったです。朝夕に散歩するだけでも癒されたよ。

とも先生は季節外れの3月に行ったから運良く飛び込みで泊まれたけど、ヨーロッパからのお客さんがわんさかやって来る夏場のピークシーズンは予約必須だそうです。ノンダイバーでも楽しめると思うよ。


名称: La P'tite Kepa
場所: Pulau Kepa, Desa Alor Kecil, Kabupaten Alor, Nusa Tenggara Timur.
電話: +62 813-3910-2403
URL: http://www.alor-diving-kepa.com/

こんにちは、とも先生です。

ランタ島4日目。ロック島国立公園テント1泊ツアーを楽しんできたとも先生。最後の1泊はランタ島で一番大きな町(といっても小さいけどw)サラダンに泊まります。

ロック島国立公園に泊まる!宿泊事情やビーチ/海について
http://tomosensei.net/archives/1068810269.html
ロック島国立公園に泊まる!展望台散策やご飯事情について
http://tomosensei.net/archives/1068810296.html
遠浅ビーチ沿いの「Saladan Beach Resort」は、こじんまりしていながらも明るく元気な、楽しい雰囲気のリゾートホテルでしたよ☆
BlogPaint
↑ホテルはサラダンのメインストリートから歩いて5分くらい。道が狭い割に交通量がけっこうあったので歩行注意。

BlogPaint
↑泊まった部屋はエアコン付きの一番安いバンガロー(部屋カテゴリー不明)。典型的な安ホテルって感じの風情で特にリゾート感はないけど清潔です。

BlogPaint
↑無駄に大きな冷蔵庫、テレビ、エアコン、扇風機、基本設備は完備。1棟2部屋タイプのバンガローなので部屋中央にドアがあり、グループ滞在であればコネクティングルームにもできますね。

BlogPaint
↑バスタブは無くシャワーのみ。タイルが白いので古さをダイレクトに感じますが、まあまあ清潔です。

BlogPaint
↑アメニティはこんな感じ。写真奥のは1回使い切りシャンプーかな?歯ブラシはないので要持参。

BlogPaint
↑部屋前のテラスにはイスと物干もあるので便利。ただ、バンガローが密集して建っているのでくつろぎ感は薄いかも。

BlogPaint
↑ビーチ沿いのプールはそんなに大きくはないけどリゾート感ばっちり。お客さんも少ないのでけっこう遊べます。プールサイドにはデッキチェアとパラソルも有り〼。

BlogPaint
↑プールサイドにはレストランとバーも。

BlogPaint
↑ホテルから5分ほど歩くとメインストリートに出ます。周辺にはレストランやスーパーなどがあるので、夕方ぶらぶらするのもいいかもね。

このホテル、フロントからお部屋の清掃からレストランから何から何まですべて女性スタッフしか見かけませんでした。もしかしたら内勤で男性が働いているのかもしれませんが、見た感じすべて女性スタッフ、しかもみなさんフレンドリーで英語もペラペラ。クラビ空港行きバスの手配やら旅行情報などすぐに提供してくれて、とても快適に楽しく滞在することができましたよ☆



名称: サラダン・ビーチリゾート/Saladan Beach Resort
場所: 166 m.1 Saladan, Koh Lanta, Krabi, Thailand 81150
電話: 075-668112
Web:

こんにちは、とも先生です。

ランタ島初日。バンコクから飛行機とバスとフェリーを乗り継ぎでやってきた初めてのランタ島!初めてなのでどこのエリアに泊まるのがいいのか全然わからないとも先生は、

1: 1泊800バーツ(約2,760円)以内。
2: エアコン、お湯シャワー、冷蔵庫有り。
3: お部屋のベランダから海が見える。

という3つの条件でホテルを絞りました。

その結果、クロンコン・ビーチ/Khlong Khong Beachにある「Lanta Darawadee Resort」にチェックイン。古いけどとても快適なホテルで大当たりでした♡

BlogPaint
↑ランタ島を南北に走るメイン道路、だけどの〜んびりしているよ。

BlogPaint
↑ホテルは海沿いにあるので、メイン道路からこの細い道を入って行きます。角にはホテルの看板があるので分かるかと。

BlogPaint
↑ホテルの入口らしくないけどここがホテルの入口w 海に向かってズンズン歩き、レストランのそばにフロントがあります。

BlogPaint
↑とも先生が予約したお部屋はデラックスシービュールーム。口コミ評価では古すぎる、汚い、なんて評価がけっこうあったけど全然そんなことないよ。ただ、お部屋の芳香剤はかなり強く効かせてあるなあw

BlogPaint
↑テレビ、冷蔵庫、作業デスク、ソファーなんかもあってめちゃ充実してるじゃん。

BlogPaint
↑バスルーム。バスタブはありませんがまあ安いホテルだしね。清潔にはしているけど古い。

BlogPaint
↑シャンプーなどのほかに歯ブラシも用意してあるよ。

BlogPaint
↑ベランダにはチェアが二脚あるけど日中は暑くてここじゃ寛げないねw

BlogPaint
↑そしてベランダから海へ目を向けると…うーみー!ヤシの木が生い茂っているのでちょっとわかりにくいのですが、お部屋からプールと広い芝生の庭を望み、その奥がすぐにビーチ!

BlogPaint
↑1泊2,000円台の安ホテルにしてはかなり上等なロケーション!プールも部屋数の割に大きくて、パラソルやデッキチェアが用意されているからゴロゴロも可!

BlogPaint
↑ホテル前のビーチ。プライベートビーチではないけどきちんと掃除しているみたいで、砂浜部分もキレイにしてます。海はキレイだけど感動レベルではないので、ビーチでビール飲みながらゴロゴロするのがいいかな。

朝食込みのプランではなかったのでホテルの朝食は試していませんがレストランは有り〼。季節によって宿泊料金が変動するものと思われますが、12月のハイシーズンでこのロケーションで1泊2,000円台というのはかなりお得だと思いますた!



Lanta Darawadee Resort
162 Moo 2, Klong Khong Beach,T.Saladan,Koh Lanta Yai
+66 870465744

こんにちは、とも先生です。

以前バンコクに住んでいた友人Sが久しぶりに長期でタイへ遊びに来ています。せっかくの再会だし話したいこともたくさんあるしで、いつもつるんでいる友人Gと3人で一泊パタヤへ行ってきました。

今回泊まったホテルは、パタヤのビーチロードに近い「ベスト・ビーチ・ヴィラ/Best Beach Villa」です。かなり古いけど、安いしコスパ的にはかなり良い中級ホテルでしたよ。

BlogPaint
↑ビーチロードからソイ5を約200m入ったところにホテルがあります。最寄りのコンビニまで約200m。

BlogPaint
↑ロビーは古臭くて時代を感じるけどそれがまたお好きな方にはたまらない。

BlogPaint
↑今回泊まったお部屋は「デラックス・シービュー」というカテゴリーのツインルームで、3人1部屋のトリプル予約のため最初からエクストラベッドがセットされています。

お部屋は公称32㎡で、狭くもなければだだっ広くもなく標準的な広さ。


BlogPaint
↑バスタブ付きのバスルーム。清潔ではあるのですが……トイレの水流が弱い!!!2.3回流さないと流れないいいいいいいいいいい!!!この部屋だけの問題なのかホテル全体的にそうなのかは不明ですがこれは困りました。

BlogPaint
↑アメニティは石けん、シャワーキャップ、コットン、シャンプー。日本人宿泊率が比較的高い中級ホテルだそうですが日本人が喜ぶ歯ブラシはありません。

BlogPaint
↑ベランダからの眺め。部屋カテゴリーは「シービュー」なのでビルとビルの間にかすかに海が見えますw

BlogPaint
↑プールは思っていたより大きくてなかなかグッドなのですが、プール脇に客室テラスがあり、常連らしきお客さんたちがデッキチェアで寛いでいることもあり、ちょっと落ち着かないため利用しませんでした。

BlogPaint
↑旅先でも運動した方向けにジムもあります。マシンは一通り揃ってましたよ。

BlogPaint
↑翌日の朝食は1階ロビー奥のレストランで。基本アメリカンブレックファスト+タイ料理各種に加えて、生野菜のサラダバーやお粥もありました。

BlogPaint
↑チャーハンにグリーンカレーかけてソーセージと目玉焼き添えて朝からモリモリいただきます。なんだか懐かしい味のものばかりです。

BlogPaint
↑ホテル前のソイ5は道幅が狭い割にけっこうな交通量で、酔っぱらってふらふら歩いているとクラクション鳴らされまくるのでご注意を。

今回3人で1部屋に泊まって朝食付きで6,000円しませんでした。この内容なら全然アリだしリピしてもいいくらい。トイレの水流の問題がなければねーw



名称: ベスト・ビーチ・ヴィラ/Best Beach Villa
場所:
電話:
Web:

↑このページのトップヘ