こんにちは、とも先生です。

2018年10月1日から日本人のミャンマー観光ビザが免除になったよー!

というわけで、先月の話しですが週末を利用してちょいとミャンマーへ行ってきました。

ヤンゴン3日目の最終日は、バンコクへ戻るフライトが夕方なので午前観光の後にミャンマーカレーランチを堪能。
ギャラリーレストラン「パンスリヤ/Pansuriya」
http://tomosensei.net/archives/1072916925.html
その後再びお散歩しながらコロニアル建築を愛でていたのですが、外は暑いしちょっとビールでも♡というわけでやって来たのは「ラングーン・ティーハウス/Rangoon Tea House」です。
BlogPaint
↑古いコロニアル建築を利用したお店はスーレー・パゴダそば、Pansodan Rd沿いにあります。

BlogPaint
↑メニューは写真無しですが、英語表記で料理の説明も書いてあるのでわかりやすいよ。

ランチタイムの過ぎた午後にお邪魔しましたが店内みっちみちの満席!なので店内写真ありません。

BlogPaint
↑まずは生ビール(大グラス)でカンパーイ☆ミャンマーのレストランはお冷やを出すのがデフォなのかな?

BlogPaint
↑よく考えたらミャンマーの有名な麺料理を食べていないことに気付いたとも先生は、さっきランチしたばかりなのに「モヒンガー」を注文。

だってまだ食べていなかったんだもの、仕方ないじゃんね。

BlogPaint
↑これはナマズのダシでとったスープに米麺や揚げ物、練り物を合わせていただくミャンマー(ビルマ)料理。このお店のモヒンガーは、ナマズを含めた計4種類の魚でダシをとっているという豪華版。

スープの中に麺やおかずを入れていただきますが、ほわんと優しい味でとも先生は大好きになりました♡

BlogPaint
↑さっきランチしたばかりなのにデザートまで食べちゃうよ。これはローズウォーターのゼリーにミルクやアイスクリームを合わせたパフェのようなデザート。ただ、これはちょっと…というレベルで甘さが控え目すぎてイマイチかなw

写真のお料理でお会計(だいたい13,000チャット=約920円)

店内はエアコンがきっちり効いているので外国人観光客だけでなく地元の人にも大人気!立地も良いので観光の合間のランチやお茶休憩にいいと思うよ!ただすっごい混んでる!


店名: ラングーン・ティーハウス/Rangoon Tea House
場所: Ground Floor, 77-79 Pansodan Rd (Lower Middle Block), Yangon
電話: +95 9 979 078681
営業: 7:00-22:00(日-木),7:00-24:00(金土)
FB: https://web.facebook.com/RangoonTeaHouse/