とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:メルギー諸島

こんにちは、とも先生です。

2017年も今日で最後、大晦日がやってきました。

今年振り返ることはたくさんあるのですが、その中でも「旅」を振り返ります。

2017年の旅
(1月)
・マレー半島縦断/ミャンマー、マレーシア、シンガポール
(2月)
・ラオス/パクセ、コン島
(3月)
・タイ国内/ホアヒン
(4月)
・インドネシア/バリ島
・トルコ/カッパドキア、パムッカレ、イスタンブール
(5月)
・シンガポール
(6月)
・日本
・タイ国内/ピーターコン祭りでルーイ
(7月)
・ラオス/サワンナケート
・タイ国内/ヤラー、パッタニー、ナラティワート
(8月)
・インドネシア/バリ島、ギリトラワンガン島
・シンガポール
(9月)
・ベトナム/ハイフォン
(10月)
・インドネシア/マラン、ブリタール、スラバヤ、スマラン
(11月)
・シンガポール
(12月)
・タイ国内/パタヤ
・タイ国内/ランタ島、ロック島
・パキスタン/カラチ、サッカル、モヘンジョダロ

一時帰国も含めたら2017年は18回旅に出かけました。

<2017年の私的ステキ旅先ランキング>
【1位】イスタンブール(トルコ)
【2位】ニャウン・ウー・ピー島(ミャンマー)
【3位】スマラン(インドネシア)
BlogPaint
↑【1位】生まれて初めてのトルコ旅行は王道のカッパドキアやパムッカレも周遊しましたが、一番楽しくて感動して感激してワクワクしたのはイスタンブール!今すぐもう一度行きたい!
とも先生のトルコ旅行
http://tomosensei.net/tag/トルコ
BlogPaint
↑【2位】友人たちと年末年始を過ごしたミャンマー・メルギー諸島のニャウン・ウー・ピー島。ここは乾季しか行くことのできないシャングリラ(桃源郷)でした♡
とも先生のミャンマー・メルギー諸島旅行
http://tomosensei.net/tag/メルギー諸島
BlogPaint
↑【
3位】インドネシアの中でも特にオランダ植民地時代のコロニアル建築が多く残っているスマラン。まるでヨーロッパのような落ち着いた街並とご飯の美味しいところでした☆
とも先生のインドネシア・スマラン旅行
http://tomosensei.net/tag/スマラン

2018年はどこに行けるかな?

みなさま、良いお年を!


こんにちは、とも先生です。

年末年始を過ごすためにやってきたミャンマー南部、メルギー諸島のひとつであるニャウン・ウー・ピー島。

いよいよ2016年も最後、大晦日の夜はリゾートのレストランでニューイヤーパーティです☆

BlogPaint
↑夕暮れのリゾート。日帰りツアーのお客さんたちが本土へ帰ると、島は宿泊ゲストだけの静かな環境になります。波の音がザザザーッと心地よく。

BlogPaint
↑このリゾートが本格的に旅行者を受け入れたのはこの年末年始が初めてだそうで、なんだか記念すべきニューイヤーパーティになりそうです

BlogPaint
↑2016年最後のディナーはいつもより豪華 海老の天ぷら、豚バラの煮込み、鶏肉とポテトのカレー、野菜炒め、ナスの冷製。特にナスが日本の焼きナスみたいで酒のアテにバッチリで大ヒット

BlogPaint
↑そしてバーベキューも食べ放題 たくさん焼き過ぎたのかジャンジャカ運んできれくれましたw

BlogPaint
↑食事が一通り終わるとレストランの照明チェンジ なんだか片田舎の安臭いゴーゴーバー的な。

BlogPaint
↑ショータイム開始 リゾートスタッフの若い男の子女の子たちがミャンマーの民族衣装に着替えていろいろな踊りを見せてくれました。なんかもうゆる〜い雰囲気でお酒がすすみますわ。

BlogPaint
↑なぜかファイヤーダンスも有り〼。しかも4人でフォーメーション組んでなんだこれから合体でもするのか?と思っていたら本当に合体

BlogPaint
↑火だって噴いちゃうんだから

BlogPaint
↑リゾート年越しお約束の花火もご用意しております。手持ちの打ち上げ花火が配布され(危なくねえのか?w)、みなさん海に向かってバンバンバンバン発射

BlogPaint
↑大きな打ち上げ花火もありましたが、タイミングがめちゃめちゃなので写真に上手く撮れず、いきなり目の前で発射されて閃光が目に閃光が目にという写真。

BlogPaint
↑最後のカウントダウンはお客さんとスタッフがもうめちゃめちゃになってダンス大会www

アジアのリゾート島ならではの、のんびりゆるゆるした、しかし温かみにあふれる楽しいニューイヤーパーティでした☆

このミャンマーツアーは、日本語ペラペラPhyo Aung Shein(シェーン)くんの手配で実現しました!ご興味のある方はどうぞ日本語で問い合わせてみてくださいね!

こんにちは、とも先生です。

年末年始を過ごすためにやってきたミャンマー南部、メルギー諸島のひとつであるニャウン・ウー・ピー島。

2016年の大晦日は、リゾート主催のスノーケリングツアーからスタートです♪


BlogPaint
↑朝食後、リゾートの専用スピードボートに乗り込んで出発です!今日は昨日に比べると波が穏やかなような…気がする。

BlogPaint
↑ニャウン・ウー・ピー島周辺には6カ所のスノーケリングポイントがあり、この日は3カ所を巡るそうです、楽しみ〜♡

BlogPaint
↑まず第一のポイントは、ニャウン・ウー・ピー島の沖合約1.5kmにあるレター島。15分ほどの船旅です。ここは島というより岩礁かな?

BlogPaint
↑このレター島ですが、外洋のためか潮がけっこう速くて、スタッフの男の子が岩礁まで泳いで行って岩にロープを括り付けてくれてこれって命綱的なw

波がけっこう高いのでボート鬼揺れ、待っている間にもうリバースしそう…うううう。


BlogPaint
↑船酔いが酷くなる前にとっとと海に入りましょう!しかし今日はかなり波がw高いww

BlogPaint
↑なんだかもう泳いでるんだか溺れてるんだかわかんなくなってきたので、このポイントは早めに撤収して第二ポイントへ向かうことになりましたw

BlogPaint
↑第二ポイントは、ニャウン・ウン・ピー島のフラワーベイ。ここは海がすっげえキレイだなおい!

BlogPaint
↑このポイントもスノーケリングを楽しむには若干潮が速かったのですが、第一ポイントよりははるかに楽しめました♪

BlogPaint
↑みんなとっても楽しそう〜。

BlogPaint
↑そして最後の第三ポイントはリゾート前のビーチでした。海中写真がねえ、友人のGoProをみんなで使い回して撮影していたのでどのポイントの写真だかわかんなくなっちゃったw でも多分リゾート前のビーチだと思います。

サンゴはわずかながら有り〼。


BlogPaint
↑透明度は抜群!

BlogPaint
↑でも透明度が抜群すぎることもなく、プランクトンさんもいるのでプランクトンさん目当てのお魚さんもかなりいて楽しかったです。

キレイな生サンゴを探すというよりも、お魚さんたちと戯れながら透明度の高い海の浮遊感そのものを楽しむ感じですかね〜。リゾート前のビーチで充分満足できました☆


このミャンマーツアーは、日本語ペラペラPhyo Aung Shein(シェーン)くんの手配で実現しました!ご興味のある方はどうぞ日本語で問い合わせてみてくださいね!

こんにちは、とも先生です。

年末年始を過ごすためにやってきたミャンマー南部、メルギー諸島のひとつであるニャウン・ウー・ピー島。

島のリゾートにはゲストが飽きないようにいくつかアクティビティが用意されており、到着した日の午後にはハイキングツアーがあるというので参加してみました!

が!ハイキングじゃなかった!めためたにキツかった!でも眺めはよかった!w

BlogPaint
↑穏やかな午後…リゾートスタッフに誘われてハイキングツアーへ…まあ小高い丘に登る程度だから余裕でしょ、ビーチサンダルでも全然OKって言ってたしね!

BlogPaint
↑リゾート敷地裏手の川にかかる橋を渡ったらスタートです。今回のアクティビティはミャンマーの団体さん入れて総勢15名以上の大所帯!

BlogPaint
↑人数が多いのでゆっくりぞろぞろ進みます。道は一応整備されていますが、うん、整備されてないような。

BlogPaint
↑あっれー?なんだか急に急な上りなんですけど!!!聞いてないんですけど!!!

日頃の運動不足云々より、普段の生活で「登る」という行為をまったくしていないので普段使わない筋肉たちが早速悲鳴を上げ始めまして心のカラータイマーがすでに緊急事態。

緊急緊急!もう登れません!呼吸ができません!

と言ったところで他のメンバーたちはどんどん先へ進んでいき…。

しかもミャンマーのおじさんが「ほーらみんなガンバ♡ 大丈夫だよ!みんな登れるよ!」なんて無駄に元気を出して記念写真撮ろうとするから

「うっせーよ!話しかけんじゃねーよ!写真撮ってねーで前見て歩けジジイ!」

と、やさぐれた気分で黙々と登り。

BlogPaint
↑そしてほとんど休憩をとらずに歩くこと約30分、ようやく展望ポイントらしき場所に到着しました。

もうこの時点で服が着衣水泳レベルでビショビショ。

でも…まだここが最終目的地ではないことを知り膝から崩れ落ちそうになりましたが、更に5分ほど頑張って歩いて…


BlogPaint
なんか辛いことがあったらここからダイブできそう!なステキな崖に到着♡

うわあステキだー!という感動はせいぜい2秒くらい、あとは水飲んでお菓子かじって休憩してすぐに下山しようぜ?w

そして下山してシャワー浴びて着替えたらベッドから動けなくなりました…w

景色はとてもよかったのですが、やはりビーチサンダルではなくきちんとシューズで参加したほうが絶対に楽しめますし安全です!w ちなみにこのアクティビティは有料でお一人様500バーツ(約1,600円)でした。まだ新しいリゾートなのでいろんなオペレーションが調整中なんだろうけど、ちょっと割高かなぁ。


このミャンマーツアーは、日本語ペラペラPhyo Aung Shein(シェーン)くんの手配で実現しました!ご興味のある方はどうぞ日本語で問い合わせてみてくださいね!

こんにちは、とも先生です。

年末年始を過ごすためにやってきたミャンマー南部、メルギー諸島のひとつであるニャウン・ウー・ピー島。リゾート前に広がるプライベートビーチ「ホワイトサンドビーチ」は、今までのビーチ人生で五本の指に入るステキビーチでした♪ ミャンマー侮れねえ

BlogPaint
↑リゾート前のビーチは年末モード!手作り感あふれるウエルカムボードが気分を盛り上げてくれます♪

BlogPaint
↑島にはリゾートが一軒あるのみなので、このビーチはすべてゲスト専用。日中は本土のコータウンから日帰りツアー客がやってきますが、激混みというレベルではなく落ち着いています。

BlogPaint
↑海に入らなくても水の透明度の高さがわかります海。

BlogPaint
↑時期的なものなのかわかりませんが、コーヒーゼリー色のかわいいクラゲたんが波打ち際にちらほらと。砂の色は薄目のベージュですが、きめが細かいので手触り足触りがとても気持ちよい〜♪

BlogPaint
↑レストランのデッキチェアに寝転がってビーチを眺めるの図。潮風が心地よく、うつらうつらしてしまいそう。

BlogPaint
↑ビーチ沿いには樹に設置したブランコなんぞもありまして、ウフフ♡アハハ♡キャッキャッ♡と言いながら追いかけっこをしたりして遊ぶことができます。

BlogPaint
↑ビーチのパノラマ写真。緩やかな弓なりのビーチはそれだけで美しいですね。

BlogPaint
↑また別に写真載せますが海中写真。透明度はかなり高いですが、これ以上透明度が上がると今度はプランクトンがいない→お魚さんもいない!ってことになるので、この以上の透明度を望んではいけません!w

ビーチを満喫したので、次回はリゾート主催のハイキングツアーをご紹介します。


このミャンマーツアーは、日本語ペラペラPhyo Aung Shein(シェーン)くんの手配で実現しました!ご興味のある方はどうぞ日本語で問い合わせてみてくださいね!

↑このページのトップヘ