とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:ボート

こんにちは、とも先生です。

インドに来てます、インド。

今朝は、ホテルの朝食をルームサービスで食べている時に「紅茶とコーヒーどっち飲む?」とスタッフの男の子に訊かれたので「紅茶ちょうだい」と確かに言ったのですが、なぜか20分後にもう一度同じ朝食が届くという軽いハプニングを味わってからの出発です。

まずはホテルそばでリキシャをつかまえ、昨日のうちに予約しておいたトリヴァンドラム9:00発のエアコンバスに乗るためバスターミナルへ。

だが!広いバスターミナルには同じようなバスが何台も並んでいて全然わかんないし、人に訊いてもみんな違う方向を自信満々に教えてくれるから頭が混乱してきてどうしよう!と、

「ミスターTOMO?」

という言葉に振り返ると、なんとバスの車掌さん的お兄さんが立っているではありませんか!お兄さんの持つ予約者リストには確かにとも先生のフルネームが!予約時に名前を訊かれたのはそのためか?!w

バスの発車時刻近くになっても来ないからターミナル内を探していたんだよ♡なんて言われてすいません好きになってもいいですか。
BlogPaint
↑というわけでバスは定刻通り朝9:00にトリヴァンドラムを出発。今日は約150km北上してアレッピー(アラップーザ)という街を目指します。ちうか車内なんだか短距離路線バスみたい…長距離なんですがw

BlogPaint
↑そして4時間半後の13:30にバスはアレッピーのバスターミナルに到着!アレッピーにはバックウォータークルーズをしに来たのであてもなくフラフラと船着き場へなんとなく行ってみたらちょうど観光客向けのクルーズが出発するって!というわけでホテルへチェックインする前に観光しちゃう!

BlogPaint
↑ケララ州の水郷地帯をゆっくりのんびり進むクルーズツアーは往復3時間の短いものだったけど、景色はステキだし風も気持ちいいしで十分満足満喫!写真のようにホテルのような豪華なお泊まりクルーズもできるんだってー。

BlogPaint
↑バックウォータークルーズ観光を楽しんでから夕方前にチェックインしたアレッピーのホテルは、昨日に引き続きコロニアル建築の邸宅を利用したステキプチホテル。古いけどもうたまらん!頭からニヤニヤ汁が出っぱなし!w

BlogPaint
↑ホテルから徒歩10分でビーチに出られるというので夕方のお散歩へ。今日は土曜日だからか地元の人でビーチはもうお祭り騒ぎ!海は汚くはないけど…って程度だったけど眺めるには十分。

BlogPaint
↑早めの夕飯は、そろそろガソリンが切れてきたのでお酒の飲めるお店を探してインドのキングフィッシャービールで乾杯ー!料理にはまったく期待していなかったんだけど、酒のアテに頼んだチキンチャーハンがかなり良い出来映えで小さな幸せを噛みしめました。

今夜は夜遊びせず、コロニアルなお部屋を隅々までウフフフ楽しみながら寝ます。

ではまた明日ー🌟



こんにちは、とも先生です。

バンコクからふらりとやって来たクラビのライレイビーチ滞在2日目。

今日は朝から天気が良いので、午前中からライレイイーストビーチ周辺をお散歩しつつ昨日行ったプラナンビーチへもう一度行ってみることにしました。

BlogPaint
↑ホテル目の前のビーチはこんなマングローブ林、ビーチじゃないじゃん!w

BlogPaint
↑プラナンビーチへ行く前に、ホテルのあるライレイイーストビーチの外れへお散歩してみます。満潮時はなかなか良い感じの風景。ただ泥地なので泳ぐにはちょっと…かな。

BlogPaint
↑外れのほうには安めのゲストハウスや写真のようなレゲエバーが佃煮のように建ち並んでいて、ここだけ違うリゾートエリアみたい。

看板に「Herb must be leagalize」なんて書いてあるよwww


BlogPaint
↑そしてバーのフードメニューには「HAPPY」の文字が。お好きな方はもうお分かりかと思いますので、ええお好きな方はどうぞ。とも先生は全く興味ありません。

BlogPaint
↑さあそろそろプラナンビーチへ向かいましょう。満潮時のライレイイーストビーチは干潮時とは天と地ほど風景が違うよw

BlogPaint
↑昨日に引き続き今日もやって来たよプラナンビーチどん!

あれ!人がめっちゃ多い!!ちょっと多すぎじゃないか!!!

そう!日中はアオナンビーチからプラナンビーチへの直通ボートがあって、みんな日帰りでここへ遊びに来るんだって!だから混雑ー!


BlogPaint
↑そして肝心のビーチ部分なんだけど!満潮時はビーチ幅が狭くなって+観光客人口過密でリラックス感ほぼ無し!w
プラナンビーチ(干潮/午後)
http://tomosensei.net/archives/1067419659.html
写真映え的には午前の満潮時がダントツだけど、ゆっくりビーチでくつろいだり海で遊ぶことを考えたら、とも先生は午後の干潮時を選ぶな!

BlogPaint
↑さあお昼にホテルをチェックアウトしたらボートに乗ってアオナンビーチへ戻ります。たった1泊だけど今回はロケハンと割り切って。次回ゆっくり来ようっと。

アオナンビーチ行きのボートはライレイウエストビーチから出発します。ウロウロしていると誰かしらから声をかけられるので、ボート代(100バーツ=約330円)を払って人数が揃うまで待機。


BlogPaint
↑15分ほど待って人数が揃ったのでアオナンビーチへ向け出発ー。

でも…なんだか急に雲行きが怪しくなってきたよ…。

BlogPaint
↑アオナンビーチへ着く頃には波が強くなってきて空もかなりヤバい感じで今にも降り出しそうだよ!

スコールが来る前に今日のホテルへ早くチェックインしちゃおー!

こんにちは、とも先生です。

先月ですが、ふとした夜に急にどこかへ行きたくなって8時間後の国内線フライトを予約してクラビへ行っちゃいましたw

直前でも飛行機の値段がメタメタに安かったこと、天気予報ではクラビのお天気が良さそうだったこと、あと今までクラビに一度も行ったことがなかったことが重なって旅欲が爆発!

さて、雨季のクラビはどんな感じでしょ。

BlogPaint
↑タイスマイル航空でクラビ空港へ到着しました。空港小さいな!

BlogPaint
↑目の前にタクシーやらシャトルバスのカウンターがあったので、とりあえずアオナンビーチまで行くことにしまーす。事前に何も調べてないしまずホテル予約してないしw

BlogPaint
↑アオナンビーチまでのシャトルバスチケット(100バーツ=約330円)

BlogPaint
↑乗り合いワゴンで人数が揃ってから出発するので、フライトの少ない時間帯はけっこう待つかもしれません。この時は15分ほどで満員になったので出発。

BlogPaint
↑クラビ空港を出発して、途中の各ホテルで他のお客さんを下ろしながら約1時間でアオナンビーチ前に到着。

BlogPaint
↑さて…ビーチに着いたはいいけど今夜の宿どうしよう、っていうかどこへ行こう?なーんも考えていなかったので、朝ご飯を食べながら計画を練ることに。

BlogPaint
↑ビーチ沿いのレストランでパッタイと揚げ春巻きをもぐもぐしながら旅行計画。

よし、ここからボートに乗ってライレイビーチというところまで行ってみよう!スマホでライレイビーチのよさげなホテルも予約完了!

朝ご飯を食べたレストランは特に美味しくもなかったので詳細省きますw


BlogPaint
↑ここでライレイビーチ行きのボートチケットが売っている、の、かな?

BlogPaint
↑ライレイビーチまでのボートチケット(100バーツ=約330円)

BlogPaint
↑で…ボート乗り場なんですが…ビーチエントリーというか…

波が高すぎてボートに乗り込めねえ!!!

とも先生はバックパックひとつだったからよかったものの、スーツケーツ抱えたおねいさんなんか思い切り転んでスーツケーツおそらく中までビタ濡れ…。

BlogPaint
↑お客さん同士で助け合ってなんとか乗船しアオナンビーチを出発。奇岩を愛でながら進みます。

BlogPaint
↑そして15分ほどでライレイビーチが見えてきました。なんでもボートでしかアクセスできないビーチだそうです、本当か?

BlogPaint
↑雨季の8月なのにこのお天気!ライレイウエストビーチに到着!

さっき予約したホテルはライレイイーストビーチって書いてあったので、まずはホテルにチェックインしまーす。

こんにちは、とも先生です。

4月の話なのですが、シンガポール在住の友人がバンコクへ遊びに来たので、週末1泊でサメット島へ行ってきました。バンコクから比較的近いし海もそこそこキレイだしで、1泊ですがのんびりできました☆

サメット島って、プーケット、サムイ、パンガン、タオ、リペなどの島に比べると知名度は低いかもしれませんが、バンコク在住者が週末に行ける近場の島リゾートとして人気なんです。

サメット島へ最後に行ったのいつだっけ?と振り返ったら、旅行者時代の15年前w あまりに久しぶりなので、今後の自分用の備忘録を含めて簡単なアクセス(行き方)を。

BlogPaint
↑サメット島(最寄りの港バンペー)へのバスは、エカマイバスターミナル(バンコク東バスターミナル)から発着しています。BTSエカマイ駅からすぐ、便利なバスターミナルです。

BlogPaint
↑バスターミナルの建物へ入ると左側にサメット島(最寄りの港バンペー)行きのバスチケットカウンターがあります。

BlogPaint
↑うちらは朝7:00発の始発チケットを買いました。座席指定制です。

バンペーまでの片道バスチケット(151バーツ=約500円/人)


BlogPaint
↑バスは9番乗り場から出発。近くには同じようなバスが並んでいますが、そんなに広いバスターミナルではないので迷うことはないと思います。

BlogPaint
↑バス車内。座席はそこそこ足元にゆとりがあって、3-4時間の移動なら特に苦痛はないかと。ただ座席間に肘置きがないので、隣りに知らない人が座るとちょっと気を使うかもしれません。

BlogPaint
↑バスはエカマイを朝7:00ぴったりに出発して、サメット島最寄りのバンペー港に到着したのが午前10:45。所要3時間45分。

BlogPaint
↑バンペー港のバスターミナルに時刻表があったのでパチリ。

【バンコク(エカマイ)→バンペー港の時刻表/2017年4月現在】
07:00, 08:00, 09:00, 11:00, 12:00, 13:00, 14:00, 16:00, 17:30, 18:30(金土日のみ)

【バンペー港→バンコク(エカマイ)の時刻表/2017年4月現在】
07:00, 09:00, 11:00, 13:00, 14:00, 16:00, 18:00

BlogPaint
↑バスターミナルを出て道路を渡ると港です。明らかに人の流れがあるので迷わないと思いますよ。

BlogPaint
↑そして港にはサメット島行きのボートチケット売り場があります。スピードボートやスローボートなど、予算や所要時間に応じて選択肢があるのでお好みで。

BlogPaint
↑うちらは別に急いでいないので安いチケットを買いました。

バンペー港〜サメット島往復ボートチケット(100バーツ=約330円/人)


BlogPaint
↑チケットを買ったら桟橋を歩いてボートへ向かいます。もうここからのんびりモード。

BlogPaint
↑しばしここでボートが出航するのを待ちます。

BlogPaint
↑さあボートが来たので順番に乗り込みます。ボートっていうかポンポン船だねw

BlogPaint
↑ボートの場所取りは早い者勝ち。うちらは偶然早めに乗れたので最上部デッキに座りました。一応、一応ライフジャケットがあるので一応着ましょう。

BlogPaint
↑ボートは午前11:30にバンペー港を出航、海風が気持ちよくてウトウトしちゃいそうだけどもう目の前に見えるのがサメット島だよ!

BlogPaint
↑お昼12:00に趣味の悪いサメット島ナダン港へ到着。30分の短い船旅です。

BlogPaint
↑さあサメット島の港を出たら人がたくさんいてどうしよう!15年ぶりだからもう何がなんだかわからないよ!

BlogPaint
↑とりあえず今夜の宿を探すためにビーチまで歩くことにしました、荷物も少ないしね。

BlogPaint
↑途中にチェックポイントがあり、国立公園入場料?みたいな名目で200バーツの徴収があります。タイ人のふりをして安くあげたり、支払いを回避できる裏技もネット上で見かけましたが、本当に国立公園の維持管理に使うのであれば喜んで払います。

国立公園入場料(200バーツ=約660円/人)

BlogPaint
↑お散歩しながら各宿をまわってお値段チェック、今夜はここに泊まろうかな。今夜泊まる宿を歩きながら探すのなんて久しぶりw

次回はサメット島で泊まったバンガロー(ゲストハウス)のことを。

こんにちは、とも先生です。

2014年12月の情報ですが、備忘録として過去の旅行をアップします。

バンコクから2泊3日で行ったタイ北部のチェンライでは、現地の日系旅行会社「Jトラベル」さんに1日ツアーをアレンジしてもらいました。
BlogPaint
翠峰茶園で茶畑を見学した後は、車でゴールデントライアングルへ。

写真手前がタイ、右上がラオス、左上がミャンマーと、河を境界に3カ国が一望できるスポットです。

日本に住んでいると絶対にお目にかかれない光景ですよね。

BlogPaint
↑みんなここで記念写撮るよねw でも看板がかなり朽ちる寸前なので寄りかからない方がいいですよ。

BlogPaint
↑近くには寺院もあり内部を見学できますが、女人禁制とのことで残念ながら入れるのは男性だけです。

BlogPaint
↑ゴールデントライアングルを見た後、オピウム(阿片)博物館へ立ち寄り、メコン川のボート乗り場へ。

BlogPaint
↑ガイドさんがいると楽チンですね〜 貸し切りボートでショートトリップへ出発風が気持ちいい〜

BlogPaint
↑しかしボートは河の中州的なところでなぜか停船。何事かと思ったらどうやらここも観光スポットの模様。

BlogPaint
↑どうやらこの中州はラオス領のドンサオ島というとこらしい。ラオス領ではあるけど、特別に出入国手続き免除という面白いところwww

BlogPaint
↑ただし島内で自由に散策できるのはこの土産物店周辺のみ。店頭には各種土産物の他に免税品的なお酒やタバコが山のように売られていました。ただ、残念ながら見た感じ本物ではないな〜との印象w

BlogPaint
↑そしてドンサオ島を後にして再びボートに乗り、夕方チェンライのバスターミナルへ到着。

約7時間の1日観光でしたが楽しかった〜

さ、ここで今夜泊まる宿のスタッフと待ち合わせなのですが…会えるかな?w

↑このページのトップヘ