とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:ホテル

こんにちは、とも先生です。

春休みの旅行でやってきたインドネシアのバンダネイラ。電波の届かないハッタ島ステイから戻ってきたとも先生は、どうしても泊まりたいもうひとつの宿へ急ぎ足で向かいました。
アルフレッド・ウォーレスが絶賛したバンダネイラの海・ハッタ島
http://tomosensei.net/archives/1070822288.html
ここバンダネイラには、オランダ植民地時代に建てられたコロニアル建築を利用した宿が二軒あって、Cilu Bintang Estateにはすでに泊まったので、今回はもうひとつの「デルフィカ1 ゲストハウス/Delfika Guesthouse」へ。
バンダネイラのコロニアルホテル「Cilu Bintang Estate」
http://tomosensei.net/archives/1070821245.html
BlogPaint
↑デルフィカ1は古い建物が建ち並ぶ中心の通り沿いにあります。

BlogPaint
↑パッと見「え?ここゲストハウス?」と気付きにくいので写真の小さな看板を目印に。英語のガイドブックには必ず載っている有名なゲストハウスなので、もし迷ったら近くの人に尋ねてみてくださいね。

BlogPaint
↑建物の中へ入るといきなりリビング。オーナーファミリーの孫らしき男の子がたまにゴロゴロしながらテレビゲームしてますが、高い天井の開放感あふれるステキ空間。

BlogPaint
↑リビングを抜けてさらに奥へ行くと、客室棟に囲まれた中庭に出ます。ここは外部からでも自由に利用できるカフェレストランになっていて、宿泊客はここで朝食もいただけます。

BlogPaint
↑お部屋は全部で7部屋かな。とも先生は築100年以上は経っているという古いお部屋にしました。入口もなんかかわいいよ。

<宿泊代金>
250,000ルピア=約1,970円 *税金、サービス料、朝食込み

<その他>
ボート手配やシュノーケリングギアのレンタルも可能。ランドリーサービスあり。ピクニック用のお弁当や、料理のわがままオーダーもできるだけ頑張るとのこと。

BlogPaint
↑室内はそれほど広くはないけど天井が高いのでまったく気にならない。ベッドシーツもタオルも清潔で問題無し。冷蔵庫はないけど、テレビとエアコン完備、無料Wifiもなかなか快適な速度でした。

BlogPaint
↑バスルームは典型的なインドネシアスタイルで、トイレは洋式ではありますけど全体的に古いね。シャワーはお湯が出ます。

BlogPaint
↑朝食はフルーツ盛り合わせorフルーツジュースに、パン、コーヒーか紅茶が付きます。シンプルだけど美味しかったよ。

実はこのデルフィカ1、なぜ数字の「1」が付いているかというと、港近くにデルフィカ2という系列のゲストハウスがあるからなんです。2の方がお値段高めながら、眺めが良くて新しくて設備が整っているそうです。ただ、古き良きコロニアルな雰囲気を楽しみながら滞在したい方は、絶対に「デルフィカ1」ですよ、間違えないでね。

久しぶりに腰を据えて長期滞在したいと思ったゲストハウスでした♡


名称: デルフィカ1 ゲストハウス/Delfika Guesthouse
場所: Banda, Kabupaten Maluku Tengah, Maluku
電話: +62 813-5572-8728/0910-21027


こんにちは、とも先生です。

春休みのインドネシア旅行。バンダネイラを出発してハッタ島という小さな島へやって来たとも先生。あいにくお天気はイマイチなんだけど、キレイな海が目の前という「ハッタ・バンガロー/Hatta Bungalow」にチェックインしました。

離島のバンガローがどんなものかご紹介しますね。
BlogPaint
↑バンガロー目の前の海はめためたにキレイなんだけどあいにくの曇り空で雨…。

BlogPaint
↑バンガロー自体はまだ新しくて清潔だったので即決。バンガロー1泊3食付き(300,000ルピア=約2,350円)

BlogPaint
↑室内は本当に何もないのw シンプルなベッドに蚊帳、あとはテーブルと椅子があるだけ。

BlogPaint
↑蚊帳もまだ新しくて穴も空いていなかったので快適ー。

BlogPaint
↑コンセントそばにテーブルがあったのでここでパソコン作業しました。

BlogPaint
↑インドネシアのコンセントはこんな形。日本のはそのまま使えないので変換アダプターが必要だよ。

ちなみに電気は毎日18:00-22:00の4時間のみ使えます。この時間内にバッテリーの充電をしないとね。

BlogPaint
↑ビーチフロントなので、お天気の日は室内もかなり明るいよ。

BlogPaint
↑バスルームはインドネシアスタイル。トイレは洋式ですが自分でお水をくんで流します。シャワーはお水だけでお湯は使えません。

BlogPaint
↑バンガローのテラス。テーブルに椅子、あと洗濯物を干すためのロープもあるよ。

BlogPaint
↑テラスにはミネラルウォーターのタンクがあって、お水、コーヒー、紅茶は好きな時に自由にいただけます。これも宿泊料金に含まれているよ。

BlogPaint
↑晴れた日のお部屋の目の前。好きな時にビーチエントリーでシュノーケリングが楽しめるの最高だったよ!

2018年4月現在、ハッタ島には6軒のバンガローやホームステイがあり、立地によって3食付きで1人250,000〜300,000ルピアでした。現在建設中の宿もいくつかあったので、今後さらに快適な滞在ができるようになるのかなあ…でも今のままがいいなあw


名称: ハッタ・バンガロー/Hatta Bungalow
場所: Pulau Hatta, Maluku, Indonesia
電話: 無し

こんにちは、とも先生です。

バンコクから飛行機に4回も乗りw今回のインドネシア旅行の最終目的地、歴史に翻弄されたスパイスアイランド「バンダネイラ/Banda Neira」にやっと到着しました。いや〜遠かったw

さて、とっても小さな島バンダネイラですが、ここにはオランダ統治時代の古いコロニアル建築を利用した宿が2軒あるとのこと。とも先生ぜひとも泊まりたくて旅行出発3ヶ月前に問い合わせメールを送ったのですが!

バンダネイラ滞在中すべてフルブッキングで空き部屋無し!!!

ガクーンと気分が落ち込みましたが…なんと偶然な幸運に恵まれたんです♡詳しくは過去の記事を読んでみてください↓↓↓
飛行機の中で偶然出会ったABBAさん
http://tomosensei.net/archives/1070163959.html
というわけで、ラッキーにもお目当てのホテル「チル・ビンタン・エステイト/Cilu Bintang Estate」に1泊できることになりました☆バンダネイラで一番設備の整った高級コロニアルホテルです。
BlogPaint
↑ホテルは島のやや南側、「Fort Nassau」という砦跡の隣りにあります。通りからホテル入口へのアプローチもステキ☆

BlogPaint
↑オランダ統治時代の古い大邸宅を改装してオープンしました。入口で靴を脱いでから中へ入る民宿スタイルなのが面白い。

BlogPaint
↑中へ入るとすぐに広いロビーがあり、フロントとソファセットがあります。

スタッフはオーナー含め全員インドネシア人なのですが、宿泊客の99.9%が欧米人観光客のためかホテル内は原則英語でのやりとりでした。とも先生がインドネシア語で話しかけても返事はすべて英語なんだもんww

でもオーナーもスタッフもみんなとても優しくて気が利いて最高のステイでした!

BlogPaint
↑こちらはお土産物屋さん。アンティークや定番Tシャツまで種類豊富だったよ。

BlogPaint
↑客室は1階に6部屋、2階にスイートが1部屋の計7部屋。こりゃ予約がすぐに埋まるわけだ。

BlogPaint
↑建物裏のダイニングで毎日の朝食とアラカルトのランチ、ブッフェディナーがいただけます。床のタイルがかわいいんだよ。

BlogPaint
↑ウエルカムドリンクはクローブがほのかに香るスパイスコーヒー。

BlogPaint
↑今回とも先生が泊まったのは1階のデラックスルーム。部屋前のテラスがとても広くて贅沢で、連泊できたらどんなに素晴らしいか…。料金などのホテル情報はページの最後に書いてありますよ。

BlogPaint
↑デラックスルーム室内。カップル向きのベッドにシングルベッドが1台あるのでファミリー利用もできますね。高い天井は開放感がありますが、エアコンが効いてくるまでちょっと時間がかかるのが難点w

BlogPaint
↑お部屋には無料のお水が2本。

BlogPaint
↑壁にはオランダ統治時代の写真や地図などがたくさん飾ってあります。

BlogPaint
↑お部屋を別の角度から。お部屋の設備は簡素で冷蔵庫やテレビはありませんが、バリ島のブティックホテルと遜色ないオサレ具合です。

BlogPaint
↑バスルームもとても清潔。バスタブはありませんがお湯はザンザカ出るしトイレの流れもバッチリ。アメニティは石けんだけなのでシャンプーや歯ブラシなどは持参しましょう。

BlogPaint
↑こちらは建物の2階。ここもステキだしのんびり本でも読みたい気分だけど、ここはVIPスイートルームのエリアなので写真だけ撮って退散しまーす。

BlogPaint
↑2階からの景色。For Nassau砦とグヌンアピ火山を臨むナイスビュー☆

BlogPaint
↑とも先生が泊まったデラックスルームもテラスからの眺めはなかなかだよ。翌日の朝食はテラスでいただきました。好みの卵料理にトースト、フルーツ、コーヒー、十分。

このホテルね!このホテルに泊まることを目的にバンダネイラに行ってもいいくらいイイよ!オススメだよ!行くのはちょっと大変だけどぜひ泊まってみてください!!!


名称: チル・ビンタン・エステイト/Cilu Bintang Estate
場所: Jl. Benteng Belgica, RT. 02, Desa Nusantara, Kec. Banda Neira
電話: 0813-30343377
WEB: http://cilubintang.com/

<ホテル料金(2018年4月現在)>
スタンダードルーム: 450,000ルピア
デラックスルーム: 550,000ルピア
VIPスイートルーム: 850,000ルピア
*税金、サービス料、朝食込み。

追加朝食: 50,000ルピア、ディナーブッフェ: 100,000ルピア、ビール大瓶: 50,000ルピア。

スパイスツアー: 200,000ルピア〜、シュノーケリングツアー: 300,000ルピア〜、クッキングクラス、その他手配も柔軟に可能。ハッタ島までの送迎: 100,000ルピア。

Webからメールで予約もできるけど3ヶ月前の問い合わせですでに満室。ただ、バンダネイラまでのアクセスが不便で飛行機やフェリーの欠航もあるため当日キャンセルも非常に多く、とりあえず直接ホテルへ行ってみて空いていたらラッキー、くらいに考えたほうがいいかも。

こんにちは、とも先生です。

4月のインドネシア旅行はスラウェシ島のマカッサルから入国し、国内線に乗り換えてマルク州の州都アンボンに夕方到着。

実は…まだここまで来ても最終目的地に辿り着いていないんですw 今夜はアンボンに1泊して、翌朝のフライトで再び移動なのです。

空港から比較的設備の整ったホテルが集まるアンボン市内までは約20km、タクシーで45分くらいの距離なのですが…なんか面倒くさいw

というわけで、空港目の前のゲストハウス「Penginapan Amydiah」に1泊しました。
BlogPaint
↑マカッサルは晴れていたのにアンボンはざんざんの大雨www 傘をさしながら空港の敷地を抜けて集落っぽいところへやってきました。

BlogPaint
↑空港の目の前には、同じようなゲストハウス、雑貨屋、食堂が軒を連ねています。

BlogPaint
↑なんか見た感じはちゃんとしていそうなここに泊まってみよう、お部屋空いているかな。

BlogPaint
↑Penginapanとはインドネシア語で「宿泊施設」という意味。ただ一般的にカジュアルなお安い宿を指します。

BlogPaint
↑イスラムおばあちゃんが一人で切り盛りするこのゲストハウスは全部で4部屋くらいかなあ。バスルーム共同のお部屋とバスルーム付きのお部屋があったので、とも先生は迷わず後者を。

エアコンは無くて扇風機のみ、窓は採光のためだけで眺めもなにもないけどまあトランジットの1泊だけだから問題無し。シンプルだけど清潔なお部屋です。

バスルーム付き個室素泊まり(150,000ルピア=約1,170円)

BlogPaint
↑バスルームは古いけど、便座やシャンプーディスペンサーだけが新品みたいにピカピカだったり中途半端感満点w あ、もちろんお湯は出ません水シャワーのみ。

BlogPaint
↑ゲストハウスの入口は寛ぎスペースになっていて、テレビを見たりタバコ吸ったり、あとおばあちゃんにお願いすればナシゴレン(炒飯)やミールブス(インスタントラーメン)を安く作ってくれます。

BlogPaint
↑マッサージ師さんも呼べるみたいだよ。

今回はトランジットの1泊だけで10時間程度の滞在だったので問題無く過ごせました。でもここに連泊は無理だよー!

空港周辺にはここと同じようなゲストハウスが何軒もあったので、どこも部屋が満室で泊まれないってことはおそらくないと思います。アンボントランジットの際にはぜひ☆


名称: Penginapan Amydiah
場所: Jl. DR. Leimena, Depan, Bandara) Patimura, Laha, Tlk. Ambon, Kota Ambon
電話: +62 812-4784-9590

こんにちは、とも先生です。

先月行ったシンガポール。いつもは郊外の友人宅にずっとお世話になるのですが、今回はなんとあのマリーナベイ・サンズ・ホテル/Marina Bay Sandsに1泊!友人夫妻のお相伴にあずからせてもらいましたラッキー♡

ここさー、カップルで泊まったら絶対に盛り上がるし、なんかいろいろと鉄板だよなーと思う舞台装置満載のホテルでしたw
BlogPaint
↑用事の後だったので、クソ暑い中徒歩でホテルへ向かいます!ww

BlogPaint
↑お部屋はー!ジャーン!40階のオーシャンビューだよう!

BlogPaint
↑ベッドにはタオルで作ったかわいい象さんとバラの花びらとウエルカムメッセージ。これだけでも結構盛り上がるよ!

BlogPaint
↑めためたに広いお部屋ではないけど、エキストラベッド入れても全然大丈夫だしとっても使いやすい!

BlogPaint
↑テレビも大きめ!

BlogPaint
↑40階からの眺めだよー!ここは高層階のオーシャンビュー指定にしないとダメだね!盛り上がらないね!

BlogPaint
↑ミニバーの中にはドリンクがみっちみちだけど、外のスーパーで買って来たドリンクを冷やすために入れ替えちゃダメだよ!ドリンクを動かしただけでセンサーが反応して自動的に料金チャージされちゃうからね!

BlogPaint
↑デスクにはマルチコネクターとUSB端子があるので充電系すごく楽々!

BlogPaint
↑お茶セットや湯沸かしポットやグラス系はすべて引き出しの中!

BlogPaint
↑お部屋の広さに比べてバスルームはかなり広めー!写真左手にトイレとシャワーブースがあるよー!

BlogPaint
↑アメニティはシンプルだけど必要十分!歯ブラシ有り〼!

BlogPaint
↑マリーナベイサンズって言ったら何と言ってもプールだ!屋上のインフィニティプール!世界各国の観光客が佃煮でかなり混雑!

BlogPaint
↑写真撮りまくりたいところだけど、残念ながら午後は逆光になっちゃうよ。できたら午前中、しかも朝方にプールへ行けば順光でバッチリ写真が撮れると思うよ!

BlogPaint
↑外枠には何重にもガードがあるので、無理矢理乗り越えてスーパーダイブしない限り下に落ちることはないから安心!w

BlogPaint
↑プールの裏手、海側にはなんとジャグジーがあるんだよ!

BlogPaint
↑そしてプールは昼よりも夜にその魅力が花開くよ!昼より若干お客さんの数が減るからゆっくり楽しめるよ!

BlogPaint
↑こんなとこでさー、耳元で囁かれたら男でもイチコロだよね!w

BlogPaint
↑お部屋まで来てお部屋でカクテルを作ってくれるサービスも!こんなの盛り上がるに決まってるじゃんね!

BlogPaint
↑ルームサービスでキャビアも頼めるよ!

BlogPaint
↑ルームサービスでドンペリもルイ・ロデレールも頼めるよ!

BlogPaint
↑ルームサービスでコンドームも頼めるよ!w

次回はぜひとも誰かを捕獲して二人で泊まりたいと思いました!


名称: マリーナベイ・サンズ/Marina Bay Sands
場所: 10 Bayfront Avenue, Singapore 018956
電話: +65 6688 8868
WEB: https://www.marinabaysands.com/

↑このページのトップヘ