とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:ホテル

こんにちは、とも先生です。

バンコクから1泊2日でやってきたタイ東部の街チャンタブリー。

川沿いのオールドタウンには古い建物を利用したホテルやゲストハウスが何軒かあるのですが、お目当ての宿はすでに満室💦 川沿いではないけど口コミ評価の高い「カセムサン・ホテル/Kasemsarn Hotel」に泊まったら本当に快適だったのでご紹介します🌟
BlogPaint
↑ホテルはけっこう交通量の多い通り沿いにあります。建物の角のカーブがステキだねえ♡

BlogPaint
↑1961年に建てられた古いホテルだそうですが、最近大規模リノベーションをしたとのことで、ガラス張りのロビーは明るくとてもさわやか。フロントのおねいさんたちも英語バッチリでスムーズにチェックインできました。写真奥にレストランがあり毎日の朝食がいただけます。

BlogPaint
↑ひとりっぷなので一番お手頃なスタンダードルーム。ベランダがなくて敷地奥に位置していますが、逆に通りの車の音が聞こえてこないので静かー。ツインルームもあるよ。

お部屋は広すぎず狭すぎずで、お値段1,000バーツ以下ということを考えると十分なクオリティかと。

BlogPaint
↑エアコンは効き目パワフル、冷蔵庫もテレビも有り〼。NHKも映るとのことだったんだけど確認はしていません。

BlogPaint
↑3階のお部屋の窓から見える外の景色は…まあ別にね…w

BlogPaint
↑冷蔵庫には無料のミネラルウォーターが2本入っていました。とも先生は1泊だけだったので、毎日補充してくれるのかどうかは未確認です。

BlogPaint
↑なにげにドライヤーがあるのうれしいよ。電話はまず使わないけど、ないよりはあったほうがいいね。

BlogPaint
↑バスルーム。バスタブはありませんが清潔で問題無し。シャワーブースの仕切りがカーテン1枚だけですごい不安だったんですけど(トイレや洗面台がびしょびしょになっちゃう)、意外にもそれほど水は飛び散りませんでしたw

BlogPaint
↑このクラスのホテルにしてはバスアメニティに力を入れていると思います。ヘチマがあるし、シャンプーはMapeedという柑橘類を使ったナチュラルシャンプー。

BlogPaint
↑建物自体は昭和チックな感じでそれはそれでステキなのですが、キレイに改装されてさらに気持ちの良い空間になってるよ。2階と3階部分が客室で1階は駐車場。

BlogPaint
↑ところどころにこのような寛ぎスペースも設けられています、日中は暑いけどw

観光にとても便利な立地だしめっちゃ気に入りました!1泊3,000円程度とリーズナブルなのでぜひ!


名称: カセムサン・ホテル/Kasemsarn Hotel
場所: 98/1 Benchamarachutit, Wat Mai District, Mueang Chanthaburi, Chanthaburi 22000 Thailand
電話: 039-311100
URL: http://www.hotelkasemsarn.com/en/

こんにちは、とも先生です。

乾季に入った12月のさわやかなタイ。国内線航空券がめためたに安かったので、数年ぶりに北部タイ(チェンマイ&ランパーン)を2泊3日で一人旅してきました🌟

今回予約したランパーンのホテルは「ピン・ホテル/Pin Hotel」。カーコンターというナイトマーケットそばにあるとても立地の良いビジネスホテルだったよ。
BlogPaint
↑Agodaで予約して1泊2,000円もしなかったのにけっこう立派なビジネスホテルって感じ。

BlogPaint
↑フロントもけっこう立派なビジネスホテルって感じ(繰り返し)。入口に24時間誰かしら男性スタッフがいるので安心です。

BlogPaint
↑今回は一番安いスタンダードルームを予約したんだけど、なかなか広いお部屋で全然OK🌟これだけ余裕があったら床でスーツケース広げ放題だねw

BlogPaint
↑3階のベランダから見えるお外。古そうな木造建築がポツポツ見えるよ。あ、とも先生は吸いませんが、ベランダに備え付けの灰皿がありましたよ。

BlogPaint
↑ベランダ側から見たお部屋。テレビ、大きめの冷蔵庫、エアコンの基本セット完備。PC作業ができそうなテーブルもあります。

BlogPaint
↑バスルームは…けっこう年季入ってるなあw 清潔にはしてるだろうけど古いw バスアメニティは、壁に備え付けのシャンプーとボディソープのみ。

BlogPaint
↑朝食は1階のレストランでいただきます。なんかこういう昭和感あふれる雰囲気好き🌟

BlogPaint
↑メニューは、白ご飯、お粥、タイ風のおかずが2品、ウインナー、目玉焼き、サラダって感じで特にテンションあがるような感じではないけど、まあ値段を考えたら十分でしょ。

ランパーンには雰囲気の良さげな木造家屋スタイルの宿がいくつかあったのですが、どこもちょっと郊外だったので今回は中心部のビジネスホテルに泊まりました。個性はないけど…まあいいよね。


名称: ピン・ホテル/Pin Hotel
場所: Suandok Rd, Tambon Suan Dok, Amphoe Mueang Lampang, Chang Wat Lampang 52100
電話: 054-221509
FB: https://web.facebook.com/Pinhotel8/

こんにちは、とも先生です。

乾季に入った12月のさわやかなタイ。国内線航空券がめためたに安かったので、数年ぶりに北部タイ(チェンマイ&ランパーン)を2泊3日で一人旅してきました🌟

今回予約したチェンマイのホテルは「ルーンルアン・ホテル/RoongRuang Hotel」。ターペー門そばにあるとても立地の良いホテルだったよ。
BlogPaint
↑ホテルはターペー門からわずか50mほど、ターペー通り沿いにあるのでわかりやすいよ。

BlogPaint
↑1階フロントロビーにはカフェも併設。最近新しく改装したみたいでとてもキレイ。

BlogPaint
↑予約したお部屋はスーペリアルーム。結構年季が入っているけどとても清潔だよ。ただ、室内に3cmくらいの段差があって、とも先生は1晩で3回つまずきましたwww気をつけてね。

BlogPaint
↑テレビ、冷蔵庫、エアコン完備で、基本的なホテルとしてはもう十分だよ。

BlogPaint
↑バスアメニティは使い切りシャンプーと石けんのみ。あとは湯沸かしポットにコーヒー紅茶セットが用意されています。

BlogPaint
↑バスルーム。シャワーだけだけど湯量も温度も問題無し。トイレとの仕切りがカーテン1枚だけなのがちょっと嫌かも。

BlogPaint
↑朝食は1階のカフェでいただけます。オムレツ+パンの洋風セットやタイ風セットなど4.5種類あり、とも先生は豚肉団子のお粥を注文。朝からお腹いっぱいになりましたw

うーん…ホテルの建物はかなり古いのですが、とにかく立地が良いのとあと安い!とも先生は事前に予約して行きましたが、当日ウォークインでも1泊500バーツからお部屋があるそうです。一人旅ならリピ有りかなあ。


名称: ルーン・ルアン・ホテル/Roong Ruang Hotel
場所: 398 Thapae Rd, Chang Mai 50300
電話: 053-234746
URL: http://www.roongruang.com/

こんにちは、とも先生です。

先々週の話しなんですが、念願の「スリンの象祭り」へ行ってきました!

これは毎年11月にタイ東北部スリン県で開催される象さんのお祭りで、タイ全土から200頭以上の象さんたちが集まり、華々しいパレードやショーが繰り広げられるもの。

ここでは、スリンで泊まったホテル「マニールート・ホテル・スリン/Maneerote Hotel Surin」をご紹介しますね。
BlogPaint
↑けっこう近代的な建物のマニールート・ホテルは、スリン駅から約1.3km、象祭りのメイン会場まで約2.4kmの距離の市内中心部にあります。

BlogPaint
↑シンプルなホテルロビーには、象祭りのパンフレットなどが置かれお祭りムードがほんのりと出ています、ほんのりと。

年に一度の祭りなんだからもうちっと盛り上げて行こうよ!!!w

BlogPaint
↑今回は直前の予約ということもあって一番安いスタンダードルームのツインは満室。というわけでVIPルームというひとつ上のカテゴリーのツインにしました。お部屋は公称35㎡でなかなか広々。

BlogPaint
↑バスルームは清潔ですが、シャワールームがカーテン1枚だけで区切られているので、シャワーを浴びるとバスルーム全体がビタビタに濡れてしまいます…これは残念。

BlogPaint
↑チェックイン時にもらった封筒の中には、スリンの象祭りのパンフレット、朝食券、ホテルカードが入っていました。

BlogPaint
↑6階の部屋からの眺め。高層建築のないスリンの街なので、遠くまで見渡すことが出来ます。

BlogPaint
↑朝食はホテル1階奥のレストランでいただきます。ブッフェスタイルで朝6:30-10:00。

BlogPaint
↑朝食にはまったく期待していなかったのですが、タイ風料理、洋風料理が何品か並び、1,2泊の滞在なら文句の無い内容でした。特に朝からお肉料理がモリモリ並んでいたのがお好きな方にはうれしいね。

象祭り期間中の滞在だったので普段の3倍の宿泊料金でしたが、なかなか快適に過ごすことができましたよ。ただ…年に一度の街をあげてのお祭りであるにも関わらず、ホテルのスタッフさんたちがお祭りの情報をほとんど知らなかったことはとても残念です…w


名称: マニールート・ホテル・スリン/Maneerote Hotel Surin
場所: 11/1 Soi potungko Krungsrinai Rd., Muang Surin Thailand 32000
電話: 044-514569
URL: http://www.maneerotehotel.com/

こんにちは、とも先生です。

友人が来春から1年間の世界一周旅行を計画しているようで、話しを聞くたびにホーッと羨望のため息が出てしまいます。1年間の旅行となると仕事を辞めないと行けないわけで、でも今パソコンとネット回線があれば世界のどこでもお仕事できて収入を得ている人たちも多いわけで、ああもうなんだかいろいろと深く考えてしまいますねw

さて今回は…バンコクの旧市街とでも言っていいのかな?以前から気になっていたジャルンクルン通りのゲストハウスにお泊まりしたのでご紹介します。1920年に建てられた古いショップハウスを利用した「オールドタウン・ホステル/Oldtown Hostel」です。
BlogPaint
↑ミントグリーンと壁面のアートが印象的な建物。

BlogPaint
↑入口はカフェになっていて、店内でもお外でもいただけます。

BlogPaint
↑中へ入るとすぐ目の前がフロント、そして右手がこのようなカフェ&ネットスペースになっています。

BlogPaint
↑カフェスペースを通り過ぎると客室への階段が。ボードには各種旅行情報やイベント情報などが掲示されているよ。

BlogPaint
↑館内へのドアは、チェックイン時にもらうカードキーをかざさないと開かないシステム。

BlogPaint
↑階段を上って2階以上がお部屋です。なんだか学生寮みたいだよ。

BlogPaint
↑ドミトリーのお部屋がメインですが、今回とも先生はダブルベッドの個室を予約しました。バスルーム共同で、テレビも冷蔵庫もないシンプルな部屋だけど清潔で文句無し。

BlogPaint
↑無料のお水は毎日もらえるようです。

BlogPaint
↑共同のバスルームは当然ですが男女別です。

BlogPaint
↑左側が洗面台、右手前がシャワールーム、右奥がトイレ。キレイなのですが、故障中のものがいくつかありました。

最寄り駅の国鉄(MRT)フアランポーン駅から約900mなので、のんびり歩いて15分ってとこかな。中華街へも徒歩圏なので、このエリアの雰囲気が好きならぜひ!ドミトリーのお値段もかなり安いです!


名称: オールドタウン・ホステル/Oldtown Hostel
場所: 1048 Chareonkrung Rd., Bangrak, Bangrak, Bangkok 10500
電話: 02-6394879
URL: http://www.oldtownhostelbkk.com


↑このページのトップヘ