とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:ホテル

こんにちは、とも先生です。

タイの4連休を利用して3泊4日の弾丸ツアーでやってきたインドネシアのスマトラ島。

ツアー最後の滞在地であるパダンのお宿は、パダン市内最古のホテルで、市の文化遺産にも指定されているコロニアルホテル「ホテル・パダン/Hotel Padang」です。
BlogPaint
↑パダン市内のビジネスエリアに位置しておりとても静かな環境。本館のエントランスが往年の風格を感じさせます。

BlogPaint
↑本館フロントの裏手はゲストの共用スペースとなっており、ここでおしゃべりしたりお茶を飲んだりと贅沢な空間。

BlogPaint
↑本館の脇のコリドールも雰囲気満点で写真バチバチ撮りまくりw

BlogPaint
↑重厚な本館の廊下を奥へ進んで行くと

BlogPaint
↑裏手の離れの建物が客室棟です。手入れされた庭もステキ。

BlogPaint
↑今回とも先生はデラックスルームに泊まりました。お部屋はきれいにリノベーションされとても快適。少し狭めかな?とも思いますが、大きな窓から差し込む光が気分を明るくしてくれます。

BlogPaint
↑ベッド側から見た室内。エアコンの効きも良くて汗かきとも先生うれしいw

BlogPaint
↑冷蔵庫と湯沸かしポットも完備。

BlogPaint
↑バスルームもとてもキレイで、もしかしたらリノベーションしたばかりなのかな?シャワーのお湯はドバドバで温度も十分。

BlogPaint
↑アメニティは歯ブラシのみですが、シャワーブースに備え付けのシャンプーとボディソープがありました。

BlogPaint
↑部屋の前は広いテラスになっています。インドネシアの古いホテルはこのようにゆったりした造りなのがうれしいんです。

BlogPaint
↑本館と客室棟の間にあるレストランでは、毎日の朝食のほか、アラカルトでランチやディナーもいただけます。冷蔵庫に冷えたビールも入っていたのでお好きな方はどうぞ(パダンではお酒を売っているお店が少ないからね)。

BlogPaint
↑ホテルの朝食は完全インドネシアご飯。種類は多くありませんが、ココナツミルクで炊いたほんのり甘いご飯、ビーフン炒め、野菜炒め、揚げ卵のチリソースなど、なかなか美味しかったですよ。

古いホテルなのでそれほど期待していなかったのですが、お部屋はキレイでとても快適でした。ビジネスエリアに位置しているため周辺にお店が少ないのが唯一の難点(ホテル最寄りのコンビニまで500m)ですが、Gojekなどのアプリを使えばバイクタクシーで簡単に移動できますし問題無いかな。オススメです☆


名称: ホテル・パダン/Hotel Padang
場所: Jl. Bgd. Aziz Chan No.28, Sawahan, Padang Tim., Kota Padang, Sumatera Barat
電話: +62 751 31383
URL: https://www.hotelpadang.com/

こんにちは、とも先生です。

タイの4連休を利用してやってきたインドネシア・スマトラ島。

オランダ植民地時代から開発された炭坑の町が暫定世界遺産になっている西スマトラ州のサワルントに到着したとも先生は、あるひとつのことに気付きました。

この小さな町には宿泊施設がほとんど無いwww

実はサワルントのことを下調べしていた際に歴史あるコロニアルホテルが1軒あることを知り、そこへ1泊しようと思っていたんですよ。でもホテル予約サイトでの取り扱いがなかったので当日ウォークインで飛び込んだら「満室です♡」って…w

ホテルの人に相談したら、サワルントの町にはホテルが2軒しかないこと、もう1軒のホテルもコロニアルホテルだということを教えてもらいました。

今回泊まった「Parai City Garden Hotel」は週末料金でちょいと割高感はあったけど、まあ外国人観光客でも不満のない滞在ができるホテルでした。
BlogPaint
↑ホテルのレストラン棟は、1915年に建てられた、近所の病院に勤める欧米人医師の住居だった建物。

BlogPaint
↑アーチがステキ♡ここで毎日の朝食がいただけますしアラカルトでランチとディナーも注文可。

BlogPaint
↑この趣のあるレストランの中を通って奥へ行くと…

BlogPaint
↑レストランの裏手が新しく建てられた客室棟になっています。

BlogPaint
↑今回とも先生が泊まったのはデラックスルーム。本当はもっと安いカテゴリーのお部屋があったのですが、気付いたのは支払いを済ませてからでした…w

BlogPaint
↑お部屋はこざっぱりとしていてシンプルで飾り気無し。テレビ、作業デスク、エアコンなど完備ですが冷蔵庫は無し。

BlogPaint
↑お部屋でコーヒーや紅茶が作れますよ。

BlogPaint
↑バスルームはちょいと狭めで古いのですがまあ1泊だしいいでしょう、という感じ。シャワーのお湯はドバドバ出ました。

BlogPaint
↑お部屋のバルコニーからの眺め。建物が丘の斜面にあるのでほんのり町ビューが楽しめます。

BlogPaint
↑ブッフェスタイルの朝食はインドネシアご飯。野菜のかき揚げ風、ライスケーキの野菜カレーがけ、野菜ビーフン炒め、目玉焼き、豆せんべいと完全ベジタリアンだったよ。それにコーヒー、紅茶、フルーツがありました。

ホテルの数が少ないのでもう選択の余地がないのですが、まあサワルントに1泊する時はここだったらハズレはないかと思います。車だとけっこうな回り道になるんだけど、ホテル専用の階段を降りて行けばほんの200mほど歩くだけで町の中心部へ行けるのすごい便利。


名称: パライ・シティ・ガーデン・ホテル/Parai City Garden Hotel
場所: Jalan Baginda Aziskan, Pasar, Lembah Segar, Kota Sawah Lunto, Sumatera Barat
電話: +62 754 62888
FB: https://web.facebook.com/paraisawahlunto/

こんにちは、とも先生です。

タイの4連休を利用してやってきたインドネシア・スマトラ島。

バンコクからまず最初に訪れたのは北スマトラ州の州都メダン。

オランダ領東インド時代の19世紀後半から開発されたメダンには、当時からのコロニアル建築がまだ多く残っています。今回泊まったホテル「グランド・インナ・メダン/Grand Inna Medan」も、もともとオランダ人実業家によって1898年に開業したHotel de Boerが始まりで、その後Dharma Deli hotelと名を変え現在のインナ・ホテルに至っています。

実はとも先生、17年前の2001年にDharma Deli hotelに泊まったことがあるんですw 17年ぶりの滞在だ。
BlogPaint
↑ホテルはメダン駅から約400m。距離的にはとても近いのですが交通量の多い道路をスーツケース転がして横断するのは至難の技w 写真左手はビルディング棟。

BlogPaint
↑そしてこちらが1898年に建てられた本館です。

BlogPaint
↑客室はビルディング棟ですが、チェックインは本館で行います。本館ロビーがステキー☆

BlogPaint
↑客室。通りとは逆側の2階のお部屋です。シンプルなビジネスホテル風だけど広い!

BlogPaint
↑お水は1日2本まで無料。湯沸かしポットもあるのでお部屋でお茶飲めます。

BlogPaint
↑バスルームはシャワーのみですがまあ必要十分。

BlogPaint
↑バスアメニティはこんな感じ。歯ブラシもちゃんとあるよ。

BlogPaint
↑部屋が広い割にテレビは小さめw 残念なのはお部屋に冷蔵庫が無い…。

BlogPaint
↑2階からの眺め。以前はビルディング棟の他にむっちゃ古いコロニアル棟やプールがあったんだけどな…どうやら取り壊しちゃったのかな…2001年の時点でかなりボロかったしねw それよりも17年前の記憶が曖昧ww

BlogPaint
↑ホテルのレストラン。朝食もここでいただけるようですが、とも先生は早朝出発のため食べられませんでした(涙)。

お部屋はかなり古いです。ただ立地はとても良くどこへ行くにも便利なので、観光や出張で1泊2泊する分には使いやすいホテルだと思いますよ。料金もかなりお手頃だしね。


名称: グランド・インナ・メダン/Grand Inna Medan
場所: Jl. Balaikota No.2, Kesawan, Medan Bar., Kota Medan, Sumatera Utara
電話: +62 813-6101-7996
URL: http://www.hotelindonesiagroup.co.id/


こんにちは、とも先生です。

備忘録振り返り旅行記インドネシア・アロール諸島編

*すべて2011年3月当時のお話ですので軽く流してください。


2011年、当時住んでいたバリ島で突然会社をクビになりまして、思わず飛行機に飛び乗ってやって来た傷心のアロール諸島。カラバヒの町で1泊した翌朝、フランス人一家が経営しているというバンガロー「La P'tite Kepa」を目指します。こんなど田舎にエスプリが住んでるんだってよ。

BlogPaint
↑カラバヒのホテルをチェックアウトして再びオジェック(バイクタクシー)にまたがり15kmほど離れた船着き場へ。ここで目の前のケパ島まで渡し船に乗ります、といってもほんの数百mなんだけどね。

BlogPaint
↑昨日の雨模様とはうって変わって今日はお天気なんだけど、海がねえ、かなりキレイだよう。

BlogPaint
↑ケパ島に到着!うん!何もない素大地!www こんなところにエスプリバンガローがあるのか?!

BlogPaint
↑なんかありました。でも人気も無いし掘建て小屋みたいだし…本当にここ?

BlogPaint
↑ここで正解ジャン!ビーチ沿いにバンガローが建ち並んでいるよ!

インドネシア語ペラペラのフランス人の奥さんを捕まえてやっとチェックイン!どうやらここはダイビングのお客さんのためのリゾートで、日中はみんなダイビングに行っちゃうから誰もいないんだって!

BlogPaint
↑とも先生は予約をしていなかったので一番安い部屋しか空いていませんでしたジャン!ここいらへんの伝統的な造りのバンガローなんだって!

これ!お部屋なんだって!ここに泊まるんだって自分!

ただの東屋じゃん

BlogPaint
↑とりあえずお部屋に入ってみるよ!うん!360度どこからでも見られちゃう!見られ好きにはたまらない興奮もののお部屋だよね!

BlogPaint
↑と、半分泣きそうになっていたらハシゴを上った屋根裏が寝室になっていましたwww

コンセントはないけど一応夜だけランプは点くし、蚊帳も付いているし、風通しはいいし、ドアがないから鍵なんてかけられないけどまあいいや!

あ!Wifiはなかったけどインドネシアの現地SIM挿していれば普通にネット通じたよ。

BlogPaint
↑1階の東屋エリアが最高に気持ちいいっす!風がねえ、ちょうど気持ちいい具合に当たるんだよ。

このお部屋で1泊3食付き250,000ルピア(=約2,000円)でしたたたしか。現在の料金はこちらで確認を。

食事はエスプリの旦那も含め毎回他のゲストと同じテーブルを囲んでワイワイと。海の幸がふんだんに出てきてどれもとても美味しかった記憶、写真無いけどw ただ、欧米人ダイバー客とずっと一緒なので普段のコミュ力が試されます。

BlogPaint
↑とも先生、一応念のためにCカードを持って来ていたので2ダイブだけお試しダイビング。魚さんのこと全然くわしくないのでなんとも説明できないんだけど、ド初心者の感想としては

潮の流れが激しすぎて楽しむどころじゃねえ!

って感じでした♡

BlogPaint
↑でも海はめためたにキレイだったよう☆

BlogPaint
↑ケパ島の周囲にビッとしてバッとしたビーチはなくてゴツゴツ岩場なんだけど、お水の透明度がかなりよろしいのでとてもよろしかったです。朝夕に散歩するだけでも癒されたよ。

とも先生は季節外れの3月に行ったから運良く飛び込みで泊まれたけど、ヨーロッパからのお客さんがわんさかやって来る夏場のピークシーズンは予約必須だそうです。ノンダイバーでも楽しめると思うよ。


名称: La P'tite Kepa
場所: Pulau Kepa, Desa Alor Kecil, Kabupaten Alor, Nusa Tenggara Timur.
電話: +62 813-3910-2403
URL: http://www.alor-diving-kepa.com/

こんにちは、とも先生です。

ちょいと前の5月の話しになりますが、ある日ハイボール晩酌をしながらスカイスキャナーを流し検索していたら、週末のプーケット激安往復チケットを発見!数日後の出発でしたがすっごく安かったので思わずポチリ購入。1泊2日でプーケットへ行ってきました。

おひとりさまだし、たった1泊だし、雨季だし、ということで、今回はビーチステイではなく「タウンステイ」。古い街並が残るプーケットタウンのゲストハウス「The RomManee Classic Guesthouse」に泊まってみました。
BlogPaint
↑プーケットタウンの中でも古い街並が多く残るエリアにあるため、散策にとても便利な立地。

BlogPaint
↑古いショップハウスを改装したロビーには当時の古い写真なども飾られています。

BlogPaint
↑ロビーの隣りにはオサレな雑貨屋さん。外からちょこっとのぞいただけですがカワイイものがたくさんありそうな予感。

BlogPaint
↑お部屋へは、フロントを抜けて建物裏のバックヤードを通り階段を上っていきます。土足厳禁なのでここで靴を脱いでくださいね。

BlogPaint
↑今回とも先生が泊まったのは一番お手頃なスタンダードルーム。最上階の4階にあるけどエレベーターなんてないからねw 部屋ごとに眺望や間取りやインテリアが全然違うので、こだわりがある人は事前に調べてリクエストしたほうがいいよ。

BlogPaint
↑洗面台はバスルームではなく部屋の中にあります。ドライヤーも完備。

BlogPaint
↑ゲストハウスだけどバスアメニティも基本セット有り〼。

BlogPaint
↑バスルームはシンプルだけど熱いお湯がザンザン出るので快適☆写真には写っていないけどトイレも新しくてとても清潔でした。

BlogPaint
↑お水は1日2本無料。木の床のゲストハウスなので館内禁煙です。

BlogPaint
↑階段の途中にはゲスト共用の冷蔵庫があり、飲物やフルーツを冷やしておくこともできますよ。要するに各部屋には冷蔵庫が無いってこと。

ゲストハウスの人もとても親切で快適に過ごすことができました。エレベーターがないこと以外に特に不満は何もなかったです。コロニアル的な、クラシック的な雰囲気がお好きな方はぜひどうぞ☆


名称: The RomManee Classic Guesthouse
場所: 83000 Amphoe Muang Phuket, Phuket, Thailand
電話: 089 728 9871
FB: https://web.facebook.com/TheRomManeeClassic/

↑このページのトップヘ