とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:ホテル

こんにちは、とも先生です。

乾季に入った12月のさわやかなタイ。国内線航空券がめためたに安かったので、数年ぶりに北部タイ(チェンマイ&ランパーン)を2泊3日で一人旅してきました🌟

今回予約したチェンマイのホテルは「ルーンルアン・ホテル/RoongRuang Hotel」。ターペー門そばにあるとても立地の良いホテルだったよ。
BlogPaint
↑ホテルはターペー門からわずか50mほど、ターペー通り沿いにあるのでわかりやすいよ。

BlogPaint
↑1階フロントロビーにはカフェも併設。最近新しく改装したみたいでとてもキレイ。

BlogPaint
↑予約したお部屋はスーペリアルーム。結構年季が入っているけどとても清潔だよ。ただ、室内に3cmくらいの段差があって、とも先生は1晩で3回つまずきましたwww気をつけてね。

BlogPaint
↑テレビ、冷蔵庫、エアコン完備で、基本的なホテルとしてはもう十分だよ。

BlogPaint
↑バスアメニティは使い切りシャンプーと石けんのみ。あとは湯沸かしポットにコーヒー紅茶セットが用意されています。

BlogPaint
↑バスルーム。シャワーだけだけど湯量も温度も問題無し。トイレとの仕切りがカーテン1枚だけなのがちょっと嫌かも。

BlogPaint
↑朝食は1階のカフェでいただけます。オムレツ+パンの洋風セットやタイ風セットなど4.5種類あり、とも先生は豚肉団子のお粥を注文。朝からお腹いっぱいになりましたw

うーん…ホテルの建物はかなり古いのですが、とにかく立地が良いのとあと安い!とも先生は事前に予約して行きましたが、当日ウォークインでも1泊500バーツからお部屋があるそうです。一人旅ならリピ有りかなあ。


名称: ルーン・ルアン・ホテル/Roong Ruang Hotel
場所: 398 Thapae Rd, Chang Mai 50300
電話: 053-234746
URL: http://www.roongruang.com/

こんにちは、とも先生です。

先々週の話しなんですが、念願の「スリンの象祭り」へ行ってきました!

これは毎年11月にタイ東北部スリン県で開催される象さんのお祭りで、タイ全土から200頭以上の象さんたちが集まり、華々しいパレードやショーが繰り広げられるもの。

ここでは、スリンで泊まったホテル「マニールート・ホテル・スリン/Maneerote Hotel Surin」をご紹介しますね。
BlogPaint
↑けっこう近代的な建物のマニールート・ホテルは、スリン駅から約1.3km、象祭りのメイン会場まで約2.4kmの距離の市内中心部にあります。

BlogPaint
↑シンプルなホテルロビーには、象祭りのパンフレットなどが置かれお祭りムードがほんのりと出ています、ほんのりと。

年に一度の祭りなんだからもうちっと盛り上げて行こうよ!!!w

BlogPaint
↑今回は直前の予約ということもあって一番安いスタンダードルームのツインは満室。というわけでVIPルームというひとつ上のカテゴリーのツインにしました。お部屋は公称35㎡でなかなか広々。

BlogPaint
↑バスルームは清潔ですが、シャワールームがカーテン1枚だけで区切られているので、シャワーを浴びるとバスルーム全体がビタビタに濡れてしまいます…これは残念。

BlogPaint
↑チェックイン時にもらった封筒の中には、スリンの象祭りのパンフレット、朝食券、ホテルカードが入っていました。

BlogPaint
↑6階の部屋からの眺め。高層建築のないスリンの街なので、遠くまで見渡すことが出来ます。

BlogPaint
↑朝食はホテル1階奥のレストランでいただきます。ブッフェスタイルで朝6:30-10:00。

BlogPaint
↑朝食にはまったく期待していなかったのですが、タイ風料理、洋風料理が何品か並び、1,2泊の滞在なら文句の無い内容でした。特に朝からお肉料理がモリモリ並んでいたのがお好きな方にはうれしいね。

象祭り期間中の滞在だったので普段の3倍の宿泊料金でしたが、なかなか快適に過ごすことができましたよ。ただ…年に一度の街をあげてのお祭りであるにも関わらず、ホテルのスタッフさんたちがお祭りの情報をほとんど知らなかったことはとても残念です…w


名称: マニールート・ホテル・スリン/Maneerote Hotel Surin
場所: 11/1 Soi potungko Krungsrinai Rd., Muang Surin Thailand 32000
電話: 044-514569
URL: http://www.maneerotehotel.com/

こんにちは、とも先生です。

友人が来春から1年間の世界一周旅行を計画しているようで、話しを聞くたびにホーッと羨望のため息が出てしまいます。1年間の旅行となると仕事を辞めないと行けないわけで、でも今パソコンとネット回線があれば世界のどこでもお仕事できて収入を得ている人たちも多いわけで、ああもうなんだかいろいろと深く考えてしまいますねw

さて今回は…バンコクの旧市街とでも言っていいのかな?以前から気になっていたジャルンクルン通りのゲストハウスにお泊まりしたのでご紹介します。1920年に建てられた古いショップハウスを利用した「オールドタウン・ホステル/Oldtown Hostel」です。
BlogPaint
↑ミントグリーンと壁面のアートが印象的な建物。

BlogPaint
↑入口はカフェになっていて、店内でもお外でもいただけます。

BlogPaint
↑中へ入るとすぐ目の前がフロント、そして右手がこのようなカフェ&ネットスペースになっています。

BlogPaint
↑カフェスペースを通り過ぎると客室への階段が。ボードには各種旅行情報やイベント情報などが掲示されているよ。

BlogPaint
↑館内へのドアは、チェックイン時にもらうカードキーをかざさないと開かないシステム。

BlogPaint
↑階段を上って2階以上がお部屋です。なんだか学生寮みたいだよ。

BlogPaint
↑ドミトリーのお部屋がメインですが、今回とも先生はダブルベッドの個室を予約しました。バスルーム共同で、テレビも冷蔵庫もないシンプルな部屋だけど清潔で文句無し。

BlogPaint
↑無料のお水は毎日もらえるようです。

BlogPaint
↑共同のバスルームは当然ですが男女別です。

BlogPaint
↑左側が洗面台、右手前がシャワールーム、右奥がトイレ。キレイなのですが、故障中のものがいくつかありました。

最寄り駅の国鉄(MRT)フアランポーン駅から約900mなので、のんびり歩いて15分ってとこかな。中華街へも徒歩圏なので、このエリアの雰囲気が好きならぜひ!ドミトリーのお値段もかなり安いです!


名称: オールドタウン・ホステル/Oldtown Hostel
場所: 1048 Chareonkrung Rd., Bangrak, Bangrak, Bangkok 10500
電話: 02-6394879
URL: http://www.oldtownhostelbkk.com


こんにちは、とも先生です。

2018年10月1日から日本人のミャンマー観光ビザが免除になったよー!

というわけで、先月の話しですが週末を利用してちょいとミャンマーへ行ってきました。

ヤンゴン空港から新しいシャトルバスで市内のスーレーパゴダ近くに到着したら、少し歩いて予約したゲストハウスへ。
空港からヤンゴン市内へのアクセスはめっちゃ簡単で格安だった!
http://tomosensei.net/archives/1072856203.html
ヤンゴン市内には、イギリス植民地時代に建てられたコロニアル建築を利用したホテルやゲストハウスがいくつかあり、とも先生が今回泊まった「501 Merchant B&B」もそのひとつ。快適で安くてとっても満足でしたよー☆
BlogPaint
↑ゲストハウスはスーレーパゴダから約800m、徒歩10分ちょっとのめっちゃ便利な場所にあります。

BlogPaint
↑築100年以上の古いショップハウスを改装して、2016年にゲストハウスとしてオープンしました。

BlogPaint
↑入口。まずはここで靴を脱いで2階へ。

BlogPaint
↑階段を上った2階以上がゲストハウスになっています。フロントでは英語が通じ、ウエルカムドリンクまでいただきました。

BlogPaint
↑ゲストの共用リビングスペース。大きな窓とアーチがとてもステキで、ここでゆっくりお茶飲んだり読書したいなあ。

BlogPaint
↑とも先生が今回泊まったお部屋は一応個室なのですが、コンパクトなお部屋にベッドがあるだけでwトイレやシャワーは共用のものを利用します。

狭いけどとても清潔でエアコンもキンキンに効きます。

BlogPaint
↑写真左側の3階部分は男女別のドミトリーになっています。お値段がとても安いので若いお客さんが多かったです。

BlogPaint
↑こちらはバスルーム。トイレとシャワーが一緒になっていますが清潔なので特に気になりません。シャワーのお湯の量も温度もバッチリで文句無し。シャンプーは備え付けのものがありました。

BlogPaint
↑洗面所にはドライヤーもあってハンドソープもあってかなり充実。

BlogPaint
↑ここは毎日の朝食をいただいたりお茶するスペース。

BlogPaint
↑宿泊代金に含まれる朝食はメニューを選ぶことはできませんが、誰かがテーブルに着くたびにオバちゃんがその都度作ってくれるので出来立てのものがいただけます。

BlogPaint
↑ゲストハウスから見た目の前の通り。交通量がかなり多いのと、歴史的建造物で騒音対策ができていないことから、外からの音がかなり建物の中に入ってきます。

とも先生はそんなに気にならずに熟睡できたけど、気になる人は耳栓を持参するといいよ。

スタッフの人たちは優しくて気が利くし、立地は良いし、雰囲気のあるステキな宿だし、安いしで、かなりおすすめのゲストハウスですよー☆


名称: 501 Merchant Bed & Breakfast
場所: No.(501) Merchant Road, Corner of 39th St & Merchant Road,, 8th Ward, Kyauktada Township,, Yangon 11182
電話: +95 1 385 260

こんにちは、とも先生です。

今年の夏休みは3年ぶりのスリランカ旅行へ行ってきました。

ジャフナ→トリンコマリー→コロンボと巡り、旅の最後を飾るのは空港からほど近いニゴンボ。

ニゴンボには植民地時代に立てられたコロニアル建物や教会がたくさん残っているのですが、ここに古い建物を利用したゲストハウス「ハミルトン・ハウス/Hamilton House」を見つけたので1泊してみました。
BlogPaint
↑ニゴンボのバスターミナルからてくてく歩いてゲストハウスへ向かいます。にぎやかな町並みだけど飲食店が少ないなあ…ご飯どこで食べよう。

BlogPaint
↑途中でゲストハウスの看板を見つけたのでAsarappa Roadへ入ります。

BlogPaint
↑この細い道を数十メートル歩くと。

BlogPaint
↑右手にゲストハウスの入口があります。Googlemapだとちょっと分かりにくいのでご参考に。

BlogPaint
↑突き当たりが運河。右手の建物がオーナー住居、左手が客室棟のようです。

BlogPaint
↑とも先生はエアコンとバスルームの付いたシングルルームに1泊します。

とっても古い建物ですが改装してあってキレイにしています。

BlogPaint
↑無料のミネラルウォーターは1.5Lのデカいのがドカン!暑いスリランカでこれはうれしいね。

BlogPaint
↑過剰配置のコンセントw 残念ながらスリランカ式の3つ穴タイプなので変換アダプターが必要です。

BlogPaint
↑バスルーム。コンクリート打ちっぱなしは好きな人と嫌いな人に分かれますが清潔にしてあるよ。

BlogPaint
↑部屋のドアの鍵!いったいいつの時代のもの!

BlogPaint
↑宿泊客が利用できる共用スペース。テレビやソファの他、ポットやコーヒー紅茶が用意されているのでセルフでいつでもお茶が飲めます。

BlogPaint
↑客室棟入口の寛ぎスペース。壁に飾ってある肖像画の人物がこの建物の所有者だそうです。なんでもお医者さんの邸宅だったそうな。

BlogPaint
↑運河沿いになぜか門が?!昔は運河が交通の要だったから、運河から出入りしていたみたいだね。

BlogPaint
↑今でも漁師さんの大切な通り道となっているオランダ運河/Dutch Canal。運河ビューのゲストハウスも面白いね。

宿泊代金に朝食が含まれていない場合は別途5ドル。オーナーは日本へ何回も訪れている羽振りの良いビジネスマンで、このゲストハウスは道楽で経営しているみたいw 良くも悪くもゆるふわーって感じなので、リクエストがある場合はきっちりとね。

ビーチ沿いではありませんが、どこへ行くにも立地が良いのでなかなかおすすめ☆


名称: ハミルトン・ハウス/Hamilton House
場所: No.02 Asarappa Road, Negombo
電話: +94 77 788 8484
FB: https://web.facebook.com/Hamilton-House-Negombo-704573199690966/

↑このページのトップヘ