とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:プーケット

こんにちは、とも先生です。

タイの菜食週間/Vegetarian Festival 2018が今日から始まりましたね!

これは、プーケットやタイ南部地域の中国寺院を中心にタイ全土で行われる菜食週間で、10日間肉類を摂取せず菜食だけで過ごし心身を清めるというもの。期間中は肉類のほか、飲酒や性行為も禁じられるなどいろいろとルールがありますが、バンコクの場合は「年に一度だしみんなやってるしベジタリアンでなんだかヘルシー♡」みたいな軽いノリなんじゃないかなw

とも先生はぶっちゃけベジタリアンフードにはまったく関心がないのですが、この菜食週間の食べ物がいったいどういうものなのか少しだけ気になったので、スーパーのお惣菜コーナーでいくつか買って実食してみました!

タイ菜食週間/Thailand Vegetarian Festival
2018年10月9日〜17日
BlogPaint
↑スーパーマーケットのお惣菜コーナー。菜食週間コーナーには「齋(ジェー)」という黄色い旗やシールが目印に付けられます。

BlogPaint
↑インスタントヌードルコーナーにも、野菜ダシのベジタリアンヌードルが期間限定でお目見え。

BlogPaint
↑というわけでスーパーの菜食週間コーナーでベジタリアンフードをいくつか買ってみました。

BlogPaint
↑まずは無難そうな揚げ物から。これは厚揚げと…揚げ春巻き?

うん、厚揚げは厚揚げそのまんま。そして小さな揚げ春巻きの中にはほんのり甘いタロイモペーストが入っていました。付けダレが砂糖たっぷりでかなり甘いので醤油でいただきました。

BlogPaint
↑揚げ物パート2はトウモロコシのかき揚げボールみたいなの。

うん、見たまんまの味。ただ粉がほとんどでトウモロコシが少ししか入っていないからかなりボリューミー。炭水化物と油をたっぷり摂取できます☆

BlogPaint
↑こちらはお肉の代わりに厚揚げを使ったグリーンカレー。

これは…これは…カレー汁の上に1cmくらい油の層があって、カレーというよりカレー味の油汁w

お肉を使わない分、物足りないコクや旨味を油で補う作戦のようです。

ちょっと完食できませんでしたw

BlogPaint
↑最後にビジュアルが一番まともな焼きそばをいただきます。

ウン!これが一番まともに食べられるかも!w

野菜だけではなくお肉の代わりのソヤミート(大豆たんぱくで作る肉代用食品)も入っていて美味しい☆

ただこれもほとんど麺で、しかも麺がくっつかないようにかなりの油使用率。

【実食結果】
菜食週間は、炭水化物と油と砂糖たっぷりで身体に良くないと思いました!
お家でブロッコリーを茹でて食べましょう!w


こんにちは、とも先生です。

お好きな人は大好きな機内食

タイ・スマイル航空のエコノミークラスでプーケットからバンコク(スワンナプーム)へ〜


<2018年5月>
BlogPaint
↑プーケットからバンコクへ戻りまーす。空港で見かけた「河北航空」…初めて見たよ。

BlogPaint
↑帰りは、とも先生の好きな日没前のアンニュイな時間帯のフライト。

BlogPaint
↑機内食(スナック)はけっこうデカい食欲減退系色wのサンドウィッチ2切れとお水です。

BlogPaint
↑紫芋でも練り込んであるのかな?薄紫パンの中は、チキンミートソースとマッシュルームホワイトソース。このままでも美味しいけど、温めてくれたらもっと美味しかろうなあ。


こんにちは、とも先生です。

雨季始めの5月にふらりと行ってきたプーケット1泊2日。

今回は「雨季、おひとりさま、たった1泊」ということで、ビーチエリアではなくプーケット県庁所在地のプーケットタウン/Phuket Townに滞在してみました。
オールドタウンのコロニアルなゲストハウス「RomManee Classic Guesthouse」
http://tomosensei.net/archives/1071402456.html
かつて錫の産出と貿易で栄えたプーケットには、周辺地域から影響を受けた古いコロニアル建築(この表現が適切かどうかはさておき)が多く残っているということで、これはもうお散歩するしかないでしょ!
BlogPaint
↑到着初日はあいにくの雨模様…。写真左の建物は、1914年に建てられた「プロムテープ時計塔」。数年前にキレイに塗り直されてテーマパークっぽくなりましたがw 右の古い建物は現在プラナカン博物館として利用されています。

BlogPaint
↑プーケットタウンのホンダショップの建物もかなり古いなあ。Google翻訳使ってショップの人に尋ねたらめちゃくちゃ古いらしいけど、もしかして昔は2階部分もあったんじゃね?と思わせるどっしりとした造り。柱がとてもステキだよ。

BlogPaint
「プーケット郵便切手博物館」は1932年に建てられたプーケット初の郵便局の建物を利用したもの。ザンザン振りの雨で訪問が遅い時間になってしまったため残念ながらすでに本日の営業終了…。

BlogPaint
↑ちょっとした路地の奥にも洋館がひっそり建っていたりプーケットタウンすげえ!

BlogPaint
↑2日目は朝からお天気なのでモリモリお散歩!オールドタウンエリアはすべて徒歩で観光できるのがうれしいよ。

BlogPaint
↑古いショップハウスもキレイに塗り直されて、絶好の写真スポットとして各国からの旅行者に大人気。

BlogPaint
↑交差点の角にある古い建物…この角の丸いところに住んでみたいと思った人はとも先生だけではないはずw

BlogPaint
↑これは「Thai Hua Museum」という博物館。1911年に建てられた中国語学校の校舎を利用しています。館内も欧中折衷コロニアルみたいでなかなか雰囲気良し。

まだまだたくさんのコロニアルがあったのですが、数が多すぎてここには載せきれないやw

別にプーケットタウンに泊まらなくてもプーケットの各ビーチから半日日帰りでサクッと行けますが、古い建物を利用したステキプチホテルも何軒かあるので1泊してみても楽しいと思うよ!
Thai Hua Museum

Read more at: http://www.phuket.com/attractions/phuket-thai-hua-museum.htm?cid=ch:OTH:001
Thai Hua Museum on Krabi Road is one of the best looking and well-maintained Sino-Portuguese buildings in Phuket. This recently renovated building was at one stage a Chinese-language school. These days it is used as a museum, exhibition space and an occasional function hall. In 2008, the Thai Hua Museum was given an award in the category of constitutional and public buildings by the Siam Architect Association under the King’s patronage for its outstanding role in conserving architectural arts.

Read more at: http://www.phuket.com/attractions/phuket-thai-hua-museum.htm?cid=ch:OTH:001
Thai Hua Museum on Krabi Road is one of the best looking and well-maintained Sino-Portuguese buildings in Phuket. This recently renovated building was at one stage a Chinese-language school. These days it is used as a museum, exhibition space and an occasional function hall. In 2008, the Thai Hua Museum was given an award in the category of constitutional and public buildings by the Siam Architect Association under the King’s patronage for its outstanding role in conserving architectural arts.

Read more at: http://www.phuket.com/attractions/phuket-thai-hua-museum.htm?cid=ch:OTH:001



こんにちは、とも先生です。

雨季始めの5月にふらり1泊でやってきたプーケット。

古い街並の残るプーケットタウンをたっぷり散策して、遅めのランチを麺料理で有名なMee Ton Poeで食べようとお店へ向かったのですが…ランチタイムとっくに終わった午後3時過ぎなのにまだ激混み!!!

とも先生あまり並んだり待ったりするのが得意ではないので…とにかくお腹が空いていたので何も考えずに隣りのお店「Som Chit Hokkien Noodle Soup」に入りました。したら!ここが!美味しかった!w
BlogPaint
↑お店はMee Ton Poeを正面に見て左隣、赤い看板の間口の狭い小さなお店です。

BlogPaint
↑軒先の看板。看板の写真が…料理番組?出演?ここもけっこうな有名店なのかな?

BlogPaint
↑他にお客さんがいなかったからか、通り沿いの人目の付くテーブルに無理やり座らされましたw ちょうど暑かったから別にいいんだけどね。

BlogPaint
↑まずはロッゼーラジュース(19バーツ=約60円)で乾杯〜。ほどよい酸味で疲れが吹き飛ぶ〜!

BlogPaint
↑これが福建風ヌードルスープ/Hokkien Noodle Soup(大盛りで70バーツ=約240円)。とも先生は重度の猫舌なので、ドライ(麺とスープ別々)を注文しました。

BlogPaint
↑具は、海老ワンタン、ゆで海老、練り物など。昔ながらのレシピで調理しているとのことで、新鮮な発見!というより懐かしい優しみ!みたいな美味しさ。海老ダシのスープも美味しいよう。

跡継ぎらしき若いお兄ちゃんは英語が話せるし、英語メニューもあったので入店ハードルは高くないです。ホテルに朝食が付いていない時、散策中ちょいと小腹が減った時なんかにいいかもね、ぜひー☆


店名: Som Chit Hokkien Noodle Soup
場所: Phuket Road, Talat Yai, Phuket
電話: 081-6937705
営業: 8:00-17:00

こんにちは、とも先生です。

ちょいと前の5月の話しになりますが、ある日ハイボール晩酌をしながらスカイスキャナーを流し検索していたら、週末のプーケット激安往復チケットを発見!数日後の出発でしたがすっごく安かったので思わずポチリ購入。1泊2日でプーケットへ行ってきました。

おひとりさまだし、たった1泊だし、雨季だし、ということで、今回はビーチステイではなく「タウンステイ」。古い街並が残るプーケットタウンのゲストハウス「The RomManee Classic Guesthouse」に泊まってみました。
BlogPaint
↑プーケットタウンの中でも古い街並が多く残るエリアにあるため、散策にとても便利な立地。

BlogPaint
↑古いショップハウスを改装したロビーには当時の古い写真なども飾られています。

BlogPaint
↑ロビーの隣りにはオサレな雑貨屋さん。外からちょこっとのぞいただけですがカワイイものがたくさんありそうな予感。

BlogPaint
↑お部屋へは、フロントを抜けて建物裏のバックヤードを通り階段を上っていきます。土足厳禁なのでここで靴を脱いでくださいね。

BlogPaint
↑今回とも先生が泊まったのは一番お手頃なスタンダードルーム。最上階の4階にあるけどエレベーターなんてないからねw 部屋ごとに眺望や間取りやインテリアが全然違うので、こだわりがある人は事前に調べてリクエストしたほうがいいよ。

BlogPaint
↑洗面台はバスルームではなく部屋の中にあります。ドライヤーも完備。

BlogPaint
↑ゲストハウスだけどバスアメニティも基本セット有り〼。

BlogPaint
↑バスルームはシンプルだけど熱いお湯がザンザン出るので快適☆写真には写っていないけどトイレも新しくてとても清潔でした。

BlogPaint
↑お水は1日2本無料。木の床のゲストハウスなので館内禁煙です。

BlogPaint
↑階段の途中にはゲスト共用の冷蔵庫があり、飲物やフルーツを冷やしておくこともできますよ。要するに各部屋には冷蔵庫が無いってこと。

ゲストハウスの人もとても親切で快適に過ごすことができました。エレベーターがないこと以外に特に不満は何もなかったです。コロニアル的な、クラシック的な雰囲気がお好きな方はぜひどうぞ☆


名称: The RomManee Classic Guesthouse
場所: 83000 Amphoe Muang Phuket, Phuket, Thailand
電話: 089 728 9871
FB: https://web.facebook.com/TheRomManeeClassic/

↑このページのトップヘ