とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:フィリピン航空

こんにちは、とも先生です。

お好きな人は大好きな機内食

フィリピン航空のエコノミークラスでマニラからバンコク(スワンナプーム)へ〜

<2018年12月>
BlogPaint
↑一時帰国を終えてマニラ乗り継ぎでバンコクへ戻ります。フィリピン航空のマニラ乗り換えはとても簡単でスムーズだね!

BlogPaint
↑バンコク行きの夜のフライトはエアバスA320-100。ビジネスクラスもこんな感じでこじんまりと。

BlogPaint
↑エコノミークラスのシートは175cmのとも先生でも全然OK。広くはないけどね、3-4時間なら大丈夫。

BlogPaint
↑機内食は時間的に夕食が出ました。

・牛肉のニンニク胡椒炒め的なもの、野菜、ご飯
・カニカマ入りコールスロー
・パン、バター
・チョコレート、ドライマンゴー
・赤ワイン、水

思っていたより全然充実の内容🌟お肉も柔らかいし全体的に美味しかったよ。

BlogPaint
↑そして眠らない街バンコクへ到着ー。

こんにちは、とも先生です。

お好きな人は大好きな機内食

フィリピン航空のエコノミークラスで東京(成田)からマニラへ〜

<2018年12月>
BlogPaint
↑一時帰国を終えてバンコクへ戻ります。まずはフィリピン航空でマニラまで飛ぶよ。

BlogPaint
↑成田午後便の機材はエアバスA320-100。ビジネスクラスとエコノミークラスの間にある茶色いシートは「プレミアムエコノミー」で、若干足元が広いそうな。

BlogPaint
↑とも先生はエコノミークラスですが、隣りの席に誰も来なかったのでゆったりー🌟

BlogPaint
↑今回初めて乗ったフィリピン航空。エコノミーの足元がめっちゃ狭いという口コミを多数見かけたのでビビっていたのですが…全然OKです。広くはないけど狭いというほどでもないよ。ちなみにとも先生175cm。

BlogPaint
↑機内食は洋風と和風があったので和風をお願いしたら幕の内弁当スタイルで出てきたよ。面白いけど容器がつるつる滑るので、飛行機が揺れているときは常に手で押さえないといけなくてこれは大変だw

・がんもどきと肉団子の煮物、甘い煮豆
・照り焼きチキン、野菜、ご飯
・サラダ、胡麻ドレッシング
・フルーツ、小倉クリームケーキ
・白ワイン、水

全然期待してなかったけどけっこう充実の内容だね。美味しく完食しました🌟


こんにちは、とも先生です。

みなさん、フィリピン行ったことありますー?

とも先生は4年前に初めてフィリピンのボラカイ島へ行って、そのホワイトサンドビーチの美しさと海の透明度とお酒の安さにうっとりしてうっとりしっぱなしでした。

flag01

今回は、旅行のお話ではなく飛行機のお話。

現在、バンコクからフィリピンへのフライトは首都のマニラだけなので、他の都市へはマニラから国内線を利用しなければなりません。だがしかし!12月2日からフィリピン航空がバンコク〜セブ島に直行便を就航するそうです☆

PR739 BKK0130 – 0615CEB 321 水金日
PR738 CEB2125 – 0010+1BKK 321 火木土 

2014年3月までこの路線にはセブパシフィック航空が就航していたので、直行便は3年9ヶ月ぶりとなります。

週3便ですが、バンコクを深夜出発&深夜戻りなので、短期間でもたっぷり遊べそう。
cebubeach01

セブ島といえば、英語留学で訪れる日本人も増えている安定のリゾート地。

タイと同じくこれから乾季のベストシーズンを迎えるセブ島、ちょっとバンコク発で年末年始の料金を調べてみました(2017年10月12日現在)。

pricepr01
↑12月29日(金)出発が片道4,600バーツ。

pricepr02
↑2018年1月2日(火)のバンコク行きが片道3,900バーツ。

pricepr03
↑年末年始(12/29-1/2)の5日間の日程でエコノミークラス往復8,500バーツ!

これって直行便ということを考えたらかなりお得プライスだと思います。バンコクからフィリピン往復って普段なかなかいいお値段するものね。

気になった方はフィリピン航空のウエブサイトで料金チェック!
https://www.philippineairlines.com/ja-jp/jp/home/



↑このページのトップヘ