とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:フアランポーン駅

こんにちは、とも先生です。

先々週の話しなんですが、念願の「スリンの象祭り」へ行ってきました!

これは毎年11月にタイ東北部スリン県で開催される象さんのお祭りで、タイ全土から200頭以上の象さんたちが集まり、華々しいパレードやショーが繰り広げられるもの。

今年2018年はなぜかお祭り2週間前でもホテルや列車に空きがあったので、急遽友人たちを誘い総勢5名で旅を楽しんできました。まずは寝台列車に乗ってバンコクからスリンへ向かいまーす♡
BlogPaint
↑金曜日の夜、仕事を終えたメンバーたちと国鉄フアランポーン駅前のレストランで待ち合わせ。駅舎のライトアップがとてもキレイだよ。

BlogPaint
↑今回利用する寝台列車は20:30発のウボンラチャタニ行きです。とも先生はヨーロピアンな雰囲気のこの駅舎が好きなんだ。

BlogPaint
↑乗車。ラッキーにも新型車両だったので車内はピカピカでとってもキレイ☆ちなみにバンコクからスリンまでの寝台列車料金は、オンライン予約で下段ベッド(899バーツ=約3,070円)、上段ベッド(799バーツ=約2,730円)。

BlogPaint
↑列車は定刻にフアランポーン駅を出発し、しばらくすると係員が個々の乗客の希望時間に応じてベッドメイキングをしてくれます。でもまだ20:30じゃ興奮して眠れないよねー。

BlogPaint
↑というわけで機内食ならぬ車内食をオーダーしてみました。係員さんがメニューを持ってきてくれたので、とも先生はディナーセット(210バーツ=約720円)をオーダー。カレーと炒め物のおかず2品にご飯、スープ、フルーツまで付いてボリューム満点!味もマイルドで外国人旅行者にも食べやすい味付けでした☆

BlogPaint
↑おしゃべりしながらご飯を食べて、眠る前にベッドメイキングをしてもらいました。ベッドは成人男性でもゆったりくつろげる長さと幅で、枕元にコンセントとライトが付いているのもうれしい配慮。

〜そして寝台列車はスリンへ向けて走る走る〜

BlogPaint
↑まだまだ眠い超早朝の4:10にほぼ定刻でスリン駅に到着。スリンが終点ではないので乗り過ごさないよう注意が必要ですが、係員さんが乗客の降車駅を事前に確認してモーニングコールをしてくれるのは素晴らしいサービスです。

BlogPaint
↑さすが象祭りで有名なスリンの駅だけあってカワイイ象さんがお出迎え。

BlogPaint
↑駅を出ると外はまだ真っ暗w 駅前で待機しているトゥクトゥクに分乗してホテルへ向かいまーす。

次回はスリンで泊まったホテルをご紹介しますね。



こんにちは、とも先生です。

先日、友人から「ねえねえ、ヤワラートに古い中国家屋があるらしいんだけど、興味があったら一緒に行かない?」とお誘いを受けました。送られてきたリンクをたどり写真を見ると、とも先生好みの朽ちる寸前のお好きな方にはたまらない建物でもうこれは行くしかないでしょ!

というわけで、友人親子と3人で週末にお出かけしてきたよ。

築230年以上と言われる福建スタイルの商家「So Heng Tai」は、一風変わった古民家カフェでした☆
20181103_210749_0001
BlogPaint
↑国鉄&MRTフアランポーン駅から約900m、のんびりぷらぷらお散歩しながらで徒歩15-20分くらいかな。

えー?!こんな細い路地を入っていくの?ってところを入っていきますが、Googlemapを見ながら行けば迷わずに一発でたどり着けます。

BlogPaint
↑ここが入口。ザ・中国スタイルって感じですよね。タイ人や中国系の観光客に人気の穴場スポットらしく、みんな入口をバックに記念写真を撮っていました。

BlogPaint
↑赤い門をくぐり中へ入ると、目の前に飛び込んできたのはプール?!中庭にプールがあるんですけど!

BlogPaint
↑実はここ、オーナーの趣味で中庭にダイビングプールがあるんですw しかもここでオープンウォーターライセンス取得に必要なプール講習を受けることもできます。

歴史的建造物の中国古民家とダイビングプール…なんだか不思議な空間です。

BlogPaint
↑ここは入場無料となっていますが、1人1つ以上飲物などを注文してください。

BlogPaint
↑建物の入口で靴を脱いで中へ入ります。きちんと維持管理している感じはないのですが、逆に朽ち果てそうなギリギリの雰囲気がたまらない!

BlogPaint
↑プールを取り囲む建物のテラスにはテーブルと椅子があるので、ここで休憩しましょう。ほんのり吹いてくる風が気持ちいいよ。

BlogPaint
ライチソーダ(60バーツ=約210円)ブルーベリーレアチーズケーキ(75バーツ=約260円)。冷たい飲物とひんやりデザートが、火照った身体を優しく冷やしてくれます。

周辺はほとんど観光開発されていないエリアなので、お散歩するだけでローカルな雰囲気を楽しめますよ。もう乾季に入ったことだし、次の週末のお散歩にいかがですかー。


店名: So Heng Tai
場所: 282 Soi Wanit 2, Khwaeng Talat Noi, Khet Samphanthawong, Bangkok 10100
電話: 080-2187000
営業: 9:00-18:00(火-木),9:00-21:00(金土),月曜お休み
FB: https://web.facebook.com/Sohengtai/


バンコクから長距離列車で北部チェンマイや南部ハートヤイ、国際列車でマレーシアのペナン島最寄りのバターワースまで行くときにほとんどの人がお世話になるのがここ国鉄フアランポーン駅。

MRT(地下鉄)駅も直結しているのですぐに市内中心部へ出ることはできますが、夜や朝の列車を利用する場合はなるべく駅のそばに宿を取りたいもの。

今回は、フアランポーン駅からすぐ見える駅近の老舗ホテル「クルンカセーム・シークルン・ホテル/KRUNGKASEM SRIKRUNG HOTEL/京華大旅社」に泊まってきましたよっと!
IMG_3190
↑フアランポーン駅を正面から。近いうちに廃駅になるとかならないとか言われているので写真をバチバチ撮りだめw

IMG_3193
↑そのフアランポーン駅を背にして右を向くと、もうすぐ目の前に見えるのがシークルン・ホテルです。手前の緑色の橋を渡れば徒歩3分ってとこでしょうか。まさしく駅近、いや駅前ホテル?

IMG_3198
↑ホテル入り口はそれほど大きくありませんがすぐにわかると思います。

IMG_3259
↑レセプション&ロビー。1960年代創業のホテルだけに、この雰囲気を「古い」と見るか「趣がある」と見るかは人次第ですね。

IMG_3227
↑部屋への廊下。年季は経っていてもとても清潔にしています。

IMG_3202
↑デラックスルーム(ステーションビュー)の部屋。広くはないものの狭くもなく、大きめの窓で採光も充分です。

IMG_3208
↑ベッド側から見た室内。冷蔵庫はさすがにありませんが、テレビ、お水、湯沸かしポットとコーヒー紅茶セットは揃っています。

IMG_3214
↑ベランダから見える景色。本当に目の前が「駅」。駅前ですが夜中の騒音は思ったほどでもなくぐっすり眠れましたよ。

IMG_3212
↑ベランダ側から見た室内。ベッドのマットレスはかなり固めでしたが、逆に腰痛持ちの人にはいいかも? w

IMG_3204
↑バスルーム。バスルームがホテルで一番年季が現れやすいと思っていますが、ここもとにかく古いです。ただ、清潔にはしているということとお湯がどばどば出るので問題ないかと。

IMG_3255
↑朝食は1階のレストランでいただきます。個人的にここもまた趣のある長居したくなる空間でした。

IMG_3254
↑朝食セット。トースト、目玉焼き、ソーセージ、ハム、ジャム、バター、オレンジジュース、コーヒー。もう値段を考えたら充実の内容です。さりげなくホテルオリジナルのコップを使っているところに老舗を感じますねw

オールドホテル、クラシックホテル、そんなキーワードに興味を持つ方でしたら、1960年代オープンのこの安ホテルステイも楽しめるかと思います。また駅前のトランジットホテルとしても利用価値大です!ホテル予約サイトでは朝食付きで3,000円前後で泊まれるので、選択肢のひとつに入れてはいかがでしょうか。


ホテル名/ クルンカセーム・シークルン・ホテル/KRUNGKASEM SRIKRUNG HOTEL
場所/ 1860 Krungkasem Road, Pomprab, Bangkok 10100, Thailand
電話/ 662-225-0132
Website/ http://www.srikrunghotel.com

↓クリックいただけるとうれしいです!

人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ