とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:ビール

こんにちは、とも先生です。

今年の夏休みは3年ぶりのスリランカ旅行へ行ってきました。

スリランカ北東部の港町トリンコマリー2日目。

今回トリンコマリーでは、レストランに併設されたゲストハウスに2泊滞在したのですが、そのレストランがなかなか評判が良いというので2日ともディナーで利用しました。
トリンコマリーのゲストハウス「ダッチ・バンク・イン/Dutch Bank Inn」
http://tomosensei.net/archives/1072401720.html
オランダ植民地時代に建てられた、旧オランダ銀行トリンコマリー支店の建物を利用したコロニアルレストラン「ダッチ・バンク・カフェ/Dutch Bank Cafe」です。
BlogPaint
↑お店はバスターミナルから約1.5km、中心部からは少し外れますがインナーハーバー(内湾)に面しているため景色がいいよ。

BlogPaint
↑旧オランダ銀行の建物を一部改装してレストランとしてオープンしました。右側は昔のままみたいだね。

BlogPaint
↑白い円柱とオレンジの壁がかわいい。入口はテラス席になっていて涼しい夜はここがいいかも。

BlogPaint
↑レストランの2階にもテーブルがあり、天気が穏やかであれば海を眺めながら食事ができます。

BlogPaint
↑店内はレンガの壁と木を多用したインテリアで温かみがある感じ。ディナータイムは毎晩満席だったし事前に予約しないと入れなさそう。

BlogPaint
↑初日の夜は時間が遅かったこともあり簡単に。レモンソーダ(240ルピー=約170円/+10%)はフレッシュレモンがたっぷりで、自分でソーダを注いで調節します。

BlogPaint
↑これはチキン・チーズ・コットゥ(760ルピー=約530円/+10%)

これはコットゥという、ロティ(クレープにようなもの)を肉や野菜などと一緒に細かく刻みながら炒めた料理でスリランカの屋台のローカルフード。

このお店のものはチーズとクリームでマイルドに仕上げた上品な一皿。見た目はアレ?ですがw ホワイトシチューを食べているような優しい美味しさでした。

BlogPaint
↑2日目の夜も来ちゃったよ、じっくりメニューを見て決めよう。英語表記で調理法や食材も書いてあるので親切だよ。

スリランカ料理のほかハンバーガーやピザなど洋食系メニューもあるからか、欧米人客がとても多かったです。

BlogPaint
ビール(300ルピー=約210円/+10%)。うふふふふ。無いと思っていたビールがここにありました☆ここではジョッキでの提供のみですがビールが飲めますよー!呑み助さんはぜひ!

BlogPaint
↑2日目のディナーは前菜から。海老のBBQ(500ルピー=約350円/+10%)は、串に刺した小海老を甘めのソースで香ばしく焼き野菜を添えたもの。

美味しいけど…ちょっとソースが甘すぎかなあ…。

BlogPaint
↑メインコースはシーフードシチュー(940ルピー=約660円/+10%)。海老や魚がたっぷり入ったクリームシチューに、卵チャーハン、野菜のソテー、フレンチフライが添えられためっちゃボリューム満点な一皿。

スパイスも辛さもない優しくてとても美味しい味。スパイシーなスリランカ料理で胃が疲れたらこういうのもいいよね!

トリンコマリー市内でもかなり席数の多いレストランのようで、外国人、スリランカ人問わず団体さんの利用がとても多かったです。個人でディナータイムに行く場合は予約したほうがいいと思うよ。


店名: ダッチ・バンク・カフェ/Dutch Bank Cafe
場所: 88, Inner Harbour Rd, Trincomalee 31000
電話: +94 77 269 0600
営業: 7:00-22:00
URL: http://www.grandthalassic.com/


こんにちは、とも先生です。

今年の夏休みは3年ぶりのスリランカ旅行へ行ってきました。

スリランカ北部最大の街ジャフナへ昼に到着し、そのまま午後はまるまる市内観光をしたらけっこうヘロヘロで疲労が肩に膝に腰にw
ジャフナ市内を歩いて観光してみたよ。
http://tomosensei.net/archives/1072274489.html
今夜はビールをガーッと飲んでガーッと寝たいと思い、Googlemapで見つけた「リカー・レストラン No.1/Liquor Restaurant No.1」へ行ってみました。お酒の飲めるレストラン、って言うかレストランを併設した酒屋って感じのお店だったよ。
BlogPaint
↑お店はこのビルの左端にある細い階段を上った2階にあります。なんだか妖しい雰囲気w

お店の入口のカウンターにはビール、ウイスキー、ジン、ウォッカ、アラック(スリランカの地酒)などがずらーっと並んでいて壮観!ハードリカーはショット売りもしてくれるよ。

本当はカウンターや店内の写真も撮りたかったけど、ローカル居酒屋感むんむんで外国人観光客のとも先生は周囲から凝視されまくりでちょっと雰囲気的にアレだったので写真撮れなかったよ。

BlogPaint
↑メニューは英語表記で値段もきちんと書いてあるので安心だね。

BlogPaint
↑まずはスリランカを代表するライオンビール(240ルピー=約170円/大瓶)で乾杯〜☆

きちんと冷えたビールを出してくれるのもすっごくうれしい!てかビール安いぞ!

BlogPaint
↑メニューの数は多くないけど今夜はここで夕飯にしちゃおう。ソーセージフライ(350ルピー=約250円)フレンチフライ(150ルピー=約110円)

ソーセージは、唐辛子やタマネギと一緒に塩胡椒キツめで炒められているので、もうこれはビールのためにのみ存在しているようなアテ。見た目より辛くないので食べやすいよ。

フレンチフライはカリッとかなりクリスピーに揚げられていて、マサラ風味なところがこれもビールの最強のアテ。

どっちもビールが止まらなくなるイケナイ美味しさのおつまみでした☆

*スリランカのレストランは「お酒を出すレストラン」と「レストランを併設する酒屋さん」に分かれているみたい。後者の場合、従業員とお客さんが男性ばかりなので、女性一人や女性同士での入店はちょっと雰囲気的に厳しいかもしれないよ。ホテルのバーなど「お酒を出すレストラン」へ行くことをおすすめします。

満腹になっていい気分になったのでこの日はこれで終了。明日は少し遠出して観光するよー。


店名: リカー・レストラン No.1/Liquor Restaurant No.1
場所: 78,80 K.K.S Road, Jaffna
電話: +94 212-216808
営業: 11:00-22:30(禁酒日を除く)

こんにちは、とも先生です。

今月はほとんどインドネシアで過ごしていたので、未だに勤務先のタイ人スタッフにTerima kasih(ありがとう)なんて言っちゃうレベルには現状復帰していないとも先生です。

さあ今日から約3週間のインドネシアツアーを少しずつブログにアップしていきます。

ツアー初日は、エアアジアの最終便でバンコクからクアラルンプールへ行き、深夜に約5時間のトランジットをしてからインドネシア行きの早朝フライトに乗る、というスケジュール。

ただ…5時間だろ…トランジットホテルに泊まるほどではないし、かと言って椅子にずっと座って待っているのも嫌、というわけでエアアジアの空港ラウンジ「プレミアムレッドラウンジ」を利用してみました。
BlogPaint
↑深夜のクアラルンプール国際空港(KLIA2)。エアアジアのラウンジはひっそりと目立たない場所にありました。

BlogPaint
↑場所はP.Qゲートへ下りるエスカレーターの手前左側。小さいけどサイン表示があるよ。

BlogPaint
↑近寄ると分かるね。それでは入店。

<ラウンジの利用料金>
ビジネスクラスまたはプレミアムフレックス運賃利用者→無料
事前予約→69リンギット=約1,920円
当日飛び込み→79リンギット=約2,200円


BlogPaint
↑中はそこまで広くはないけど深夜で人が少ないから静か〜。

BlogPaint
↑なんか学食風の風景だな。他にも作業用のコンセント付きテーブルがあって深夜のブログ更新も楽々でWifiもサクサクでしたー。

BlogPaint
↑おジュース系のお飲物はですね、コーラ、ダイエットコーク、スプライトにビール。残念ながらビールは有料(15リンギット=約420円)。高っ!

BlogPaint
↑こちらではエスプレッソだかカフェオレだかが飲めるマシンがありますよ。とも先生はコーヒーを飲まないのでコーヒーの種類に疎いのですw 他に各種お茶、そして青リンゴ。

BlogPaint
↑食べ物系はですね、カレーサモサ、スポンジケーキにドーナツ。

BlogPaint
↑そしてミックスベジタブルチャーハン。こんなところもすっごいローコストなのさすがエアアジア!w

BlogPaint
↑チャーハンとサモサとハーブティーとリンゴ。とりあえずいただきまーす。

うん!不味い!

お茶とリンゴはとっても美味しかったです♡

*深夜帯だったから食事がひどかったみたい(涙)…朝、昼、夜の時間帯は、カレーやナシレマなどそこそこ充実しているらしいですよ。

BlogPaint
↑しかしこのラウンジ、のんびり寛げるスペースがないなあ…と思いながらふと見つけた階段を上っていったら…ありましたw

絨毯を敷いた広いお部屋に人をダメにするクッションがたくさん置いてあって、みなさんここで爆睡!深夜帯は食事をせずに(ちうか食べるものほとんどないし)、ここでとにかく仮眠をとるのがいいみたいだね!



こんにちは、とも先生です。

お好きな人は大好きな機内食

タイ・エアアジアのエコノミークラスで
汕頭からバンコク(ドンムアン)へ〜

<2018年2月>
BlogPaint
↑今日のタイ・エアアジアはキングパワー(タイの免税店)塗装。いつもの赤じゃなくて青だとエアアジアだってわからないねw

BlogPaint
↑空港で食事してから乗り込むつもりが、空港のカフェ飯があまり美味しそうでなかったので久しぶりに機内販売。

BlogPaint
シンハービール缶(90バーツ=約300円)サンドウィッチ(100バーツ=約340円)

サンドウィッチは、サーモンマヨネーズ、スパイシーチキン、ツナなんちゃらって一応一切れずつ味が違うようですが、食べてみたら全部マヨネーズ味でした♡

こんにちは、とも先生です。

週末を利用してふらっとやってきた国境の街ノーンカーイ。

コロニアル散策も満喫し、ホテルにチェックインして荷物も置き、まだサンセットまでには少し時間があるけどなんだか喉が渇いたなあ。

というわけで、家庭的なゲストハウスやレストランが軒を連ねる、メコン川に面したリムコン通り/Rim Khong Alleyで早めに始めまーすw

BlogPaint
↑川沿いのレストランは大体木造2階建てなので2階へ。まだ他にお客さんいないけどいっか。

BlogPaint
↑おうふ…いきなりこのなごみ感。まだ少し暑いので店員さんが軽く扇風機をつけてくれました。

BlogPaint
↑夕陽の色になる前のステキ空とレオビール大瓶(80バーツ=約270円)

BlogPaint
↑炭水化物は要らないけどアテが欲しいのでお料理注文。

BlogPaint
↑こちらはイカのスパイシーなサラダ風(150バーツ=約510円)。イカのクオリティがイマイチなのと、タレが市販のものなのとで不味くないけど感動もなく。

BlogPaint
↑これはメコン川で獲れるナマズさんをハーブと一緒に茹でたもの(150バーツ=約510円)で、辛味噌のようなタレでいただきます。うん、これはまあ美味しい。

川沿いの観光エリアだからか、ビールは安いけどお料理はけっこう取るね。

BlogPaint
↑2本目のビールをちびちびやっていると段々空のグラデーションが変わってきて酔いに拍車がかかって3本目行こうかどうしようか。

BlogPaint
↑お店の外観。日が暮れてくると急に客引きが激しくなります。

ビールは安かったけどお料理はそんなにそんなじゃないので、店名も控えていないし正確な場所も覚えてないやw

ただ、ビール飲みながらメコン川見てまったりするには全然OKだし、他にも似たようなお店が何軒も並んでいるので、メニュー見たりしながらお気に入りを見つけてください!


↑このページのトップヘ