とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:ビール

こんにちは、とも先生です。

今回はビールのお話を。

パキスタンは「パキスタン・イスラム共和国」という国名からも分かるように、国民の約97%がイスラム教徒。入国時にアルコール類の持ち込みができないことから、「パキスタンではお酒が飲めない」と思う方もいますが、実はビール売っているんです!ビール買えるんです!

1860年創業、パキスタン唯一の醸造会社「Murree Brewery」が販売している「マリービール/Murree Beer」です!

BlogPaint
↑マリービールは、パキスタンがイギリス領インド帝国だった1860年にイギリス軍人の需要に応える形で創業しました。当時はビールの世界大会で優勝するほど優れた品質だったそうです。分離独立後も会社は存続し、現在でもビールを始めとした各種リカーやジュースを製造しています。

ただこのマリービール、パキスタンの法律により国外への輸出が一切できません。パキスタン国内で飲むか、個人的に国外へお土産等として持ち出すかのどちらかなので、かなりレア度の高いビールですよw


BlogPaint
↑これは一番古いシリーズのクラシックラガー。とも先生が昔イスラマバードに住んでいた時は瓶ビールしかなくて、しかも瓶の底に沈殿物がたまっていてボトルごとに量が違うというとんでもない代物でしたw 今は缶ビールもあるんだなあ。

BlogPaint
↑これは通常版?のマリービール。昔はこのラベル無かったような…。

BlogPaint
↑ミレニアムブリューは最近新しく出たやつかな。

BlogPaint
↑ウィートビールはヨーロピアンなかわいいデザイン。

BlogPaint
↑マリーライトはその名の通りアルコール分低めのライト。どこかで見たデザインだなw

カラチでは、市内の各マーケットでひっそりと営業しています。しかし、看板などもちろん出しておらず間口の狭い店がほとんどであるため、現地の友人等に教えてもらわないとお店を探すのは非常に困難です。

とも先生も、カラチ在住の友人に車で連れて行ってもらったので、場所がわからないんです…場所の説明したいんですけどできないんですゴメンナサイ。

気になるお値段は、写真の500mlのロング缶で1本300ルピー前後。安くはありませんが、機会があればぜひ一度試してみてください。



こんにちは、とも先生です。

バンコクへ遊びに来た友人と二人で行った週末1泊サメット島旅行。

今夜の宿も決まったところで、目の前のビーチで始めましょう。週末だし昼からガチ飲みしていいよね?

BlogPaint
↑バンガロー前のビーチで右側に振り向いたところ。向こうはアオパイビーチかな。

砂はホワイトサンドではないけどかなりホワイトに近いサンドでなかなか。

BlogPaint
↑バンガロー前のビーチで左側に振り向いたところ。向こうはサイケオビーチかな。

で、ブログに書くにあたって、ここがサイケオビーチの端なのか、アオパイビーチの端なのかで悩むのですが…詳しい方いたら教えてください。

BlogPaint
↑まあ先にまずは飲みましょうw 友人がビーチの売り子さんから買った焼き鳥で乾杯〜!

BlogPaint
↑注文した料理もじゃんじゃかやって来ました。辛さ控え目にしてもらったソムタム、イカと野菜の炒め物、シーフードチャーハンをつまみながら延々とビールをいただきます。

BlogPaint
↑快晴だったということもあるけど目の前の海のコンディションもなかなか。久しぶりに海に入っちゃおかな。

BlogPaint
↑浅瀬ですがw 思っていたよりも透明度いいかも。

BlogPaint
↑バンコク市内では味わえないこの感覚、そしてパタヤともまた少し違うこの島の雰囲気。週末リゾートさいこー。

BlogPaint
↑少々ワープして番外編になりますが、夕食後はバンガローのビーチレストランで〆呑みを。濃いめのブルーハワイをバケツでいただきます。もうクイクイ飲めちゃうね。

BlogPaint
↑お夜食は野菜ピッツァを。これが意外にもスマッシュヒットでピッツァ初心者がどう優しく見てあげても生地手作り、そして野菜たっぷりで夜中なのに全然胃がもたれないの!

トックス・リトル・ハットのレストランのピッツァは意外とウマい。覚えとこ。

こんにちは、とも先生です。

バンコク、ナラティワート・ソイ20に2015年末オープンしたArno's Butcher and Eateryは、熟成肉を使ったダイナミックなステーキが大人気のお店です。そのArno'sが2016年12月、ナラティワート・ソイ15にハンバーガー専門の支店「Arno's Butcher and Eatery」をオープンしたというので友人たちとウキウキで行ってきました!


BlogPaint
↑お店はナラティワート通り沿い、BTSチョンノンシー駅から約1km、BRT Akan Songkor駅(停留所?)から約150m。

BlogPaint
↑店名に「Beers」が付いてるし、先月利用した友人はビールがあった、と言っていたのですが、今回訪れた時(1月中旬)にはメニューからお酒が外されていました…酒類販売許可の問題かな?一時的なものかもしれないけどちょっと残念

ハンバーガーは220〜390バーツと、内容によってお値段にかなり違いが有り。お肉の焼き加減やソース、付け合わせ、追加トッピングが自由に選べるのはかなり楽しいです☆

BlogPaint
↑仕方が無いのでビールグラスでコーラ(100バーツ+7%)を…コーラは美味しいけどなんか悲しいw

BlogPaint
↑店内は冷房が効いているけど満席だったので、うちらは外のテーブルでいただきます。でも今は乾季だし扇風機もあるので問題無し。

BlogPaint
↑お店と同じ名前のArno's Burger(390バーツ+7%)をオーダー。200gの熟成ビーフパティ、フォアグラ、トマト、レタスを、毎日焼き上げる自家製パンで挟んであります。ソースはスパイシー、付け合わせはカーリーフライをチョイス。

BlogPaint
↑顎関節症持ちなのでナイフで半分に切ってからエレガントにガブッ!w ミディアムレアの粗挽きハンバーグは肉汁たっぷりでとっても美味しい♪ 濃厚なフォアグラとの相性も良くてあっという間に完食☆

ハンバーガーはと〜ってもと〜っても美味しかったのですが、オープンしてまだ日が浅いためか一部のスタッフの手際の悪さが所々で目立ちました。お酒が飲めないという問題もあるので、少し時間を置いてから再度突撃したいと思います!


店名: Arno's Burgers and Beers
場所: Narathiwas Soi 15, Bangkok、BTSチョンノンシー駅から約1km。
電話: 02-0875087
営業: 11:00-22:00

こんにちは、とも先生です。

春休みにハンガリー、オーストリア、チェコを旅行してきました。

→春の中欧3カ国周遊スケジュール

外はまだまだ明るいけど時間はもう夜7時過ぎ。さすがにお腹が空いてきたのでホテル向かいのレストランでチェコ料理をいただきます。

Restaurant Bredovsky Dvur (読み方わからない…)
http://www.restauracebredovskydvur.cz/restaurace/en
DSC05635
 ↑滞在しているホテル・ヤスミンの左斜め向かいにお店があります。

DSC05637
↑店内は喫煙可能な店内席と禁煙のテラス席があったので迷わずテラス席を。夏は屋根がオープンになるようです。さあまずはビールで乾杯!隣りのテーブルのものを指差し注文したので銘柄分からず…でも美味しくておかわりしちゃいました。

DSC05638
↑ヴィチコヴァー・ナ・スメタニェ/Svíčková na smetaně(179コロナ)。煮込んだ牛肉に根菜クリームをかけて、クネドリーキという小麦粉の茹でパンとクランベリージャム、ホイップクリームを添えていただくチェコの郷土料理。肉料理にジャムとホイップクリームってビックリですよね!ちょっと甘めの味付けですが美味しくいただきました。

さて、満腹になったので今日は早めに休みます。明日からバッチリ観光するぞー。

こんにちは、とも先生です。

春休みにハンガリー、オーストリア、チェコを旅行してきました。

→春の中欧3カ国周遊スケジュール

さ、新しい土地へ来たら外せない定番観光「スーパーマーケット参拝」を。ブダペストでも見たTESCOスーパーがプラハにもあったのでのぞいてみました。

<中欧3カ国周遊その7>TESCOスーパーで夕飯買い出し!
http://tomosensei.net/archives/1058862715.html
DSC05633
↑プラハ市内に何軒かTESCOスーパーがありましたが、市内中心部のデパート地下にある店舗へ行ってみます。

P_20160404_161901
↑ブダペストやウィーンのスーパーと比べてなにかすっごく違いがあるかというとそんなにないのですが…

P_20160404_161440
↑いや、違いがあった「ビール棚」。プラハのスーパーではビール売り場の面積が半端なく広くてビックリ!w

P_20160404_161502
↑数えきれないほどの種類のビールが所狭しとみちみちに棚に並んでいます。

さすがビールの国、すごいね〜!

さて、スーパーでの買い物はまた改めて、夕飯に行きましょう。

↑このページのトップヘ