とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:ビーチフロント

こんにちは、とも先生です。

春休みのインドネシア旅行。バンダネイラを出発してハッタ島という小さな島へやって来たとも先生。あいにくお天気はイマイチなんだけど、キレイな海が目の前という「ハッタ・バンガロー/Hatta Bungalow」にチェックインしました。

離島のバンガローがどんなものかご紹介しますね。
BlogPaint
↑バンガロー目の前の海はめためたにキレイなんだけどあいにくの曇り空で雨…。

BlogPaint
↑バンガロー自体はまだ新しくて清潔だったので即決。バンガロー1泊3食付き(300,000ルピア=約2,350円)

BlogPaint
↑室内は本当に何もないのw シンプルなベッドに蚊帳、あとはテーブルと椅子があるだけ。

BlogPaint
↑蚊帳もまだ新しくて穴も空いていなかったので快適ー。

BlogPaint
↑コンセントそばにテーブルがあったのでここでパソコン作業しました。

BlogPaint
↑インドネシアのコンセントはこんな形。日本のはそのまま使えないので変換アダプターが必要だよ。

ちなみに電気は毎日18:00-22:00の4時間のみ使えます。この時間内にバッテリーの充電をしないとね。

BlogPaint
↑ビーチフロントなので、お天気の日は室内もかなり明るいよ。

BlogPaint
↑バスルームはインドネシアスタイル。トイレは洋式ですが自分でお水をくんで流します。シャワーはお水だけでお湯は使えません。

BlogPaint
↑バンガローのテラス。テーブルに椅子、あと洗濯物を干すためのロープもあるよ。

BlogPaint
↑テラスにはミネラルウォーターのタンクがあって、お水、コーヒー、紅茶は好きな時に自由にいただけます。これも宿泊料金に含まれているよ。

BlogPaint
↑晴れた日のお部屋の目の前。好きな時にビーチエントリーでシュノーケリングが楽しめるの最高だったよ!

2018年4月現在、ハッタ島には6軒のバンガローやホームステイがあり、立地によって3食付きで1人250,000〜300,000ルピアでした。現在建設中の宿もいくつかあったので、今後さらに快適な滞在ができるようになるのかなあ…でも今のままがいいなあw


名称: ハッタ・バンガロー/Hatta Bungalow
場所: Pulau Hatta, Maluku, Indonesia
電話: 無し

こんにちは、とも先生です。

ランタ島4日目。ロック島国立公園テント1泊ツアーを楽しんできたとも先生。最後の1泊はランタ島で一番大きな町(といっても小さいけどw)サラダンに泊まります。

ロック島国立公園に泊まる!宿泊事情やビーチ/海について
http://tomosensei.net/archives/1068810269.html
ロック島国立公園に泊まる!展望台散策やご飯事情について
http://tomosensei.net/archives/1068810296.html
遠浅ビーチ沿いの「Saladan Beach Resort」は、こじんまりしていながらも明るく元気な、楽しい雰囲気のリゾートホテルでしたよ☆
BlogPaint
↑ホテルはサラダンのメインストリートから歩いて5分くらい。道が狭い割に交通量がけっこうあったので歩行注意。

BlogPaint
↑泊まった部屋はエアコン付きの一番安いバンガロー(部屋カテゴリー不明)。典型的な安ホテルって感じの風情で特にリゾート感はないけど清潔です。

BlogPaint
↑無駄に大きな冷蔵庫、テレビ、エアコン、扇風機、基本設備は完備。1棟2部屋タイプのバンガローなので部屋中央にドアがあり、グループ滞在であればコネクティングルームにもできますね。

BlogPaint
↑バスタブは無くシャワーのみ。タイルが白いので古さをダイレクトに感じますが、まあまあ清潔です。

BlogPaint
↑アメニティはこんな感じ。写真奥のは1回使い切りシャンプーかな?歯ブラシはないので要持参。

BlogPaint
↑部屋前のテラスにはイスと物干もあるので便利。ただ、バンガローが密集して建っているのでくつろぎ感は薄いかも。

BlogPaint
↑ビーチ沿いのプールはそんなに大きくはないけどリゾート感ばっちり。お客さんも少ないのでけっこう遊べます。プールサイドにはデッキチェアとパラソルも有り〼。

BlogPaint
↑プールサイドにはレストランとバーも。

BlogPaint
↑ホテルから5分ほど歩くとメインストリートに出ます。周辺にはレストランやスーパーなどがあるので、夕方ぶらぶらするのもいいかもね。

このホテル、フロントからお部屋の清掃からレストランから何から何まですべて女性スタッフしか見かけませんでした。もしかしたら内勤で男性が働いているのかもしれませんが、見た感じすべて女性スタッフ、しかもみなさんフレンドリーで英語もペラペラ。クラビ空港行きバスの手配やら旅行情報などすぐに提供してくれて、とても快適に楽しく滞在することができましたよ☆



名称: サラダン・ビーチリゾート/Saladan Beach Resort
場所: 166 m.1 Saladan, Koh Lanta, Krabi, Thailand 81150
電話: 075-668112
Web:

こんにちは、とも先生です。

ランタ島初日。予約したホテルに無事チェックインしたとも先生は、すぐに目の前のビーチに出てリゾートを思い切り噛みしめ噛みしめ。天気はいいしサイコー!

と、気付いたら時間はすでに午後3時過ぎ。朝ご飯食べたきりでお腹がキュルキュル鳴っているので、ビーチ沿いの「フリーダム・バー/Freedom Bar」で遅ランチします。

BlogPaint
↑今日は雲がほとんどない快晴!どことなく海の家っぽい佇まいですが、一応ホテルのレストラン&バーのようです。

BlogPaint
↑店内はレストランエリアとバーエリアが明確に分けられていて、これはランタ島にイスラム教徒が多いからなのかな。

BlogPaint
↑料理メニューには英語表記もあるので注文簡単。でも…ソフトドリンクだけでアルコールがメニューに載ってないぞ?もしかしてここお酒ダメ?

BlogPaint
↑ウエイトレスさんに尋ねるとすぐにアルコールメニューを持ってきてくれました。だよね、隣りのテーブルのタイ人グループはビールとウイスキーばんばか飲んでるもんねw

BlogPaint
↑まずはレオビール(120バーツ=約410円)で乾杯〜☆キンキンに冷えていてポイント高し!でもグラス持ってきてくれないのでまあいいかと瓶ダイレクト飲み。

BlogPaint
↑酒のアテには茶色いカリカリ♡鶏の揚げ春巻き(100バーツ=約340円)は、サクサク春巻きの中に野菜と鶏肉がたっぷり。

BlogPaint
↑〆に頼んだシーフードチャーハン(150バーツ=約520円)は、大ぶりの新鮮な海老とイカがこれでもか!ってくらい入っていて満足度とても高し!海に来たなあって感じ!

BlogPaint
↑こんな風景見ながらぼやっとビール飲むだなんてもう桃源郷(シャングリラ)。

ビーチ沿いには似たような形態のお店がたくさんあるので、はしごして自分のお気に入りを見つけるのも楽しいかもしれませんね!ビーチ沿いのお店なのでお値段若干乗せ気味ですが、ここのチャーハンはめちゃ美味しかったよ!



店名: フリーダム・バー/Freedom Bar
場所: Lanta Emerald Bungalow敷地内。
電話:
営業: 12:00-深夜

こんにちは、とも先生です。

ランタ島初日。バンコクから飛行機とバスとフェリーを乗り継ぎでやってきた初めてのランタ島!初めてなのでどこのエリアに泊まるのがいいのか全然わからないとも先生は、

1: 1泊800バーツ(約2,760円)以内。
2: エアコン、お湯シャワー、冷蔵庫有り。
3: お部屋のベランダから海が見える。

という3つの条件でホテルを絞りました。

その結果、クロンコン・ビーチ/Khlong Khong Beachにある「Lanta Darawadee Resort」にチェックイン。古いけどとても快適なホテルで大当たりでした♡

BlogPaint
↑ランタ島を南北に走るメイン道路、だけどの〜んびりしているよ。

BlogPaint
↑ホテルは海沿いにあるので、メイン道路からこの細い道を入って行きます。角にはホテルの看板があるので分かるかと。

BlogPaint
↑ホテルの入口らしくないけどここがホテルの入口w 海に向かってズンズン歩き、レストランのそばにフロントがあります。

BlogPaint
↑とも先生が予約したお部屋はデラックスシービュールーム。口コミ評価では古すぎる、汚い、なんて評価がけっこうあったけど全然そんなことないよ。ただ、お部屋の芳香剤はかなり強く効かせてあるなあw

BlogPaint
↑テレビ、冷蔵庫、作業デスク、ソファーなんかもあってめちゃ充実してるじゃん。

BlogPaint
↑バスルーム。バスタブはありませんがまあ安いホテルだしね。清潔にはしているけど古い。

BlogPaint
↑シャンプーなどのほかに歯ブラシも用意してあるよ。

BlogPaint
↑ベランダにはチェアが二脚あるけど日中は暑くてここじゃ寛げないねw

BlogPaint
↑そしてベランダから海へ目を向けると…うーみー!ヤシの木が生い茂っているのでちょっとわかりにくいのですが、お部屋からプールと広い芝生の庭を望み、その奥がすぐにビーチ!

BlogPaint
↑1泊2,000円台の安ホテルにしてはかなり上等なロケーション!プールも部屋数の割に大きくて、パラソルやデッキチェアが用意されているからゴロゴロも可!

BlogPaint
↑ホテル前のビーチ。プライベートビーチではないけどきちんと掃除しているみたいで、砂浜部分もキレイにしてます。海はキレイだけど感動レベルではないので、ビーチでビール飲みながらゴロゴロするのがいいかな。

朝食込みのプランではなかったのでホテルの朝食は試していませんがレストランは有り〼。季節によって宿泊料金が変動するものと思われますが、12月のハイシーズンでこのロケーションで1泊2,000円台というのはかなりお得だと思いますた!



Lanta Darawadee Resort
162 Moo 2, Klong Khong Beach,T.Saladan,Koh Lanta Yai
+66 870465744

こんにちは、とも先生です。

バンコクへ遊びに来た友人と二人で行った週末1泊サメット島旅行。

今回は現地で宿を探そう!という無茶ぶりでしたが、幸いにも自分たちの求める条件のお手頃なバンガローがすぐに見つかりました。まあ「土日」じゃなくて「金土」で行ったからってこともあるけどね。

15年前に来た時もたしかこのバンガローあったよなあ?というレベルでほんのり老舗的な「トックス・リトル・ハット/Tok's Little Hut」
お値段以上にとても快適だったのでふんわりご紹介します。
BlogPaint
↑ナダン港から約1.3km、1泊分の荷物を持ってふらふら歩いて約20分。サメット島で一番にぎやかなサイケオビーチの隣り、アオパイビーチにあります。

BlogPaint
↑なんか昔からありそうな気の抜けた看板。ゆんわりとしたリゾート感が出ています。

BlogPaint
↑道路を挟んで海側がオープンエアのビーチレストラン、山側がバンガローです。写真右のレストラン&レセプションでチェックインしますよ。各部屋へは斜面を上っていきます。

BlogPaint
↑今回泊まったお部屋は斜面の中腹あたりかな。まだまだ上の方にお部屋があったので、体力に自信の無い方はなるべく下の方のお部屋リクエストをおすすめします。

BlogPaint
↑室内。窓からの景色は隣家の壁ビューですがw 採光は充分でかなり明るい部屋。シンプルだけどとてもキレイ。

そしてエアコンが広い部屋用の強力なものなのですっごい効きます。すぐに寒くなります。これは業務用のなのか?と思うくらいパワフルですw


BlogPaint
↑室内にはエアコンのほかに、テレビ、冷蔵庫、セイフティーボックスがあって、ドアには網戸も完備で快適快適。

BlogPaint
↑バスルームは広めですがバスタブは無し。ところどころに経年を感じさせるもののとても清潔です。

BlogPaint
↑部屋前のテラスは絶好の寛ぎスペース。物干もあるので水着を乾かしたりするのに重宝しました。

BlogPaint
↑バンガロー前のビーチ。有料チェアとパラソル(60バーツ=約200円/人)ですぐにリゾートできますよー。

さて、宿も決まったことだしビーチで飲み始めますかw



トックス・リトル・ハット/Tok's Little Hut

↑このページのトップヘ