とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:ビーチ

こんにちは、とも先生です。

春休みの旅行でやってきたインドネシアの「ハッタ島/Pulau Hatta」。あの有名なウォーレス線を発見したイギリスの博物学者であり生物地理学の父、アルフレッド・ウォーレスが

「世界で最も美しい海」

と絶賛したバンダネイラの海を、シュノーケリングで満喫しました☆
BlogPaint
↑ハッタ島2日目の朝はこんなにお天気〜♪ 島のビーチは北側なので朝日も夕日もほとんど見られないんだけど、でもみんな早朝からお散歩しているよ。

BlogPaint
↑部屋のテラスで朝ご飯食べ終わってちょいと休憩していたらもう目の前のビーチがピカピカになってさ!

BlogPaint
↑うれしくて興奮して、思わず一眼デジ持ったまま海に入っちゃったよ! 危ない危ないw やっぱりお天気じゃないとこの海のキラキラ感は出ないよね!

BlogPaint
↑というわけでシュノーケリングマスクとフィンをレンタル(50,000ルピア=約390円)して早速部屋の前のビーチからエントリー。

部屋から2分でこの景色!!!w

BlogPaint
↑ここまでキレイな海だとGoPro必須ですよね!忘れたら悲しいだけじゃ済まないよ。日射しが強いので着衣のままシュノーケリングです。欧米系のお客さんはみんなラッシュガード持ってる。

BlogPaint
↑マスクしながらうっとりため息の連続。

BlogPaint
↑ハッタ島の特徴は、ビーチからエントリーしてちょっと泳ぐだけですぐにドロップオフなの。特に危険生物もいないし潮の流れも穏やかだし、沖まで行かなければ安心して楽しめます。

BlogPaint
↑アンボンからやってきたというインドネシア人ファミリーもカメラ片手に大興奮!しばらく一緒にシュノーケリングを楽しみました。

BlogPaint
↑遊び疲れたらバンガローに戻って休憩、お昼ご飯食べたらまたシュノーケリング、めっちゃ贅沢〜☆

BlogPaint
↑この日も雲が多かったけどなんとかほんのりサンセットを拝むことができました。

1週間くらいこの島でのんびりしたいところだけど、この後バリ島旅行も控えているし、明日はバンダネイラに戻りまーす。


こんにちは、とも先生です。

ランタ島旅行最終日。今日はバンコクへ戻る日ですが、フライトが夜なのでそれまでホテルでのんびりしまーす。

ホテル内のレストラン「Saladan Restaurant」は、超遠浅のビーチを望むなかなかステキなお店でしたよ、チープでカジュアルな感じだけど。

BlogPaint
↑レストランはホテルのプール脇にあるので水着のままの利用ももちろんOK。

BlogPaint
↑びっくりするくらいの超遠浅ですが、潮が満ちてもそんなにキレイではないのでw この超遠浅具合がいいかも。眺めるだけー。

BlogPaint
↑メニューは手作り感満点w 英語と中国語表記有りの一部メニューには写真も有り〼。

BlogPaint
↑まずは冷え冷えのシンハービール大(125バーツ=約440円)で乾杯〜。ジョッキが凍って出てきたのはポイント高い!

BlogPaint
↑これはチキンサテ(140バーツ=約490円)。濃厚なタレを付けてトーストと共にいただくカレー風味の鶏の串焼きです。

BlogPaint
↑そして〆はイカチャーハン(75バーツ=約260円)。イカが冷凍物だったのは残念だけど全体的な味付けは良かったよ。ざく切りトマトがたっぷり入ってさわやか〜!

BlogPaint
↑干潮の時は海があんなに遠くなるけど、ぼんやり眺める分にはとてもよい景色。

サラダンには意外とビーチ沿いのお店が少ないので、泊まっていなくてもビール飲みに行ったらいいと思います!



店名: サラダン・レストラン/Saladan Restaurant
場所: Saladan Beach Resort内。
電話: 075-668112
営業: 8:00-22:00

こんにちは、とも先生です。

ランタ島4日目。ロック島国立公園テント1泊ツアーを楽しんできたとも先生。最後の1泊はランタ島で一番大きな町(といっても小さいけどw)サラダンに泊まります。

ロック島国立公園に泊まる!宿泊事情やビーチ/海について
http://tomosensei.net/archives/1068810269.html
ロック島国立公園に泊まる!展望台散策やご飯事情について
http://tomosensei.net/archives/1068810296.html
遠浅ビーチ沿いの「Saladan Beach Resort」は、こじんまりしていながらも明るく元気な、楽しい雰囲気のリゾートホテルでしたよ☆
BlogPaint
↑ホテルはサラダンのメインストリートから歩いて5分くらい。道が狭い割に交通量がけっこうあったので歩行注意。

BlogPaint
↑泊まった部屋はエアコン付きの一番安いバンガロー(部屋カテゴリー不明)。典型的な安ホテルって感じの風情で特にリゾート感はないけど清潔です。

BlogPaint
↑無駄に大きな冷蔵庫、テレビ、エアコン、扇風機、基本設備は完備。1棟2部屋タイプのバンガローなので部屋中央にドアがあり、グループ滞在であればコネクティングルームにもできますね。

BlogPaint
↑バスタブは無くシャワーのみ。タイルが白いので古さをダイレクトに感じますが、まあまあ清潔です。

BlogPaint
↑アメニティはこんな感じ。写真奥のは1回使い切りシャンプーかな?歯ブラシはないので要持参。

BlogPaint
↑部屋前のテラスにはイスと物干もあるので便利。ただ、バンガローが密集して建っているのでくつろぎ感は薄いかも。

BlogPaint
↑ビーチ沿いのプールはそんなに大きくはないけどリゾート感ばっちり。お客さんも少ないのでけっこう遊べます。プールサイドにはデッキチェアとパラソルも有り〼。

BlogPaint
↑プールサイドにはレストランとバーも。

BlogPaint
↑ホテルから5分ほど歩くとメインストリートに出ます。周辺にはレストランやスーパーなどがあるので、夕方ぶらぶらするのもいいかもね。

このホテル、フロントからお部屋の清掃からレストランから何から何まですべて女性スタッフしか見かけませんでした。もしかしたら内勤で男性が働いているのかもしれませんが、見た感じすべて女性スタッフ、しかもみなさんフレンドリーで英語もペラペラ。クラビ空港行きバスの手配やら旅行情報などすぐに提供してくれて、とても快適に楽しく滞在することができましたよ☆



名称: サラダン・ビーチリゾート/Saladan Beach Resort
場所: 166 m.1 Saladan, Koh Lanta, Krabi, Thailand 81150
電話: 075-668112
Web:

こんにちは、とも先生です。

ロック島2日目。テント生活だし昨夜は本を読むこともなく、ただただ静かなビーチと柔らかな波の音を聞きながらスヤスヤ眠れたおかげで今朝は元気いっぱい!!!

ランタ島からロック島への行き方・アクセス
http://tomosensei.net/archives/1068810244.html
ロック島の宿泊事情とビーチ/海について
http://tomosensei.net/archives/1068810269.html
朝5時に目が覚めてしまったので、ビーチでゆるく体操をしながら日の出を迎えます。
BlogPaint
↑5:50/陽が上る前のこの空のグラデーションが好き。こんな極上の環境だったら運動嫌いなとも先生だって体操しちゃうんだから!

BlogPaint
↑6:20/そして日の出。だんだん気温が上がって南国リゾートらしくなってきます。

BlogPaint
↑はいそして午前中!日帰りツアー客が来る前に最後のビーチを楽しみます!スノーケリングも楽しいけど、とにかくビーチが美しいのでごろごろしているだけで幸せ〜。

BlogPaint
↑ランチはレストランで。帰りのボートで気持ち悪くなっても嫌なので軽くパッタイ(タイ焼きそば)をいただく。

BlogPaint
↑13:30/ランタ島へ戻るスピードボートに乗り込みます。もっと泊まりたいなあ、2泊はしたかったなあ。

BlogPaint
↑この日のボートは昨日よりもお客さんが少なくてゆったり目。

BlogPaint
↑ロック島周辺で1本スノーケリングをしてからランタ島へ戻ります。

BlogPaint
↑15:20/ランタ島南端に近いバンブービーチに到着。ここで全員下船して、ツアー会社の車で各ホテルまで送ってもらいます。

BlogPaint
↑16:00/ランタ島中心部の町サラダンに到着。

いやあ、ロック島めちゃめちゃ楽しかった!日帰りツアーもいいけど時間があればぜひ1泊してみてください!ただ、ロック島にはサンドフライ(ブヨ)がいるから虫対策は万全に!

次回はサラダンで泊まったホテルについて。



こんにちは、とも先生です。

ロック島初日。ついにやって来たよロック島!国立公園だよ!無事に島へ上陸しテント宿泊の申し込みも済ませホッと一息落ち着いたとも先生は、美しいビーチでアハハウフフとくつろぎ波出しまくり。

ロック島の宿泊事情とビーチ/海について
http://tomosensei.net/archives/1068810269.html
午後、島内をうろうろしていたら「展望台有り〼」との案内板が。近くにいた宮崎駿似のレンジャーのおじさまに相談すると、展望台散策コースは1周約1時間で、日没までに終えられる今なら行っていいよとのこと。

これは行くしかないね!ビーチサンダルだけど!まあいいか。

BlogPaint
↑レンジャー宿舎隣りのこの道からスタート!日帰りツアー客はビーチばかりでこの散策ルートは歩かないみたい、時間もないしね。

BlogPaint
↑歩き始めて3分経たないうちにもうジャングルw 歩道は一応コンクリで舗装されてはいるけど、かなり痛んでいてボコボコです。

BlogPaint
↑ところどころにタイ語&英語の植物まめ知識案内板があるのでお勉強もできます。

BlogPaint
↑うへえ…きたよー上り階段だよー。階段もボロボロでかなり歩きにくいがとも先生上る!

BlogPaint
↑ゼイゼイバアバア…お水1.5リットルとタオル2枚持ってきてよかったよ。まずは第一展望台らしき場所に到着。ロック島の北側かなここ。

BlogPaint
↑そしてさらにジャングルをかき分けかき分け汗どろどろで第二展望台らしき場所に到着!

BlogPaint
↑うおおおおおお!ここでサンセットを拝みたかったー!でもしたら帰り道が真っ暗で遭難しちゃう!

BlogPaint
↑途中で大トカゲに遭遇しておちっこちびりそうになりながらもなんとか浜辺まで下山。スタート地点まであと数百メートルなんだけど、このゴツゴツ岩の佃煮がもうね本当に歩きにくいの!

BlogPaint
↑そしてスタートしてから約1時間、やっと人気のあるビーチまで戻ってこられました。ここを歩く時はビーチサンダルじゃなくてきちんとした靴ですよ!絶対に!w

BlogPaint
↑ビーチのテーブルで休憩していたらヤドカリさんいらっしゃい。このロック島には小さなヤドカリさんがもう恐ろしいほどいらっしゃいます。踏まないように気をつけてね。

BlogPaint
↑シャワーを浴びてテントで1時間ほど爆睡して気付いたら夕暮れ。レストランの営業時間と電気の使用時間が決められているので早めに夕飯食べちゃおう。

<電気の使用時間>
日没〜深夜2時頃まで。時間内であればレストランで充電可能。

<レストランの営業時間>
朝食: 8:00-9:00
昼食: 11:00-13:30
夕食: 17:30-19:30


BlogPaint
↑料理は、チャーハン(80バーツ=約280円)、鶏肉と野菜のカレー炒め(100バーツ=約350円)、コーラ(30バーツ=約100円)など、島にしてはそれほど高くはないけど特に美味しくもなくwww

あらかじめ事情を知っている風の欧米人パッカーなどは、ランタ島からパンや缶詰や生野菜を持ち込んで毎日サンドウィッチ作って食べてました。

あ、あととても大切なことが!

国立公園内なのでお酒売ってません!持ち込みは大丈夫だろうけど、もう一度言います「ロック島でお酒売ってません!」。とも先生大後悔…。


BlogPaint
↑ロック島のメインビーチは南向きなので夕陽は拝めませんが、静かな静かな時間を過ごすことができます。いやあここは2人で来たいなあ♡

さ、明日はまたたっぷり海遊びしてからランタ島へ戻るぞー!



↑このページのトップヘ