とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:ビーチ

こんにちは、とも先生です。

春休みバリ島旅行編もいよいよこれでラスト!

今回はバンコクへ戻るフライトが深夜1:30発なので、もったいないけどホテルを余分に1泊おさえていたおかげで出発ギリギリまで部屋を使えます。少し寝てから空港へ向かおうと思ったけど、最後にサヌールでニューオープンのお店をチェックせねばということで、Mぽりんを誘って3月にオープンしたばかりの新しい日本食レストラン「青灯り/あかり/Akari Japanese Cuisine」へ行ってみました。

在住のお友達たちの間では賛否両論のお店ですが、一体どんなんだろう?
BlogPaint
↑お店はサヌールの南、人気イタリアン「マッシモ」の向かいにあります。赤い提灯があるので夜でも分かりやすいと思うよ。

BlogPaint
↑店内は広くはないけどテーブル席とお座敷席があります。2階にも席があるのかな?未確認。

BlogPaint
↑まずはビンタンビール大瓶(40,000ルピア=約310円/+15%)で乾杯〜☆ メニューは英語表記のみですが、ほとんどのお料理が写真付きなので注文は簡単です。

BlogPaint
↑前菜的にオーダーしたツナタルタル(35,000ルピア=約270円/+15%)は、トビコや中華ワカメがたっぷりでプチプチコリコリの歯触りが楽しい一品。外国人観光客に受けそう。

BlogPaint
揚げ出し豆腐(25,000ルピア=約190円/+15%)は、チューブ式の充填豆腐を輪切りにして衣を付けて揚げたもの。優しいダシが美味しい。

BlogPaint
あかりサラダ(45,000ルピア=約350円/+15%)には、トビコやチーズがたっぷりで味が濃くてサラダ感がほとんどないイケナイ美味しさw

BlogPaint
ウナギウルワトゥロール(60,000ルピア=約470円/+15%)。ロール寿司の中にはサーモン、アボカド、クリームチーズ。そして上にウナギがトッピング。こんな濃いものばかり…と思いきや、クリームチーズと酢飯の酸味で意外とさっぱりいただけました。

BlogPaint
↑最後の〆には鍋焼きうどん(65,000ルピア=約510円/+15%)。とも先生は重度の猫舌なのでまったく気になりませんでしたが、一般的にはかなりぬるいそうです。うどんは(おそらく)加ト吉の冷凍ものなので鉄板で美味しい。

初めて行きましたけど全然アリだと思いますよー!美味しかったよ。


店名: 青灯り/あかり/Akari Japanese Cuisine
場所: Jl. Danau Tamblingan No.121, Sanur, Denpasar Sel., Bali
電話: +62 812-3644-8502
営業: 11:00-23:00
FB: https://web.facebook.com/akari.japanese.cuisine.bali/

こんにちは、とも先生です。

春休みのバリ島旅行は、日本からの友人と合流したり北部へ一人旅したりと盛りだくさんでしたがいよいよラストスパート。最後の2泊はサヌールに滞在します。

今回はどこのホテルにしようかな、といろいろ悩んだ結果、サヌールのメインストリートであるダナウ・タンブリンガン通りにある「バリ・ウィラサナ・イン/Bali Wirasana Inn」に初ステイ。

いや、値段考えたら文句なんてございませんレベルの高コスパ安ホテルでした☆
BlogPaint
↑ホテルから徒歩3分圏内にスーパーやコンビニがあり、レストランもたくさん。とても便利な立地です。

BlogPaint
↑フロント棟。ホテルは通りに面しておらず、細い道を少し奥へ入ったところにあるので静か。ホテル目の前まで車が入ってこられるので雨の日や深夜も安心だね。

BlogPaint
↑フロント棟から各部屋へはこのような緑あふれる道を歩きます。

BlogPaint
↑お部屋は2階建てのコテージスタイル。ゆったりした敷地は古いホテルならでは。

BlogPaint
↑今回予約したのは一番安いスタンダードルーム。そんなに広くはないけどベッドもシーツも清潔、エアコンもキンキンに効いてるよ。

BlogPaint
↑小さいながらテレビや冷蔵庫も完備。

BlogPaint
↑お水は1日2本無料。湯沸かしポットやカップはあるけど、コーヒーやティーバックは自分で用意する必要があります。

BlogPaint
↑お部屋は全然OKなんだけど…やはり安いホテルだからか安い部屋だからか、バスルームがかなり古いよ。あ、お湯はドバドバ出ます。

BlogPaint
↑ベッドルームとバスルームの間に変な空間が。洗面台と机。微妙に使いづらいっちゅうか。

BlogPaint
↑お安いホテルですがちゃんとセイフティーボックスもありますよ!w 持ち運びサイズの金庫なんてまあオシャレ♡

BlogPaint
↑部屋前にはテラスがあって、蚊対策をきちんとすれば快適にダラダラできます。

BlogPaint
↑部屋の前には変形リゾートプール。ちっさいけど、部屋の数を考えたら十分な大きさです。欧米人ゲストはここで毎晩酒盛りして楽しそうでしたよ。

一番安い部屋はかなり古いけど、立地や設備を考えるとめためたにお得感の高いホテルでした。ただ、人気があるようで時期によっては連日満室!予約が取れたら次回もここにしようかな☆


名称: バリ・ウィラサナ・イン/Bali Wirasana Inn
場所: Jl. Danau Tamblingan No.126, Sanur, Denpasar Sel., Kota Denpasar, Bali
電話: +62 361 288632
URL: https://baliwirasanainn.com/

こんにちは、とも先生です。

春休みのバリ島北部おひとりさま2泊3日ツアー初日。

プラマ社のツーリストバスでロビナビーチに到着したとも先生は、バス会社オフィスから歩いてすぐの安ホテル「プリ・マンダラ・ゲストハウス/Puri Mandhara Guesthouse」にチェックイン。

ロビナに来たのどのくらいぶりだろう…16.7年ぶりくらいかな?w
BlogPaint
↑バス会社オフィスを出て、キャリーをころころ転がしながら約300m。この角を海側へ入ります。

BlogPaint
↑Booking.comなどで取り扱いのある宿だけど、飛び込みで入っても同じ値段で1泊素泊まり(たしか150,000ルピア=約1,200円)でした。

BlogPaint
↑建物はまだ新しいのか最近塗り直したのかキレイ。お部屋の入口にくつろぎソファセットがあるのはいいね。

BlogPaint
↑室内。エアコンとテレビはあるけど冷蔵庫は無し。壁紙がちょいとはがれていたりするけどw全体的に清潔でそして広いよ。エキストラベッドが最初からセットされているので3人1部屋でもイケそう。

BlogPaint
↑バスルームはこんな感じ。無駄に広くてシンプルすぎて何もないよw

BlogPaint
↑ここはレセプション兼レストラン。典型的なゲストハウスの雰囲気。ここでイルカウォッチングツアーなどの手配や、車、バイクのレンタルもできます。

ちなみに、ここで車を手配するとムンドゥックまで片道300,000ルピアだそうですー。

BlogPaint
↑敷地中央には芝生、木もたくさん植えられていて全体的な雰囲気はいいよ。

BlogPaint
↑すぐそばのロビナビーチ。ロビナの中でもレストランやホテルが集まっているエリアからは3kmほど外れているためここは寂しいなあw

ちょうどロビナの繁華街エリアとシンガラジャの街の中間あたりに位置しているので、宿のレンタルバイク(1日60,000ルピア=約480円)を使えば行動範囲が広がるよ。免許は用意してね。


名称: プリ・マンダラ・ゲストハウス/Puri Mandhara Guesthouse
場所: Jalan Kubugembong Desa Anturan, Tukadmungga, Buleleng, Bali
電話: +62 812-3615-748

こんにちは、とも先生です。

春休みのバリ島旅行。この日はウブドからプラマ社のツーリストバスを利用して「ロビナビーチ/Lovina Beach」へ。バリ島北部おひとりさま2泊3日ツアーへ出発です。
Perama Tour & Travel
https://www.peramatour.com/
初めてバリ島へやって来た時(20年以上前w)からあるツアー会社で、当時はめためたにオンボロバスだったけど今はどうなんだろう?
BlogPaint
↑ウブドのオフィス(バス発着場)はプンゴセカン通りにあります。


BlogPaint
↑メールや電話での予約もできますが、出発の前日に直接オフィスで申し込むのが確実。

BlogPaint
↑とも先生は前日にロビナ行きのバスチケット(125,000ルピア=約990円)を購入。追加で15,000ルピアを払うと、宿泊ホテルまでお迎えに来てくれます。

BlogPaint
↑出発当日。荷物が多かったのでホテルまで迎えに来てもらいオフィスへ。11:30発のバスですが、接続便との兼ね合いで出発が1時間近く遅れるようです。

ツーリストバスを利用する方はのんびり旅行だと思うので大丈夫でしょうが、多少の遅れも考慮に入れてスケジュールを組むと精神衛生上楽ですよw

BlogPaint
↑12:30になって乗るバスがやって来ました。車内はシートがみっちりで狭いけど新しいよ。

BlogPaint
↑この日は朝からお天気。のどかな風景を楽しみながらけっこうな速度でバスは走ります。

BlogPaint
↑13:45、バリ島中部のブドゥグルのオフィスに到着。ここで降りる人やここから乗り込む旅行者もいます。

BlogPaint
↑そしてウブドを出発してから約2時間半、午後15:00にロビナのプラマ社オフィスに到着。

オフィス敷地内にホテルがあり、泊まることもイルカウォッチングなど各種ツアーを申し込むこともできますが、とも先生はすでに近所の別のホテルを予約済だったのでスルー。バスの到着に合わせてオジェッ(バイクタクシー)のお兄ちゃんも何人か待機しているので、必要に応じて交渉してからどうぞ。

また、ブドゥグル〜ロビナ間はバリ島北部の街シンガラジャを通るので、事前に運転手さんに話しをしておけばシンガラジャで降りることもできますよ。



こんにちは、とも先生です。

サヌールのスイスベルホテルに無事チェックインしたとも先生は、日本から来る友人H君との夜の合流までフリータイム。サヌールに住んでいた頃よく通っていたカフェ「ザ・ポーチ・カフェ/The Porch Cafe」へ久しぶりに行ってみます。
サヌールの大型リゾートホテル「Swiss-Belresort Watu Jimbar」
http://tomosensei.net/archives/1071150429.html
いちいちブログに載せるのもいかがなものかと思われるレベルでポピュラーなカフェ。日曜のブランチをしながら友人と待ち合わせをしたり、ひとりで本を読んだりとけっこうこのお店で青春してますw
BlogPaint
↑お店はサヌールのメインストリートであるタンブリンガン通り沿い。Flash Backs Bungalowというゲストハウスが経営するカフェです。

BlogPaint
↑とも先生が旅行で来ていた時からあるカフェだから…20年以上?

BlogPaint
↑乾季のさわやかな季節はオープンエアの席がいいのですが…

BlogPaint
↑それ以外の季節はエアコンの効いた喫茶店風の店内席がいいよー。

BlogPaint
↑メニューは英語表記有り。種類豊富なサンドウィッチがオススメです。

BlogPaint
アイスコーヒー・アラビカ(22,000ルピア=約170円/+15%)。いわゆる日本のアイスコーヒー的な、うれしー。

BlogPaint
ターキーサンドウィッチ(64,000ルピア=約510円/+15%)は、大食いのとも先生でも満足できるけっこうなボリューム。

BlogPaint
↑ターキーハムにきちんとクランベリージャムを合わせてくれるところは欧米人経営ならでは。やっぱりいつ食べても美味しいよう!

最近ではエアコンのあるお店も増えているバリ島ですが、ここはエアコン店内席を設置するカフェとして草分け的な存在ではないでしょうか。お店のスタッフの方々もいい感じの「おばちゃんたち」で、ホッと落ち着けますよ。


店名: ザ・ポーチ・カフェ/The Porch Cafe
場所: Jalan Danau Tamblingan 110, Sanur
電話: +62 361 281682
営業: 6:30-22:30
Web: http://www.flashbacks-chb.com/

↑このページのトップヘ