とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:パキスタン

こんにちは、とも先生です。

パキスタン旅行もあっという間に最終日。今夜のフライトでバンコクへ戻りますが、最後の最後のギリギリまで観光しまくります!

というわけで、朝ご飯を食べてからKさんと車で「ジンナー・ハウス/Quaid-e-Azam House Museum」へやって来ました。ここは、パキスタン建国の父であるムハンマド・アリー・ジンナー/
Muhammad Ali Jinnahが1944年から1948年の死の直前まで住んでいた邸宅で、現在は博物館として一般公開されています。
BlogPaint
↑博物館はカラチ市内中心部にあるのですが、目の前の通りが工事中のため(2018年1月現在)ちょっとわかりにくくなっています。

BlogPaint
↑広い敷地の真ん中に石造りの邸宅。本宅とは別に台所棟や使用人棟がありますが、豪華というより質実剛健な印象を受けます。

そしてこの博物館、敷地に一歩足を踏み入れたら写真撮影禁止なんです…ただ正確に言うと、

「デジカメでの撮影はダメ、しかしスマホカメラでの撮影はOK」

よくわからないルールだね…。

BlogPaint
↑建物の中へは裏手から入ります。ここでスーッとガイドさんが付いて来たので、ガイド料取られるのかどうかわかりませんがとりあえず拒否はせず一緒に館内へ。

BlogPaint
↑建国の父ジンナーは、パキスタン国内ではカーイデ・アーザム(最も偉大な指導者)と呼ばれています。

BlogPaint
↑ここはダイニングルーム。部屋自体はそれほど広くなく、保存されている家具も特に高級なものには見えませんが、パキスタン・インドの伝統木彫りや細工が施されています。

BlogPaint
↑ここはリビングルームかな。今すぐ住めそうな心地よさを感じます。

BlogPaint
↑館内には特に展示パネルや説明があるわけではないので、やはりガイドさんに詳しい話しを聞かせてもらうのが一番いいかもね。とは言ってもガイドさんは片言の英語だったのでほとんどウルドゥー語でお話を聞きましたが…。

BlogPaint
↑壁にはたくさん写真パネルが飾ってありました。これはジンナーと奥様の写真。

BlogPaint
↑次は2階へ上がってみましょう。階段の手すりも含め全体的に英国調でステキ。

BlogPaint
↑ここはベッドルーム。ここを宿泊施設にしてくれたらぜひ泊まってみたいと思いました。柔らかい光が差し込む個人的にステキ空間。

BlogPaint
↑各部屋はどれもシンプルですが、ジンナーが晩年を過ごしたこの家に思いを馳せると、家具や壁の手触りすべてに当時の生活の息づかいを感じます。

そして実は、館内はスマホカメラでも写真撮影禁止なんです。ただ、ガイドさんにいくらかのチップを渡すことでガイドさん許可の元で撮影ができます。

カラチ市内観光というとジンナー廟や国立博物館がメインになるかと思いますが、ここも結構オススメですよ。お時間ありましたらぜひ。



名称: Quaid e Azam House Museum
場所: Fatima Jinnah Rd, Karachi
電話: 無し
開館: 9:00-13:00/14:00-16:00(月火,木,土日), 9:00-12:00(金), 水曜休館
入館料: 無料

こんにちは、とも先生です。

パキスタン旅行8日目。年末年始の冬のカラチの気候があまりにも快適すぎて、明日の夜にはバンコク行きの飛行機に乗るだなんて考えたくないw

残り2日、目一杯カラチを楽しむぞー!

というわけで、Kさんとイタリアンランチした後に一度帰宅して、午後から運転手さんと二人でお出かけしました。
カラチのコロニアルレストラン「Pompei Restaurant」
http://tomosensei.net/archives/1069451736.html
BlogPaint
↑やって来たのはピンク色の壁がかわいい「モハッタ・パレス美術館/Mohatta Palace Museum」です。

BlogPaint
大人の入場券(30ルピー=約30円)

BlogPaint
↑中へ入ると広い芝生の庭の奥にドン!まあそそり立つご立派なお屋敷!

<モハッタ・パレスをゆるりと年表的に>
1927年、インド商人によって建てられる。
1947年、パキスタン外務省の建物となる。
1964年、パキスタン建国の父ジンナーの妹ファティマらが住む。
1980年、住人がいなくなったため建物が封鎖される。
1995年、シンド州がまるごと購入し大規模改装。
1999年、美術館としてオープン。


BlogPaint
↑美術館前には(パキスタンにしては)手入れの行き届いた芝生が有り〼。カップルがアハハウフフ言いながらスマホで写真バチバチ撮ってます。

BlogPaint
↑ここは事務局として使われているようですが、昔は何の部屋だったんだろう。

BlogPaint
↑ここまで建物の外観がご立派だと内部も気になるよね!

だがしかし!

館内撮影禁止!!

入場前にデジカメスマホ関係すべて強制預け!!!


BlogPaint
↑というわけでこの美しいパンフレットをお楽しみください(涙)。

BlogPaint
↑とも先生が訪問した時(2018年1月)は、「Drawing The Line」、「Paradise on Earth 」、「Alchemist of Line」の3つの企画展をやってました。

うーん、館内すごいステキでさあ、天井も床のタイルも何もかもステキで、写真撮れなかったのがとても残念だけど満喫満喫☆

そしてこの日は、美術館の後に海沿いのショッピングモールで買い物をしてから帰宅しましたが、これはまた別の機会にご紹介しますね。



名称: モハッタ・パレス美術館/Mohatta Palace Museum
場所: Hatim Alvi Rd, Karachi
電話: +92 21 35837669
開館: 10:00-18:00(月曜休館)
WEB:

こんにちは、とも先生です。

パキスタン旅行8日目、そろそろ旅も終盤戦だよー。昨夜はサッカルからカラチに戻ってきて、Kさん家のお風呂でゆっくり温まりました。

コート・ディジー砦からサッカル経由でカラチへ戻ります
http://tomosensei.net/archives/1069451693.html
今日はKさんと2人でお外ランチ。カラチ駅そばの会員制クラブ「Railway Club」内にあるイタリアンレストラン「ポンペイ・レストラン/Pompei Restaurant」でおハイソランチしてきたよ☆
BlogPaint
↑写真の建物はイギリス統治時代に建てられたブリティシュコロニアル建築の豪邸。現在はなんと会員制スポーツクラブとして利用されているそうな!芝生の庭も広々〜だし、市内中心部にこんなゆったりした場所があるだなんて。

BlogPaint
↑落ち着いた雰囲気のカフェもありますが、今回はここではなく向かいの建物のレストランへ行きまーす。

BlogPaint
↑カラチのイタリアンレストランの中でもかなりイケてる部類に入るという「Pompei Restaurant」。スポーツクラブは会員制ですが、レストランはビジター利用もできます。

BlogPaint
↑お料理のメニューはすべて英語表記。料理に使われる食材や調理法の説明もあるのでイメージしやすいね。

BlogPaint
↑こんなステキなお店なので冷えた白ワインで乾杯〜♡なんてしたかったんだけどここはパキスタン(涙)。

極々一部の高級レストランではアルコールの持ち込みが許可される場合もありますが、このポンペイレストランは、

「完全ノンアルコール」

「アルコールの持ち込みも禁止」

という厳しいルールになっているので、ここはぐっと堪えてレモン入りスプライト(185ルピー=約185円/15%)でのどを潤しますw


BlogPaint
↑注文したお料理が来る前にテーブルにパン、ガーリックバター、バルサミコ酢入りオリーブオイルが到着。

パンうめえ!バターうめえ!店員さんに接客もスマート!ここは異世界ですか?


BlogPaint
↑まずは前菜からいただきます。店名を冠したポンペイサラダ(750ルピー=約750円/15%)は、クリスピーベーコンの香ばしさとブルーチーズのコクでぺろんと完食。

BlogPaint
フレッシュマッシュルームのグリル(750ルピー=約750円/15%)は、小振りながらも肉厚なマッシュルームに濃厚なガーリックソースがからんで、これ白ワインないとダメだろレベルの美味しさ!

BlogPaint
↑意外に思われるかもしれませんが、アラビア海に面した港町カラチではシーフードも豊富。海老とバジルのピッツァ(1,000ルピー=約1,000円/15%)は、プリプリの海老と主張しすぎないトマトソースとの相性バッチリ☆

BlogPaint
↑こちらはパンプキンブルーチーズラビオリ(850ルピー=約850円/15%)。ほんのり甘いカボチャのペーストを詰めたラビオリに、ブルーチーズソースと松の実がかかっています。濃厚な旨味の連続でお願いだから一杯だけでいいからワイン飲ませてくれー!!!

BlogPaint
↑冬期の穏やかな日ならこのようにガーデンランチを楽しむこともできます。

いやあ、市場の屋台かなんかでお腹一杯カレー食べても100円しないだろう国で、このおハイソレストランはまるで異世界でした!w

カラチにはこのようなブリティッシュコロニアル建築を利用したおハイソレストランがいくつもあるらしく、コロニアル好きのとも先生なんだか頭がクラクラしてきたよwww

カラチ滞在中、カレーに飽きたらぜひどうぞ☆



店名: ポンペイ・レストラン/Pompei Restaurant
場所: Old Railway Club, 139 McNiel Road, Cantt, Karachi
電話: +92 21 35214684
営業: 12:00-16:00/20:00-24:00

こんにちは、とも先生です。

カラチからの1泊2日プチトリップでやって来たサッカル。サッカルを基点に世界遺産モヘンジョ・ダロと巨大要塞コート・ディジー観光を満喫したので、これからサッカルへ戻り夜のフライトでカラチへ帰ります。飛行機乗り遅れないようにしなくちゃ!

街を見下ろす美しき巨大要塞「コート・ディジー砦/Kot Diji Fort」
http://tomosensei.net/archives/1069451625.html
BlogPaint
↑コート・ディジーを後にして一路サッカルへ向かいます。ここからサッカルまでは約60km、現在午後15:30。夜19:30のフライトだから間に合うよな…間に合うよねきっと。

BlogPaint
↑舗装されていたりされていなかったりの道をブイブイゆわせて走ります。

BlogPaint
↑そろそろサッカル市内に入るかなー、というところで恐ろしいレベルの大渋滞!大型トラックがまるで大名行列のようだよ!

素直に走っていたら絶対に飛行機に間に合わないよということでー。

最後のリーサルウエポン出ましたー。

対向車線逆走!!!

こりゃ速えわwww 怖いけど!!!


BlogPaint
↑パキスタン名物のギンギラトラック(デコトラ)を愛でながら車はグイグイ進みます。

BlogPaint
↑逆走のおかげでかなり早くサッカル市内に入りました。安心していたらなんや目の前に見慣れた看板が…。

BlogPaint
↑あ、あれ?!御社ってパキスタンに進出してましたっけ???

よく目を凝らしてみると「せぶんいれぶん すーぱーすとあ」って書いてあるねw


BlogPaint
↑15:30にコート・ディジーを出発して17:00にインダスゲストハウスへ戻ってきました。まだ時間があるので宿で早めのディナーをいただきます。

これはチキンビリヤニー。すっごく美味しいんだけど量が多すぎて半分も食べられず。パキスタンってみんなで大皿料理を頼んでシェアするのが一般的な食べ方だから、「一人前」って頼み方があまりできないんだよね…。


BlogPaint
↑これはチキンティッカ。見た目はパサついているけどとってもジューシーで柔らか。

写真のディナー500ルピー(約500円)


BlogPaint
↑そろそろ時間になったのでオーナーの車で空港まで送ってもらいます。薄く霞む夕陽がなんだか叙情的。

BlogPaint
↑そしてゲストハウスを出て15分ほどでサッカル空港に到着!パキスタンでは空港、港湾施設、橋などは軍事上写真撮影禁止!だけどパキスタン人スマホでバンバン撮ってるよ!ということでとも先生もこっそり1枚。

世界遺産モヘンジョ・ダロを個人旅行するためにやって来たサッカル。再び訪れる機会はおそらくないと思いますが、なかなか香ばしい経験の連続で人生の記憶に残る旅でした。

さて、それではまたパキスタン航空に乗ってカラチへ戻りまーす。




こんにちは、とも先生です。

数日前にやっちゃったギックリ腰がやっと治りつつありますが、どうやらもしかしたらただの筋肉痛だったかも疑惑。そもそも痛みの原因が自分でわからないだなんて…。とりあえず治ってきたのでもう飲みに行けまーす♡w

前回は世界遺産モヘンジョ・ダロを観光した後ドライブしながらコート・ディジー(Kot Diji Fort)という巨大要塞へやって来ました。

世界遺産モヘンジョ・ダロからコート・ディジー砦へ
http://tomosensei.net/archives/1069451555.html
今回は、19世紀に築かれたこの要塞の内部をズンズン観光します。
BlogPaint
↑コート・ディジーの正門に到着…だけど…ここ?

門は小さいし、まわりには風が吹いたら飛びそうな小さな屋台が2軒だけ。


BlogPaint
↑やはりこの門から入場だそうです。写真のトゲトゲな扉に付いている小さな扉から入ります。

BlogPaint
↑中へ入るといきなり案内図。どうやらこの要塞はかなり広いみたいだけど、まあ全部見るのは大変そうだからそこいらへんはオーナーの見繕いで。

BlogPaint
↑要塞内部はとにかく広い!冬はいいけど、夏の暑い季節に観光する場合はたっぷりの水分と帽子とサングラスと日焼け止めとタオルと冷えピタとああもう完全防備で行かないと!

BlogPaint
↑コート・ディジーの案内板。当時このシンド地方の藩王国同士の戦いに備えて1785〜1795年に築かれたものですが、結局一度も戦争に使われていないことから保存状態のきわめて良い要塞とされています。

BlogPaint
↑それでは緩やかな階段を上りズンズンと奥へ。

BlogPaint
↑200年以上経っているのにとても状態がいいよ。

BlogPaint
↑まだまだ上ります。頂上までにはトゲトゲの扉をいくつも通過しなければなりません。

BlogPaint
↑そろそろ疲労が肩と腰にキ始めた頃(実際そんなに上ってないんだけどw)やっと全体が見えてきました!

BlogPaint
↑到着〜!うん!誰もいない!

この巨大要塞、国の文化財ではなくなんと「個人所有」なんだそうです。

なので、至るところに修復の必要な箇所がありましたが費用の問題でなかなか進まないんだとか。だってこんなデカい要塞を相続できる?維持できる?www

BlogPaint
↑要塞壁の内部。ここは何に使っていたんだろう。

BlogPaint
↑写真右奥のこんもりとした丘は、インダス文明の前に栄えた先史文明の集落跡といわれる場所で、お好きな方にはたまらないだろうね。

BlogPaint
↑要塞から見下ろすコート・ディジーの街は、大きめのオアシス都市といった風情。写真中央の小さな丘に建つ宮殿が、このコート・ディジーの所有者のお宅だそうな。

BlogPaint
↑のどかな風景だけど、冬のパキスタンの空はお天気でも霞んでいてどこか幻想的。

BlogPaint
↑要塞の一番高いところへ上ってみました!高所恐怖症だけどな!

BlogPaint
↑最後にお約束のパキスタン人と記念撮影。若い頃のチャック・ノリスみたいなお兄さんと。

このコート・ディジーは、日本からのパッケージツアーで世界遺産モヘンジョ・ダロとセットで必ず訪れる観光スポット。個人旅行だとほんのりアクセスが面倒なので、ご興味があればぜひツアーでどうぞ☆

さあ、観光を終えてサッカルへ戻ります。今夜のフライトに乗らなくちゃ!



名称: コート・ディジー砦/Kot Diji Fort
場所: モヘンジョ・ダロから約85km、サッカルから約60km
電話: +92 21 99212126
開館: 8:00-18:00
WEB:

↑このページのトップヘ