こんにちは、とも先生です。

春休みのインドネシア旅行。バンダネイラを出発してハッタ島という小さな島へやって来たとも先生。あいにくお天気はイマイチなんだけど、キレイな海が目の前という「ハッタ・バンガロー/Hatta Bungalow」にチェックインしました。

離島のバンガローがどんなものかご紹介しますね。
BlogPaint
↑バンガロー目の前の海はめためたにキレイなんだけどあいにくの曇り空で雨…。

BlogPaint
↑バンガロー自体はまだ新しくて清潔だったので即決。バンガロー1泊3食付き(300,000ルピア=約2,350円)

BlogPaint
↑室内は本当に何もないのw シンプルなベッドに蚊帳、あとはテーブルと椅子があるだけ。

BlogPaint
↑蚊帳もまだ新しくて穴も空いていなかったので快適ー。

BlogPaint
↑コンセントそばにテーブルがあったのでここでパソコン作業しました。

BlogPaint
↑インドネシアのコンセントはこんな形。日本のはそのまま使えないので変換アダプターが必要だよ。

ちなみに電気は毎日18:00-22:00の4時間のみ使えます。この時間内にバッテリーの充電をしないとね。

BlogPaint
↑ビーチフロントなので、お天気の日は室内もかなり明るいよ。

BlogPaint
↑バスルームはインドネシアスタイル。トイレは洋式ですが自分でお水をくんで流します。シャワーはお水だけでお湯は使えません。

BlogPaint
↑バンガローのテラス。テーブルに椅子、あと洗濯物を干すためのロープもあるよ。

BlogPaint
↑テラスにはミネラルウォーターのタンクがあって、お水、コーヒー、紅茶は好きな時に自由にいただけます。これも宿泊料金に含まれているよ。

BlogPaint
↑晴れた日のお部屋の目の前。好きな時にビーチエントリーでシュノーケリングが楽しめるの最高だったよ!

2018年4月現在、ハッタ島には6軒のバンガローやホームステイがあり、立地によって3食付きで1人250,000〜300,000ルピアでした。現在建設中の宿もいくつかあったので、今後さらに快適な滞在ができるようになるのかなあ…でも今のままがいいなあw


名称: ハッタ・バンガロー/Hatta Bungalow
場所: Pulau Hatta, Maluku, Indonesia
電話: 無し