とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:バス

こんにちは、とも先生です。

今年の夏休みは3年ぶりのスリランカ旅行へ行ってきました。

今日は、2泊したスリランカ北東部の港町トリンコマリーを後にしてコロンボへ戻ります。

本当は今夜の夜行寝台列車でコロンボへ行きたかったんだけど満席も満席でチケットが買えず…かといってコロンボまでの直通夜行バスでは腰が耐えられないだろうしどうしよう…。

というわけで、とも先生がとったプランは「途中休憩」。トリンコマリーからコロンボの間の街に1泊して、ホテル予約済のニゴンボへ明日移動しようというプラン。
BlogPaint
↑とりあえずゲストハウスをチェックアウトしてトゥクトゥク(150ルピー=約110円)でバスターミナルへやって来ました、時刻はまだ朝6時すぎ。

BlogPaint
↑バスの時刻表とにらめっこしてとりあえずアヌラーダプラという街まで行くことに決定。世界遺産にもなっているスリランカの古都アヌラーダプラにはまだ行ったことないからほんのり楽しみだよ。

BlogPaint
↑トリンコマリー発アヌラーダプラ行きのバスは毎日朝7時発。835番のバスですよ。

BlogPaint
↑バスが来るまでの間、ゲストハウスで用意してくれた巨大ツナサンドとバナナで朝ご飯。ツナサンドがあまりにも大きすぎて午後になっても全然お腹空かなかったよw

BlogPaint
↑そうこうしているうちに835番のバスがターミナルに入ってきました。

BlogPaint
↑運転手さんが「まだ出発しないけど中で待っとけー」というので一番乗りに乗車して車内待機。

オンボロバスを覚悟していたけど全然オッケーな感じ。座席はちょっと狭いけどねw

BlogPaint
↑一応朝7時発ってことにはなっているけど…お客さんがなかなか集まらないみたいで結局出発したのは朝7:30。

トリンコマリー市内は各バス停に停まるので市内を抜けるまでめちゃくちゃ時間かかったよ。

BlogPaint
↑トリンコマリーからアヌラーダプラまでのバスチケット(192ルピー=約130円)

アヌラーダプラまで約106kmの道のりです。

〜そしてバスはずんどこずんどこ田舎道を走り〜

BlogPaint
↑ちょうど3時間後の午前10:30にアヌラーダプラの駅近くでバスを降りました。

もしかしたらコロンボ行きの列車があるかもしれないからちょっと駅をのぞきに行こうテクテク。

BlogPaint
↑アヌラーダプラ駅。けっこうデカいね。

BlogPaint
↑駅のチケットカウンターで次の列車の時刻を訊こうとしたら、10:50発のコロンボ行きがあるとのこと!すぐの発車じゃん!だったら今日中にコロンボまで行っちゃえ!

BlogPaint
↑というわけでアヌラーダプラ発コロンボ行きの2等列車チケット(290ルピー=約200円)を購入。

アヌラーダプラ10:50発-コロンボ16:05着、206.8kmの道のりを5時間15分かけて走ります。

BlogPaint
↑駅のホームで待っていると10:50発の5865号が入線してきました。

BlogPaint
↑3等車のシート。リクライニングはないけどまあなんとか耐えられるレベル。

ただ…今回うっかりしていたのが「座席予約をしていない」。発車直前のチケット購入だったので仕方がないのですが、2等車自由席はもう人であふれていてとてもじゃないけど座る場所なんてありゃしないw

というわけで2等車のチケットを買ったけどガラガラの3等車に乗ってコロンボへ向かうよ。

途中から満席になったけど、座席を確保できただけでもラッキーだと思わなきゃね☆

BlogPaint
↑列車は10:50ぴったりの定刻にアヌラーダプラ駅を出発し、のどかな風景の中を一路コロンボへ走ります。

BlogPaint
↑とも先生のひざの上で当然のような顔をして昼寝しやがったお子たちw

3等車はにぎにぎやかやかしていて旅に触れ合いを求める人にはうってつけ。

スリランカ人ファミリーと相席したので、お菓子をあげたりもらったり、アイスを買ってあげたり買ってもらったり、おしゃべりしたり写真撮りっこしたりと、普段のとも先生では考えられない触れ合いをしましたw

BlogPaint
↑そしてそろそろコロンボかなーって近郊の駅で列車は急停止、え?!?!

何かトラブル起きた系アナウンスしているけどシンハラ語だからわかんないよー、とアワアワしていたら近くのおじさんが手招きで列車から降りるように教えてくれたよ。

どうやらこの駅でコロンボ行きの別の通勤列車に乗り換えるみたい…。

BlogPaint
↑おじさんがコロンボ駅まで付きっきりで面倒見てくれたので(言葉通じなかったけど)、無事にコロンボ・フォート駅に到着!約1時間遅れの夕方17:15到着でーす。

さて、今夜はコロンボに1泊するよ。泊まってみたかったホテルに1泊するよ。



こんにちは、とも先生です。

今年の夏休みは3年ぶりのスリランカ旅行へ行ってきました。

スリランカ北部最大の街ジャフナの滞在を終えて、この日は東部にある軍港の街トリンコマリーへ移動します。

ジャフナからトリンコマリーへは距離にして約240km。直通バスが走っているのですが、状態の良くない道を状態の良くないバスで走るらしく…所要8-10時間にとも先生耐えられなさそう。


というわけで、ジャフナからバブニヤという街まで列車で移動し、バブニヤからトリンコマリーまでをバスで移動して身体への負担を少しでも軽くする作戦に出ましたw だって腰痛持ちなんだもの。
BlogPaint
↑まだ日も上らない明け方のジャフナ駅。ゲストハウスのオーナーがバイクで駅まで送ってくれました。

BlogPaint
↑一昨日買っておいた列車のチケット。ジャフナ早朝5:56発の特急列車インターシティでバブニヤという街へ向かいます。

ジャフナ発バブニヤ行きインターシティ2等車(450ルピー=約320円/予約手数料込み)

BlogPaint
↑駅は列車待ちの乗客でにぎやかー!今回も定刻通りに列車がやってきました、しゅごい!

BlogPaint
↑この列車には1等車の設定は無く2等と3等のみ。とも先生は2等車に乗りましたが、エアコン無しでもけっこう快適。

BlogPaint
↑ドアを開けたまま爆走するの、眺めはとてもいいけど日本ではあり得ないよねw

BlogPaint
↑インターシティは約140kmの距離を1時間半で走りバブニヤ駅に到着。ホームを出る時に列車のチケットが必要になるので途中で捨てちゃダメですよー。

BlogPaint
↑とっても小さなバブニヤ駅舎。駅前に何も無くてちょっと焦りましたが、流しのトゥクトゥクが頻繁に走っていたので日中は問題無いかも。

BlogPaint
↑トゥクトゥクに乗ってバブニヤのバスターミナルへ向かいます。

トゥクトゥク(150ルピー=約110円)

BlogPaint
↑10分ほどでバスターミナルに到着。意外と大きなターミナルでビックリ。

BlogPaint
↑ターミナル内にはお菓子や飲物を売る売店、有料トイレが有り〼。

BlogPaint
↑バスターミナルには行き先などの詳細案内が見当たらなかったのですが、各バスにバス番号と行き先が英語で書いてあるので助かるー!

BlogPaint
↑マンナール発バブニヤ経由トリンコマリー行きのバスは88/6番。チケットはバス車内で係員から購入します。

約100kmの道のりを走るのにバスチケット(155ルピー=約110円)は激安料金。

BlogPaint
↑車内にはエアコン無いし座席も狭いけど、ラッキーなことに隣りが空席だったのでゆったり気分で乗れたよw

BlogPaint
↑9:00にバブニヤを出発したバスは11:30にトリンコマリーのバスターミナルに到着しました。約2時間半のバス旅。

さて、これから2泊するトリンコマリーのゲストハウスへチェックインしまーす。

こんにちは、とも先生です。

タイの4連休を利用してやってきたインドネシア・西スマトラ州のサワルント。

町並みが非常に気に入ったのでもっとゆっくりしたかったのですが、3泊4日で3都市を巡る弾丸ツアーのため1泊でサワルントを離れます…。

前日、パダンの空港からタクシーを飛ばしてやってきたサワルントですが、さて帰りはどうしようw

サワルントはとても小さな町なのでタクシーなんて走ってないし、Grabなんて1台もいやしない。

というわけで、とも先生はローカルバスに乗ってパダンへ向かいます!
BlogPaint
↑サワルントのバスターミナルは町の中心なので間違えることはないよ!机に座っているおじさんからパダン行きのバスチケット(20,000ルピア=約160円)を買います。

BlogPaint
↑パダンとサワルントを結ぶローカルバス会社。

【PT. Jasa Malindo Ibu】
スケジュール: 朝7:00〜日没前まで30分おきに運行。ただし乗客の数によって多少変わる。
所要時間: 約2時間半
料金: 20,000ルピア
予約・問い合わせ: 0751-39611(パダン)、081-363429154(サワルント)

BlogPaint
↑これがチケット。意外にもオペレーションしっかりしてます。

BlogPaint
↑これがパダンまで行くバス。キティちゃんのマイクロバス。

BlogPaint
↑8:00発のチケットを買いましたがやはり出発は8:30w でも30分の誤差なんてインドネシアでは定刻と一緒。途中でお客さんが乗り降りするだけで余計な寄り道などは一切なく、エアコンも効いていて快適〜。

BlogPaint
↑そして出発からぴったり2時間半後の11:00に、パダン市内のシンパン・ハル/Simpang Haruという場所で降ろされました。パダンからサワルントへ行く場合も、このシンパン・ハルから出発するそうです。

【パダン〜サワルントのアクセスを簡単にまとめ】
<往路>
1)パダン空港→サワルント: エアポートタクシーで3時間、約500,000ルピア。
2)パダン空港→シンパン・ハル: エアポートタクシーで30分、約100,000ルピアのシンパン・ハル→サワルント: ローカルバスで2時間半、20,000ルピアで計120,000ルピア。
<復路>
サワルント→シンパン・ハル: ローカルバスで2時間半、20,000ルピアのシンパン・ハル→パダン空港: タクシーで30分、約100,000ルピアで計120,000ルピア。

唯一のネックはシンパン・ハルでどのくらい待ち時間があるかですが、タクシーとバスを組み合わせるのが一番安いね。何人かいたらパダン市内で車をチャーターしちゃうのが一番楽かな。



こんにちは、とも先生です。

プノンペンでコロニアル観光を満喫した翌日、とも先生は次の目的地「カンポット/Kampot」へ向かうためにバス会社のオフィスへやってきました。

本当はビーチリゾートのシアヌークビルへ行こうと思っていたんだけど、カンポットにフランス植民地時代の建物がわんさか残っているとのことで予定変更w
BlogPaint
↑Giant Ibis社のバス発着場はナイトマーケットの向かい。事前にネット予約すると、市内の滞在ホテルまでお迎えサービスがあるのはうれしいね。

ちなみに、プノンペン→カンポット間はネット予約で10ドルでした。

ジャイアント・イビス/Giant Ibis
http://giantibis.com/



BlogPaint
↑朝8時出発のバスなのですが、シアヌークビル行き、ケップ行き、ホーチミン行きの国際バスなどの出発が入り乱れて、しかもスタッフがきちんとアナウンスしないもんだからお客さんたちオロオロしながら右往左往💦

BlogPaint
↑カンポット行きのバスに乗り込んでやっと一息。このミニバスは17人乗り。ネット予約で事前座席指定ができるので、一人旅の人は写真のように右側のおひとりさま席を選ぶとゆったりできますよ。

BlogPaint
↑足元にはけっこう余裕があって楽チン。手作り感あふれるコンセントも装備されているので、スマホやタブレットを充電しながらバス旅が楽しめますね。

BlogPaint
↑車内には無料Wifiもありますが、とも先生はプノンペンの空港でSIMカードを買ったのでWifi接続チェックはしていません。が、近くに座っていたフランス人は「全然つながらねえよ!」と言ってましたw
カンボジアのSIMカードを買って使ってみたよ
http://tomosensei.net/archives/1070012430.html
BlogPaint
↑バスは定刻より20分ほど遅れてプノンペンを出発。出発してすぐにチョコデニッシュとお水が配られました。ブルーパンプキンてカンボジアで有名なパン屋さんみたいだよ。油っぽくなくて美味しかった。

BlogPaint
↑渋滞に巻き込まれてプノンペン市内を出るのに時間がかかりましたが、それさえクリアすればあとはスイスイー!のどかな風景をひた走り、プノンペンから約150kmのカンポットを目指します。

BlogPaint
↑ちょうど中間地点でトイレ休憩。簡単な売店があったのでお菓子やジュースの調達もできるよ。

BlogPaint
↑延々とのどかな景色が続くんだけど…道端のゴミの量がすごい!!!特に農村部のおびただしい量のペットボトルやスーパーのビニール袋らしきゴミがもう鬱になりそうなレベル(涙)。

BlogPaint
↑そしてお昼を少し過ぎたあたりでカンポットに到着!同じGiant Ibisのカンポットオフィス前で降ろされるので、ここから徒歩かトゥクトゥクでホテルへ向かいます。

朝8:20にプノンペンを出発してカンポット着が12:05だったから所要3時間45分だね。バス会社のWebsiteには所要2時間半って書いてあったけど、まあ無事に着いたしオケw

それではこれから予約したホテルにチェックインするよー。



こんにちは、とも先生です。

備忘録振り返り旅行記パキスタン編

*すべて2003年10月当時のお話です。旅行情報的にはまったく役に立たないかと思いますので参考にしないでくださいね☆
BlogPaint
↑今日はカリマバードから日帰りで、中国との国境であるフンジュラーブ峠/Khunjerab Passまで行きます。5人グループなのでワゴン車で出発。

BlogPaint
↑出発してすぐに動物さんとすれ違う。この子たちは…牛でもないし…ヤク?

BlogPaint
↑しばらく走ると村があったので、お子たちとのふれあいを求めて途中休憩。

BlogPaint
↑村の小学校を見学させてもらいました。パキスタンの中でも北部地域はけっこう援助が入っていて、学校教育もしっかりしているそうです。

BlogPaint
↑北部だけにいろいろ混ざっていてお子たちの顔もオリエンタル。金髪紺碧の子もちらほら。

BlogPaint
↑こちら一般家庭見学〜。土壁の温かそうなお家。

BlogPaint
↑中では絨毯織ってました。でも強引に売りつけられるわけでもなく、全然商売っ気なかったな。

BlogPaint
↑車は休憩を挟みながらどんどんどんどん標高を上げていき

BlogPaint
↑そろそろ国境に近いのではないか、という感満々の写真。

BlogPaint
↑国境はもう少し先ですが、パキスタンを出国する人は国境手前の街で出国審査を受けます。

BlogPaint
↑カリマバードを出発してから約4時間半、中国パキスタンとの国境、世界で一番標高の高い国境と言われるフンジュラーブ峠に到着!

BlogPaint
↑ここから中国側の街タシュクルガンまで約70km、すぐだね!

BlogPaint
↑10月ですが、あたりは一面雪景色!でもそこまで寒くない。

BlogPaint
↑国境で記念撮影。ゆっくり歩く分には問題ないのですが、ちょっとでも激しく動くと息が切れます、そうここは標高4700m。

BlogPaint
↑国境。右が中国、左がパキスタン。

BlogPaint
↑これは中国〜パキスタン間を走る国際バスですな。いつか乗ってみたいなあ、と思いつつカリマバードへ戻ります。


↑このページのトップヘ