とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:ハッタ島

こんにちは、とも先生です。

春休みの旅行でやってきたインドネシアの「ハッタ島/Pulau Hatta」。あの有名なウォーレス線を発見したイギリスの博物学者であり生物地理学の父、アルフレッド・ウォーレスが

「世界で最も美しい海」

と絶賛したバンダネイラの海を、シュノーケリングで満喫しました☆
BlogPaint
↑ハッタ島2日目の朝はこんなにお天気〜♪ 島のビーチは北側なので朝日も夕日もほとんど見られないんだけど、でもみんな早朝からお散歩しているよ。

BlogPaint
↑部屋のテラスで朝ご飯食べ終わってちょいと休憩していたらもう目の前のビーチがピカピカになってさ!

BlogPaint
↑うれしくて興奮して、思わず一眼デジ持ったまま海に入っちゃったよ! 危ない危ないw やっぱりお天気じゃないとこの海のキラキラ感は出ないよね!

BlogPaint
↑というわけでシュノーケリングマスクとフィンをレンタル(50,000ルピア=約390円)して早速部屋の前のビーチからエントリー。

部屋から2分でこの景色!!!w

BlogPaint
↑ここまでキレイな海だとGoPro必須ですよね!忘れたら悲しいだけじゃ済まないよ。日射しが強いので着衣のままシュノーケリングです。欧米系のお客さんはみんなラッシュガード持ってる。

BlogPaint
↑マスクしながらうっとりため息の連続。

BlogPaint
↑ハッタ島の特徴は、ビーチからエントリーしてちょっと泳ぐだけですぐにドロップオフなの。特に危険生物もいないし潮の流れも穏やかだし、沖まで行かなければ安心して楽しめます。

BlogPaint
↑アンボンからやってきたというインドネシア人ファミリーもカメラ片手に大興奮!しばらく一緒にシュノーケリングを楽しみました。

BlogPaint
↑遊び疲れたらバンガローに戻って休憩、お昼ご飯食べたらまたシュノーケリング、めっちゃ贅沢〜☆

BlogPaint
↑この日も雲が多かったけどなんとかほんのりサンセットを拝むことができました。

1週間くらいこの島でのんびりしたいところだけど、この後バリ島旅行も控えているし、明日はバンダネイラに戻りまーす。


こんにちは、とも先生です。

春休みの旅行でやってきたインドネシアの「ハッタ島/Pulau Hatta」。実はこの島、お菓子などを売る雑貨屋さんはあるものの島内にレストランが一軒もないんです!じゃあ食事はどうするの?

ハッタ島のようにまだ訪れる観光客の少ない、観光開発がこれからの島では、泊まっている宿で食事を用意してもらうのが基本で、宿泊料金に最初から朝昼夕の食事が含まれているんです。

ここでは、ハッタ島で食べた島ご飯と島滞在の時のちょっとしたアドバイスを☆
BlogPaint
↑朝食(7:00)。黒糖パン、クレープの黒糖ココナツ巻き、パパイヤ、紅茶。

BlogPaint
↑クレープはパンダンという甘い香りのする葉を生地に混ぜるので緑色になります。中には黒糖シロップで和えたココナツフレーク。

BlogPaint
↑毎朝手作りするというほんのり甘い黒糖パンはすんげえ美味しかった!

BlogPaint
↑昼食(12:00)。青魚のスパイス煮込み、空心菜のスープ、青パパイヤの酢漬け、ご飯。

BlogPaint
↑ぷっくり太った新鮮なお魚はシナモンなどのスパイスと一緒に煮込まれていて美味しい。空心菜のスープも揚げニンニクが効いていて元気が出そう。

BlogPaint
↑夕食(19:00)。揚げ魚のスパイシー煮込み。野菜スープ、ミーゴレン、ご飯、バナナ。

BlogPaint
↑お魚はこってり濃厚な味付けでご飯がすすむー。インドネシアではインスタント麺の焼きそばも立派なおかずの一品として扱われますw

BlogPaint
↑デザートのバナナは翌日以降のおやつにしてもいいね。でもアリに注意!

島の食事は魚がメイン。島のあちこちでニワトリが放し飼いになっていたので、追加料金を払えば鶏肉の料理も出してくれると思います。長期滞在したいけどお肉がないと嫌!という人は、あらかじめコンビーフや缶のソーセージなんかを持って行ったらいいと思うよ。あと小パックの醤油やマヨネーズなんかあると味に変化が出て飽きないかもね。

・島なので魚が基本
・お肉が食べたい人は追加料金
・保存の効く缶詰や瓶詰めの肉製品を持って行ってもいいね
・調味料を持参すると味に変化が出て飽きないよ
・島内で買える食料品は水、ジュース、お菓子程度



こんにちは、とも先生です。

春休みの旅行でやってきたインドネシアのバンダネイラ。さらにボートで1時間の「ハッタ島/Pulau Hatta」へ移動したはいいのですが、あいにくのお天気で到着日からしとしと雨…。
バンダネイラからハッタ島へ
http://tomosensei.net/archives/1070822194.html
シュノーケリング目的で来たのにこんな天気じゃ気分も下降線…ってなる前に気分を切り替えて島内をお散歩してみることにしたよ!
BlogPaint
↑ハッタ島には、旅行者向けのバンガローやダイビングショップのあるカンプン・ラマ/Kampung Lama(旧集落)と、1kmほど離れたカンプン・バル/Kampung Baru(新集落)があります。

BlogPaint
↑カンプン・ラマにはオランダ統治時代の古い建物が一軒残っていました。近所のおじいさんおばあさんに聞いたら、具体的な年代は分からないけどずーっと前からあった、とのこと。

許可を得て中や裏側も見せてもらいましたが、この建物が当時何に使われていたのかは不明。現在は洗濯物干場になっていましたw

BlogPaint
↑ハッタ島には小さなSMP(中学校)がありました。小学校もあるのかな?

BlogPaint
↑カンプン・バルへ向けて歩くと、このようにところどころ壊れた道が。工事が不十分だったのかもしれないけど、危ないから気をつけてね。

BlogPaint
↑海沿いに自分たちでバンガローを建ててほぼ住んでいる状態の欧米人たちもいるそうです。お好きな人にはたまらない環境かもね。

BlogPaint
↑道はキレイに舗装されていてとても歩きやすい。オランダ統治時代にプランテーションの島として開発されたので、森の中はナツメグとクナリ(インドネシアのナッツ)の木だらけ。

BlogPaint
↑カンプン・バルという集落に到着。至るところに咲く花や手入れされた緑、きちんと区画整理された集落の風景はとても美しく、観光ポイントなどひとつもないのだけどゆっくりお散歩させてもらいました。

BlogPaint
↑ここは集落のボート発着場。観光客がこの発着場を利用することはありませんが、ここのビーチも晴れていたらかなりイケてると思います。

BlogPaint
↑夕方になり少しずつ雲が晴れてきたのでバンガローへ戻り、ビーチでほんのりかすかなサンセットw これはこれで好きだよ(負け惜しみ)。

次回はハッタ島の食事事情についてお話します。



こんにちは、とも先生です。

春休みの旅行でやってきたインドネシアのバンダネイラ。とってもステキな島なのですが、今日はボートに乗って他の島へ2-3泊しに移動します。

目指すは「ハッタ島/Pulau Hatta」

電波が届かないからスマホが使えなくて、電気も夜の数時間だけという秘境感あふれる小さな島ですが、美麗海のシュノーケリングやダイビングで最近人気が出てきている注目のディスティネーション♡

ただ…ハッタ島へ行くローカルボートは週2便のみ…それ以外はチャーターするしかないそうで、とも先生はどうしようどうしようと困っていたのですが、バンダネイラで泊まったホテルのオーナーABBAさんが「今日ホテルの日帰りシュノーケリングツアーでハッタ島行くから一緒に乗っていきなよ」と言ってくれたのでお言葉に甘えることに。
BlogPaint
↑シュノーケリングツアーのみなさんと一緒に港までてくてくお散歩。とも先生はハッタ島に泊まるので荷物が重たいぜw

BlogPaint
↑この日のツアーは、スペイン、オランダ、フランスのご夫婦だったり家族だったり総勢9名。午前10:00に港を出航しましたが…天気良くないよねw

BlogPaint
↑とりあえず波は穏やかなのでシュノーケリング開始!うおおおおおお!キレイなんだけど!買ったばかりのカメラの使い方がよく分かってなくって写真がほとんど過剰な青!w

BlogPaint
↑前もって撮影の練習少しでもしとけばよかった!通常モードと水中モードの違いってなんだよ!でも海はメタメタにキレイ!

BlogPaint
↑かなり興奮しながらシュノーケリングを楽しんでいたんだけど!気付いたらお空が地獄の前触れのように悪い色になってきたよ!

BlogPaint
↑吹く風も少し冷たくなってきたので、まだお昼ちょい過ぎだけどハッタ島へ上陸することに。

BlogPaint
↑とも先生はハッタ島に宿泊するので、ハッタバンガローのビーチフロント部屋にチェックイン!

だがしかし!雨がかなり降って来て波もほんのり荒くなってきたので、日帰りツアーのみなさん帰るに帰れずしばしバンガロー雨宿り休憩。

とも先生のバンガローのテラスにみんな集まって、ツアーのお弁当食べてお茶飲んでおしゃべりして雨が止むまで過ごしたよ。

でも…天気はどうしようもないけど…せっかく海に来たし晴れてほしいなあw



こんにちは、とも先生です。

春休みの旅行はいろいろな用事を兼ねてインドネシア周遊。

ほぼリアルタイム的な旅をちょこちょこアップしていきまーす。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

4月4日(水)

昨夜は深夜の大雨がなかったからか静かで、のんびり8:00過ぎに波の音で目覚める。
テラスへ出るとめっちゃお天気!うれしい!海キレイ!やはり海は天気じゃないとな!

ハッタ島/Pulau Hattaの宿の朝食
↑朝食は、黒糖パン、黒糖シロップ入りもっちり米粉クレープ、パパイヤ、朝から炭水化物たっぷりだけどwどれも美味しくて完食。

ハッタ島/Pulau Hattaはビーチからすぐでこんな海!
↑洗濯をしてから午前中は部屋の前の海でシュノーケリング。ビーチエントリーで数メートル入っただけでこんな感じ!めっちゃキレイ!

アンボンから旅行でやって来たインドネシア人グループもみんな「キレイキレイ!」ってはしゃいでたよ。

ハッタ島/Pulau Hattaの宿はほとんどビーチフロント
↑ランチ後、午後は気が向いたらシュノーケリングして疲れたら休憩して、昼寝して、気が向いたらまたシュノーケリングして、の繰り返し。贅沢だね。

ハッタ島/Pulau Hattaの夕陽
↑2日目の夕陽はバッチリ!

ハッタ島/Pulau Hattaの宿の夕食
↑19:00からの夕飯は、魚ハンバーグ、人参入りのパンケーキ、野菜スープにご飯。やっぱり島だから魚が美味しいけど、お肉大好きな人には毎食魚は辛いだろうなあ…。

ハッタ島は2泊の予定なので明日バンダネイラに戻りたいんだけど…でも船があるかなあ。



↑このページのトップヘ