とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:ティーハウス

こんにちは、とも先生です。

乾季に入った12月のさわやかなタイ。国内線航空券がめためたに安かったので、数年ぶりに北部タイ(チェンマイ&ランパーン)を2泊3日で一人旅してきました🌟

チェンマイは、バンコクよりものんびりとしたゆっくりとした雰囲気が好き。普段カフェでお茶などしないとも先生でも、よさげなカフェを見つけたらふらっと入ってゆっくりしたくなるわけですよ。

というわけで「ラミン・ティーハウス・サイアムセラドン/Raming Tea House Siam Celadon」というお店でゆっくりしてみました。
BlogPaint
↑お店はターペー通り沿いにあります。ターペー門から約600m、徒歩8-10分ってとこかな。

BlogPaint
↑実はこのお店、1915年に建てられた総チーク材の古い木造建築なんです。ランナー様式とコロニアル風建築の折衷型とされています。

BlogPaint
↑お店に入るとセラドン焼き(タイ北部の青磁器)のショップがあり、そこをズンズンと奥へ進んで行くと。

BlogPaint
↑うっほほほほほほーっ♡なんともステキな空間が広がっています。窓から差し込む日射しがとても柔らかくて、ここで口説かれたらすぐに堕ちる自信ある!

BlogPaint
↑うわあぁ!このテラス席もステキだよう!で、どこに座ろうか迷っているとも先生に「今日はお天気が良いからガーデンにすれば?」とスタッフのおばさまからのアドバイス。

BlogPaint
↑ということでガーデン席に落ち着きました。ちょっと暑いけどw雰囲気は良し!

BlogPaint
↑メニューは一部写真付きで、英語表記もあるから注文は簡単かと思います。タイ料理が基本でそんなに高くないかも。

BlogPaint
↑とも先生はおひとりさま用ハイティーセット(190バーツ=約650円)を注文。ハムチーズのトーストサンドウッチに、ケーキ、サラダ、フレッシュフルーツと好みの紅茶がセットになっています。

BlogPaint
↑ボリューム満点なんだけど、味は…まあ…うん…って感じですた。サンドウィッチはまあ美味しかった。

あと、お皿やミルクピッチャーがステキなセラドン焼きなのに、ティーカップ(デカい)だけがスーパーの見切り品で買ったようなものだったのが残念、いや別にこだわりとかないんで本当は残念じゃないけど。

どうやら…お料理の評判はそれほどでもないみたいです。ただお店の雰囲気はめっちゃくっちゃ良いので、ぜひここでお茶休憩してみてください!


店名: ラミン・ティーハウス・サイアムセラドン/Raming Tea House Siam Celadon
場所: Thapae Rd, Tambon Chang Mai 50300
電話: 053-234518
営業: 8:30-18:00
URL: https://web.facebook.com/Raming-Tea-House-Siam-Celadon-306947066109172/

こんにちは、とも先生です。

2018年10月1日から日本人のミャンマー観光ビザが免除になったよー!

というわけで、先月の話しですが週末を利用してちょいとミャンマーへ行ってきました。

ヤンゴン3日目の最終日は、バンコクへ戻るフライトが夕方なので午前観光の後にミャンマーカレーランチを堪能。
ギャラリーレストラン「パンスリヤ/Pansuriya」
http://tomosensei.net/archives/1072916925.html
その後再びお散歩しながらコロニアル建築を愛でていたのですが、外は暑いしちょっとビールでも♡というわけでやって来たのは「ラングーン・ティーハウス/Rangoon Tea House」です。
BlogPaint
↑古いコロニアル建築を利用したお店はスーレー・パゴダそば、Pansodan Rd沿いにあります。

BlogPaint
↑メニューは写真無しですが、英語表記で料理の説明も書いてあるのでわかりやすいよ。

ランチタイムの過ぎた午後にお邪魔しましたが店内みっちみちの満席!なので店内写真ありません。

BlogPaint
↑まずは生ビール(大グラス)でカンパーイ☆ミャンマーのレストランはお冷やを出すのがデフォなのかな?

BlogPaint
↑よく考えたらミャンマーの有名な麺料理を食べていないことに気付いたとも先生は、さっきランチしたばかりなのに「モヒンガー」を注文。

だってまだ食べていなかったんだもの、仕方ないじゃんね。

BlogPaint
↑これはナマズのダシでとったスープに米麺や揚げ物、練り物を合わせていただくミャンマー(ビルマ)料理。このお店のモヒンガーは、ナマズを含めた計4種類の魚でダシをとっているという豪華版。

スープの中に麺やおかずを入れていただきますが、ほわんと優しい味でとも先生は大好きになりました♡

BlogPaint
↑さっきランチしたばかりなのにデザートまで食べちゃうよ。これはローズウォーターのゼリーにミルクやアイスクリームを合わせたパフェのようなデザート。ただ、これはちょっと…というレベルで甘さが控え目すぎてイマイチかなw

写真のお料理でお会計(だいたい13,000チャット=約920円)

店内はエアコンがきっちり効いているので外国人観光客だけでなく地元の人にも大人気!立地も良いので観光の合間のランチやお茶休憩にいいと思うよ!ただすっごい混んでる!


店名: ラングーン・ティーハウス/Rangoon Tea House
場所: Ground Floor, 77-79 Pansodan Rd (Lower Middle Block), Yangon
電話: +95 9 979 078681
営業: 7:00-22:00(日-木),7:00-24:00(金土)
FB: https://web.facebook.com/RangoonTeaHouse/

↑このページのトップヘ