とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:ツーリスト

こんにちは、とも先生です。

中国の汕頭(スワトウ)旅行を終えて間もない先月、何気なーくチェックしていたエアアジアの特典航空券に偶然週末の空席があったので!思わず!発券を!してしまいましたカンボジアw

今までカンボジアは、アンコールワットを見にシェムリアップしか行ったことないんだけど、今回は首都のプノンペンとカンポットという小さな街を巡りました☆
BlogPaint
↑バンコク・ドンムアン空港から出発ー。最近旅行ばかり行っているとも先生w

BlogPaint
↑バンコクからわずか1時間でプノンペンへ到着ー!なんだけど大雨!今乾季のベストシーズンのはずなのに初日から雨かよおい!

BlogPaint
↑空港でビザ取って入国審査も問題無くて到着ロビーに到着。まずはネット確保のためにSIMカード買わねば。

BlogPaint
↑右奥にSIMカードを売る各社カウンターが並んでいるのですが、料金的に一番安いかなーと思った「セルカード/CELLCARD」という会社のSIMを買ってみるよ。

BlogPaint
↑セルカードの空港カウンターで販売している旅行者向けSIMカードは2種類。

(2ドル): ネット1400MB分、有効期間7日間
(5ドル): ネット3000MB分、有効期間30日間


とも先生は2ドルのSIMカードを購入。

パスポートと自分のスマホを渡すと10分ほどで開通させてくれました。ただ、SIMの入っていたパッケージはくれなかったので現物写真はないよ。

BlogPaint
↑プノンペン市内中心部のホテルの部屋で回線速度チェックした結果。

BlogPaint
↑カンポット市内中心部のホテルの部屋で回線速度チェックした結果。

もう十分!動画もスムーズ!2ドルだし文句なんてないよ!ありがとうセルカード!

次回はプノンペンで泊まった中級ホテルをご紹介しまーす。



こんにちは、とも先生です。

この年末年始、お世話になった方を訪ねになんと12年ぶりのパキスタンへ行ってきました!

バンコク駐在などでパキスタン出張へ行かれる方はすでにビザ関係ご存知かと思いますが、ここではパキスタンへ観光旅行へ行くタイ在住者の方へ、パキスタンツーリストビザの取得方法をご紹介します。

*これはタイ国内で働いていてタイのワークパーミット(労働許可証)を保持している人向けの情報です。旅行者の方はバンコクでパキスタンビザは取得できないですよー。

DSC07568
↑パキスタン大使館はスクンビットソイ3沿い、BTSナナ駅から徒歩約10分のところにあります。周辺はインド人街。


パキスタン大使館
31 Soi Sukhumvit 3, Khwaeng Khlong Toei Nuea, Khet Watthana, Bangkok 10110
02-2530288
<ビザ申請>9:00-12:00(月〜金)
<ビザ受取>14:00-16:00(月〜木)
*土日の他、祝日もお休みなので気をつけてね。

DSC07566
↑入口の警備員さんに「For VISA」とでも言うとすぐに中へ入れてくれます。警備室兼受付で氏名、パスポート番号、入館時刻などを記入してから大使館の敷地内へ。

けっこう大きな建物だねー!ビザ申請場所は写真の建物右側です。


DSC07565
↑館内へ入るとすぐ右側に整理券発行機があるので、まずは整理券を取ってから空いている椅子へ。たまにマサラミュージックがガンガンにかかっているので!呼び出しは耳をよーくすませてねw

DSC07564
↑館内の壁にはツーリストビザ申請の必要書類が書いてありますが、ひとつひとつの説明は省略し、以下に日本人が申請する際に必要なものだけ書きますね。

<必要書類>
・パスポート原本
・タイ出入国カード原本
・パスポートコピー(顔写真ページ、最終タイ入国スタンプのあるページ)
・タイ出入国カードコピー
・ワークパーミットコピー(顔写真ページ、記載事項のあるページすべて)
指定のビザ申請書
・勤務先からの在職証明書(雇用期間、給与額の記載必須)
・パキスタン滞在中のホテル予約確認書(AgodaやBooking.comでもOK)
・パキスタンへ入出国する航空券コピーまたは予約確認書コピー
・顔写真2枚(縦4.5cm,横3.5cm)

↑用意する書類の量がかなり多いので、念入りに確認してから大使館へ行ってくださいよー。

それから、申請の際にインビテーションレター(在パキスタンの友人や旅行手配を依頼した現地旅行会社からの身元保証書のようなもの)の提出を求められますが、必須ではないのでなければないで問題ありませんでした。

ただ!インビテーションレターを提出しなかったからなのか、後日個別面接に呼ばれて、大使館の偉い人から15分ほど根掘り葉掘り質問(旅行の目的、旅程など)を受けました。

インビテーションレターが用意できる人は、あった方が手続きがはるかにスムーズに進むそうです(大使館の人談)。

BlogPaint
↑そして申請が受理されるとこのような引換券が渡されるので「絶対に失くさないように」大切に保管しておいてください。

あ、そうそう、ビザ申請代金ですが、日本国籍者は「無料」です☆うれしいね。

BlogPaint
↑申請日の翌日から数えて平日中5日で引換券と交換でビザ受け取り。間に祝日が入らない場合、月曜日に申請受理されたら翌週火曜日にビザ受け取りです。

大使館のビザ担当者はどなたもとろけるように優しく、わからないことは英語で丁寧に教えてくださいました。シンガポールのタイ大使館にいたクッソ態度の悪いタイ女子とは大違いw

パスポートを見るとツーリストビザのシールがデカデカと!

さあこれでパキスタンへ出発でーす!



↑このページのトップヘ