とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:チェンマイ

こんにちは、とも先生です。

乾季に入った12月のさわやかなタイ。国内線航空券がめためたに安かったので、数年ぶりに北部タイ(チェンマイ&ランパーン)を2泊3日で一人旅してきました🌟

この日は、チェンマイ観光を終えてから午後のバスでランパーンという街へ移動します。スムーズに移動できるかなドキドキ。


BlogPaint
↑とりあえずチェンマイ旧市街の北東郊外にあるバスターミナル「チェンマイ・アーケード」にやってきました。20バーツの路線バスで来ようと思っていたのに、写真撮りながら結局歩いてここまで来ちゃったw

BlogPaint
↑とりあえず下調べなんぞ何もしていないので、とりあえずランパーンへ行きたい旨をあたりの人にそれとなく告白してみる。

BlogPaint
↑すると親切な人が「あそこのカウンターでチケットが買えるよ」と教えてくれたのがここ。ターミナルの建物入ってすぐ左手のカウンター。GRREN BUSだって。バスはバスだけど、ロットゥーという乗り合いワゴンバスに乗るよ。

BlogPaint
↑片言の英語が通じたので次のランパーン行きのバスチケット(73バーツ=約250円)を購入。ランパーン行きのロットゥーは1時間おきに走っているそうです。

BlogPaint
↑ロットゥーは出発の10分前にきちんと到着。自由席なので座りたい席があったら早めに乗り込みましょう。

BlogPaint
↑すぐに満員(14名)になったので定時の15:30にチェンマイを出発。…一人73バーツで定員14名ということは…約1,000バーツで貸し切りチャーターもできそうだね。

BlogPaint
↑秋っぽい緑豊かな車窓風景を楽しみながらブイブイ飛ばします。チェンマイからランパーンまでは約100kmの道のり。

BlogPaint
↑そしてぴったり90分後の夕方17:00にランパーンのバスターミナルに到着。いい色の夕暮れだ🌟

バスターミナルは、観光客が主に泊まるナイトマーケット周辺エリアから3kmほど離れているので、ソンテウ(乗り合いトラック)などを使って移動します。とも先生は夕方のランパーン駅の写真を撮りたかったので、バスターミナルから駅まで歩き、駅からソンテウチャーター(50バーツ=約170円)で3km離れたホテルへチェックインしました。

次回はランパーンで泊まったホテルをご紹介しますね。


こんにちは、とも先生です。

乾季に入った12月のさわやかなタイ。国内線航空券がめためたに安かったので、数年ぶりに北部タイ(チェンマイ&ランパーン)を2泊3日で一人旅してきました🌟

チェンマイは、バンコクよりものんびりとしたゆっくりとした雰囲気が好き。普段カフェでお茶などしないとも先生でも、よさげなカフェを見つけたらふらっと入ってゆっくりしたくなるわけですよ。

というわけで「ラミン・ティーハウス・サイアムセラドン/Raming Tea House Siam Celadon」というお店でゆっくりしてみました。
BlogPaint
↑お店はターペー通り沿いにあります。ターペー門から約600m、徒歩8-10分ってとこかな。

BlogPaint
↑実はこのお店、1915年に建てられた総チーク材の古い木造建築なんです。ランナー様式とコロニアル風建築の折衷型とされています。

BlogPaint
↑お店に入るとセラドン焼き(タイ北部の青磁器)のショップがあり、そこをズンズンと奥へ進んで行くと。

BlogPaint
↑うっほほほほほほーっ♡なんともステキな空間が広がっています。窓から差し込む日射しがとても柔らかくて、ここで口説かれたらすぐに堕ちる自信ある!

BlogPaint
↑うわあぁ!このテラス席もステキだよう!で、どこに座ろうか迷っているとも先生に「今日はお天気が良いからガーデンにすれば?」とスタッフのおばさまからのアドバイス。

BlogPaint
↑ということでガーデン席に落ち着きました。ちょっと暑いけどw雰囲気は良し!

BlogPaint
↑メニューは一部写真付きで、英語表記もあるから注文は簡単かと思います。タイ料理が基本でそんなに高くないかも。

BlogPaint
↑とも先生はおひとりさま用ハイティーセット(190バーツ=約650円)を注文。ハムチーズのトーストサンドウッチに、ケーキ、サラダ、フレッシュフルーツと好みの紅茶がセットになっています。

BlogPaint
↑ボリューム満点なんだけど、味は…まあ…うん…って感じですた。サンドウィッチはまあ美味しかった。

あと、お皿やミルクピッチャーがステキなセラドン焼きなのに、ティーカップ(デカい)だけがスーパーの見切り品で買ったようなものだったのが残念、いや別にこだわりとかないんで本当は残念じゃないけど。

どうやら…お料理の評判はそれほどでもないみたいです。ただお店の雰囲気はめっちゃくっちゃ良いので、ぜひここでお茶休憩してみてください!


店名: ラミン・ティーハウス・サイアムセラドン/Raming Tea House Siam Celadon
場所: Thapae Rd, Tambon Chang Mai 50300
電話: 053-234518
営業: 8:30-18:00
URL: https://web.facebook.com/Raming-Tea-House-Siam-Celadon-306947066109172/

こんにちは、とも先生です。

乾季に入った12月のさわやかなタイ。国内線航空券がめためたに安かったので、数年ぶりに北部タイ(チェンマイ&ランパーン)を2泊3日で一人旅してきました🌟

さて久しぶりのチェンマイ。せっかく来たのでなにか名物的なものが食べたいんだけど、チェンマイと言えばやっぱ本場のカオソーイ(ココナツミルクカレーベースの麺料理)だよね!

でもね、実はとも先生カオソーイなる料理をまだ食べたことがないんですw シンガポールのラクサみたいなものなのかな? 楽しみです!
BlogPaint
↑とりあえずGooglemapったらチェンマイ市内に佃煮のようにカオソーイのお店がヒットしてしまったのでw 有名そうでなおかつ現在地から近いところへ向かいます。

BlogPaint
↑ここ…かな?周辺はイスラムエリアみたいでモスクもあったよ。

BlogPaint
↑お昼時の店内はとっても混んでいたので、とも先生は入口そばの席に。ここはまだ空いていたけど、最終的に満席になりました。

BlogPaint
↑メニューは写真付きの英語併記で観光客にも分かりやすい🌟 明らかに観光客然していると英語の話せる店員さんがすぐに対応してくれたよ。

BlogPaint
↑こちらが鶏肉のカオソーイ(50バーツ=約170円)。値段は安いけど量が少ないんだね。

まずはスープを一口…ココナツミルクが効いているけど飲み口はあっさり系。麺は白い米麺?で上にさらに揚げた麺が乗ってるよ。鶏肉はホロホロ柔らかで美味しいけど、スープが思った以上にあっさりで、付け合わせの高菜みたいのを入れて味を強くして完食しました。

なんだろう…美味しいんだけど、濃厚なシンガポールラクサが大好きなとも先生にはちょっと物足りないかも。

BlogPaint
↑というわけで追加オーダーでミックスサテ(60バーツ=約210円)を。鶏肉のサテと牛肉のサテが5本ずつ計10本。

BlogPaint
↑別皿のピーナツソースをたっぷり付けていただきまーす。うん!これは美味しい!特にソースが美味しい!

カオソーイってお店によって味が違うみたいで、それぞれのお店にファンがいるんだってね。ここはあっさり系ということでは美味しかったけど、次回チェンマイ訪問の際は濃厚系カオソーイのお店を探したいと思います🌟


店名: Khao Soi Muslim Noodles
場所: 22-24 Charoen Prathet 1 Alley, Chiang Mai 50100
電話: 082-3920142
営業: 8:00-17:00

こんにちは、とも先生です。

乾季に入った12月のさわやかなタイ。国内線航空券がめためたに安かったので、数年ぶりに北部タイ(チェンマイ&ランパーン)を2泊3日で一人旅してきました🌟

チェンマイというと、ランナー王朝の都として栄え独特の文化が未だ息づくバンコクとはまた違う雰囲気の街なのですが、市内のいたるところに古い建築物が残っています。

タイは他国の植民地(コロニー)になった歴史がないため、いわゆるコロニアル建築というものは存在しません。しかし、フランス植民地だったラオスやカンボジア、イギリス植民地だったミャンマーやマレーシアといった周辺諸国から影響を受けたと思われるコロニアル風の建築が多く残っています。

というわけで、チェンマイ市内でコロニアル風建築を探してみたよ。
BlogPaint
↑ターペー門からターペー通りをピン川方面へ歩いて行くと、古い建物がいくつか目に入ってきます。

BlogPaint
↑これもランナー様式だけでなくどことなく欧風の香りもする。

BlogPaint
↑ピン川のそばにあるこの建物は1910年に建てられたもの。現在はチェンマイ郵便博物館/Chiang Mai Philatelic Museum。

BlogPaint
↑キレイに塗り直されてはいるもののベースはそのままみたい。

BlogPaint
↑郵便ポストもかわいい♡が…とも先生が訪れた日は博物館は改装休館中でした(2018年12月上旬)…いつ再オープンするんだろう。

BlogPaint
↑郵便博物館の道路はす向かいにも同じような建物がありましたが、こちらも入口が閉ざされていて中を見ることはできませんでした…なんだよう💦

BlogPaint
↑ピン川のほとりに建つのは築100年以上の旧Sri Prakard Hotel。

BlogPaint
↑現在は、Studio Three tofu general storeという日本人経営のお豆腐屋さん&カフェなんだって。

BlogPaint
↑今回は時間がなかったけど次回は必ずここで豆腐ランチする!w

BlogPaint
↑そして最後はVila Ciniという古いショップハウス。現在は1階にシルクショップだか雑貨屋さんだかが入っています。

他国の植民地になったことのないタイに、なんでこんなにコロニアル風の建物がたくさん残っているんだろうね。少しずつ勉強しよう。

 

こんにちは、とも先生です。

乾季に入った12月のさわやかなタイ。国内線航空券がめためたに安かったので、数年ぶりに北部タイ(チェンマイ&ランパーン)を2泊3日で一人旅してきました🌟

チェンマイ観光っていうとお寺以外にすぐ思い浮かばないんだけど、旧市街に博物館が集まっているエリアがあったのでゆっくり見てきました。チェンマイ歴史センター、チェンマイ市芸術文化センター、ランナー民俗生活博物館の3館です。
BlogPaint
↑まずはチェンマイ歴史センター/Chiang Mai Historical Centreから見学します。

BlogPaint
↑各博物館の入館料は90バーツなのですが、3館共通入館チケット(180バーツ=約620円)があったので購入。3それぞれ一度ずつ入ることが出来ます。

BlogPaint
↑ここはチェンマイの過去から現在に至るまでの歴史をジオラマや映像をふんだんに使った展示で楽しませてくれます。でも…展示の内容はそんなに深くないかなw

BlogPaint
↑館内には、ここで出土した遺跡がそのまま保存されています。まるごと残すんだね。

BlogPaint
↑次は、歴史センターの隣りにあるチェンマイ市芸術文化センター/Chiang Mai City Arts & Cultural Center。この建物は、1924年に建造された旧チェンマイ市庁舎を改装したもの。

BlogPaint
↑古い建物を利用した施設のため各展示室が狭くて、それなのに展示物をみちみちに並べちゃうもんだから見にくいったらありゃしないw

BlogPaint
↑チェンマイの生活文化を忠実に再現したコーナーはけっこう楽しかった。

BlogPaint
↑ここも展示内容に統一性がないというか、見ていて引き込まれるものがあまりありませんでした。まあ、とも先生はこの建物自体に一番興味があるので展示内容は二の次なんですけどねw

おおふ…館内のコリドールがステキ♡

BlogPaint
↑ここはミュージアムショップ、というかオサレ系雑貨屋さんが入っていました。店内写真撮影禁止だったから写真ないけどなかなか充実の品揃え。

BlogPaint
↑うおおおおおおおおふ。中庭が素晴らしい。ため息がでちゃう。

BlogPaint
↑中庭にはカフェもあるので時間に余裕があればどうぞ。

BlogPaint
↑そして最後に、芸術文化センターの向かいにあるのがランナー民俗生活博物館/Lanna Folklife Museum。ここもなんだか古い建物だなあと思ったら、1935年に建てられた旧チェンマイ裁判所を改装したものなんだって。ヨーロピアンでとてもステキだ。

BlogPaint
↑ここはランナー王朝時代からの宗教、祭礼、衣食住など生活や文化に関わるものの展示が中心。

BlogPaint
↑これは有名なカントークディナーかな。食品サンプルを使った展示もあります。

BlogPaint
↑こちらは2階にある織物のコーナー。

BlogPaint
↑旧裁判所だっただけあって裁判所のコーナーもありました。

3つの博物館はどれも頑張ってはいると思うんだけど、それぞれの独自性がないというか、重複している部分もあり、じっくり見学するには内容が薄いって感じ。でも、お散歩がてらぶらぶら流し見学する分には楽しめると思います🌟


ランナー民俗生活博物館/Lanna Folklife Museum
チェンマイ市芸術文化センター/Chiang Mai City Arts & Cultural Center
チェンマイ歴史センター/Chiang Mai Historical Centre

開館時間: 8:30-17:00(月曜休館)
URL: http://www.cmocity.com/centre_museum.html


↑このページのトップヘ