とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:ダッチバンクカフェ

こんにちは、とも先生です。

今年の夏休みは3年ぶりのスリランカ旅行へ行ってきました。

スリランカ北東部の港町トリンコマリー2日目。

今回トリンコマリーでは、レストランに併設されたゲストハウスに2泊滞在したのですが、そのレストランがなかなか評判が良いというので2日ともディナーで利用しました。
トリンコマリーのゲストハウス「ダッチ・バンク・イン/Dutch Bank Inn」
http://tomosensei.net/archives/1072401720.html
オランダ植民地時代に建てられた、旧オランダ銀行トリンコマリー支店の建物を利用したコロニアルレストラン「ダッチ・バンク・カフェ/Dutch Bank Cafe」です。
BlogPaint
↑お店はバスターミナルから約1.5km、中心部からは少し外れますがインナーハーバー(内湾)に面しているため景色がいいよ。

BlogPaint
↑旧オランダ銀行の建物を一部改装してレストランとしてオープンしました。右側は昔のままみたいだね。

BlogPaint
↑白い円柱とオレンジの壁がかわいい。入口はテラス席になっていて涼しい夜はここがいいかも。

BlogPaint
↑レストランの2階にもテーブルがあり、天気が穏やかであれば海を眺めながら食事ができます。

BlogPaint
↑店内はレンガの壁と木を多用したインテリアで温かみがある感じ。ディナータイムは毎晩満席だったし事前に予約しないと入れなさそう。

BlogPaint
↑初日の夜は時間が遅かったこともあり簡単に。レモンソーダ(240ルピー=約170円/+10%)はフレッシュレモンがたっぷりで、自分でソーダを注いで調節します。

BlogPaint
↑これはチキン・チーズ・コットゥ(760ルピー=約530円/+10%)

これはコットゥという、ロティ(クレープにようなもの)を肉や野菜などと一緒に細かく刻みながら炒めた料理でスリランカの屋台のローカルフード。

このお店のものはチーズとクリームでマイルドに仕上げた上品な一皿。見た目はアレ?ですがw ホワイトシチューを食べているような優しい美味しさでした。

BlogPaint
↑2日目の夜も来ちゃったよ、じっくりメニューを見て決めよう。英語表記で調理法や食材も書いてあるので親切だよ。

スリランカ料理のほかハンバーガーやピザなど洋食系メニューもあるからか、欧米人客がとても多かったです。

BlogPaint
ビール(300ルピー=約210円/+10%)。うふふふふ。無いと思っていたビールがここにありました☆ここではジョッキでの提供のみですがビールが飲めますよー!呑み助さんはぜひ!

BlogPaint
↑2日目のディナーは前菜から。海老のBBQ(500ルピー=約350円/+10%)は、串に刺した小海老を甘めのソースで香ばしく焼き野菜を添えたもの。

美味しいけど…ちょっとソースが甘すぎかなあ…。

BlogPaint
↑メインコースはシーフードシチュー(940ルピー=約660円/+10%)。海老や魚がたっぷり入ったクリームシチューに、卵チャーハン、野菜のソテー、フレンチフライが添えられためっちゃボリューム満点な一皿。

スパイスも辛さもない優しくてとても美味しい味。スパイシーなスリランカ料理で胃が疲れたらこういうのもいいよね!

トリンコマリー市内でもかなり席数の多いレストランのようで、外国人、スリランカ人問わず団体さんの利用がとても多かったです。個人でディナータイムに行く場合は予約したほうがいいと思うよ。


店名: ダッチ・バンク・カフェ/Dutch Bank Cafe
場所: 88, Inner Harbour Rd, Trincomalee 31000
電話: +94 77 269 0600
営業: 7:00-22:00
URL: http://www.grandthalassic.com/


こんにちは、とも先生です。

今年の夏休みは3年ぶりのスリランカ旅行へ行ってきました。

スリランカ北部最大の街ジャフナ滞在を終えて列車とバスを乗り継いでやって来たのは、北東部にある港町トリンコマリー。第二次大戦中は、ここにイギリスの軍港があったことから日本の空爆を受けた過去があります。現在は美しい海とクジラウォッチングが楽しめるリゾート地として注目を浴びています。
ジャフナから港町トリンコマリーへ
http://tomosensei.net/archives/1072396729.html
さて、トリンコマリーのバスターミナルに到着したとも先生は、さっそく予約したゲストハウスへ。

スリランカはどこもホテルの値段と質が釣り合わなくて、要するに宿のコスパが悪いの。ここトリンコマリーも例外ではなく、え?エアコン無しの共同バスルームの部屋でこんなに高いの?!みたいな。

そんな中、まだ新しいためかホテル予約サイトでの評価がまったく付いてなくて、でもエアコン&プライベートバスルーム付きの個室がめちゃくちゃ安かったゲストハウス「ダッチ・バンク・イン/Dutch Bank Inn」に思い切って泊まってみたらこれが大正解☆

スリランカにしてはかなりコスパが良いと思われる宿なので簡単ですがご紹介しますね。
BlogPaint
↑ゲストハウスはトリンコマリーの街の西側、ダッチ・バンク・カフェという有名なレストランの裏手にあります。チェックイン/アウトはレストランのカウンターで行うのでまずはレストランへGO。

BlogPaint
↑レストランの厨房の裏手が客室になっています。とも先生が今回予約したのは一番安い「スモールダブルルーム」で建物の1階がお部屋。カテゴリーの高いお部屋は2階以上にあります。

BlogPaint
↑中へ入るとなぜか共用リビングルームがあってテレビと洗面台があります。自分の部屋にもテレビがあるしリビングにはエアコンがないのでここを利用することはありませんでしたw

BlogPaint
↑スモールダブルルームの客室はかなり狭め。でもオープンしてまだ日が浅いからかすべてが新しくエアコンの効きもバッチリで快適☆

写真左手に窓はありますが、採光のためだけなので眺めはまったくありません。ちなみに窓を開けた先はレストランの厨房でしたwww

BlogPaint
↑お部屋には無料の1.5Lミネラルウォーターがあり無くなったらまた補充してくれるとのこと。ウエルカムドリンクはオレンジジュースでした。

BlogPaint
↑お部屋のコンセントはスリランカタイプ(三つ穴)ですが、変換アダプターが置いてあったので日本のものをそのまま挿すことができたのはうれしい。

BlogPaint
↑バスルーム。ホテルのバスルームのようにキレイでピカピカ☆ シャワーのお湯は温度も量もバッチリ。アメニティは、シャンプー、石けん、ハンドソープ、歯ブラシ、トイレットペーパーなど基本的なものは完備。

BlogPaint
↑レストランの2階からは海が一望できて気持ちいいよ。

BlogPaint
↑宿泊代金に含まれる朝食は、開店前のレストランでいただきます。

この日のメニューは、
・スリランカ風フィッシュカレー
・オニオンチャツネ
・ココナツロティ
・バター
・バナナ
・甘いミルクティー

さすがレストランの朝食だけあってどれも美味しい!味も量も朝から大満足です。

BlogPaint
↑海を眺めながら優雅な朝食なんて最高じゃんねー。

各ホテル予約サイトではまだ評価の付いていない新しいゲストハウスですが、一番安いお部屋でもかなり快適でした。自転車は無料で借りられるし、スタッフの方たちもみんなとても親切、可愛いゴールデンレトリーバーが2匹いるのでワンコ好きにはたまらないよ。トリンコマリー滞在の際はぜひここへー☆


名称: ダッチ・バンク・イン/Dutch Bank Inn
場所: 88, Inner Harbour Rd, Trincomalee 31000
電話: +94 77-2690600
URL: http://www.grandthalassic.com/
FB: https://web.facebook.com/Dutchbankcafe/


↑このページのトップヘ