とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:ダイビング

こんにちは、とも先生です。

備忘録振り返り旅行記インドネシア・アロール諸島編

*すべて2011年3月当時のお話ですので軽く流してください。


2011年、当時住んでいたバリ島で突然会社をクビになりまして、思わず飛行機に飛び乗ってやって来た傷心のアロール諸島。カラバヒの町で1泊した翌朝、フランス人一家が経営しているというバンガロー「La P'tite Kepa」を目指します。こんなど田舎にエスプリが住んでるんだってよ。

BlogPaint
↑カラバヒのホテルをチェックアウトして再びオジェック(バイクタクシー)にまたがり15kmほど離れた船着き場へ。ここで目の前のケパ島まで渡し船に乗ります、といってもほんの数百mなんだけどね。

BlogPaint
↑昨日の雨模様とはうって変わって今日はお天気なんだけど、海がねえ、かなりキレイだよう。

BlogPaint
↑ケパ島に到着!うん!何もない素大地!www こんなところにエスプリバンガローがあるのか?!

BlogPaint
↑なんかありました。でも人気も無いし掘建て小屋みたいだし…本当にここ?

BlogPaint
↑ここで正解ジャン!ビーチ沿いにバンガローが建ち並んでいるよ!

インドネシア語ペラペラのフランス人の奥さんを捕まえてやっとチェックイン!どうやらここはダイビングのお客さんのためのリゾートで、日中はみんなダイビングに行っちゃうから誰もいないんだって!

BlogPaint
↑とも先生は予約をしていなかったので一番安い部屋しか空いていませんでしたジャン!ここいらへんの伝統的な造りのバンガローなんだって!

これ!お部屋なんだって!ここに泊まるんだって自分!

ただの東屋じゃん

BlogPaint
↑とりあえずお部屋に入ってみるよ!うん!360度どこからでも見られちゃう!見られ好きにはたまらない興奮もののお部屋だよね!

BlogPaint
↑と、半分泣きそうになっていたらハシゴを上った屋根裏が寝室になっていましたwww

コンセントはないけど一応夜だけランプは点くし、蚊帳も付いているし、風通しはいいし、ドアがないから鍵なんてかけられないけどまあいいや!

あ!Wifiはなかったけどインドネシアの現地SIM挿していれば普通にネット通じたよ。

BlogPaint
↑1階の東屋エリアが最高に気持ちいいっす!風がねえ、ちょうど気持ちいい具合に当たるんだよ。

このお部屋で1泊3食付き250,000ルピア(=約2,000円)でしたたたしか。現在の料金はこちらで確認を。

食事はエスプリの旦那も含め毎回他のゲストと同じテーブルを囲んでワイワイと。海の幸がふんだんに出てきてどれもとても美味しかった記憶、写真無いけどw ただ、欧米人ダイバー客とずっと一緒なので普段のコミュ力が試されます。

BlogPaint
↑とも先生、一応念のためにCカードを持って来ていたので2ダイブだけお試しダイビング。魚さんのこと全然くわしくないのでなんとも説明できないんだけど、ド初心者の感想としては

潮の流れが激しすぎて楽しむどころじゃねえ!

って感じでした♡

BlogPaint
↑でも海はめためたにキレイだったよう☆

BlogPaint
↑ケパ島の周囲にビッとしてバッとしたビーチはなくてゴツゴツ岩場なんだけど、お水の透明度がかなりよろしいのでとてもよろしかったです。朝夕に散歩するだけでも癒されたよ。

とも先生は季節外れの3月に行ったから運良く飛び込みで泊まれたけど、ヨーロッパからのお客さんがわんさかやって来る夏場のピークシーズンは予約必須だそうです。ノンダイバーでも楽しめると思うよ。


名称: La P'tite Kepa
場所: Pulau Kepa, Desa Alor Kecil, Kabupaten Alor, Nusa Tenggara Timur.
電話: +62 813-3910-2403
URL: http://www.alor-diving-kepa.com/

こんにちは、とも先生です。

春休みの旅行でやってきたインドネシアの「ハッタ島/Pulau Hatta」。あの有名なウォーレス線を発見したイギリスの博物学者であり生物地理学の父、アルフレッド・ウォーレスが

「世界で最も美しい海」

と絶賛したバンダネイラの海を、シュノーケリングで満喫しました☆
BlogPaint
↑ハッタ島2日目の朝はこんなにお天気〜♪ 島のビーチは北側なので朝日も夕日もほとんど見られないんだけど、でもみんな早朝からお散歩しているよ。

BlogPaint
↑部屋のテラスで朝ご飯食べ終わってちょいと休憩していたらもう目の前のビーチがピカピカになってさ!

BlogPaint
↑うれしくて興奮して、思わず一眼デジ持ったまま海に入っちゃったよ! 危ない危ないw やっぱりお天気じゃないとこの海のキラキラ感は出ないよね!

BlogPaint
↑というわけでシュノーケリングマスクとフィンをレンタル(50,000ルピア=約390円)して早速部屋の前のビーチからエントリー。

部屋から2分でこの景色!!!w

BlogPaint
↑ここまでキレイな海だとGoPro必須ですよね!忘れたら悲しいだけじゃ済まないよ。日射しが強いので着衣のままシュノーケリングです。欧米系のお客さんはみんなラッシュガード持ってる。

BlogPaint
↑マスクしながらうっとりため息の連続。

BlogPaint
↑ハッタ島の特徴は、ビーチからエントリーしてちょっと泳ぐだけですぐにドロップオフなの。特に危険生物もいないし潮の流れも穏やかだし、沖まで行かなければ安心して楽しめます。

BlogPaint
↑アンボンからやってきたというインドネシア人ファミリーもカメラ片手に大興奮!しばらく一緒にシュノーケリングを楽しみました。

BlogPaint
↑遊び疲れたらバンガローに戻って休憩、お昼ご飯食べたらまたシュノーケリング、めっちゃ贅沢〜☆

BlogPaint
↑この日も雲が多かったけどなんとかほんのりサンセットを拝むことができました。

1週間くらいこの島でのんびりしたいところだけど、この後バリ島旅行も控えているし、明日はバンダネイラに戻りまーす。


こんにちは、とも先生です。

パキスタン旅行3日目。今日は朝から一日現地ツアーに参加します。

パキスタンでの観光アクティビティというと、砂漠や岩山を越えての遺跡巡りや、北部での登山・トレッキングなどを一般的にイメージされると思います。しかし、アラビア海に面する南部カラチでは、なんとマリンスポーツを楽しむこともできるんです!

今回は、パキスタン人向けの現地スノーケリングツアーに参加した一日の様子と、当地のマリンスポーツ事情について少し書きますね。


<今回参加したツアー会社>
Karachi Water Sports Club
http://www.kwsc.pk/


・基本スノーケリングツアー / 3,500ルピー(約3,500円)
・スキューバダイビング追加 / +1,500ルピー(+約1,500円)
*送迎、ボート、マスク、フィン、ライフジャケット、おやつ、昼食込み。

*スキューバダイビングは器材込み。

*スノーケリングツアーは冬期の週末と祝日のみ催行。事前にカラチの銀行にツアー代金を振り込まなければならないので、海外から参加希望の場合はまずツアー会社に要問い合わせ。あと必ず自分で十分な海外保険に加入しておく必要があります。
BlogPaint
↑この日は指定出発場所に朝7時集合だったので、朝6時に起きて眠い目をこすりながらKさん家の車で送ってもらいます。外まだ暗いしとにかく肌寒い!

BlogPaint
↑出発場所であるウスマニアレストラン前に到着。週末の朝ということもあり車も人影もまばら。

BlogPaint
↑今日はこのコースターに乗って行くそうです。思っていたよりも立派な車で安心。

BlogPaint
↑他のツアー参加者を待っている間に目の前を牛さんの大名行列がw

BlogPaint
↑アフガニスタンから来たと思しき小さな子どもは、朝からお父さんの手伝いでゴミ箱から売れそうな物を探しています。

…しかし1時間待っているのにツアー車出発する気配無し…もうこれ以上寒さに震えながらストリートウォッチングしたくないんですけどw

BlogPaint
↑何かトラブルが起きたんだか知らないけど、ツアー会社のおにいちゃんたちがあーでもないこーでもないとオタオタしていたおかげで、参加者を乗せた車は8時過ぎにやっと出発、埃っぽいカラチ市内を抜けて郊外へ走ります。

BlogPaint
↑途中でおやつが配られました。マンゴージュース、ピーナッツクッキーにカップケーキ。遠足みたいでうれしいね。

パキスタンはイギリスに統治されていた関係で、クッキーやケーキなどの焼き菓子が美味しい。安い市販のお菓子ですら侮れないんですよ。


BlogPaint
↑車は市内を抜け荒涼とした大地を走り続けます。

BlogPaint
↑そして午前10時にボート出航場所であるサンヘラビーチ(Sunhera Beach)に到着。雲ひとつない良い天気!

BlogPaint
↑ビーチには観光用のラクダさんが待機。一体誰が乗るんだよー、と思っていたら意外とパキスタン人のお客さんが多くてビックリw

BlogPaint
↑このビーチでお手洗いに行ったり着替えたりいろいろな準備を済ませたら、ツアー会社のおじさんからスノーケリングやダイビングの説明を受けます。

基本的に会話はすべてウルドゥ語ですが、パキスタンの方はかなりの確率で英語もできるので特に心配はないでしょう。


BlogPaint
↑さあ今日みなさんが乗るボートはこちらですドン!

素船!!!


BlogPaint
↑さすがのパキスタン人もちょっとドン引きしていたものの、これしかボートはないのでみんな大人しく乗り込みます…。

BlogPaint
↑午前11時。ボート初心者がどう優しく見てあげても人間過搭載なボートで出発!沈まないことだけを祈ります。

BlogPaint
↑生まれて初めて見ましたパキスタン人のダイビングインストラクター!たぶん本業は漁師だろうけど!

BlogPaint
↑しばらく進むと、穏やかな波の向こうに現れたのは!

本日目指すチュルナ島(Churna Island)!緑豊かなトロピカルアイランドかと想像していたらただのハゲ山じゃん!大丈夫かおい?

BlogPaint
↑お昼過ぎ、やっと目的地であるチュルナ島に到着しました。キャッキャはしゃぐパキスタン人の脇を通り抜けさっさと海に入るよー!

BlogPaint
↑ドボンッ!水温はちょい低めー!そして初めて分かったこと。

アラビア海の水はめちゃめちゃ塩辛い!!!

タイやインドネシアとは比べ物にならない塩っぱさ!!!

なんでだ?!


BlogPaint
↑海の透明度はなかなか、ただお水がグリーン系なので美しく映えないのが残念。

BlogPaint
↑他のツアー参加者はガイドさんの案内で岩山を登っているよ。どうやら崖から海へ飛び込む「クリフダイビング」ってやつ。

BlogPaint
↑写真には写っていないけどお魚さんもたくさんいたよ。

BlogPaint
↑まさかアラビア海でスノーケリングできるだなんてw バンバカ記念撮影。

BlogPaint
↑追加料金を払った参加者はオプションの体験スキューバダイビング開始。

でも、この写真どこかおかしくありません?わかる?

みんな服来たまま潜るんだよ!!!

イスラム教国だしむやみに肌出したらイカンのはわかるけどー!!!


BlogPaint
↑着衣ダイビングの人たちが戻ってくるまで船上待機。時間帯にもよるだろうけど、潮の流れがほとんどないのがスノーケリングにはうれしいところ。

BlogPaint
↑午後2時半。ボートはチュルナ島を出発して本土へ戻ります。パキスタン人は泳ぎに慣れている人が少ないからか、船酔いする人もけっこう多くて帰りはみんなこんな感じでグロッキー。

BlogPaint
↑あと少しで陸地だぞー!みんな頑張れー!

BlogPaint
↑午後3時半。陸に戻り、濡れた服を着替えてからお待ちかねのランチタイム!ランチは大きな鍋で炊いたほかほかのビリヤニだって!

BlogPaint
↑とも先生のむっちり豊満ボディを見たおじさんは、これでもかという山盛りチキンビリヤニをくれましたw

お肉はほろほろで柔らか、ビリヤニの炊け具合もバッチリだし味も本当に美味しくて夢中で完食。


BlogPaint
↑そして帰りは少し渋滞に巻き込まれたものの、夕方6時半にカラチ市内到着。降りた場所で運転手さんが待っていてくれたのでそのままお家へ帰りました。

いやあ、あまりにも衝撃的(笑撃的)な一日だったので、ビックリしたことを箇条書きにしてみますね↓

<パキスタンでできるマリンスポーツ>
スクーバダイビング、スノーケリング、ジェットスキー、ヨット、サーフィン。

<マリンスポーツを取り扱うツアー会社>
南部カラチに数社。

<主な客層>
自家用クルーザーを保有するまではいかないけどお金はあるよ、っていう中流よりちょい上のパキスタン人という印象。

<パキスタン人は泳げるのか?>
基本的に学校にプールは無いので、ホテルのプールに通えるような富裕層の子女だけが水泳の練習をする機会に恵まれる。そして、漁業で生計を立てている一部のパキスタン人以外は海に入ったことが無い!

<パキスタン人のマリンスポーツの楽しみ方>
スノーケリングやダイビングで泳いだり魚や海中世界を楽しむというよりは、海に入ってお水ちゃぷちゃぷで十分楽しい〜♡ってレベル。

<パキスタンでのダイビングについて>
パキスタンにはPADIなどの団体組織は一切無いので公認インストラクターなどいません。逆に言うとCカードなくてもお金さえ払えば好きなように潜らせてくれると思います!w そしてタンクは使い回し!器材も痛んでそうなのを修理しながら使ってたよ!

<ツアーに参加したい?>
できたら、10人ほど集めてクルーザーを1日チャーターしちゃうのが一番快適で何より安全だと感じました。現地ツアー参加はかなり覚悟してくださいねw




こんにちは、とも先生です。

ちょこっと前ですが、タオ島へ行ってきました。

港のあるメーハート地区からバイクを借りてあんな道こんな道を走ること30分、タオ島南東部のサイデンビーチへやってきました。このステキビーチを臨むホテル内にレストランがあったので軽くランチを〜♪
コーラル・ビュー・ダイブ・リゾート/Coral View Dive Resort
DSC06484
↑この景色見ただけでもうお腹が一杯になりそうな美麗また〜り空間。自分も写真のおねいさんたちのようにちゃぶ台席に座りたかったのですが、あまりにも暑くて断念…。

DSC06494
↑外があまりにも暑いので屋根のあるテーブル席に避難。ここは風が抜けて気持ちいい〜!

DSC06493
↑後でスノーケリングしようかな。海はとても良い透明度です。

DSC06485
シンハービール(小瓶/80バーツ)ヤムウンセン(春雨のサラダ/130バーツ)餃子(100バーツ)。ホテルのレストランにしてはお値段お手頃、餃子にスイートチリソース付けて食べるの初めてw

DSC06491
↑店内にはわんたんもいました。食事中ずっとテーブルから離れないのw

DSC06495
↑5月だったのでかなり暑さが厳しかったのですが、乾季の過ごしやすい季節だったらゴロゴロできるかな。

ホテルもダイブショップ併設だし1泊3,000円代から泊まれるみたいだし、次回のんびりしたい時はここに滞在しようかな、と思わせるステキっぷりでした♪



↑このページのトップヘ