とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:ターミナル

こんにちは、とも先生です。

2019年2月。インドへ行ってきました、初めてのインド。

チェンナイから入国して国際線から国内線への乗り継ぎがあったのですが、事前にネット上で詳しい情報が得られなかったのでザックリとここに実体験を書きます。結果としては簡単でした🌟
BlogPaint
↑バンコクからエアアジアでチェンナイ国際空港へ到着。機外へ出たら延々と長い一本通路をずいずい歩きます。

BlogPaint
↑通路には南インドの彫刻やレリーフなどが展示してあってなかなかステキ。

BlogPaint
↑入国審査場到着。とも先生は今回事前にEツーリストビザを取得していたので「E-VISA HOLDER」という案内に従って左側のカウンターで入国審査を受けました。案内係のおじさまが常にウロウロしていて、オロオロしている人をテキパキと案内していたので心配はないかと。

日付が変わる頃の深夜でしたが、入国審査のカウンターはどこもガラガラで5分ほどでスムーズに入国完了。パスポートにパキスタンの出入国スタンプやパキスタンビザシールがありましたが、特に問題視されることもなく、特別な質問も何もありませんでした。

BlogPaint
↑入国審査を終えたらサインに従ってエスカレーターで下へ。

BlogPaint
↑荷物を預けた場合はここで受け取ります。しかしキレイな空港だねえ。

BlogPaint
↑利用しなかったけど到着免税店もあるよ。

BlogPaint
↑預け荷物を受け取るターンテーブルそばには両替カウンターとATMもありました。

BlogPaint
↑そして空港建物から外へ出ると…むーんと暑くてしかもすごい人!!!とりあえずまっすぐ歩いて…

BlogPaint
↑…駐車場手前まで来たけどここから国内線ターミナルへはどう行けばいいんだ?とりあえず近くのインド人に訊きまくった結果…

BlogPaint
↑「とにかく左へ向かって歩け」というので左へ歩くことにします。

BlogPaint
↑150mくらいかなあ、てくてく歩くと左手にエスカレーターが見えてきたよ。これかな?これかな?

BlogPaint
↑振り返ったら大ピンポン🌟エスカレーターを上って道なりに進みます。

BlogPaint
↑すると「国内線は右へ」「国際線は左へ」というサインがあるので、とも先生は右へ。

BlogPaint
↑右向いたけど、ちうかゴールが全然見えないんですけど!動く歩道はあるもののこりゃ遠いなー!

BlogPaint
↑延々と歩いて歩いて500m以上は歩いたんじゃないか?

BlogPaint
↑この通路には空調が入っていないのでw軽く汗をかきながらやっとこさ国内線ターミナルの入口に到着!係員のお兄さんにチケットを見せたら

あなたのフライトは国際線から出発ですよ!

あなたのフライトは国際線から出発ですよ???

どうやら航空会社と路線によって、国内線フライトでも国際線ターミナルから出発するんだと!

こんなに歩いたのにまた来た道を戻るんかい!!!

*でもよーくチケット見たら国際線ターミナル出発って書いてあったテヘ

BlogPaint
↑というわけで来た道を引き返します…汗が出てきたけどもしかしたらこれは涙かもしれないよ。

BlogPaint
↑はい!そしてさっきの分岐点に戻ってきました!

BlogPaint
↑今度は国際線ターミナルに向かってひたすら歩き

BlogPaint
↑無用の汗をかきながらやっとこさ到着!

BlogPaint
↑エレベーターで上に上がると

BlogPaint
↑ついに念願の憧れの夢にまでみた国際線ターミナル出発階に到着ー!

国内線を利用する時は注意してくださいね!航空会社や路線によって、国内線でも国際線ターミナルから出発する場合があることを!とも先生思わずめっちゃカロリー消費しましたからー!


こんにちは、とも先生です。

今年の夏休みは3年ぶりのスリランカ旅行へ行ってきました。

コロンボ・フォート駅前のペター地区でコロニアル散策を堪能したとも先生は、最後の目的地であるニゴンボへ向かいます。
コロンボでコロニアル市内観光
http://tomosensei.net/archives/1072401815.html
コロンボから空港そばのニゴンボまでは、タクシー、バス、列車といくつか手段がありますが、今回はバスターミナルからエアコンバスを利用しました。
BlogPaint
↑コロンボのバスターミナル。思ったよりも大きくないので迷子になる心配もなさそう。

BlogPaint
↑バスターミナル内は行き先によって番号が分かれているので外国人旅行者も分かりやすい。ベンチがたくさんあるのがうれしいね。

写真左手の187番がバンダラナイケ国際空港行きのエアポートバス乗り場です。

BlogPaint
↑とも先生は空港ではなくニゴンボへ行くのでさらに奥へずいずいと歩きます。

BlogPaint
↑あった!ニゴンボ行きのバスは240番だね。

BlogPaint
↑シルバーの車体のエアコンバスに乗り込みます。とも先生が最後の一人だったようですぐに出発💦

BlogPaint
↑バス車内はとても静かで清潔。エアコンの効き具合もほどよくてついウトウトしちゃいそう。

BlogPaint
バスチケット(150ルピー=約110円)は車内で係員のお兄さんから購入します。

〜そして高速道路をひた走り〜

BlogPaint
↑ぴったり1時間でニゴンボのバスターミナルに到着。コロンボのバスターミナルより近代的。

BlogPaint
↑おや、ここで空港行きのバスを発見。

BlogPaint
↑240/3番?とりあえずニゴンボから空港行きのエアポートバスが出ているんだ、明日空港行く時に乗ってみようかな。

さ、それではニゴンボのゲストハウスにチェックインしまーす。




こんにちは、とも先生です。

8月のバリ島旅行の帰り、ハイシーズンだったからかバンコクへ戻る直行便のフライトがかなりお高く、しかも他の経由便もけっこう強気なお値段で困ってしまったとも先生。

仕方がないのでスカイスキャナーで調べまくって、

バリ島→クアラルンプール:エアアジアX(ビジネスプロモ運賃)
クアラルンプール→バンコク:タイ国際航空(エコノミー)

という、普段ならあり得ない組み合わせが一番安かったので即購入。

今回は、クアラルンプール空港でのターミナル移動のお話です。

BlogPaint
↑エアアジアXでクアラルンプール空港のKLIA2ターミナルに到着して税関を出たところ。これからタイ国際航空へ乗り換えるために、KLIAターミナルへ移動しなければなりません。

だがしかし!とも先生ターミナル移動初めてでしかも事前学習まったく無し!


ビルが違っても同じ空港なんだから簡単にチャッチャやろ!

BlogPaint
↑頭上のサインを見上げると、KLIAへ行くシャトルバスがあるじゃん!

BlogPaint
↑サインを頼りにずんずん前進していきます、簡単だね。

BlogPaint
↑まだまだ前進。シャトルバス乗り場はどうやらレベル1という階にあるらしいぞ。

BlogPaint
↑前進を続けると左斜め前方に下りエスカレーターが見えました。近くの係員らしきおじさんに尋ねると、シャトルバスは下の階から出発だと。確かにサインもあるしね。

BlogPaint
↑エスカレーターでレベル1へ下りていきます。キレイだけどなんだか暗いなここ。

BlogPaint
↑さあ!レベル1に到着!そして!

いきなりサインが消えた!!!

近くに係員もいないしインフォメーションセンターのおねいさんもいない!!!

どこからバスに乗るんだ?あ!外に出ればいいのか!


でも!外に出たけどシャトルバスの表示がどこにも無いし!!!

他の乗り継ぎ客もとも先生と同じように困っていて、みんなでバス乗り場どこだろうどこだろうと探していると、

車体に「無料」と書かれたシャトルバスが目の前をビューンと通過ー!!!えー!!!

みんな猛ダッシュしたよw

BlogPaint
↑そしてなんとか無料シャトルバスに乗れました!目の前のパパなんて子どもを振り落とすんじゃないかレベルでベビーカー爆走してたしw

KLIA2の無料シャトルバス乗り場は、レベル1から外へ出て一番左端のバス停に止まります。いいですか、一番左端ですからね(2017年8月現在)。


BlogPaint
↑シャトルバスは夕暮れの空港を予想以上にのんびりしたスピードで走ります。

BlogPaint
↑さあ!KLIAターミナルに着いたよ!と思ったらなんや辺鄙な場所でバス停車。どうやらここは空港の駐車場のようです。運転手さんに尋ねたら、

KLIA2→駐車場→KLIA→KLIA2というルートで走るらしい。

急いでいる時はたまらんな!

BlogPaint
↑そしてやっとKLIAターミナルの4番バス停に到着。これで一安心♡

KLIAからKLIA2へ行く時は、ここから乗ったらいいと思うよ。


BlogPaint
↑けっこうな汗かいてやっとKLIA出発階に到着ー。これからチェックインだ。

KLIA2の税関を出たところからKLIAの国際線出発階までちょうど50分かかりました。予想していたよりも時間かかったから、乗り継ぎには余裕もってね!

↑このページのトップヘ