とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:タニヤ

こんにちは、とも先生です。

先々週の話しなんですが、念願の「スリンの象祭り」へ行ってきました!

祭りを満喫し、10時間にもおよぶ長いバス旅を終えてバンコクに戻ってきたよう💦

もうね、くたびれてるんだけどビール飲みたいしお腹空いたの!というわけで、タニヤ通りに夜23時くらいからオープンするアウトドアレストラン「Thaniya Bar Beer Restaurant」で乾杯したよ!
BlogPaint
↑メニューは写真入りで分かりやすいし英語表記もあるけどなぜか値段が一切書いてない…不安…。

でもタイ語ペラペラの友人がお店の人に訊いたところ、もう真っ当な普通のお値段だったので安心🌟

BlogPaint
↑ビールで乾杯してから酒のアテがどんどんやってきました。これはホルモンのニンニク揚げ。めっちゃくそ旨い!ナニコレ!外カリッ中ムニッの絶妙な口当たり!

BlogPaint
↑これはアヒルさんのくちばしを香ばしく揚げたもの。ビールがすすむう。

BlogPaint
↑赤貝を半生くらいにさっと茹でたもの。危険な薫りがしますが今まで一度も当たったことないです、とも先生はね。

BlogPaint
↑そしてやってきましたチムチュム。これはタイの鍋料理で、お肉やシーフード、野菜たっぷり。

BlogPaint
↑このように深さのある土鍋で作ります。お外でお鍋美味しいね🌟

BlogPaint
↑豚トロの焼いたんもアテにいいよね。

BlogPaint
↑〆も兼ねて春雨野菜炒め。

BlogPaint
↑といいつつまたアテを頼んじゃうwこれは揚げた豚さん。

写真のお料理にビールをガンガン飲んで、4人でお会計が1800バーツくらいでした(記憶曖昧)🌟


店名: Thaniya Bar Beer Thaifood
場所: タニヤ通り。世界の山ちゃんと魚ふくの間をちょっと奥に入ったとこ。
電話: -
営業: 22:00頃-深夜、明け方まで?

こんにちは、とも先生です。

なんか今週からいきなり乾季に入りましたね!空が青くて、外を歩くと気持ちよくて、傘を持ち歩く必要がなくて、洗濯物がよく乾いて、バッグに入れる汗拭きタオルの枚数が減って、そしてビアガーデンの季節☆ うれしくれうれしくて毎日無駄にご機嫌ですw

さて先日、友人親子と3人で週末バンコクを一日お散歩ツアーした帰りに、「ラーメンが食べたい」ということで久しぶりに「らあめん亭 タニヤ店」へやってきました。

1983年創業、バンコク市内に5店舗を構えるラーメン屋さんの老舗です。
BlogPaint
↑お店は繁華街タニヤ通り沿いにあります。

BlogPaint
↑店内はテーブル席と座敷席がありますが、空いていたし子ども連れということもあったのか座敷席へ案内してもらいました。

BlogPaint
↑まずは生ビール(110バーツ=約380円)で乾杯〜☆今日はよく歩いた!

BlogPaint
↑麺で〆る前に何かつまみたいなあということでワンタン餃子(130=約440円)。ワンタンの皮で包んだ餃子?皮がすっごく黄色い。普通の餃子との差異をよく見つけることができなかったけど…美味しいよ。

BlogPaint
↑これは雲白肉/ウンパイロー(200バーツ=約680円)という四川料理の定番の前菜。茹でてスライスした豚バラ肉に香味ダレをかけていただきます。

うまーい☆お酒がすすんじゃうw

BlogPaint
↑友人の息子が頼んだ醤油ラーメン(200バーツ=約680円)はすっきりスープで飲み干せそうw

BlogPaint
↑友人オーダーのタンメン(210バーツ=約720円)。野菜たっぷりでうまそー。

BlogPaint
↑とも先生は猫舌で冷やし中華かつけ麺しか食べられないので、ここではゴマダレ冷麺(230バーツ=約790円)を。別添えのタレをたっぷりかけていただくと、濃厚でコクのある香ばしいタレと、淡白な鶏肉、さっぱりキュウリとの相性がバッチリで麺がするするとすすみました、美味しー☆

ここタニヤ店は深夜2時まで営業しているので、飲みに行く前の腹ごしらえや飲んだ後の〆に最適ですねー!


店名: らあめん亭 タニヤ店/Ramentei Taniya
場所: 23/8-9 Thaniya Road
電話: 02 234 8082
営業: 11:00-深夜2:00
URL: http://ramentei-bkk.com/

こんにちは、とも先生です。

先週末は久しぶりに友人たちを自宅に招いてホームパーティーをしました。友人を招くなんて最近全然していなかったのでまず最初にやったのが「掃除」。自分はまったく気にしていなくても第三者からしたら耐え難いこともあるわけで、思い切ってお部屋の大掃除をしたわけです。まあ要らないものが出てくる出てくるw ホームパーティーのおかげでかなり断捨離できました☆

さて、今回はタニヤの奥にあるおそば屋さん「十割そば酒場 のじ庵/SOBA NOJIAN」をご紹介します。

この日は友人たちと一軒目でしこたま飲んで、その後なぜか「そばで〆ようぜ!」みたいなノリになりへべれけ状態で入店。実はあまり明瞭な記憶が残っていないのですが、写真だけはきっちり撮っていたので思い出しながら書きますねw
BlogPaint
↑こちらお店の入口、のようです。大きな看板があるのですぐに分かると思いますよ。

BlogPaint
↑4人でこのテーブル席に着席した、ようです。

BlogPaint
↑こちらがメニュー、のようです。おそばは3玉まで無料!なんて太っ腹!

BlogPaint
↑まずはハイボール(140バーツ=約490円/+17%)で乾杯!したみたいですね!

BlogPaint
↑なんでさっきと場所変わっているんだろう…後日友人に訊いたら2階の個室が空いたので移ったそうな…。全然知らなかったしなんで写真撮っているんだろう。

BlogPaint
↑まずはサッパリともろきゅう(100バーツ=約350円/+17%)

BlogPaint
おつまみゲソ天(150バーツ=約530円/+17%)。さっくり揚がっていて美味しそうですねー!(覚えてない)。

BlogPaint
ちくわ磯辺揚げ(120バーツ=約420円/+17%)は中高生が好きそうな油練り物。

BlogPaint
和風タコ焼き(140バーツ=約490円/+17%)は、なんか少しだけ覚えてる…すっごく美味しかった記憶が。

BlogPaint
↑ラストの〆です台湾まぜそば(280バーツ=約990円/+17%)

とも先生全然覚えていないんだけど、どうやら3玉の大盛りで注文した模様。

無意識の欲求って怖い…。

BlogPaint
↑まぜそばはよーくまぜまぜしてから食べようね☆

うん!全然覚えてない!

後日友人から訊いた話しでは、とても美味しそうに3玉大盛りを完食したらしいので、とても美味しかったんだと思います!

次回は一軒目のお店として行ってみたいと思います!


店名: 十割そば酒場 のじ庵/SOBA NOJIAN
場所: 9/33 surawong road,suriyawong,bangrak
電話: 02-2352694
営業: 11:00-深夜2:00
FB: https://web.facebook.com/sobanojian/

こんにちは、とも先生です。

昨夜、バンコクの繁華街であるタニヤ通りにグランドオープンした「なぎ屋 タニヤ店/Nagiya Thaniya」へ行ってきましたー☆

なぎ屋さんといえば、姉妹店を含めて現在バンコク市内に7店舗を構える人気の居酒屋グループですが、今回グランドオープンしたタニヤ店が8店舗となります、すごーい!
BlogPaint
↑タニヤ通りに堂々オープンしたなぎ屋タニヤ店。

BlogPaint
↑店頭の大きな赤提灯と乱れ桜がとにかく派手!なので目立つ!のですぐにわかりますよ。

BlogPaint
↑今回は1階の席を案内されました。間口は狭いけど4階まで席があるみたい。もうね、お客さんが入れ替わり立ち替わりですごい混んでいたので、この写真はお客さんがちょうどいなくなった一瞬の隙をついてw撮らせてもらいました。

BlogPaint
↑日本の居酒屋として安定のなぎ屋ですが、美味しそうな新メニューが増えてる!ほとんどのお料理が写真入りで日本語表記もあるから注文は簡単ですよ。

BlogPaint
↑お!グランドオープン記念のメニューもあるよ。いつまで有効かはお店に確認してくださいね。

BlogPaint
↑少し遅れて到着したとも先生ですが、友人たちがすでにボトルを入れて始めていたので、いきなりのハイボールからスタートw

BlogPaint
↑まずは病み付きになるラー油キュウリ(120バーツ=約410円/+17%)から☆

BlogPaint
↑新メニューのタン塩レモン(160バーツ=約550円/+17%)は、レモンの皮が入っていてすっごくさわやか!これは美味しい!

BlogPaint
↑こちらも新メニューのチーズダッカルビ(260バーツ=約890円/+17%)。濃厚な味付けの鶏さんにとろーりチーズでこれはお酒にもご飯にも合うね!

BlogPaint
ポテトベーコンチーズ(150バーツ=約510円/+17%)はホッとする安定の美味しさ。ほくほくのジャガイモとベーコンの脂をチーズが美味しくまとめてくれます。

BlogPaint
壷漬けハラミ焼き(499バーツ=約1,710円/+17%)。特製のタレに漬け込んだ牛ハラミ肉が柔らかくて美味しいよー!

BlogPaint
↑新鮮プリプリなさんま刺身(150バーツ=約510円/+17%)。この光り具合がたまらないね。

BlogPaint
生牡蠣(80バーツ=約270円/個/+17%)。とも先生は牡蠣が苦手なのでいただいていませんが、友人たちはペロンとうれしそうに食べていました。

BlogPaint
さんま塩焼き(150バーツ=約510円/+17%)。そろそろ秋だよねえ。

BlogPaint
鶏もも焼き(210バーツ=約720円/+17%)はゆず胡椒をつけていただきます。いつも注文する大好きな一品。

BlogPaint
薫製盛り合わせ(380バーツ=約1,300円/+17%)は鶏、ウズラ卵、カマンベールチーズの3種盛りで、お酒のアテにピッタリ。

BlogPaint
↑とも先生の大好きなイカゲソ唐揚げ(160バーツ=約550円/+17%)。レモンをしぼってさっぱりといただきます。プリプリのゲソがたまらない!

BlogPaint
↑これはかなり悪魔的に美味しい食べ物ですサツマイモバター(120バーツ=約410円/+17%)。フレンチフライ状のサツマイモさんにバターが乗っているんだよ!美味しいに決まってるじゃんね!

BlogPaint
↑アラカルトで新鮮なお刺身さんをいただきましょう。炙りえんがわ(220バーツ=約750円/+17%)ホッキ貝(210バーツ=約720円/+17%)

BlogPaint
イカぽっぽ焼き(230バーツ=約790円/+17%)はかなり大ぶりのプリプリイカさんが登場!肉厚で美味しい!

BlogPaint
↑友人が〆に注文した明太茶漬け(190バーツ=約650円/+17%)。〆はサラサラっといきたいね。

BlogPaint
↑友人が〆に注文した焼きおにぎり/黄身醤油漬け(70バーツ=約240円/+17%)。なぎ屋の焼きおにぎりはめちゃくちゃ人気があるそうです、美味しそう!

BlogPaint
↑友人が〆に注文したカレーライス(199バーツ=約680円/+17%)。日本のマイルドなカレーでルーもたっぷり☆

BlogPaint
↑そしてとも先生が〆に注文したチョコハニートースト(170バーツ=約580円/+17%)

居酒屋さんのなぎ屋ですが、デザートも美味しいんですよー!厚切りトーストにチョコアイス、バナナ、生クリームにチョコシロップとハニーがたっぷり☆

タニヤ通りにまたひとつステキなお店ができました。ぜひー!


店名: 天下一 なぎ屋 タニヤ店/Nagiya Thaniya
場所: 23/14 Thaniya Rd, Khwaeng Suriya Wong, Khet Bang Rak, Bangkok 10500
電話: 02-235-6004
営業: 未確認(17:00-24:00かな?)
URL: http://www.nagiya-bkk.com/

こんにちは、とも先生です。

2016年10月13日にタイのプミポン国王陛下が崩御されてから今日で3日。
深い悲しみに包まれているタイでは、国を挙げて服喪期間に入りました。

少しですが、写真とともにバンコクの街の様子をお伝えします。
BlogPaint
BlogPaint
↑各スーパーマーケットやコンビニエンスストアでは10月17日(月)まで
酒類の販売を自粛しています。もともとタイは酒類販売時間に制限があるため、次回の酒類販売開始は10月18日(火)午前11時からとなります。

*一部小売店では通常通り販売しているところもあるようです。

BlogPaint
BlogPaint
BlogPaint
↑BTSプロンポン駅前にあるエムクオーティエというデパートの様子です。ユニクロやZARAといったお店ではディスプレイが黒ベースになり、喪服として着る黒や白(その中でも無地)のシャツ等はすでに完売していました。また、多くの人々が記帳をしていました。

*今回の需要をあてこんだ黒い服即売会が市内至るところで行われていますが、中には通常よりかなり割高で販売しているところもあるようです。

BlogPaint
↑BTSスカイトレインの駅ホームの様子です。普段はCM等が流れているモニターはお悔やみのメッセージが白黒で表示されています。

BlogPaint
↑バンコクの繁華街のひとつであるタニヤ通りの様子です。いつもなら週末はとてもにぎわっている通りですが、お店のネオンが半分近く消え人通りも少ないです。ただ、中には照明を落とし気味にしたり音楽を消すなどした上で営業するお店もあるようです。

*レストランや居酒屋は通常営業しているところが多いそうです。

1476602603143
↑これは公式発表のものではありませんが、黒や白い服がない場合でも上記のような色合いの服であれば大丈夫であろう、というカラーチャートです。

ただ、濃いグレーや紺色の服でも構わないと思いますが、タイの人々の気持ちに少しでも寄り添えるためにも、できるだけ黒や白の服を用意したいところです。

IMG_20161016_115216
↑とは言っても、タイの人々の中には経済的な問題で黒や白の服を新しく買えない人もたくさんいます。というわけで、黒いリボンを着用すれば服装は特に問われないようです(それでも原色ハデハデの色や露出の多い服装は×)。

これから乾季のベストシーズンに入るタイ。バンコクやプーケットなどへ旅行で行かれる方もたくさんいらっしゃるとは思いますが、タイの人々の気持ちに少しでも寄り添えるためにも、特に服装の点にご留意いただければと思います。

↑このページのトップヘ