とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:タイ料理

こんにちは、とも先生です。

この前の日曜日、久しぶりにタイ料理教室があったので午前中からいそいそと外出。ところが、先生のお宅まで行ったけど先生がいない…へ?

電話してもメッセージ送っても音沙汰無し…30分以上待ったけどこりゃどうしようもないということで撤収。時間がぽっかり空いたのでお教室のみんな5人でランチへ行くことに。

*先生はなんと具合悪くして病院でぐったりだったそうな…お大事に。

というわけでやって来たのは、タクシーで連れていってもらったからよくわかんない!リバーサイドのミレニアムヒルトンホテルそばのタイ料理屋さん「Charoen Thai Suki」です。なんでもタイスキがオススメらしく、腐乳(豆腐を発酵させた食品)入りの付けダレが美味しいそうな、楽しみ☆

BlogPaint
↑お店はLat Ya通りに面していて赤い提灯が目印です。

BlogPaint
↑店内は4人がけテーブルの他に円テーブルも有り〼。通りに面したガラスが大きいので店内明るくて気持ちいい。

BlogPaint
↑メニューには英語表記もあるので安心☆

BlogPaint
↑タイスキ頼んだらまず野菜が来ました、白菜となんかの青菜。自分たちでちぎって鍋に投入。

BlogPaint
↑そしてタイスキ用のタレ。なんでも腐乳(豆腐を発酵させた食品、沖縄の豆腐ようみたいの)の入ったクラシックな付けダレだそうな。舐めてみたらそんなに辛くなくて、腐乳はふわって香るくらい。腐乳の強いクセはそこまでじゃないから丁度良くて美味しい♡

BlogPaint
タイスキコンビネーションセット(450バーツ)が来ました!豚肉、鶏肉、海老、イカ、練り物など盛りだくさん。卵は鶏卵とアヒルの卵のミックス!

BlogPaint
↑お鍋は店員さんが作ってくれました。

BlogPaint
↑タイスキが出来上がるまでに他のお料理でビール飲みましょう。これはムール貝のなにかw(150バーツ)。各種ハーブと合わせてあって、辛味は強いけどさわやかで美味しい!

BlogPaint
↑これはムーマナオ(120バーツ)。茹でた豚さんにマナオ(タイレモン)の効いた辛いタレがかかっています。すごくさっぱりしていて美味しい!

BlogPaint
↑さあさあお鍋が煮えてきたのでみんなでいただきまーす☆

BlogPaint
↑お椀によそって少しずつタレを付けながらいただきます。おいちい!

BlogPaint
↑足りなければ具はいくらでも追加注文できます。練り物(70バーツ〜)

ちなみにビールはレオビール大瓶(90バーツ)でした。

お昼ちょっと前に入店したんだけど、気付いたら店内満員になっていました!ちょっと気軽にふらっと行く場所ではないけど、ミレニアムヒルトンホテルをはじめとしたリバーサイドあたりに滞在中だったら、徒歩かタクシーでちゃっと行けますよー。



店名: Charoen Thai Suki/เจริญไทยสุกี้ 106
場所: 596-598 Lat Ya Road, Khwaeng Khlong San, Khet Khlong San。ミレニアムヒルトンホテルから徒歩8-10分、BTSクルントンブリ駅からタクシーで5分くらい。
電話: 02-4390556
営業: 11:00-23:00
FB: https://web.facebook.com/charoenthaisuki106

こんにちは、とも先生です。

友人Y子に誘われて昨年から参加し始めたタイ料理教室。2018年最初の教室は、お花を使ったメニューがとっても美味しかったです☆

【習い事】バンコクの料理教室/クッキングクラスに再び参加してみた!
http://tomosensei.net/archives/1068696256.html
【習い事】婚活レベル上げ!バンコクで料理教室に参加してみた!
http://tomosensei.net/archives/1067800834.html

<この日のメニュー3品>
1) お花天ぷらのヤム/タイのドレッシングで食べる花の天ぷら。
2) ホイトード/米粉を使った牡蠣のお好み焼き。
3) ドークケー(白胡蝶)と春雨炒め/花のほろ苦さと豚の脂がたまらない春雨炒め。

BlogPaint
↑この日はお花を使ったメニューを教えてもらえるとのことでウキウキ。これは天ぷら用のお花たち。

BlogPaint
↑ドレッシングは材料を写真の小さな石臼で潰し、石臼の中で作っちゃいます。

BlogPaint
↑春雨炒め、は炒めている途中からもう食べたくて食べたくてウズウズする香りの良さ!

BlogPaint
↑花の天ぷらって初めて。

BlogPaint
↑さっくり揚がった天ぷらはタイのドレッシングをかけていただきます。天ぷらに染みる甘酸っぱいドレッシングが美味しい〜。

BlogPaint
↑ドークケー(白胡蝶)という花と豚バラの春雨炒めは、花のほろ苦さと豚バラの甘い脂のコクが最高に美味しい!大ヒット!

BlogPaint
↑ホイトードは最後にテーブルで仕上げます。白ワインで乾杯〜。

BlogPaint
↑ホイトードはお店で食べても美味しいけど、手作りするともっと美味しいということに気付いた!w

今回で3回目の参加。ドークケーと豚バラの春雨炒めが美味しすぎて、その後自宅で何回も復習しちゃいました☆

Y先生の料理教室
場所: バンコク市内某所、出張レッスンも可能
時間: 参加者の希望日時を考慮して決定
費用: 1,000バーツ(材料費、ビール込み)
申込: lucileball0215(アット)gmail.com



こんにちは、とも先生です。

ここしばらくお正月のパキスタン旅行記が続いているので、興味のない方にはまったく興味がないでしょうからここいらでバンコクのお話を。

お正月休みが終わってかなりたったある日のこと、以前バンコクに住んでいたHくんがミャンマー旅行の帰りにバンコクへ寄るというので、バンコク在住組のみんなで久しぶりに集まりました。

お店をどこにしようかあーだこーだチャットして最終的に決まったのが「バーン・ソムタム/Baan Somtum」というタイ料理屋さん。

とにかくソムタムの種類が多くてリーズナブルなお店でしたよー。
BlogPaint
↑お店はBTSエカマイ駅から約600m、10分も歩かない距離なのですが、写真のように道が少し暗いのでお家から車でピャーと行っちゃったほうがいいかもね。

BlogPaint
↑お店は夜のライトアップがとてもキレイ☆広い駐車場完備です。

BlogPaint
↑入口のベンチに誰かいる?!と思ったら人形でしたw

BlogPaint
↑スマートなお店の外観とはちょっと違って、店内はスーパーカジュアルな雰囲気。

BlogPaint
↑メニューはタイ料理ですが、ここはバラエティ豊かなソムタムメニューが売りのようで、なんと30種類近いソムタムメニューがありました。

BlogPaint
↑というわけでソムタム。お値段かなりお安めですが量も控え目。これなら少人数でもいろんなメニュー頼めるねー。

BlogPaint
↑ソムタムだけでもアレなので他のも頼みましょう。コームーヤーンは豚トロの炙り焼き。脂ジューシーでうまうま。

BlogPaint
↑これ、テーブルのインテリアかと思っていたら生野菜セットでしたwww 口をさっぱりさせましょう。

BlogPaint
↑これはツナのラープ(スパイシーなハーブ和え)。挽き肉ではなくほぐしたツナなのでさっぱりいただけます。

BlogPaint
↑グリルビーフのヤム(スパイシーなサラダ的なもの)はかなり辛かった記憶、でも美味しかったよ。

BlogPaint
↑イサーンソーセージはかなり脂っこいので、スライスニンニクやピーナッツ、唐辛子と一緒にいただきます。

BlogPaint
↑これは蒸したお魚さん。野菜もたっぷりでめためたにヘルシー。

BlogPaint
↑でも茶色い食べ物も欲しいよね、ということで手羽先揚げ。ビールがくいくい進んじゃうね。

BlogPaint
↑最後は…これなんていうんだろう。野菜や果物をソムタムのタレで和えたようなもの。インドネシアでいうところのRujakそっくり。

5人で行って写真のお料理をいただき、ビールを何本だろう…大瓶7-8本飲んで、お会計2,000バーツしませんでした安っっつ!!! ま、そんなに量食べてないからかもしれないけどね。

ソムタムが売りですが、タイ料理メニュー全般揃っているしお値段お手頃だし駅からも近いしで、次回日本から友人がバンコクへ遊びに来たらここへ案内しようかなー。



店名: バーン・ソムタム/Baan Somtum
場所: 15 Soi Sukjai (Ban Klai Tai intersection), Prakanong, Klongtoey, Bangkok 10110
電話: 02-3811879
営業: 11:00 - 22:00
Web: http://www.baansomtum.com/


こんにちは、とも先生です。

ランタ島旅行最終日。今日はバンコクへ戻る日ですが、フライトが夜なのでそれまでホテルでのんびりしまーす。

ホテル内のレストラン「Saladan Restaurant」は、超遠浅のビーチを望むなかなかステキなお店でしたよ、チープでカジュアルな感じだけど。

BlogPaint
↑レストランはホテルのプール脇にあるので水着のままの利用ももちろんOK。

BlogPaint
↑びっくりするくらいの超遠浅ですが、潮が満ちてもそんなにキレイではないのでw この超遠浅具合がいいかも。眺めるだけー。

BlogPaint
↑メニューは手作り感満点w 英語と中国語表記有りの一部メニューには写真も有り〼。

BlogPaint
↑まずは冷え冷えのシンハービール大(125バーツ=約440円)で乾杯〜。ジョッキが凍って出てきたのはポイント高い!

BlogPaint
↑これはチキンサテ(140バーツ=約490円)。濃厚なタレを付けてトーストと共にいただくカレー風味の鶏の串焼きです。

BlogPaint
↑そして〆はイカチャーハン(75バーツ=約260円)。イカが冷凍物だったのは残念だけど全体的な味付けは良かったよ。ざく切りトマトがたっぷり入ってさわやか〜!

BlogPaint
↑干潮の時は海があんなに遠くなるけど、ぼんやり眺める分にはとてもよい景色。

サラダンには意外とビーチ沿いのお店が少ないので、泊まっていなくてもビール飲みに行ったらいいと思います!



店名: サラダン・レストラン/Saladan Restaurant
場所: Saladan Beach Resort内。
電話: 075-668112
営業: 8:00-22:00

こんにちは、とも先生です。

ランタ島旅行4日目。今夜は旅行最終日なので何か美味しいもの食べたいんだけど…でも遠出するの面倒だし…ということでホテルから歩ける距離のレストランをチョイス。

「Rung Ruang Restaurant」は、完全ツーリスト向けのぶっちゃけ特に特色のないお店ですが、店主のおじさんがとても楽しくて様子がおかしかったです。

BlogPaint
↑こういう形態のお店はリゾート地のみならずどこにでもありますよね。ただここは店主のおじさんの営業が熱心だったので思わず入ってみました。

BlogPaint
↑メニューは英語表記有りの写真も有りで注文楽々。店主が直々に斜め後ろに立ってずっと注文するのをいつまでも待ってくれるので焦りましたw

BlogPaint
↑まずはレオビール大(たしか80バーツ…約280円)で乾杯〜!

BlogPaint
↑まだ日没前なので他にお客さんはいませんが、この気だるい時間帯が好き。

BlogPaint
↑とも先生の命の糧イカチャーハン(60バーツ=約210円)。ここのイカは冷凍物で残念だけど、味付けがとにかく良い!美味しいの!香ばしくて炒め具合が絶妙!店主やるな!

BlogPaint
↑ビールのアテに頼んだ海老天ぷら(150バーツ=約520円)は、何が一番驚いたかって、衣がザクザクすぎて口切りそうなレベルってことではなく、添え物の緑の天ぷらが「レタスの天ぷら」だってこと!

生まれて初めて食べたレタスの天ぷらはあまり美味しくありませんでした!


BlogPaint
↑そして店主のおじさん、とも先生が一人でご飯食べながら晩酌している姿を遠くのテーブルからじーっと見ていて、あまりにもじーっと見るもんだから困っちゃってw

で、いきなり渡されたのがこれドン!

似顔絵かよ!!!

食後にサービスでくれるキャンディもどうもありがとうおじさん。

なんかお料理は普通だけど、おじさんの様子がとてもおかしかったです。



店名: ルンルアン・レストラン/Rung Ruang Restaurant
場所: サラダンの大きな通り沿い、Googlemap参照。
電話: 087-4644700
営業: 10:00-22:00

↑このページのトップヘ