とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:タイ

こんにちは、とも先生です。

タイの菜食週間/Vegetarian Festival 2018が今日から始まりましたね!

これは、プーケットやタイ南部地域の中国寺院を中心にタイ全土で行われる菜食週間で、10日間肉類を摂取せず菜食だけで過ごし心身を清めるというもの。期間中は肉類のほか、飲酒や性行為も禁じられるなどいろいろとルールがありますが、バンコクの場合は「年に一度だしみんなやってるしベジタリアンでなんだかヘルシー♡」みたいな軽いノリなんじゃないかなw

とも先生はぶっちゃけベジタリアンフードにはまったく関心がないのですが、この菜食週間の食べ物がいったいどういうものなのか少しだけ気になったので、スーパーのお惣菜コーナーでいくつか買って実食してみました!

タイ菜食週間/Thailand Vegetarian Festival
2018年10月9日〜17日
BlogPaint
↑スーパーマーケットのお惣菜コーナー。菜食週間コーナーには「齋(ジェー)」という黄色い旗やシールが目印に付けられます。

BlogPaint
↑インスタントヌードルコーナーにも、野菜ダシのベジタリアンヌードルが期間限定でお目見え。

BlogPaint
↑というわけでスーパーの菜食週間コーナーでベジタリアンフードをいくつか買ってみました。

BlogPaint
↑まずは無難そうな揚げ物から。これは厚揚げと…揚げ春巻き?

うん、厚揚げは厚揚げそのまんま。そして小さな揚げ春巻きの中にはほんのり甘いタロイモペーストが入っていました。付けダレが砂糖たっぷりでかなり甘いので醤油でいただきました。

BlogPaint
↑揚げ物パート2はトウモロコシのかき揚げボールみたいなの。

うん、見たまんまの味。ただ粉がほとんどでトウモロコシが少ししか入っていないからかなりボリューミー。炭水化物と油をたっぷり摂取できます☆

BlogPaint
↑こちらはお肉の代わりに厚揚げを使ったグリーンカレー。

これは…これは…カレー汁の上に1cmくらい油の層があって、カレーというよりカレー味の油汁w

お肉を使わない分、物足りないコクや旨味を油で補う作戦のようです。

ちょっと完食できませんでしたw

BlogPaint
↑最後にビジュアルが一番まともな焼きそばをいただきます。

ウン!これが一番まともに食べられるかも!w

野菜だけではなくお肉の代わりのソヤミート(大豆たんぱくで作る肉代用食品)も入っていて美味しい☆

ただこれもほとんど麺で、しかも麺がくっつかないようにかなりの油使用率。

【実食結果】
菜食週間は、炭水化物と油と砂糖たっぷりで身体に良くないと思いました!
お家でブロッコリーを茹でて食べましょう!w


こんにちは、とも先生です。

バンコクブログを始めてから今日で丸3年が経ちました(あっ、ほとんどバンコクのこと書いてないけどw)…あっという間ですね。これからものんびりブログを続けていくのでよろしくお願いします☆

というわけで記念すべき日はやっぱりお肉!焼肉!焼肉食べ放題〜!

アソークにある「なぎ屋 アソーク店」が日本式焼肉食べ放題299バーツ++を始めたというので、友人たちと行ってモリモリ食べてきたよ!
BlogPaint
↑久しぶりに来たら店頭に桜がたくさんでキレイ〜♡吸い寄せられるように入店〜☆

BlogPaint
↑焼肉食べ放題はお店の3階でオーダーできます。入店した時は空いていたけど、徐々にお客さんが増えて来て満席になったよ〜!こりゃ日によっては予約する必要があるかもだね。

BlogPaint
↑こちら焼肉食べ放題のルールが書いてあります。

料金:299バーツ+税サ17%

・制限時間は1時間半でラストオーダーは20分前まで
・焼肉食べ放題は2名以上からオーダー可能
・5歳以下のお子さんは無料
・持ち帰りは出来ません
・お肉を残した場合は一人200バーツのペナルティー

BlogPaint
↑焼肉食べ放題にはソフトドリンク飲み放題(ウーロン茶、緑茶、コーラ、水)が含まれているのはうれしいね。3リットルのタワービールが333バーツ!ハイボールが1杯55バーツってな感じでアルコールもお手頃価格だよ!

BlogPaint
↑というわけで問答無用のタワービールでまずは乾杯〜♪

BlogPaint
↑お店の壁には写真入りのメニューが貼ってあるので注文簡単。お肉は豚肉が中心ですが、バラ、ハラミ、骨付きカルビ、カルビ、ロース。あと牛タンや鶏モモもあります。他に一品料理やご飯、デザートのアイスクリームまであるよー☆

BlogPaint
↑そして今回ビックリしたのが「自分のスマホから料理のオーダーができる」ということ!渡されたQRコードをスキャンして専用アプリをインストールすると…

BlogPaint
↑こんな感じで自分のスマホからオーダーができちゃうんです!しゅごい!しかもスマホでオーダーしてから料理が到着するまでが早い!

BlogPaint
↑焼肉食べ放題をオーダーすると、まず最初に基本セットが運ばれてきます。サーモン皮揚げのヤム、ピリ辛もやし、キムチ、ポテトサラダ、キャベツサラダ、卵焼き、焼き野菜セット。これだけでお酒がクイクイ進んじゃうよねー。

BlogPaint
↑もちろんお肉もガンガンいきますよ!牛タンはかなりの厚切り!他の豚肉さんたちも厚切り!

BlogPaint
↑鶏モモさんも見るからにプリプリで美味しそう!

BlogPaint
↑さあ!どんどん焼くよー!炭火焼ですが当然排気ダクトもあるし快適焼肉ー!

なんかお値段がとっても安いのでそんなに期待していなかったのが正直なところなんですが、これはお値段以上の価値がある内容ですわ♡お肉の種類は限られているけど肉質がかなり良いです☆特に厚切りの牛タンがお気に入りで何回もおかわりしちゃったw

BlogPaint
↑ハイボールも55バーツ!

BlogPaint
↑店長オススメの骨付きカルビも美味しいー!

BlogPaint
↑食後はアイスクリーム。バニラと抹茶があったよ。

実は…ここ気に入ってしまって近所でもないのに週に2度行きましたwww いつも毎日焼肉焼肉ってわけにはいかないけど、カジュアルにモリモリ食べたいなーって時にはここ強烈にオススメでーす☆


店名: なぎ屋 アソーク店/Nagiya Asoke
場所: 44 Soi Sukhumvit 21, Khwaeng Khlong Toei Nuea, Khet Watthana, Krung Thep Maha Nakhon 10110
電話: 02 258 1277
営業: 11:00-24:00
URL: http://www.nagiya-bkk.com/
FB: https://web.facebook.com/nagiya.asoke/

こんにちは、とも先生です。

とも先生、ほとんどの買い物は週末にスーパーで済ませるタイプなのですが、それでもだいたい2日に1回は仕事帰りに自宅近所のコンビニに立ち寄りビールやらお菓子やらを買い込みます。

先日、コンビニのお粥コーナーの棚をふと見ていたら「トムヤンクン味のお粥」を発見。

日本でお粥っていうと体調を崩した時に食べるイメージがありますが、タイでは「ジョーク」と言って普通に屋台でも食べられるポピュラーな料理だし、お湯を注ぐだけで食べられるインスタントのお粥もコンビニで簡単に手に入ります。

でもー、えー、美味しいのかなあ…。

とりあえず2個買って(15バーツ=約50円/1個)お家で食べてみました。
BlogPaint
↑真ん中の赤いカップがトムヤンクン味のお粥。タイでお粥はとてもポピュラーな食べ物なので、各社からいろんな味のお粥が発売されているよ。

BlogPaint
↑トムヤンクンていうとこんな料理ですよね。海老が入っていて辛くて酸っぱくて美味しいスープ。

BlogPaint
↑1個当たりのカロリーは170kcal、意外と低いね。

BlogPaint
↑フタを開けると中には乾燥粥、トムヤンクンペースト、スプーンが入っています。

BlogPaint
↑スプーン以外をすべてカップに入れ、内側の線までお湯を入れて待つこと2分。ほんのりオレンジ色のお粥が出来上がりました。

ん。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

BlogPaint
↑インスタントだけど見た目があまりにもアレなんでとりあえず器に移して刻みネギとゴマを散らしてみたよ。

それでは実食。

うん!辛味は思ったよりも少なくそれよりも酸味が強い感じ!味が濃いめで喉にけっこうな刺激がクルから体調不良の時に食べるのはオススメしないけど意外と美味しい!

カップだからかさばるけど、とっても軽いので日本へのお土産にも面白いかもね!

こんにちは、とも先生です。

雨季始めの5月にふらりと行ってきたプーケット1泊2日。

今回は「雨季、おひとりさま、たった1泊」ということで、ビーチエリアではなくプーケット県庁所在地のプーケットタウン/Phuket Townに滞在してみました。
オールドタウンのコロニアルなゲストハウス「RomManee Classic Guesthouse」
http://tomosensei.net/archives/1071402456.html
かつて錫の産出と貿易で栄えたプーケットには、周辺地域から影響を受けた古いコロニアル建築(この表現が適切かどうかはさておき)が多く残っているということで、これはもうお散歩するしかないでしょ!
BlogPaint
↑到着初日はあいにくの雨模様…。写真左の建物は、1914年に建てられた「プロムテープ時計塔」。数年前にキレイに塗り直されてテーマパークっぽくなりましたがw 右の古い建物は現在プラナカン博物館として利用されています。

BlogPaint
↑プーケットタウンのホンダショップの建物もかなり古いなあ。Google翻訳使ってショップの人に尋ねたらめちゃくちゃ古いらしいけど、もしかして昔は2階部分もあったんじゃね?と思わせるどっしりとした造り。柱がとてもステキだよ。

BlogPaint
「プーケット郵便切手博物館」は1932年に建てられたプーケット初の郵便局の建物を利用したもの。ザンザン振りの雨で訪問が遅い時間になってしまったため残念ながらすでに本日の営業終了…。

BlogPaint
↑ちょっとした路地の奥にも洋館がひっそり建っていたりプーケットタウンすげえ!

BlogPaint
↑2日目は朝からお天気なのでモリモリお散歩!オールドタウンエリアはすべて徒歩で観光できるのがうれしいよ。

BlogPaint
↑古いショップハウスもキレイに塗り直されて、絶好の写真スポットとして各国からの旅行者に大人気。

BlogPaint
↑交差点の角にある古い建物…この角の丸いところに住んでみたいと思った人はとも先生だけではないはずw

BlogPaint
↑これは「Thai Hua Museum」という博物館。1911年に建てられた中国語学校の校舎を利用しています。館内も欧中折衷コロニアルみたいでなかなか雰囲気良し。

まだまだたくさんのコロニアルがあったのですが、数が多すぎてここには載せきれないやw

別にプーケットタウンに泊まらなくてもプーケットの各ビーチから半日日帰りでサクッと行けますが、古い建物を利用したステキプチホテルも何軒かあるので1泊してみても楽しいと思うよ!
Thai Hua Museum

Read more at: http://www.phuket.com/attractions/phuket-thai-hua-museum.htm?cid=ch:OTH:001
Thai Hua Museum on Krabi Road is one of the best looking and well-maintained Sino-Portuguese buildings in Phuket. This recently renovated building was at one stage a Chinese-language school. These days it is used as a museum, exhibition space and an occasional function hall. In 2008, the Thai Hua Museum was given an award in the category of constitutional and public buildings by the Siam Architect Association under the King’s patronage for its outstanding role in conserving architectural arts.

Read more at: http://www.phuket.com/attractions/phuket-thai-hua-museum.htm?cid=ch:OTH:001
Thai Hua Museum on Krabi Road is one of the best looking and well-maintained Sino-Portuguese buildings in Phuket. This recently renovated building was at one stage a Chinese-language school. These days it is used as a museum, exhibition space and an occasional function hall. In 2008, the Thai Hua Museum was given an award in the category of constitutional and public buildings by the Siam Architect Association under the King’s patronage for its outstanding role in conserving architectural arts.

Read more at: http://www.phuket.com/attractions/phuket-thai-hua-museum.htm?cid=ch:OTH:001



こんにちは、とも先生です。

雨季始めの5月にふらり1泊でやってきたプーケット。

古い街並の残るプーケットタウンをたっぷり散策して、遅めのランチを麺料理で有名なMee Ton Poeで食べようとお店へ向かったのですが…ランチタイムとっくに終わった午後3時過ぎなのにまだ激混み!!!

とも先生あまり並んだり待ったりするのが得意ではないので…とにかくお腹が空いていたので何も考えずに隣りのお店「Som Chit Hokkien Noodle Soup」に入りました。したら!ここが!美味しかった!w
BlogPaint
↑お店はMee Ton Poeを正面に見て左隣、赤い看板の間口の狭い小さなお店です。

BlogPaint
↑軒先の看板。看板の写真が…料理番組?出演?ここもけっこうな有名店なのかな?

BlogPaint
↑他にお客さんがいなかったからか、通り沿いの人目の付くテーブルに無理やり座らされましたw ちょうど暑かったから別にいいんだけどね。

BlogPaint
↑まずはロッゼーラジュース(19バーツ=約60円)で乾杯〜。ほどよい酸味で疲れが吹き飛ぶ〜!

BlogPaint
↑これが福建風ヌードルスープ/Hokkien Noodle Soup(大盛りで70バーツ=約240円)。とも先生は重度の猫舌なので、ドライ(麺とスープ別々)を注文しました。

BlogPaint
↑具は、海老ワンタン、ゆで海老、練り物など。昔ながらのレシピで調理しているとのことで、新鮮な発見!というより懐かしい優しみ!みたいな美味しさ。海老ダシのスープも美味しいよう。

跡継ぎらしき若いお兄ちゃんは英語が話せるし、英語メニューもあったので入店ハードルは高くないです。ホテルに朝食が付いていない時、散策中ちょいと小腹が減った時なんかにいいかもね、ぜひー☆


店名: Som Chit Hokkien Noodle Soup
場所: Phuket Road, Talat Yai, Phuket
電話: 081-6937705
営業: 8:00-17:00

↑このページのトップヘ