とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:タイ

こんにちは、とも先生です。

乾季に入った12月のさわやかなタイ。国内線航空券がめためたに安かったので、数年ぶりに北部タイ(チェンマイ&ランパーン)を2泊3日で一人旅してきました🌟

チェンマイ観光っていうとお寺以外にすぐ思い浮かばないんだけど、旧市街に博物館が集まっているエリアがあったのでゆっくり見てきました。チェンマイ歴史センター、チェンマイ市芸術文化センター、ランナー民俗生活博物館の3館です。
BlogPaint
↑まずはチェンマイ歴史センター/Chiang Mai Historical Centreから見学します。

BlogPaint
↑各博物館の入館料は90バーツなのですが、3館共通入館チケット(180バーツ=約620円)があったので購入。3それぞれ一度ずつ入ることが出来ます。

BlogPaint
↑ここはチェンマイの過去から現在に至るまでの歴史をジオラマや映像をふんだんに使った展示で楽しませてくれます。でも…展示の内容はそんなに深くないかなw

BlogPaint
↑館内には、ここで出土した遺跡がそのまま保存されています。まるごと残すんだね。

BlogPaint
↑次は、歴史センターの隣りにあるチェンマイ市芸術文化センター/Chiang Mai City Arts & Cultural Center。この建物は、1924年に建造された旧チェンマイ市庁舎を改装したもの。

BlogPaint
↑古い建物を利用した施設のため各展示室が狭くて、それなのに展示物をみちみちに並べちゃうもんだから見にくいったらありゃしないw

BlogPaint
↑チェンマイの生活文化を忠実に再現したコーナーはけっこう楽しかった。

BlogPaint
↑ここも展示内容に統一性がないというか、見ていて引き込まれるものがあまりありませんでした。まあ、とも先生はこの建物自体に一番興味があるので展示内容は二の次なんですけどねw

おおふ…館内のコリドールがステキ♡

BlogPaint
↑ここはミュージアムショップ、というかオサレ系雑貨屋さんが入っていました。店内写真撮影禁止だったから写真ないけどなかなか充実の品揃え。

BlogPaint
↑うおおおおおおおおふ。中庭が素晴らしい。ため息がでちゃう。

BlogPaint
↑中庭にはカフェもあるので時間に余裕があればどうぞ。

BlogPaint
↑そして最後に、芸術文化センターの向かいにあるのがランナー民俗生活博物館/Lanna Folklife Museum。ここもなんだか古い建物だなあと思ったら、1935年に建てられた旧チェンマイ裁判所を改装したものなんだって。ヨーロピアンでとてもステキだ。

BlogPaint
↑ここはランナー王朝時代からの宗教、祭礼、衣食住など生活や文化に関わるものの展示が中心。

BlogPaint
↑これは有名なカントークディナーかな。食品サンプルを使った展示もあります。

BlogPaint
↑こちらは2階にある織物のコーナー。

BlogPaint
↑旧裁判所だっただけあって裁判所のコーナーもありました。

3つの博物館はどれも頑張ってはいると思うんだけど、それぞれの独自性がないというか、重複している部分もあり、じっくり見学するには内容が薄いって感じ。でも、お散歩がてらぶらぶら流し見学する分には楽しめると思います🌟


ランナー民俗生活博物館/Lanna Folklife Museum
チェンマイ市芸術文化センター/Chiang Mai City Arts & Cultural Center
チェンマイ歴史センター/Chiang Mai Historical Centre

開館時間: 8:30-17:00(月曜休館)
URL: http://www.cmocity.com/centre_museum.html


こんにちは、とも先生です。

先々週の話しなんですが、念願の「スリンの象祭り」へ行ってきました!

祭りを満喫し、10時間にもおよぶ長いバス旅を終えてバンコクに戻ってきたよう💦

もうね、くたびれてるんだけどビール飲みたいしお腹空いたの!というわけで、タニヤ通りに夜23時くらいからオープンするアウトドアレストラン「Thaniya Bar Beer Restaurant」で乾杯したよ!
BlogPaint
↑メニューは写真入りで分かりやすいし英語表記もあるけどなぜか値段が一切書いてない…不安…。

でもタイ語ペラペラの友人がお店の人に訊いたところ、もう真っ当な普通のお値段だったので安心🌟

BlogPaint
↑ビールで乾杯してから酒のアテがどんどんやってきました。これはホルモンのニンニク揚げ。めっちゃくそ旨い!ナニコレ!外カリッ中ムニッの絶妙な口当たり!

BlogPaint
↑これはアヒルさんのくちばしを香ばしく揚げたもの。ビールがすすむう。

BlogPaint
↑赤貝を半生くらいにさっと茹でたもの。危険な薫りがしますが今まで一度も当たったことないです、とも先生はね。

BlogPaint
↑そしてやってきましたチムチュム。これはタイの鍋料理で、お肉やシーフード、野菜たっぷり。

BlogPaint
↑このように深さのある土鍋で作ります。お外でお鍋美味しいね🌟

BlogPaint
↑豚トロの焼いたんもアテにいいよね。

BlogPaint
↑〆も兼ねて春雨野菜炒め。

BlogPaint
↑といいつつまたアテを頼んじゃうwこれは揚げた豚さん。

写真のお料理にビールをガンガン飲んで、4人でお会計が1800バーツくらいでした(記憶曖昧)🌟


店名: Thaniya Bar Beer Thaifood
場所: タニヤ通り。世界の山ちゃんと魚ふくの間をちょっと奥に入ったとこ。
電話: -
営業: 22:00頃-深夜、明け方まで?

こんにちは、とも先生です。

先々週の話しなんですが、念願の「スリンの象祭り」へ行ってきました!

これは毎年11月にタイ東北部スリン県で開催される象さんのお祭りで、タイ全土から200頭以上の象さんたちが集まり、華々しいパレードやショーが繰り広げられるもの。

さあて、お祭りもたっぷり楽しんだのでバンコクへ戻りまーす。現在スリンとバンコクを結ぶ交通手段は列車かバス。日曜日中にバンコクへ戻りたかったのでバスを利用することにしました。
BlogPaint
↑スリン市内中心部にあるバスターミナル。のんびりした雰囲気で思わずウトウトしちゃいそう。

BlogPaint
↑今回はグループ旅行なのでバスはあらかじめオンライン予約しておきました。バスターミナルのカウンターで予約票を乗車券に引き換えます。

BlogPaint
↑利用するバスは2階建てのVIPバス。12:45発のバンコク・モーチット(北バスターミナル)行きです。


↑約420kmの距離を5時間台で走るというけれど…本当かなあw

BlogPaint
↑車内は横3列シートの広々仕様。とてもゆったりしているのでこれから長旅も楽しくなりそうだよ♡

BlogPaint
↑飛行機のビジネスクラスのように、足元にはフットレストとレッグレストも装備。めっちゃ快適なんですけど!

BlogPaint
↑VIPバスのチケットがとても安かったのでまったく期待していなかったのですが、なんとお弁当が支給されました!これはチャーハン。

BlogPaint
↑そしてこれはカレーかな?ただ…残念ながらとも先生、乗車前におやつやら菓子パンやらをしこたま買い込んでしまい、しかもお腹の調子がイマイチ…ということでお弁当は食べられませんでした💦

BlogPaint
↑この日は日曜日&道路工事区間がけっこうあったということで道路大渋滞!!!スリんからバンコクまで10時間もかかり、しかもバスの故障でターミナル直前のガソリンスタンドで降ろされるとか!w

BlogPaint
↑仕方が無いのでタクシーで本日のホテル「デュシタニ」まで。もうすぐ午前サマだよう。

BlogPaint
↑でもなんとか日付が変わる前にチェックインできました。

さて!無事に旅が終わったので飲もうよ!乾杯しようよ!というわけでこれから夜の街へ…w

こんにちは、とも先生です。

先々週の話しなんですが、念願の「スリンの象祭り」へ行ってきました!

これは毎年11月にタイ東北部スリン県で開催される象さんのお祭りで、タイ全土から200頭以上の象さんたちが集まり、華々しいパレードやショーが繰り広げられるもの。

象祭りを楽しんだ翌日はもうバンコクへ戻る日💦あっという間だ!でも昼過ぎのバスの出発時刻まで時間があるので、地方都市のデパートをちょっと探検してみることにしました。
BlogPaint
↑やって来たのはスリンのちょい郊外にあるロビンソンデパートです。バンコクにもあるけど、スリンのロビンソンはどんな感じなんだろう。

BlogPaint
↑なんかねえ、日本の地方のイオンモールに来たような感じw そこそこのものがなんでも揃ってるの。

BlogPaint
↑かなり広めのゲームセンターやフードコートなど、ここで一日遊べるじゃんね?

BlogPaint
↑日曜日の朝から超合金合体しちゃうんだから!

BlogPaint
↑なんと個室カラオケもあるよ!

BlogPaint
↑広いフードコートではタイ料理から洋食、日本風の料理までバラエティ豊か☆

BlogPaint
↑やよい軒もある!スリンで日本食が食べられるのしゅごい!

BlogPaint
↑最後はバス車内でのおやつ用にと菓子パンをまとめ買い。

バンコクにもあるロビンソンデパートだけど、地方都市スリンのはモノやサービスが何でも揃うハイパーイオンモール的な要塞でした☆



こんにちは、とも先生です。

先々週の話しなんですが、念願の「スリンの象祭り」へ行ってきました!

これは毎年11月にタイ東北部スリン県で開催される象さんのお祭りで、タイ全土から200頭以上の象さんたちが集まり、華々しいパレードやショーが繰り広げられるもの。

日中、象さんたちのショーを楽しんだとも先生たちは、夜に開催される光と音のショーを観に、スリン市内から東へ約35kmにあるPrasat Si Khoraphumというクメール遺跡へお出かけ。
BlogPaint
↑辺りはすでに真っ暗ですが、会場へ着くとお祭りのワクワクモード全開!でもとも先生腹痛!w

BlogPaint
↑まずはチケット(100バーツ=約350円)を購入そしてトイレへw ここのトイレはまあキレイでした。

BlogPaint
↑遺跡の敷地内へ入ると、ライトアップされた美しい遺跡の手前にずらっとテーブルが並んでいます。事前予約制のディナー付きプランがあるみたい。

だがしかし…この時間でもクッソ暑いので外で飯食いたくねえよw

BlogPaint
↑写真を撮りに遺跡ステージへ接近。まだショーは始まっていないけどもうこの時点でけっこう満喫かも♡

BlogPaint
↑ショーが始まるまでまだ時間があるので、周辺の夜店をひやかしつつ買い食いしたりキャッキャする。

BlogPaint
↑でもねえ…スリン市内にはまったくいなかったんだけどねえ…虫の数がすごいんだよここ!!!

羽虫とテントウムシのちっさいのがもう山盛りの佃煮のようにミチミチすごい密度で集結していて、汗をかいたべたついた身体にどんどんくっついてくるんだよ!しかもチクチクして痛いの!!

BlogPaint
↑ようやくショーが始まったはいいけど、舞台遠いし虫はすごいし暑いし混んでいるしでまったく集中できねえw

BlogPaint
↑観覧席にいるのが耐えられなくなったとも先生は、立ちっぱなしでもいいから少しでも風が当たる芝生に避難。立ちっぱなしでショーを見学することに。

BlogPaint
↑つうか立ちっぱなしのほうが舞台に寄れるしいい写真撮れるじゃんw

しばらくショーを観ていたとも先生ですが、もうこの環境に耐えきれず(気温、湿度、虫の数)ギブアップ!

帰りの交通手段が見つからなかったので、タイ語ペラペラの友人が純朴な外国人旅行者を装い、親切な警◯の車でホテルまで送っていただけることになりました。

お腹が痛いのでホテルへ着くなりひきこもり。明日はゆっくりしよう。



↑このページのトップヘ