とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:スーパーマーケット

こんにちは、とも先生です。

お正月休みに12年ぶりに訪れたパキスタン。あまりにも久しぶりだったので、見るもの触るもの食べるものすべてが新鮮で毎日目をキラキラ輝かせていましたw

そんな楽しい旅行の最後を飾るのはやはり「お買い物」。

とも先生は基本的にどこの国に行っても、お土産の類いはすべて現地のスーパーマーケットで探します。

カラチのスーパーには何があるかなーウフフ。

*写真のお土産は実際に友人や職場へのお土産にしたので値段はここには書きませんwww 知りたい方は個別に連絡ください。
BlogPaint
↑ここは市内のフォーラム・ショッピングモール1階にあるスーパーマーケット。お店はそれほど広くはないけど、食品を中心にコンパクトにまとまっています。

BlogPaint
↑これは南アフリカのナンドスレストランのソース。パキスタンにはこのナンドスレストランがチェーン展開していてかなりポピュラーな存在。わざわざパキスタンくんだりまで来て南アフリカのソース買うのも変だけどw 美味しいのですー!

BlogPaint
↑これは電子レンジや湯煎で温めるだけですぐに食べられる本格レトルトパキスタンカレー。便利な世の中になったもんだよ。

BlogPaint
↑こちらは定番のスパイスミックス。このShanというメーカーのスパイスはバンコクでもシンガポールでも買えるのですが、パキスタン国内販売用と輸出用とで種類と味が違うんです。なので買い込みます。

BlogPaint
↑こちらはシンド風ビリヤニミックスとカラヒスパイス。

BlogPaint
↑箱の裏には必要な材料がイラストで書かれていて、視覚的にとても分かりやすいし何と言ってもカワイイ☆

BlogPaint
↑ここは海沿いにあるドルメン・モール/Dolmen Mallで、本当にパキスタン?ってレベルの快適なショッピングモールでした。ここにも大きなスーパーマーケットが入っています。

BlogPaint
↑軽くて安いけど、かさばるので普段なら敬遠するスナック菓子も購入。マサラ風味のポテトチップスに、マンゴーチャツネ味のコーンスナック、どちらも美味しかった。

BlogPaint
↑右はマサラ風味のローストひよこ豆でこれは大ヒット!ビールのつまみに最高!左の小麦粉ビスケットは特に味が無く、写真のようにヨーグルトなどと一緒に食べるみたい。

BlogPaint
↑右はパキスタンの紅茶、左はホロホロッと口当たりの軽いビスケット。甘さ控え目でこれも美味しかったよ。

その国の食文化などが一発で分かる海外のスーパーマーケットは、いつ行っても楽しいですねー☆


名称: Dolmen Mall Hyperstar
場所: Dolmen City Mall، Sea View Rd, Karachi
電話: 021-35814760
営業: 10:00-24:00
Web:

こんにちは、とも先生です。

雨季が終わりようやく乾季に入ってきたようでそれはそれでうれしいのですが、季節の変わり目に思いきし風邪をひいちゃいましたヘップシッ! 咳がゲホンゴホン鼻水ジュルジュルで今週はおとなしくしていようと思います。

さて、先日ちょっとコンビニのお菓子棚をふと見たら「新発売」というポップ。お酒はガンガンいきますが甘物も美味しくいただきます、というとも先生は早速購入。

タイグリコが製造しているコロンに新しいフレーバーが出たようなので買って食べてみましたというゴマ粒ほどに小さな街のお話です。

BlogPaint
↑コロンは今何種類あるんだ?バニラ、抹茶、ストロベリーの3種類?それに新しくタイミルクティー味が加わって4種類!コンビニでひとつ16バーツでした。

タイミルクティーは発酵の効いた紅茶とコンデンスミルク!で作るタイのアイスミルクティー。濃いオレンジ色が特徴で、一般的にかなり甘いです。

BlogPaint
↑開封。重量は46gでカロリーは240kcal。パッケージの色もタイミルクティーのようにオレンジベースだから知っている人にはわかりやすいね。

袋を開けた途端にコンデンスミルクの濃密な甘い香りがもわっとしてきました。

BlogPaint
↑ひと袋開けてみましたが……かなり割れているよね。コロンはワッフル生地で巻いてあるのでどうしても割れやすいね、仕方ない。

BlogPaint
↑コロン拡大。中のクリームはそのまんまオレンジ色で、オレンジクリームだと勘違いしてしまいそう。

それでは実食……。

うん、美味しい。

コンデンスミルクの甘味がしっかりと出ていて、その後からやって来る紅茶の香りがいい感じ。甘いけど、そこまで激甘じゃないから食べやすい。

気心知れた日本の友達なんかに大量にバラまくバラマキ土産にはよさそうだけど、コロンの難点は「箱がかさばる」。うーん。

こんにちは、とも先生です。

備忘録振り返り旅行記サモア編

*すべて2012年8月当時のお話ですので軽く流してください☆
BlogPaint
↑今日はもうサモアを出発する日、2泊3日なんてあっという間だ。というわけで、最終日の午前中はアピア市内のスーパーマーケットへお土産探しに行きました。

スーパーの場所と名前忘れちゃったけど、市内で一番大きいところだと思う。品揃えは、島国だからか生鮮食品の種類が少なくて瓶詰め缶詰の類いが多かった印象。

BlogPaint
↑陳列棚をよく見たらなんと日本食コーナーが?!需要あるのかな?

蕎麦、うどん、日本米、カレールー、豆腐、紅ショウガ、海苔、醤油など基本的な食材が揃っていたのしゅごい!

お土産にはサモア特産?のアボカドオイルが安かったので購入。あと何を間違えたのかサモアの瓶ビールをケースで買って日本へお持ち帰りしましたwww

BlogPaint
↑こちらはサモアの通貨「タラ」です。当時(2012年)のレートで1タラ=約40円でした。物価は島国だからか東南アジアほど安くはなかったなー。

BlogPaint
↑ホテルから空港へ向かう前の最後の悪あがきでフィッシュフライとビール♡ このアマナキホテルのレストランは本当に美味しいし、魚もとても新鮮。

BlogPaint
↑ホテルで予約した空港シャトルに乗ってファレオロ国際空港へ到着。この時が止まったかのようなゆるい雰囲気が好き。

BlogPaint
↑空港内はほとんどが吹き抜けなため開放感ありまくり。発着便数自体が少ないから利用客も少なくてちょっと寂しいけどねw

BlogPaint
↑無事に出国審査を終えて搭乗待合室へ。もうナイスミドルのニュージーランドご一行様が佃煮。ニュージーランドから飛行機で3時間の距離なので、手軽なリゾートという位置付けなんだってサモアは。

BlogPaint
↑そして飛行機乗る前に売店でミートパイを買い休憩。

なぜかというと、この空港には、国際空港なのに、なのに、ラウンジがひとつもないのです(2012年当時)…。

しかしこのミートパイが美味しー!外はサックサクで全然油っぽくなくて、中のお肉もギッチリで濃厚ウマウマでした☆写真には写っていないけどもちろん隣りにはビールも…w

BlogPaint
↑さあ、時間になったので搭乗開始です。ニュージーランド航空でオークランドを経由して日本へ向かいまーす。

今回は2泊3日だったのでほとんど観光できなかったけど、自分好みのゲストハウスが見つかったら次回は1週間くらい滞在したいなあと思いましたおしまい!

こんにちは、とも先生です。

ハノイから列車に揺られること2時間半、ベトナム第三の都市ハイフォンへやって来ました! 今日はこの街に一泊するのでまずはホテルへチェックイン。

市内中心部に位置する「バオ・アン・ホテル/Bao Anh Hotel」は、これといって特色のないビジネスホテルですが、愛想の無いフロントのお姐さんのドS加減とホテル目の前のスーパーマーケットが大変魅力的なお宿でした☆

BlogPaint
↑ホテルは、ハイフォン駅前の道を600mほど行った左側。スーツケースでなければ駅から徒歩10分てとこです。

フロントは建物の2階にあるのですが、フロントのお姐さんがもう

<以下お互いの簡単な英語でのやりとりを日本語にしたもの>
と:あの…チェックインお願いします(ホテルバウチャー出す)。
姐:は?!何それ?何の紙?
と:え?…あの…アゴダで予約しました…1泊。
姐:は?!何?ここに泊まりたいの?
と:え、ええ…予約していますので。
姐:その紙とパスポート出して!出してっ!
と:えっ!あ、はいっ!すいません!(バウチャーとパスポート提出)
姐:…
と:…
姐:…
と:あ、あの…。
姐:(部屋の鍵バンと叩き付け)これ鍵だから。
と:あ、わたくしめの部屋は6階なんですね!どうもお手数おかけしました!

BlogPaint
↑というわけでなぜか真性ドMのとも先生としては幸先の良いスタートなハイフォン。お部屋はいたって普通な安いビジネスホテルって感じで、テーブルに置かれた飲みかけのお茶入りポットが家庭的な温かさを与えてくれます。

BlogPaint
↑エアコンは宿泊客の体調を労ってかまるで吐息のような微風。こういう時は備え付けの扇風機が大活躍してくれます。

BlogPaint
↑バスルームは清潔でシャワーの湯量もバッチリですが、トイレの便座がスペースギリギリに設置されているので「デブは座れない」。

BlogPaint
↑100均のカゴに無造作にディスプレイされたセンスあるアメニティ。歯ブラシが5本も入っているので今夜はお客様を4人呼ぼうかな?

BlogPaint
↑6階から見える景色はハイフォンの魅力を一望できるただの市街地。望遠ズームにしたらおじいさんが行水していました。

BlogPaint
↑このホテルの一番の売りは、なんといっても目の前に大型スーパーマーケット「インティメックス/Intimex」があること!ホテルの所有ではありませんが!

BlogPaint
↑翌日の朝食は、メニューに10種類ほど美味しそうなお料理が記載されていたものの、ホテルのおばあちゃんが勝手に決めたものが自動的に運ばれてきました!

スープが完全に溶けていないインスタントラーメンに目玉焼きを乗せてくれるところにおばあちゃんの愛情を感じます。煮えたぎるお湯で作ってくれた紅茶も熱すぎてただ眺めるだけ☆

家庭的なベトナムらしさを感じたいお好きな方はぜひ♡



バオ・アン・ホテル/Bao Anh Hotel

こんにちは、とも先生です。

初めてのトルコ旅行も無事に終了。

何が楽しかったって?それは「スーパーマーケット巡りとお土産探し」

旅先ではお土産探しも含めて必ず現地のスーパーマーケットをのぞくのですが、こんなに買い物が楽しいだなんてビックリしましたイスタンブールすげえ!

というわけで、今回の旅行で買ったお土産をほんのりとご紹介します。

BlogPaint
↑イスタンブール市内にはカルフール(Carrefour)やミグロス(Migros)といったスーパーがけっこうあちこちにあって、お土産を物色するにはもってこい。

BlogPaint
↑こちらは新市街で見つけたカルフールの店内。所狭しと商品が並んでいてそれだけでワクワク。

BlogPaint
↑これはインスタントスープコーナーかな?スーパーってお国柄がもろに反映されるので楽しいですよねー。

BlogPaint
↑これはキョフテ(トルコハンバーグ)のスパイスミックス。牛挽き肉(または羊挽き肉)とこのスパイスミックスを手でこね合わて小さく成形してからフライパンで焼くと、もうそこはトルコの薫り。

あまりクセの強いスパイスは入っていないようなので、とても食べやすかったです。

BlogPaint
↑これはインスタント粉末スープ。キノコ、豆、トマトなど種類は豊富で、この粉末スープと1リットルの水を合わせて軽く煮込むだけで美味しいスープの出来上がり。これは鍋で作る大パックですが、カップで一人前ずつ作る小パックもあったのでバラマキ土産には最適かも。

写真右から二つ目のキノコのスープが特に美味しかったです〜。


BlogPaint
↑こちらはチーズ盛り合わせとトルコのビーフソーセージ。

トルコって乳製品が安くてビックリしました!ソフトなチーズは持ち帰りが大変そうだったので、なるべく賞味期限の長い硬めのチーズを選んでお土産に。

写真左真ん中、緑パッケージのハルミチーズは、フライパンで焼いて食べる溶けないチーズで、適度な塩気と濃いミルク感が最高に美味しかったです!

写真右上、中央のビーフソーセージは、薄切りにしてからフライパンで焼くと脂がジュワッと出てきてえもいわれぬ良い香り!濃い目の味がビールにピッタリでした!


BlogPaint
↑そしてナッツにチョコレートにお茶。どれもスーパーで買うと安くてカゴ一杯に買っちゃいましたw

お茶はアップルティーを。でもお茶というよりは薄めたリンゴジュースのような味。でもほのかな酸味と甘みでとても美味しかったです!

チョコレートは、ピスタチオやカカオニブの入ったダークチョコレートを。これがまたお酒に合ってあっという間に食べ尽しちゃいましたw

ナッツ類も安くて、ちょっと変わったところでローストしたヘーゼルナッツを買い込みました。カリカリコリコリとても小気味良い歯触りで美味しい!

イスタンブールのスーパーマーケットで探すお土産。チョコレートバーや小袋のナッツなどはかさばらないし安いしで、バラマキ系のお土産にも最高ですね。

そうそう!買い物の値段なんですけど、ひとつひとつチェックはしていないのですが、上記のようなお土産をカゴ一杯に買い込んでだいたい3,000円前後ってとこでした。

以上、どなたかの参考になれば幸いです。

↑このページのトップヘ