とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:スリランカ料理

こんにちは、とも先生です。

今年の夏休みは3年ぶりのスリランカ旅行へ行ってきました。

今回の旅の最後の滞在地ニゴンボ。

ニゴンボビーチ沿いのヨーロピアンな薫りのステキな街で、せっかくだからスリランカ料理じゃないものが食べたいなあw というわけでやって来ました「Icebear Beach Restaurant」。有名なゲストハウス内のレストランです。
20181010_215300_0001
BlogPaint
↑お店はビーチ沿いを走るルイス・プレイス通りにあります。目立つから分かるよね。

BlogPaint
↑ここは古いコロニアル建築を利用したビーチ沿いのゲストハウスで、特に欧米人観光客から絶大な人気を誇る有名ゲストハウス。

BlogPaint
↑2階建て客室棟の1階部分の一部がレストランになっています。

BlogPaint
↑テーブル数は少ないけど逆にゆったりしていて寛げます。ほんのり吹いてくる潮風も気持ちいいよ。

BlogPaint
↑メニューは英語表記なので問題無し。洋食、シーフード、スリランカ料理がラインナップ。

BlogPaint
↑せっかくなので…とシーフードメニューを見ていたら気になるものがあったので注文。醤油でマリネした鮫肉のステーキ(1,300ルピー=約910円/+16%)

柔らかく臭みのまったく無い淡白な白身でとっても美味しいんだけど、添えられたBBQソースがイマイチだったので塩コショウだけでシンプルいただくのが一番美味しかった!w

ドリンクは、絞り立てライムがたっぷりのライムソーダ(360ルピー=約250円/+16%)

BlogPaint
↑付け合わせのフレンチフライは、細めだけどきちんと二度揚げしてあってめっちゃ美味しい!

BlogPaint
↑同じく付け合わせのコールスローは味付け控え目でパクパクいけちゃいます。

BlogPaint
↑レストラン前のビーチは整備されていて美しい☆天気が不安定だったのが残念。

とも先生は夕方前の中途半端な時間に行ったので空いていたけど、ランチやディナータイムはけっこう混むそうです。夜の雰囲気もよさげなので機会があったらぜひ!


店名: アイスベア・ビーチ・レストラン/Icebear Beach Restaurant
場所: 95 Lewis Pl, Negombo
電話: +94 312 233 862
営業: 8:00-21:00
URL: http://www.icebearhotel.com/

こんにちは、とも先生です。

今年の夏休みは3年ぶりのスリランカ旅行へ行ってきました。

スリランカ北東部の港町トリンコマリー2日目。

今回トリンコマリーでは、レストランに併設されたゲストハウスに2泊滞在したのですが、そのレストランがなかなか評判が良いというので2日ともディナーで利用しました。
トリンコマリーのゲストハウス「ダッチ・バンク・イン/Dutch Bank Inn」
http://tomosensei.net/archives/1072401720.html
オランダ植民地時代に建てられた、旧オランダ銀行トリンコマリー支店の建物を利用したコロニアルレストラン「ダッチ・バンク・カフェ/Dutch Bank Cafe」です。
BlogPaint
↑お店はバスターミナルから約1.5km、中心部からは少し外れますがインナーハーバー(内湾)に面しているため景色がいいよ。

BlogPaint
↑旧オランダ銀行の建物を一部改装してレストランとしてオープンしました。右側は昔のままみたいだね。

BlogPaint
↑白い円柱とオレンジの壁がかわいい。入口はテラス席になっていて涼しい夜はここがいいかも。

BlogPaint
↑レストランの2階にもテーブルがあり、天気が穏やかであれば海を眺めながら食事ができます。

BlogPaint
↑店内はレンガの壁と木を多用したインテリアで温かみがある感じ。ディナータイムは毎晩満席だったし事前に予約しないと入れなさそう。

BlogPaint
↑初日の夜は時間が遅かったこともあり簡単に。レモンソーダ(240ルピー=約170円/+10%)はフレッシュレモンがたっぷりで、自分でソーダを注いで調節します。

BlogPaint
↑これはチキン・チーズ・コットゥ(760ルピー=約530円/+10%)

これはコットゥという、ロティ(クレープにようなもの)を肉や野菜などと一緒に細かく刻みながら炒めた料理でスリランカの屋台のローカルフード。

このお店のものはチーズとクリームでマイルドに仕上げた上品な一皿。見た目はアレ?ですがw ホワイトシチューを食べているような優しい美味しさでした。

BlogPaint
↑2日目の夜も来ちゃったよ、じっくりメニューを見て決めよう。英語表記で調理法や食材も書いてあるので親切だよ。

スリランカ料理のほかハンバーガーやピザなど洋食系メニューもあるからか、欧米人客がとても多かったです。

BlogPaint
ビール(300ルピー=約210円/+10%)。うふふふふ。無いと思っていたビールがここにありました☆ここではジョッキでの提供のみですがビールが飲めますよー!呑み助さんはぜひ!

BlogPaint
↑2日目のディナーは前菜から。海老のBBQ(500ルピー=約350円/+10%)は、串に刺した小海老を甘めのソースで香ばしく焼き野菜を添えたもの。

美味しいけど…ちょっとソースが甘すぎかなあ…。

BlogPaint
↑メインコースはシーフードシチュー(940ルピー=約660円/+10%)。海老や魚がたっぷり入ったクリームシチューに、卵チャーハン、野菜のソテー、フレンチフライが添えられためっちゃボリューム満点な一皿。

スパイスも辛さもない優しくてとても美味しい味。スパイシーなスリランカ料理で胃が疲れたらこういうのもいいよね!

トリンコマリー市内でもかなり席数の多いレストランのようで、外国人、スリランカ人問わず団体さんの利用がとても多かったです。個人でディナータイムに行く場合は予約したほうがいいと思うよ。


店名: ダッチ・バンク・カフェ/Dutch Bank Cafe
場所: 88, Inner Harbour Rd, Trincomalee 31000
電話: +94 77 269 0600
営業: 7:00-22:00
URL: http://www.grandthalassic.com/


こんにちは、とも先生です。

今年の夏休みは3年ぶりのスリランカ旅行へ行ってきました。

スリランカ北東部の港町トリンコマリー滞在2日目、観光を一通り終えたとも先生はお腹ペコリーヌ。

街中に戻って適当なレストランを探してしばらく歩いたんだけど…レストランが全然ないよw

仕方が無いので最後の手段Googlemap様にお願いして近所のお店を調べてたどり着いたのがここ「New Parrot Restaurant」です。
BlogPaint
↑お店はメインストリート沿い、National Trust Bankという銀行の2階にあります。

BlogPaint
↑銀行の脇の階段を上りますよー。看板は出ているけどちょっと分かりにくい。

BlogPaint
↑2階がお店。パイプ椅子が安臭さを醸し出しているステキな食堂風のお店☆

地元の人たちが入れ替わり立ち替わりにやってきてはお弁当らしきものを注文しているのできっと美味しいんだろうね!

BlogPaint
↑メニューの数は多くないよ。チャーハン、焼きそば、炒め物などなど。英語メニューで店員さんも英語が通じるから敷居は低いよ。

で、スリランカっぽいものが食べたかったのでデビル/Devilを注文。

【デビル/Devil】
唐辛子などで辛く味付けしたスリランカの炒め物で、お肉やお魚など使い材料はいろいろ。スパイスやトマトケチャップを使う場合もあり。

BlogPaint
↑とも先生が注文したのはイカのデビル(500ルピー=約350円)卵チャーハン(230ルピー=約160円)

BlogPaint
↑うわー美味しそー!いただきまーす!

パクッ!うん!イカが固くて噛み切れねええええええええええ!!!

なんだこれは?!イカなのか?!イカじゃない別の食べ物なのか?!

店員さんに尋ねたら、どうやら生イカではなくて干しイカをスープで戻したものを使っているらしい。

メニューには「Fresh」なんて書いてないし、これはこれでじっくり噛むとじわじわ味が染みてきて美味しいは美味しいんだけど…でも固いー。

とも先生の大好きな愛するイカなのに、アゴが疲れて途中でギブアップしました…w

他のメニューはどうなんだろう?どなたか試してみてくださーい!


店名: ニュー・パロット・レストラン/New Parrot Restaurant
場所: Main St, Trincomalee
電話: +94 265 670510
営業: 10:00-14:30/17:00-20:30(ディナータイムのみ日曜お休み)

こんにちは、とも先生です。

今年の夏休みは3年ぶりのスリランカ旅行へ行ってきました。

スリランカ北東部の港町トリンコマリーにやって来たとも先生は、ゲストハウスに荷物を置いてさっそく市内観光へ。
コロニアルを探しにトリンコマリー市内観光①
http://tomosensei.net/archives/1072401737.html
一通りの観光を終えたらトゥクトゥクをつかまえて一路北へ。実はここトリンコマリー、市内から約5kmほど北へ行ったところがツーリストエリアになっていて、ホテルだけではなくレストランやバーも集まっているんです。市内には観光客がふらっと入れるようなレストランが少ないんだよう。
BlogPaint
↑というわけでやって来ました「Ariya's Grill House」というレストラン。本当は他にお目当てのレストランがあったのですが、夜のみの営業でしかも要予約というので断念…。

BlogPaint
↑午後4時過ぎの中途半端な時間だったからか他にお客さんはおらず。

BlogPaint
↑奥にもテーブルがいくつかありますが、すぐにスリランカ人大家族で満席になりましたw

BlogPaint
↑メニューは英語表記なので注文は難しくないよ。スリランカ料理、シーフード、サンドウィッチなど一通りありました。

BlogPaint
ジンジャービール(200ルピー=約140円)は、ビールと名前が付いていますがジュースですw

味は、生姜の絞り汁を足したような喉にピリピリくる刺激のジンジャーエールって感じで美味しい。ただ…ここのはシュガーフリーのダイエット用ジンジャービールだったので味がイマイチ…。

BlogPaint
↑テーブルにおかずがいくつも並べられましたライス&カリー(600ルピー=約420円)。写真手前のチキンカリーの他に副菜がいっぱいついてご飯もたっぷり!

こんなに食べきれないよう!と思いつつ美味しくてほぼ完食w

写真には写っていませんがオニオンサラダ(200ルピー=約140円)も激ウマでした!

BlogPaint
↑こうしてお皿に少しずつ盛ると映えるねw 観光客向けのお店なので、どれも味付けはマイルドですがスパイスはしっかり効いています。

本来はシーフードが売りのレストランですがスリランカ料理も食べやすくて美味しかったよ。やっぱり2人以上でディナータイムに来たいよねー。


店名: Ariya's Grill House
場所: 194 Nilaveli Road, Trincomalee 31000, Sri Lanka
電話: +94 77 185 0388
営業: 8:00-22:00

こんにちは、とも先生です。

今年の夏休みは3年ぶりのスリランカ旅行へ行ってきました。

スリランカ北部最大の街ジャフナ滞在最終日の夜。

今夜はお目当てのレストランへ行こうとしたのですが、ジャフナでなんや大きなお祭りの真っ最中のようでナルア・カンダスアミ寺院周辺の交通規制がハンパなくて市内激混みで移動手段を確保できずw

仕方ないのでゲストハウスから歩いて行ける範囲でウロウロ歩いて探したんだけど…外国人観光客がふらっと気軽に入れそうなお店ってそんなにないんだよね…。

というわけで、Tripadvisorにも載っている「コージー・ホテル&レストラン/Cosy Hotel & Restaurant」へ行ってみました。トリアドに載っているからか外国人客まみれw
BlogPaint
↑お店はスタンリーロード沿いでスリランカ航空オフィスの隣りにあります。建物の上層階はホテルになっているよ。

BlogPaint
↑店内は屋内席と建物裏のオープンエア席に分かれていて、後者のほうが雰囲気が良いからか外国人観光客は有無を言わさずこちらに通されましたw

BlogPaint
↑英語メニューがあるので注文は難しくないと思いますよ。スリランカ料理のほか、洋食系や中華系のメニューもありました。

BlogPaint
↑まずはソルティーラッシーという甘くないヨーグルトドリンクで乾杯☆

本当はビールで乾杯したいところなのですが、スリランカは満月の日が「ポヤデー」といって禁酒日なんですよね。たまたまこの日がポヤデーだったのでとも先生強制禁酒w なのでこのお店に普段ビールが置いてあるかどうか確認していません。

BlogPaint
↑注文した料理たちがやっと来たよー!えーん!!

実はメニューに「お料理は注文から30分かかります」と書いてあってのでのんびり待っていたのですが、結局料理がテーブルに運ばれてきたのが注文から1時間15分後!!!

お店はたしかに満席でえらいこっちゃ状態でしたが…それでもねえ…。

欧米系観光客グループは途中で怒って帰っちゃいましたw

BlogPaint
↑空腹は最大の調味料というだけあってw海老カレーは美味しかった!

スリランカ風海老カレー、チャパティ、パイナップルライタ、ラッシー、ミネラルウォーターでお会計(1,400ルピー=約980円/+10%)

ジャフナには外国人が気軽に入れそうなお店が少ないので、ここは利用しやすいお店だと思います☆


店名: コージー・ホテル&レストラン/Cosy Hotel & Restaurant
場所: 266/1 Stanly Rd, Jaffna
電話: +94 212 225 899
営業: 11:00-23:00

↑このページのトップヘ