とも先生のゆるふわバンコク

バンコクで先生をしながらゆよ〜んやよ〜んと生活してます。

タグ:スリランカ

こんにちは、とも先生です。

2018年も今日で最後、大晦日がやってきました🌟

今年も振り返ることはたくさんあるのですが、その中でも「旅」を振り返ります。
flightroute2018
↑2018年の飛行ルート

<1月>
パキスタン(カラチ、モヘンジョダロ)
タイ国内(ノンカイ)
<2月>
中国(汕頭)
カンボジア(プノンペン、カンポット)
<3月>
タイ国内(カオサン)
シンガポール(シンガポール)
マレーシア(ジョホールバル日帰り)
<4月>
インドネシア(アンボン、バンダネイラ、バリ島)
<5月>
タイ国内(プーケット)
<6月>
日本(横浜)
<7月>
インドネシア(メダン、サワルント、パダン)
<8月>
スリランカ(コロンボ、ジャフナ、トリンコマリー)
<9月>
シンガポール(シンガポール)
マレーシア(ジョホールバル日帰り)
タイ国内(チャルンクルン)
<10月>
ミャンマー(ヤンゴン)
<11月>
タイ国内(クレット島)
タイ国内(スリン)
<12月>
タイ国内(チェンマイ、ランパーン)
日本(横浜)
タイ国内(ランタ島)

一時帰国も含めたら2018年は21回旅に出かけました。

<2018年の私的ステキ旅先ランキング>
【1位】バンダネイラ(インドネシア)
【2位】サワルント(インドネシア)
【3位】ジャフナ(スリランカ)

BlogPaint
↑【1位】インドネシアに留学していた20代の頃からずっとずっと憧れていたマルク州・バンダネイラ。オランダ植民地時代の貴重なコロニアル建築を始めとした歴史的建造物群、アルフレッド・ウォーレスが「世界で一番美しい海」と絶賛したバンダ海。歴史も大自然もぎゅっと詰まったこのエリアは、本当に本当におすすめです!
とも先生のインドネシア・バンダネイラ旅行
http://tomosensei.net/tag/バンダネイラ?p=6
BlogPaint
↑【2位】インドネシアが世界遺産候補として推している物件のひとつサワルントは、炭坑が発見されたため早くからオランダによる開発がされた町。オランダ植民地時代の建造物群がほぼそのままの形で残る、インドネシア国内でも歴史的に価値の高い町です。世界遺産リストに載る日も近い?!
とも先生のインドネシア・サワルント旅行
http://tomosensei.net/tag/サワルント?p=2
BlogPaint
↑【
3位】2009年に内戦が終わり、外国人観光客も訪れるようになったスリランカ北部の最大都市ジャフナ。タミル文化の息づくこの土地には植民地時代の建築が多く残り、人々も親切で食事もとても美味しく、大変魅力的な街でした。
とも先生のスリランカ・ジャフナ旅行
http://tomosensei.net/tag/ジャフナ?p=3
2019年はどこに行けるかな?

みなさま、良いお年を!


こんにちは、とも先生です。

今年の夏休みは3年ぶりのスリランカ旅行へ行ってきました。

長々と続けたスリランカ記事ですがこれでおしまいですから!ダラダラ長くてゴメンね!

最後はコロンボ・バンダラナイケ国際空港から次の目的地へ向けて出発です!
20181015_233954_0001
BlogPaint
↑ニゴンボのゲストハウスからPickmeというスリランカのトゥクトゥクアプリを使って空港へ向かいます。トゥクトゥク(400ルピー=約280円)

BlogPaint
↑空港へ到着!が!トゥクトゥクは空港の建物まで入ることができないので手前で必ず降ろされてしまいます💦 さあ歩くぞー。

BlogPaint
↑キャリーをコロコロ転がしながら到着。前回のスリランカ旅行の時は早朝5時くらいのフライトだったのであんまり空港の記憶がないんだよね、眠くて不機嫌だったしw

BlogPaint
↑1回目の荷物検査を過ぎた後、このような位置付けの不明なアーケードを歩かされます。まあここで再両替したけど。

BlogPaint
↑そして2回目の荷物検査を受けます。

BlogPaint
↑そうそう!2回目の荷物検査を受ける前の左手奥にスーパーがあったよ!市内のスーパーの空港店で、ルピー建てでお買い物ができてしかも市内と価格がほとんど一緒!

ここで最後のお土産を買って残ったルピーを使い切れるよ!お菓子や紅茶も豊富!

BlogPaint
↑やっとここまで来たけどコロンボの空港はなんか分かりにくいな。自分が次どこへ行ったらいいのか分からなくなる時があるw

BlogPaint
↑エミレーツ航空のカウンターでチェックイン。

BlogPaint
↑出国カードも記入しておこう。

BlogPaint
↑出国審査を終えてエスカレーターを上りまーす。

BlogPaint
↑ここは免税店やらレストランやらのエリア。

BlogPaint
↑紅茶屋さんももうなんでこんなにあるの?ってくらいあるよう。

BlogPaint
↑最後の最後にてくてく歩いて歩いて。

BlogPaint
↑やっと登場待合室に到着!時間がかかるというよりもなんか分かりにくいこの空港。

BlogPaint
↑さあさあ14年ぶりにエミレーツ航空に乗るよー!次の目的地はどこだ?!w


こんにちは、とも先生です。

今年の夏休みは3年ぶりのスリランカ旅行へ行ってきました。

さて、今日は午後のフライトでスリランカを発ち次の目的地へ移動します。なのでゲストハウスを昼過ぎに出発すればいいから午前中はのーんびり。

というわけで、前日見つけて一目惚れしたカフェ「ザ・センチュリー・カフェ/The Century Cafe」でオサレな朝ご飯といきましょう!
20181011_211822_0001
BlogPaint
↑お店は、市街地からオランダ要塞へ向かう道の途中、メインストリート沿いにあります。

これは1904年に建てられた邸宅で、ダッチコロニアルの薫りがむんむん☆

BlogPaint
↑開店とほぼ同時にお店に入ると…うおおおおおおお!なんじゃこりゃあ!!ステキコロニアル!!!

アーチの美しい白壁の店内に渋めの木家具が映えますねー。

BlogPaint
↑イケメン店員さんに促されるまま席に着き、座った位置からの眺めもこれまたステキコロニアル!

ほんのり吹き抜ける優しい風が気持ちよすぎてとも先生気絶しそう!

BlogPaint
↑メニューは写真がないものの完全英語なので注文しやすいね。ほーんのりお高めな価格設定w

BlogPaint
↑ここで朝ご飯をいただきます。フレンチトースト(650ルピー=約460円/+15%)は、ふわふわに柔らかいフレンチトーストにほんのり甘いココナツシロップがからみ、上にはぶどう、バナナ、マンゴーがたっぷり盛られています。ウマーい!

これにセイロンティーのブロークンオレンジペコ(280ルピー=約200円/+15%)を合わせるともう失神してしまいそうなオサレな朝ご飯!

BlogPaint
↑店内はそこまで広くはないのですが、写真のように「いくらでもここでゆっくりしてください」的な空間が♡

BlogPaint
↑建物裏手には系列のスパがあり、ここでトリートメントを受けることもできます。

サンドウィッチやハンバーガー、デザートメニューもあるので、朝食や軽いランチ狙いで行くのがいいですね。お時間があればぜひ行っていただきたいステキカフェです☆


店名:  ザ・センチュリー・カフェ/The Century Cafe
場所: 25 Main St, Negombo
電話: +94 312 238 097
営業: 9:00-18:00
URL: http://www.thespa.lk/

こんにちは、とも先生です。

今年の夏休みは3年ぶりのスリランカ旅行へ行ってきました。

酒飲みさんがスリランカへ旅行すると気付くと思いますが、街中の小さなレストランってお酒を置いていないんですよね。スパイシーなスリランカ料理に冷たいビールってめちゃくちゃ合うと思うんだけど、無いんです!

じゃあどこで飲むかというと、ホテル内のレストラン、観光客向けの大きなレストラン、あとは酒屋に併設されたバー。

今回とも先生は、街中の酒屋に併設されたバー(居酒屋)で飲むのが楽しくなってしまって、ニゴンボでもうっかり居酒屋さんを見つけてしまいました!
20181011_003532_0001
BlogPaint
↑ニゴンボのフィッシュマーケットをちょっと散策していたら…前方に何やらコロニアル臭が!

BlogPaint
↑とも先生の嗅覚は正しかった!w 古いお屋敷なんだけど…あれ?ここってお店なの?!

BlogPaint
↑一体何のお店なんだろう…入口かなり立派じゃん…とりあえず入ってみよう。

BlogPaint
↑うおっ!外観もステキだけど内部もステキコロニアル!

ここ、酒屋さんなんだって!w そして奥が居酒屋になっていて飲めるんだって!!

BlogPaint
↑店員さんに案内されて奥へ進むとだだっ広いお部屋にテーブルが数組。すでにスリランカのお客さんたちが晩酌を始めています。

いやー、コロニアル建築狙いで入った建物だけど、まさか居酒屋だったとはw

BlogPaint
↑スリランカの定番ライオンビール(400ルピー=約280円)でカンパーイ!

冷え冷えで出してくれたのうれしー!夕陽は直接見えないけど、柔らかな日射しを感じながらコロニアル建築の中で飲むビールはウマい!

BlogPaint
↑店員さんと話しをしていたら、どうやらここは宿泊もできるらしくお部屋を見せてもらいました。

…エアコン無しのこのお部屋で1泊2,500ルピー=約1,750円…ちょっと割高だよねえ。

BlogPaint
↑ビーチを臨む建物は変に改装していないのでうらびれた感満点でお好きな方にはたまらない☆

フィッシュマーケット散策の帰りに一杯どうですかー?w


店名: レスト・ハウス/Rest House
場所: Circular Road, Negombo。New Rest House Restaurant隣り。
電話: 未確認
営業: 8:00-23:00

こんにちは、とも先生です。

今年の夏休みは3年ぶりのスリランカ旅行へ行ってきました。

とも先生の旅先での定番の儀式、それは「スーパーマーケットでのお土産探し」

その国の食文化などが一発で分かるスーパーマーケットは新しい発見の宝庫!お好きな方にとっては店内をウロウロするだけでも楽しいものですよね☆

今回は、スリランカの大手スーパー「アルピコ/Arpico」のニゴンボ店で、友人や自分へのお土産をたくさん買い込みました!実際に買ったモノも後で軽く紹介するよ!
20181010_224729_0001
BlogPaint
↑アルピコのニゴンボ店。ビーチ沿いのホテルからは少し離れているので、トゥクトゥク(三輪タクシー)などを使うと便利ですよ。

BlogPaint
↑店内はめっちゃ広い!コロンボ店より広いんじゃないか?!食品の他、日用品、衣料品、電化製品など何でも売っています。

BlogPaint
↑野菜や果物も新鮮で美味しそう!パック売りのものはほとんどなく量り売りがメインですね。

BlogPaint
↑乳製品コーナーも種類豊富、特にヨーグルト!水牛のヨーグルトもあるよ!

BlogPaint
↑こちらはスパイスや各種調味料、ソース、ペーストなどのコーナー。粉末の調味料なんかは軽いしかさばらないしお土産にいいよね。

BlogPaint
↑ココナツやヤシ砂糖を使ったスリランカのローカル菓子もたくさんあるよ。

BlogPaint
↑この棚は端から端まですべて紅茶・紅茶・紅茶!!!ここまで種類がありすぎるとどれを買ったらいいか分からなくなるね!紅茶購入に関しては旅行出発前の事前学習が必要なようですw

BlogPaint
↑いつものクセで思わず買い込んでしまいましたw 運べるんかいな自分w

↓↓↓それでは実際にお土産に買ったものを少しご紹介しますね↓↓↓

BlogPaint
↑これはクノールのMaldivefish Powder Mix(93.5ルピー=約65円/個)。実はこれまだ開封して使ってないからどんなものか分からないんだけど、おそらくほんのりスパイシーな鰹節の粉末じゃないかなと思います。

BlogPaint
Fried Seeni Sambol(260ルピー=約180円/個)はタマネギをベースにした、カレーに添えるチャツネのようなもの。

すでに実食済ですが、飴色になるまで炒めたタマネギの甘みがよく出ていて美味しかった。

BlogPaint
↑シンハラ風ピクルス、Sinhala Pickle(260ルピー=約180円/個)は、マスタードベースのマリネ液に漬けた野菜が入っています。

すでに実食済ですが、とも先生は辛すぎてまったく食べられませんでした!w 友人は美味しい美味しいゆうて全部食べたけど。

BlogPaint
Maldive Fish Sambol(580ルピー=約410円/個)は、鰹節ベースのスパイシーなふりかけ。これは3年前のスリランカ旅行の時に買って大ヒットだったもの!

ちょっと高いけど、ほかほかご飯に乗せるだけでもめっちゃ美味しいからぜひ買ってみて!

BlogPaint
MA'Sの各種カレーペースト(125ルピー=約90円/個)。中に調味ペーストが入っていて、箱に英語で作り方が書いてあるので簡単に作れるよ。

すでに実食済ですが、どれも思っていたよりマイルドで辛くなかった。美味しかったけど意外。

BlogPaint
↑キトゥルパニ、Kithul Treacle(330ルピー=約230円/本)はクジャクヤシの花の蜜から作られる黒蜜のような天然甘味料。プレーンヨーグルトにかけて食べるとのけぞるほどに美味しいです。

BlogPaint
スナック菓子(20ルピー=約14円/個)。どこにでもありそうな安いスナック菓子ですが、この2種類は3年前のスリランカ旅行でドハマりしたものw チーズ味もオニオン味も本当にクセになります。

BlogPaint
↑今回初めて見つけたレトルトの本格スリランカカレー、Happy Home Curry(350ルピー=約250円/個)。チキンとビーフの2種類あり、どちらも思っていたより辛くなく食べやすかったです。お肉ゴロゴロで食べ応えあったよ。

レンジで温めるだけなので、これなら誰にでもお土産に渡せそう。

BlogPaint
↑スリランカの定番ライオンビール/LION Lagar Beer(160ルピー=約110円/個)。これはスーパーでは売っていないので街の酒屋さんで買いました。

BlogPaint
↑水牛のミルクから作るRajarata Curd(220ルピー=約150円/個)は、かなり酸味の強いヨーグルト。前述のキトゥルパニをたっぷりかけて食べるとめちゃ美味しいよ!

BlogPaint
↑スリランカの美味しいスーパー菓子といえばこのジンジャービスケット/KIST Ginger Biscuits(100ルピー=約70円/個)。250gと量たっぷりなのにこの安さ!生姜のピリピリ感がクセになる美味しいビスケットだよ。

BlogPaint
↑最後は、スーパーのインスタントヌードルコーナーで見つけたスリランカご当地モノ、インスタントコットゥ、Kottu-Kottu(50ルピー=約35円/袋)

コットゥは、ロティ(クレープ)を肉や野菜などと一緒に細かく刻みながら炒め合わせたスリランカ料理。

すでに実食済ですが、ロティを一度茹でてから調味パウダーと一緒にさらに炒めなければならないので作るのはちょっと面倒かもw でも美味しかったよ。

BlogPaint
↑買い込んだお土産を使って、バンコクに戻ってから友人たちとスリランカカレーパーティしたよ☆

簡単ですがスリランカのスーパーマーケットや食品系のお土産をご紹介しました。スリランカへ旅行の際にお役に立てば幸いです。

いやあ、スーパーマーケットは楽しいねえ♡


店名: アルピコ・スーパーセンター・ニゴンボ/Arpico Supercentre Negombo
場所: 153 St Joseph's St, Negombo
電話: +94 314 874 709
営業: 9:00-22:00
URL: https://arpicosupercentre.com/

↑このページのトップヘ